二年・・・

テーマ:

あれから二年・・・



長いようで短い



あぁ・・・月日の流れなんて こんなものなのかなぁ・・と

目を閉じてみる


二年前の今日 こはくは、旅立って逝ってしまった。


二年前の些細な出来事なんて すっかり忘れてしまっているけれど

二年前の昨日から今日の こはくとの長い一日は

こうやって目を閉じれば 始まりから終わりまで

全部蘇るから・・不思議だね





今は、何処で何をしているんだろうと

ふっと考えることがある


父と母の我侭で

いまでもこはくを手元に置いているから

もしかしたらこはくは・・困っているかな



時々、こはくの傍らにお供えする「カステラ」


美味しそうな匂いがするものだから

すっちゃんが・・クンクンと匂いを嗅いで

そーっと首を伸ばして食べようとしたことがある


偶然かもしれないけれど


誰も何も言わないのに

「ひゅん」と鳴いて 首を引っ込めた


父と母は・・「なんで?」って思ったけれど・・



ひなちんは・・「ほらね」と言う顔をしていた





しっぽの気持ち・・(二冊目)-149


こはくはまだ・・ここに居てくれるのかな



なんだか嬉しいような申し訳ないような

複雑な心境だけれど・・

まだもう少し こはくを他所へはやりたくない




そんなことを思いながら

こはくの写真を眺めたら

「おかーさん、どおでもいいけど 私の周りに余分なものを置かないでください・・」と

不満そうな顔?



ふと見ると


こはくのお骨の傍らに

何気なく置いた読みかけの単行本が

今にも落ちそうになっている・・・




しっぽの気持ち・・(二冊目)-151


AD

テレビをつければ・・どこのワイドショーでもニュースでもテレビ

GW・・ゴールデンウィークと 高速道路の映像を流し

パーキングでのお徳情報を教えてくれたり

楽しそうな行楽地の様子や 美味しそうなお弁当の数々おにぎり

ここでしか食べられないソフトクリームマーブルソフトクリムとかを紹介し

「今からでも間に合うGWお宿情報」等などetc・・・を見せて

人々の出かける気(出かけたい気)を刺激している今日この頃


テレビの前で 昨日買ってきたスナック菓子の袋を抱えごろ寝

そんな画面を見ながらフン!と、鼻を鳴らしているおばさんが一人・・・


そうそう・・思えばここ数年?いや もっとか・・

そんな金色に輝くお休み週間なんて そうそう関係なかったということに

今更ながら気付いたわたし・・ショック。


と・・いう事で


GWは、無縁だけれど

昨日、すっちゃんの実家にちょこっと顔を出した我家

午後のほんの1・2時間ですが つかの間のGW気分を味わいました。♪



↓ショートステイに来ていた娘(Rちゃん)と久々のご対面~のすっちゃんです。ドキドキ

しっぽの気持ち・・(二冊目)-138
で・・親子って・・長いこと離れていても感じるものがあるんですね~なるほど

もうRちゃんは、すっちゃんにべったりで甘え放題♪


しっぽの気持ち・・(二冊目)-144
「話したいことが沢山あるの・・」とばかりにすっちゃんの後を付いて周り
しっぽの気持ち・・(二冊目)-142

↓常にこんな感じです。
しっぽの気持ち・・(二冊目)-143
で・・勢いの付いてきたすっちゃん

親子でわいのわいのと、そりゃぁもう大騒ぎワイワイ
しっぽの気持ち・・(二冊目)-139
Rちゃんは、おかーさんにおんぶまでせがみ?(笑)

仲睦まじい親子の様子にしばし目を細めていた母です。ほっこり
しっぽの気持ち・・(二冊目)-147
が・・しかし

次第にエスカレートしてくる親子の触れ合い?DASH!
しっぽの気持ち・・(二冊目)-140
いちいち、色んなことが気になる隣のおばさんよろしく・・隣のひなちん

わいのわいのとおふざけが過ぎている親子に切れ気味です。怒
しっぽの気持ち・・(二冊目)-141

お気楽なすったんには・・・

何を言っても「どこ吹くかぜ~風」なのがわかっているからなのか・・

娘のRちゃんにガミガミとお説教を・・・
しっぽの気持ち・・(二冊目)-148
で・・その後、休憩中のすったんの元へ走り

クドクドと長々とahaha;*お説教をたれていたひなちんです。。。^-^;
しっぽの気持ち・・(二冊目)-146
けれど・・考えてみれば こうやって実家に帰ってくれば

ワン友や子供達との再会があり

ほんの一時でも昔を懐かしみながら わいのわいのと大はしゃぎできるすったんに比べ


兄妹の存在すらも定かではなく・・

母犬の居場所も・・ましてや父犬のことも 何もかも・・まったく知らないひなちんは

楽しそうにはしゃぐすったんを見て

ほんのちょっぴり焼きもちをやいていたのかもしれないなぁ~と・・

母は勝手に想像し・・・泣

傍らのひなちんをきつく抱きしめたらば・・・



「おかーさん、勘違いです!キッパリ」と、突き放されました。


ひなちん・・・ただの煩い隣のあばさんだったのね。。。とほほ





AD

今月は・・所用があり

二度ほど東京へ出かける機会がありました。


娘と池袋で待ち合わせ。。。


特急電車から降りた母は・・電車

いつもの事ながら・・改札を出てほんの数歩歩いた柱の陰で?

娘の到着を待っていました。


娘からのメールで「あと10分くらいで着くから・・」との連絡

「お母さんは、動けないので・・改札を出たところで待ってます。」と返信


はぁ~困る 東京って・・何度来てもどこに何があるのかわからない状態の母・・・ため息

おそらく・・一人でフラフラと歩き出したならば

娘とは今日中には会えないだろうと・・そんな予感もあり


けれど、一人で柱の陰でただ待っているということにも

(地元では、お祭りの時くらいの人混みの中・・)

はたして娘は・・こんな大勢の人の流れの中で母をみつけられるのか???

そんな心配も脳裏をかすめ

手持ち無沙汰も加わって 不安の文字で頭が一杯になりかけた頃


娘到着アップ


ところが・・第一声は・・

「田舎のおばさんを探したらすぐわかった音譜


はぁ~困る まっいいけどね・・・

間違いなく「田舎のお・ば・さ・ん」だから

反論の余地も無いダウン



で・・娘の後をついて歩き

あっちこっちと歩きまわったのはいいけれど


「東京」は・・・歩く所なんだと今更ながら実感


なにせ、電車の乗り換えさえもそれぞれのホームまで

相当の距離を歩く事もあったりして

おまけに・・階段を上ったり下りたり


つくづく・・母は、くたびれました。ため息


そう言えば


地元では・・車主流の生活車


仕事に行くにも

スーパーへ行くにも

役所に行くにも

病院に行くにも

何をするにも車に乗って出かけなければ

用事が済まないようなところがあって


しかも・・・母は


駐車場では、入り口にできるだけ近いところを探して駐車したりして

なんとも足を使わない生活をしていたもんだと つくづく・・・つくづく・・・反省



そんな事を考えながら

ヘロヘロと 山手線のホームに繋がる階段を上っているとき

目の前を 年配のご婦人が・・杖をつきながらも

背筋をピンと伸ばし 軽い足取りで上っていく姿が目に飛び込んできました。め



「田舎のおばさん」は・・・

またしても 反省


そんな一日だったけれど


そうそう、献血好きな母は

初めて、池袋の献血ルームで、献血をしました。

噂には聞いていたけれど・・・

本当にハンバーとか置いてあったりしてハンバーガー

飲み物も紙コップの自動販売機で飲み放題?

お菓子やらもご自由にどうぞと・・・


献血の順番待ちの間に

飲み物を飲みながら窓の外を眺め

お菓子なんかをつまんでいたら

ちょっとした喫茶店で休んでいるような錯覚に陥りそうな

そんな献血ルーム体験でした。


田舎では・・献血バスがやって来てバス

パックの飲み物と粗品がいただけるけれど

たまには、こんな気分で献血もいいかもしれないと・・

次回も挑戦してみたいと

一人秘かに計画を練っております。えへ

AD

昼下がり・・

テーマ:

・・が付くほどの寒がりな母も

最近のポカポカ陽気のおかげで さすがに着る物が一枚薄くなりました。ニット

一緒に自前の肉布団も脱ぎ捨ててしまいたい・・・叫び



天然毛皮の2ワンも・・

そろそろ上着を一枚脱がなくちゃ♪とばかりに
ワサワサと それぞれ質の違った抜け毛を

あらゆる所に撒き散らしながら闊歩している今日この頃・・・うるうる


「日向ぼっこ♪日向ぼっこ~♪」と・・せがむ2ワンに促され・・・


しっぽの気持ち・・(二冊目)-119

↓すったん・・鼻に何かついてますが・・・?
しっぽの気持ち・・(二冊目)-120


↓落ちていた小枝を拾って・・・いつものようにカジカジもぐもぐ
しっぽの気持ち・・(二冊目)-121


↓で・・案の定 sayuう~~ん
しっぽの気持ち・・(二冊目)-122


↓ポカポカ陽気は・・眠くなりますねぇ・・ぐぅぐぅ
しっぽの気持ち・・(二冊目)-135


しっぽの気持ち・・(二冊目)-131

↓お気楽なすったん&警戒モードバッチリのひなちん・・いつ見ても対照的なお二人アハ

しっぽの気持ち・・(二冊目)-136


↓ひなちん・・見つめる先には 永遠のライバル・・猫さんが・・白黒ネコ

しっぽの気持ち・・(二冊目)-137
家の囲いの中でなら・・いつでも強気なひなちん・・金h肉



庭で日向ぼっこの後は・・・

ベランダのベンチでお昼寝タイム笑1
しっぽの気持ち・・(二冊目)-134

しっぽの気持ち・・(二冊目)-129

桜前線を追いかけてsakura03・・ちょっとドライブ車


行き着いた先は、群馬にある敷島公園

しっぽの気持ち・・(二冊目)-105


↓満開の時期を過ぎ・・ハラハラと舞い散る花びらの中
しっぽの気持ち・・(二冊目)-118

↓こんな・・可愛い桜を見つけました。ラブラブ
しっぽの気持ち・・(二冊目)-106
↓ひな&すーも うっきうきウキウキ!
しっぽの気持ち・・(二冊目)-107
↓ひなちん・・なんだかシブイ顔をしてますが・・視線の先には、綱が離れ飼い主から逃げ回る小型犬が一匹犬

「お~い 大丈夫ですか~ここだけの話
しっぽの気持ち・・(二冊目)-108
↓榛名湖~白鳥ボート
しっぽの気持ち・・(二冊目)-114


↓水が怖いひなちん・・いつものごとく


しっぽの気持ち・・(二冊目)-116

しっぽの気持ち・・(二冊目)-117


しっぽの気持ち・・(二冊目)-109
しっぽの気持ち・・(二冊目)-113
↓すったんの視線の先には・・・馬車を引っ張るお馬さんうま
しっぽの気持ち・・(二冊目)-115

榛名湖周辺では・・もう暫く先になりそうな 桜の開花桜


満開になる頃に もう一度足を運んでみたいなぁ~音譜