今日もウィリーズ英語塾でレッスンでした。

 

- GCC: Lesson 1 p21 - 24 - 2nd cycle - B2
- RLC: Article 71 (B3 ver. 3)

 

ここのところ、かなり忙しい状況は続いていますが。

通勤の英語学習だけは怠っていないので、

レッスン自体は順調に進んでいます。

 

 今日のRLCのテーマは和食でした。

 今日は、攻めの気持ちをしっかり持って受講しました。

 毎回そうであるほうがいいのですが、

やはり、積極的に話す姿勢は英会話では大切です。

 今日のスクリプトでは和食は、低カロリーで、かつ、

栄養バランスもよく、それで、季節の素材を使って

おいしく食べられ、世界中に、出店が加速している、

というものでした。

 

 内容そのものは、異論はないのですが、

個人的な意見として、

 

1、アメリカで日本食を食べる気になったことはない。

2、うまみ、の説明で、テキストは

 昆布とじゃこの出汁を説明しているが、

 関東が、昆布、

 関西は、じゃこベースで、結構うまみが違うことを

補足しました。

 

 また、おうどん、おそばの出汁は

関東は、しょうゆベースで真っ黒、

関西は、じゃこの出しベースで透明なうまみ、

であること、そして、見かけによらず、

塩は、関西のほうが多く、塩分には気をつける必要が

ことを説明しました。

 先生も、いろいろ勉強になるといって

いくつか、質問もしてくれましたが、

フィリピンの先生にどこでまで通じたか、

まあ80%は大丈夫と思うのですが。。。

 

 

 

AD

今日のレッスンは、

- GCC: Shuffle Test 4 from p 177 - 203 - B2
- RLC: Article 69 (B3 ver. 3)

 

やっと教材がひとつ終わりました。

私はもう一周、復習しようと思っていましたが、

先生はレベルをあげるべき、とおっしゃっています。

 

私は、英語で必要な場面は限られているので、

そういういみでは、学校の勉強みたいな

全方位型より、必要な部分にフォーカスしたほうが

いいかもしれません。

それを良い出すと、レッスンではリスニングの配分をあげたいです。

 

ほしいスキルは、

英語でプレゼン、

質疑応答、

海外出張を一人で対応できる。

 

で、十分です。

ですので、難解な読解や、複雑なライティング、

そして、文法も今はいらないです。

 

例えば、TOEICと比べると、

リスニングはTOEICより厳しいです、実際は。

リーディングはTOEICレベルができたら十分です。

 

学校の英語でも同様。

 

質疑応答は国際会議では必須なのですが、

質問を聴き取り、正確に回答する、

あと、最高レベルだと、的を得た回答+ちょっとしたジョークが

必要です。

 

リスニングはネィティブ系の生音声付教材を

検討していますが、英作文の方は、まだ

決めていないので、たまには、教材で悩んでみますか。。。

AD

今日もウィリーズ英語塾でレッスン。

 

 

 

 

 

- RLC: Article 68 (B3 ver. 3)

- GCC:  Lesson 13 p199 - 203 -B2

 

今日で24時間のほうは最後まで行きました。

が、もう一周をお願いしようと思います。

 

瞬間英作文とは行っていないからです。

ものによっては、忘れてしまっています。

あと、ややマニアックな単語もあります。

 

帝国ホテル;Imperial Hotel

まあ古い本なんでしかたないですが、

ちょうど、先週、私の同僚が帝国ホテルに

とまってましたが、帝国ホテルって自分で

発音してましたよ。

彼はアメリカ人、ネィティブです。

 

あと、名前の ***-san

も英語でないけど、もう世界中で使われております。

 

次の教材は、実践的な物を考えていますが、

どうやって先生と共有するか、が、問題です。

 

次の冬あたり、フィリピンに行くことを検討してみたり

していますが、いっそ、手渡しするのもありかも。。

 

最近、日本にいながら、TOEIC***点、とか意味が

ないと思います。英語勉強するなら、海外旅行に

行って使ってみたほうが話しは早いです。

 

 まあ、ノンネィティブで海外経験もないのに、

勉強して点を取りました、っていうこと事態は

確かに素晴らしくもありますが、そこに

こだわることにたいした意味はないと思います。

 

 結果、英語が使えるようになれば、

どちらでもいいのでは、と個人的には思います。

AD