小木曽クリニック 院長ブログ 「医者冥利に尽きる」

名古屋の美容整形外科 小木曽クリニックの院長が、日々の診療で色々な患者さんとの出会いや思い出やを綴った感動ブログです


テーマ:

以前30代前半のフランス人女性が痩身のカウンセリングで来院されました。
フランス人形のような美しく整った顔で、背が高くスカートから出た脚は膝下がとても長くてスタイルも抜群です。優しそうなドイツ人のご主人も一緒ですが、二人とも日本語が殆ど話せないので説明は英語にしました。一体どの部分の肥満が気になるのかなと思いながら、服を脱いでもらうと原因は一目瞭然。この女性は身長173cm体重69kgですが、皮下脂肪の殆どが腹部と臀部と大腿部に着いていて、白人女性に多い中心性肥満のタイプです。つまり顔や前腕や下腿など服から出ている部分は細いのに服の下はまるで別人です。

カウンセリングでは色々な方法を説明した結果、メソセラピーやカーボメッドではなく最も確実で効果の大きい脂肪吸引を行うことになりました。当院では脂肪吸引は硬膜外麻酔で行うので簡単に痛みだけ取れて帰宅も早いのですが、今回は腹部全体と大腿全周のため吸引量が多く時間も長いため全身麻酔で行いました。吸引量が多ければ多いほど皮膚の弛みなどで滑らかで綺麗なラインを作るのは難しくなります。脂肪吸引とは人体の彫刻そのもので、技術と経験がもちろん大切ですが、加えて美術的な訓練が絶対に必要です。美容外科医を志す若い先生には、デッサンや彫塑などを是非勉強して頂きたいものです。

手術は無事終了し、少々の腫れはあるものの結果は大変に良好で、麻酔から覚めた患者さんに細くなった大腿を見せたところ、第一声が“Oh! It's so beautiful!! I'm very happy!”でした。

手術後にはご主人が可愛い2人のお子さんと一緒に迎えに来られましたが、リカバリールームで休む彼女を抱きしめてキスする姿はまるで映画のワンシーンのようでナースも思わず見とれていました。吸引した脂肪の量は6kgと大量でしたが術後の経過はとても良好で、1週間後の検診の後すぐにヨーロッパ旅行に行かれました。洋の東西を問わず女性は強い!お子さんたちと実家のフランスやドイツへ旅行をされた後、小説“Seraglio”で有名な、西側にヨーロッパ、東側にアジアを眺められるイスタンブールのホテルに1ヶ月間も滞在されたとのことです。もちろんご主人はずっと日本でお仕事だったそうです。その時に患者さんから頂いたお礼のメールの一部です。“Many thanks for the great job you did for my surgery! This has changed my life again and I am so happy I did it in Nagoya.”

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

美容外科医療において日本人と外国人の大きな違いは手術のことを秘密にするかしないかです。最近は日本でも美容外科医療がポピュラーになり、手術以外の様々な簡単な方法が取り入れられて来たこともあって、若い人などオープンにされる方が次第に増えて来てはいますが外国に比べればまだ少ないようです。

アメリカはさすがに世界一の美容外科先進国で、技術レベルや手術数だけでなく、社会全体の美容医療に対する評価や医師の立場が日本よりも遥かに高いと感じます。医療保険の違いや価値観の相違もあるかも知れませんが、例えば日本のTVドラマで美容外科医師が登場する場面は、大抵サスペンスなどで事件の犯人だったり脱税や金儲けなど残念ながら暗い負のイメージが多いのですが、アメリカではサクセスストーリーやラブコメディーの主人公などの明るいイメージで描かれていて、日本の美容外科医から見れば羨ましい限りです。私はニュース以外には余りテレビを見ないのですが、以前偶々WOWWOWでアメリカの人気TVドラマ“Sex and the City”を見ていたら、4人の主人公の中の一人が恋人と喧嘩したか別れた後で「私はもう頭に来たから、朝一番にニューヨークで最も有名な美容外科医のカウンセリングの予約を取った」というセリフがとても印象的でした。アメリカでは美容医療がいかに日常生活に溶け込んでいるか分かります。私の患者さんでご主人の転勤で何年間かアメリカに住んでいた方が、向こうで多くの友人に「どうして胸が小さいのに豊胸術をしないの?」といつも言われたとのことです。因みに周りのアメリカ人の友人たちは全員豊胸術をしていたとのことです。

ブラジルやペルーなど南米からの患者さんは陽気な国民性もあってか、カウンセリングにも家族や友人や恋人などと一緒に来て、待合室がまるでレストランや遊園地のような賑やかさです。手術内容は殆どが豊胸術か脂肪吸引で、その他に下向きの鼻を上に向けるノーズアップ術や立ち耳の手術などが多く、日本人とは大分異なります。また同じ豊胸術でも、日本人なら例えば身長163cm体重50kgの場合、インプラントは200cc~250cc位を希望されるのに対して、アメリカ人やブラジル人は300cc~400ccが殆どです。また日本でポピュラーになったヒアルロン酸や脂肪幹細胞注入などのように変化が少ない方法は、外国人には敬遠される傾向です。(次の記事に続く)

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラジル、ペルーなど南米諸国でも最近は美容医療が非常に盛んで、1人当りが受ける美容外科手術数はアメリカがやはり世界のトップですが、第2位がブラジル、第3位がアルゼンチンというのは意外です。南米の方達と話していて感じるのは、美容外科医療が大変にポピュラーでオシャレ感覚に身近で気軽なことです。また日本では美容医療と言えば女性が殆どですが欧米南米では男性も気軽に来られます。

以前、お腹の脂肪吸引の相談にブラジル人のご夫婦が来られたので、さっそく奥様に向かってカウンセリングを始めたところ患者さんは何とご主人でした。

美容先進国のアメリカ、ヨーロッパ諸国はもちろん、韓国、中国はじめタイ、シンガポールなどアジア諸国では最近の10年間で美容外科医療がまたたく間に広がって、医療技術のレベルだけでなく手術人口も、もうすぐに日本を追い越す勢いです。その大きな原動力が、人々の「美しくなりたい。いつまでも若々しくいたい」という人間本来の欲求であり憧れと羨望です。

病気になってから治療するのが一般の治療医学であり、検診などで早い時期に発見するのが予防医学ですが、健康な方が自分の身体の気になる部分をより良くして満足を手に入れる美容外科医療は、幸せな人生を目指す一歩進んだ「幸福の医学」と言えると思います。

前にも述べましたが、国や民族によって美容の手術はかなり異なっていて、日本はじめ韓国、中国など東アジア系は顔の骨格も関係して一重の目の方が多いため、昔から美容外科の代名詞のごとくに圧倒的に多いのは二重の手術ですが、その他も目頭切開や瞼の皺取り、眼瞼下垂など目の手術が多く、一方アメリカなど欧米では、わし鼻や魔女鼻のように高過ぎる鼻や大き過ぎる鼻を小さく品の良い形にする手術が最も多いようです。日本では「目は口ほどにものを言う」と言う諺にもあるように目のイメージをとても大切にしますが、西洋では古くから悪魔や魔女などの邪悪で反キリスト教的な負のイメージに鼻が影響されているのかも知れません。次に日本よりも遥かに多いのは豊胸術、脂肪吸引そしてフェイスリフトです。特に最近多いブラジルなど南米の患者さんたちの手術希望は90%以上が豊胸術と脂肪吸引のみです。(次の記事に続く)

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近はクリニックに外国の方が数多く来院されるようになりました。一般にわが国の美容外科クリニックでは、コミュニケーションの難しさから外国人の患者さんを受け入れるところは少ないのですが、当院では私の知り合いからの紹介や口コミや患者さんからの紹介などで徐々に増えて来ました。

国籍は様々で、以前は美容外科先進国であるアメリカやヨーロッパの方が多かったのですが、その後経済の発展を反映して韓国や中国の方が増え、最近はブラジルやペルーなど南米からの方が多くなっています。特にブラジルの方は家族で来院されることが多く、待合室には賑やかにポルトガル語が飛び交い、深刻な悩み相談というよりもまるでカウンセリングを陽気に楽しんでいるようで、さすがリオのカーニバルの国です。シャイな日本人と違って感情表現も豊かで、オペ後の検診の際には "O,Doutor! Muito obrigada!!"と患者さんからいきなりhugされることもしばしばで、まさに医者冥利に尽きる(?)というところです。そんな時にはBGMをサンバやボサノバに切り替えて、私自身昨年から○○の手習いで覚え始めたポルトガル語とスペイン語を駆使して患者さんからは大うけしています。

美容外科手術も、民族による骨格や体型の違い国民性や美意識の違いから、受ける手術の種類はもちろん希望される結果も大きく異なってとても興味深いところです。

今回は、私のこのような経験をもとに世界の美容外科情勢を日本と比較しながら考えてみたいと思います。

日本では余り知られていませんが、最近の10年間で多くの国々の美容外科医療は飛躍的に進歩し世界中で美容外科人口が急増しています。ミョンドンの美容外科通りで知られる韓国の美容外科ブームは日本でも有名ですが、経済発展著しい中国の北京や上海、日本ではまだ馴染みの薄いベトナムや東南アジア諸国でも美容外科は大変な勢いで一般の人々の間に広がって来ています。日本ではリゾートとして有名なタイは、すでに日本を凌ぐ美容外科大国で、ツアーを組んで訪れるアメリカ人が最も多い国です。アメリカやヨーロッパは、もちろん世界の美容外科先進国ですが、患者数はこの10年でさらに増えてアメリカの年間の豊胸術は日本の10~15倍以上の30~40万人と言われています。(次の記事に続く)

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(前の記事の続き)戦前のモダンガールだった母親も85歳になりますが、この10年間で脊柱管狭窄症の手術を2回、膝人工関節置換術、大腸がん手術、脳梗塞など手術や入院の繰り返しでまさに満身創痍です。高齢になってから全身麻酔の手術を4回も受けてよく頑張ったものだと感心しています。

手術の朝ストレッチャー(移動ベッド)で運ばれて行く母の手を握りながら、私と姉は祈るような気持ちで見送ったものです。私もかつては岐大病院で長年研究と臨床生活を送り、沢山の患者さんのドラマ以上にドラマチックな場面を多く見て来ましたが、自分の家族のこととなると日頃はなおざりにしている神様や仏様にすがってしまうのだから我ながら身勝手なものです。中でも母が78歳で受けた手術は腰椎3椎体をチタン製のプレートとスクリューで固定する手術で7時間にも及ぶ大手術でした。患者の家族として手術が終わるのを待つのは本当に長いもので、無事終了して岐大整形外科の清水教授から丁寧な説明と「予定通り大変にいい結果です」との言葉に心から安堵したものです。3年後の大腸がんの時には、さすがに家族一同覚悟をしましたが、私の岐大医学部の先輩で腫瘍外科助教授の杉山先生に執刀して頂き、幸い転移もなく経過も良好です。

最初の手術の後、母は朝夕1時間ほど仏前でお経を唱えて写経を毎日欠かさずに続けて来ましたが、何と入院中も病室で休まずに読経と写経を続けるため主治医や看護師さんたちから大いに驚かれ感心されました。その間に写経は千巻二千巻と増え続け、ついに京都妙心寺から全国初の女性ということで表彰して頂きました。現在も三千巻を越えて記録を更新中です。写経とともに母が打ち込んでいるのが千代紙細工です。最初は脳梗塞のリハビリのつもりでしたが、勉強して工夫するうちに上達して色々な会合に招かれて講習するまでになってしまいました。こうなると本人も益々やる気が出て、立体の花や金魚の飾り物や宝石箱から始まって、仏壇に置くマッチ箱はまるで芸術品!?で、色々な方に進呈して大変喜ばれています。(当院の患者様でご希望があれば差し上げます。)

母は様々な病魔にもめげずに、お世話になった人々に感謝していますが、私自身はこうして不肖の息子や家族が皆元気でいられるのも、母が一人で病気の苦しみを一手に引き受けてくれているからだと考えています。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)