うっちゃん先生の「古代史はおもろいで」

うっちゃん先生の「古代史はおもろいで」
内っちゃん先生の「古代史はおもろいで」


~ご挨拶~


「古代史はおもろいで」といっても「どこがおもろいんやね」という人もいるやろう。それは今専門家、特にその道の〝権威〟がしゃべり、教科書や本に書いてることのほとんどは事実と違う。ウソとまちがいのオンパレードと言ってよい状態なんだ。

 

それを「そうじゃない。こうや」と本当の、というか事実に近い古代史像を探っていく、それが「おもろいんだ。」


知り合いのある若い人が僕に「歴史なんて大嫌いや。うそばっかりやから」と言った。僕は感心したな。「こいつ、できるな」って。僕が若いころそんなこと思いもせんかった。特別興味をもってなかったこともあるけど、そこまではっきりと言えるなんてすごいよな。

 

とはいっても、古代の真相を探るためには文献だけでもいけない、考古学だけでもだめ、民俗学だけでもいけない、人類学だけでもだめ。さまざまでたくさんの、間違いのない「証拠」を集めて考えなければならん。大変なんだ。

 

日本の古代史というのはそのウソの度合いがはなはだしい。なぜかというと、日本の古代史を知る文献は「日本書紀」と「古事記」なんだが、両方とも「勝ち組」が勝手に作ったもんだ。客観性ゼロ。裁判に例えれば「自供」だけを頼りに判決を下しているのと同じや。冤罪が多発してるだろ?「事実」を捻じ曲げて書いてるんだ。特に「日本書紀」は。

 

韓国や中国の政府がよく日本の「歴史認識」についてガタガタいってくる。そういう韓国や中国だって特に近現代史においてはウソを言ってる。「おまえらにだけはそんなこと言われたくないぞ」と言いたいよな。

 

人間はサルと同じじゃない。飯を食っていくこと、それが一番大事なことでいっしょなんだけど、人間は経験の積み重ねを記憶し記録することで動物よりすごい生活を実現してきただろ? もっと古代史にも興味をもてよ。「ロマン」だけじゃなくってさ。

 

ということで、日本の古代史に関してこれからさまざまな「意見」や「証拠」をアトランダムに提示していく。よろしく。反論があればじゃんじゃん言ってこいや。


大阪・河内在住の〝先生〟より


テーマ:

ブログNO.53

豊前は水銀朱の産地でもあった

九州の旅三題話 その3


豊前の国・田川郡に赤村という村がある。なぜ「赤村」というのか疑問に思っていた。中国の史書『魏志』倭人伝に記された邪馬壹国連合の国の中に「アカ国」とも読める(諸橋・大漢和辞典)「烏越国」が記されている。

この「烏越国」が赤村を指しているのかどうかはわからない。が、赤村は古代「我鹿」と書き、安閑天皇が屯倉(みやけ)を置いたところで、この天皇が都を置いていたと思われる香春町勾金(かわらまち・まがりかね)の隣村である(当ブログNO.15参照)。都の南側を流れる御祓川の上流にある。

古代からきわめて重要な地域であったことは間違いないのだが、その重要さは何に由来するものかがよくわからなかった。「赤」とあるから赤色の酸化鉄に覆われた土地で、鉄の生産と関係があるのかな、などとも思っていた。

以前、田川郡の遺跡や神社などを探訪した折、近辺に「丹生津比売神社」?があったのではなかったか、とうろ覚えしていた。「丹生津比売(姫)神社」は全国あちこちに数多く建てられていて、水銀朱(丹)の生産に従事していた人々が建立した神社だ。ひょっとすると鉄ではなく「丹」の生産に関係するのか、とも。

水銀朱は辰砂(しんしゃ)という鉱物(写真:奈良県大宇陀から採掘
53-1 されたもの)から作られる。古代には魔除け、腐
食防止用として古墳の内部に撒かれている。岡山の楯築(たてつき)遺跡など弥生時代の古墳や南九州・熊曾於族の墳墓である地下式横穴墓の中にも大量に撒かれているのが発見されている。また鉄器や銅器を金メッキするための重要なアマルガムとして使われた。古代のハイテクを支えた貴重なものだが、岩石の中からごく微量にしか採取できないケースが多く極めて高価なものだ。一握りの辰砂を得るのに途方もない労力が必要だからである。

だが今回、その神社を確認しようと、地元で電機店を営む中野貢氏の案内で走り回ったが見つからない。中野氏は炭鉱が廃鉱になって衰えた田川地区を再び日の当たる場所にしようと、いろいろ試行錯誤を重ねつつ町おこしにがんばっている人である。

やっと似たような名前の神社を探し当てたのは西隣の大任町にある「丹波神社」だった。が、記憶にある「丹生津比売神社」とは風景が違うと感じた。「丹波」は京都府の「但馬」と関係のある神社かもしれない。「但馬」は佐賀・武雄市付近に発祥地があるという古代豪族橘(たちばな)氏を通じて九州と極めて深い関係をもつ土地である。神社があったというのは僕の記憶違いで、この神社も「丹=水銀朱」の生産とは関係ないのかもしれない。

しかし、意外なところで貴重な情報を得た。中野氏の知り合いで赤村の温泉レジャー施設「源じいの森」で健康管理の飲み物を作ったり、温熱療法?をしている楠本等美さんからである。「赤村の道目木(どうめき)というところで昔、辰砂を掘っ、ていた。今もその採掘穴が残っているらしいですよ」という。治療を受けに来た付近の人に尋ねてわかったらしい。

まったく貴重な情報だった。「道目木」の東側の山奥には大字「赤」もある。大字「赤」は今川をはさんで西側にもある。元来はこの辺り全部を「赤」地区と呼んでいたのであろう。今度九州に行ったとき採掘穴を確認しよう。

安閑天皇の父・継体天皇は鉄や銅、或は錫の採掘、加工で財を成し、力を伸ばしたらしい。子の安閑らはさらに辰砂の採掘、水銀朱の製作を力の源泉にしていたのではないか。そんな道筋が見えてきた。 

であるから「赤村」と言うのであろう。「赤」は辰砂の赤だ。安閑が都を近くに設けた理由のひとつが解けた気がした。あとで調べてみると「道目木」に隣接する大原地区や赤地区宮丸などに「貴船社」が六社も祀られていた。

これらの社の多くが祭神として「ミズハノメ(罔象女・水波女)神」を祀っている。この「ミズ」は金属関係の「業界語」で水銀のことである。「罔象(みずは)」というのは「象(かたち)のない(罔)もの」、すなわちどろどろした形のない水銀を指す言葉である。後世その意味が間違われ、農業に使う水と勘違いされて雨乞いの神とされることもあったが、赤村には貴船神社を祀る人々、すなわち辰砂採掘、水銀加工技術を持っていた工人が数多く住んでいた証拠と言えよう。



53-2 うきは市にも採掘跡

その前日、朝倉市出身の書道家で、古代史家でもある井上悦文氏の案内で、『日本書紀』に記す景行天皇が‶九州巡幸〟のために通った道を検証しようと試みた。

景行は久留米市近辺に都を置いたらしい。それで久留米市[t1] [t2] 藤山から耳納(美濃)山地の嶺道を通り、うきは市から大分県日田市の久津姫神社までの山道を走破した。

ところが途中で大変な‶遺跡〟にぶつかった。うきは市小塩(小椎尾)という地区だ。山間部の道路わきに巨大な岩が露出(写真)し、その岩に開けられた穴に観音様が祭られている。案内看板によると、鎌倉幕府を開いた源頼朝に丹後局(たんごのつぼね)という愛妃がいた。丹後局は頼朝の死後当地に来た。そしてその岩穴に観音堂を作り、頼朝らの冥福を祈ったという。

その岩穴をみてすぐにピンときた。この穴は元来、鉱物採掘のために掘られた穴ではないか、と。
53-3
ノミの跡も生々しい。岩穴は基部を大きく掘り、その奥をさらに掘り進めている(上写真)。観音様はその奥の岩穴に祀られている。岩穴の周り
53-4 を探索してみるとやはり岩のあちこちに小さな赤い点が露出している。辰砂だ(左
写真)。岩肌をじっくり見ていた井上さんは「どうやら白銀(錫)もあるようですね」という。

付近を支配していたのは小椎尾氏という一族である。大岩壁の横に小椎尾神社がある。由来を記した石碑によれば、小椎尾氏は「薩州」、すなわち薩摩半島の出身だという。いつごろここに来たかは定かではないが、やはり鉱物資源を求めて「熊曾於族」とか「天(海人)族」が南九州から進出していたことがわかる。

北部九州には中央構造線に続く断層がいくつにも枝分かれて伸びている。昨年、熊本・大分大地震を引き起こした断層だ。断層やその周辺では地下の鉱物資源が露出する。はるか古代に赤村やその周辺でも同じ現象が起きていたのだろう。日本列島は断層だらけの列島で、近代の大掛かりの採掘には採算面での難点があるが、鉄、銅、錫、辰砂、金など資源は豊富なところだ。

『魏志』弁辰伝には「国々は鉄を出す。韓、濊、倭(族)が欲しいままに採っている」と記録されている。朝鮮半島南部にさらなる大鉱脈を求めて列島人が進出していたことがわかる。

                           (20173月)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログNO.52

「ヤマト」は熊本にもあった 

―九州の旅三題話 その2―


いかがわしい古代史家たちがよく口にする「ヤマト」は今、関西、特に奈良県一帯を指す言葉として用いられている。しかし筆者は、この奈良県一帯は古来「ワ」と呼ばれた地域ではないかということを何度か言ってきた。

「大和」は漢字の読みとして決して「やまと」と読める字ではないことや、いかがわしい古代史をふりまく「大和政権一元論者」がその主張に沿って「読ませている」に過ぎないなどからの判断である。「大」は美称で本来の地域名は「ワ」であろう、と。

これら古代史家らはさらに進んで中国史書に書かれた「倭(ヰ)」まで「やまと」と読ませる詐欺師的行為を続けている。もちろん彼らの主張を裏付けるためにそうしているわけだ。

だが、本来「やまと」は「山門」と書き、北部九州一帯を指す言葉である。管見では福岡県内に三ヶ所ある。福岡市早良区の「山門」(1)、旧高瀬町など旧山門郡(今「みやま市」と改悪)。これらは『魏志』倭(ヰ)人伝に二か所記録された「奴(ド、ト)→戸」という所でもある(2。さらに門司市付近や熊本県の山奥にも一か所あった。「山門」は「山国への入り口→山戸」の意味である。


52-1


しかし今日報告しようと思うのはこれら四ヶ所とは違う場所の「山門」である。ある意味では最も重要な「山門」である。

これまで何回か紹介している「松野連(むらじ)・姫氏系図(「松」の連系図)」(当ブログNO.2)に、呉王夫差の子・忌(キ)が日本列島に到着した最初の地について「火の国山門、菊池郡」と記している。この「火の国山門、菊池郡」について筆者はつい最近まで「福岡県山門郡・旧高瀬町一帯の山門」であろう、と考えていた。

だが、『倭名類聚抄』によれば熊本・菊池郡には九つの「郷」があり、それぞれ「城野(木野)」「水島」「辛家(加恵)」「夜開(清水)」「子養(五海)」「山門」「上甘(蟹穴)」「日理(亘=わたり)」「柏原(河原)」という。

このことを筆者にご教示いただいたのは菊池市にお住いの中原英氏である。氏は学校教員、校長職の傍ら近辺の地質、岩石、縄文・弥生遺跡の分布について精密な研究を続け、結果として菊池市一帯は弥生時代中期ごろまで湖状態であったことを突き止めた。「茂賀の浦」と名付けておられる(上図=中原氏の著作から)。

氏はこの「山門」についても研究し、その地が湖畔にある菊池市神来(おとど)地区であることを解明した。他の「郷」についてはほぼ同定されていたが、「山門」については「どこであるかわからない。読みは近くにハザマがあるからハザマかもしれない」(京都大学編『日本地理史料』)などとされていた。

筆者は「火の国菊池郡」に「山門」があることさえ見過ごしていた。うっかり、もいいところだ。氏は「神来(おとど)」という変わった呼び名や付近の縄文・弥生遺跡の分布状況から特定した。詳しくは氏の著書『太古の湖「茂賀の浦」と「狗奴国」菊池』(熊本出版文化会館刊 2016年)をお読み頂きたい。


当地にはその中心と思われる場所に貴船神社がある(下写真)。平安時代末に京都から勧請したという。が、元来別の神社があったか、地域の‶聖地〟とされていた場所ではなかったかと思われる。近くに組み合わせ石棺や舟形石棺を納めた「山崎1号墳」があり、展示されている。

 
52-2

この地は中国・春秋時代(紀元前8世紀~)から始まったという線刻・壁画古墳が集中して見つかっている地域でもある。氏によればこの「山門」の東端には古代山城として著名な「鞠智(くくち)城」の西の門「堀切門」があり、地区と城は深い関係がありそうだという。城は『日本書紀』の記述などから他の古代山城と同様、七世紀に築かれたとされているが、その淵源ははるかに古いことがうかがえる。

また「火の国山門 菊池郡」の表記については、熊本、佐賀、長崎三県を領域とした「火の国」が、筑後川一帯で切られ、現状「肥(火)前」「肥後」の二つに分かれている。小生は、これがこうなったのは筑後川上流・朝倉に都した「継体天皇」(当ブログNO.1314)と、下流域・筑後に都していた「磐井」の争いの結果、「継体天皇」が筑後川の利用権を得た時からであろうと考えている。

『日本書紀』の文にある継体が物部アラカイに言った言葉「長門より東をば朕とらん。筑紫より西は汝とれ」の「長門」は、筑後と筑前の境にある現在名「長門石」のことである。継体が朝倉に都していたという認識があればすぐに分かるだろう。

「磐井」はおそらく紀(姫)氏の系統を引く「天皇」であり、「継体対磐井の戦い」は熊
52-3 曾於族の首長であった「
継体」が「紀氏政権」から西日本全域と古代の大動脈・筑後川の支配権を奪 った戦いであったと考えられる。

「磐井」の墳墓と考えられる八女市の岩戸山古墳に飾られている石人と同様の造りの石人が神来(おとど)の南西側にある

木柑子(きこうず)地区から発見されている。同地区の前方
 
後円墳「木柑子二ツ塚古墳」(全長40数メートル)脇から
 
複数見つかった。
 
 「きこうず」は元来「木公子」で、「松の連」一族のだれかを葬った
 
古墳ではないか、と思われる。「松」は「木」と「公」を合体させた
 
漢字で、福岡市に住むある「松原さん」の家では風呂敷などに
 
「木の公」と記していたという証言もあるからである。

看板に記されたこの古墳の年代(古墳時代後期)は間違いで、おそらく4~5世紀以前と考えられる。が、いずれにせよ石人の存在はその傍証と言えよう。(下写真=中原氏と石人のひとつ)。


2-4 菊池郡の「山門」と福岡県旧高瀬町付近の「山門」は直線距離にして
45キロほどしか離れていない。姫(紀・木・記・基)氏一族が菊池郡から高瀬町、久留米、鳥栖、さらに大野城・太宰府へと勢力を伸ばし、日本人化した道筋がたどれそうだ。


1
福岡市早良区の「山門」については故古田武彦氏が初めて指摘。『古事記』景行天皇記に記す歌「ヤマト(夜麻登)は国のまほろば たたなづく青垣 山ごもれるヤマトし麗し」は、伊都国の「前ツ君」が九州平定を終えて帰還した折に詠った歌ではないかと主張していた。筆者は今、歌ったのは「前ツ君」ではなく、鳥栖・久留米地域に都していた景行天皇、あるいは『記』にあるようにヤマトタケル本人であろうと考えている

2 拙著『卑弥呼と神武が明かす古代』参照。 (20173月)

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログNO.51

九州年号と磐井と豊の国(その1) 

―北部九州を旅しての三題話―


2月の末に久留米大学の公開講座で、九州政権を形作った熊曾於(熊襲)族や紀氏一族、そして天(海人)族の故郷にも近い中国南部・呉越について話をさせてもらった。時間的にも限られていたこともあって十分な話はできなかったが、ついでに依頼をうけて豊前・川崎町と熊本県菊池市でも同じ話をした。

 その間、真実の歴史・古代史を求めて熱い思いで研究を進めている地元の人々の案内で、いくつかの遺跡や説話の舞台を回ることができた。意外なことややはりそうだったか、などさまざまな成果があった。地元の方々に厚い感謝を述べるとともにその報告をする。

まず第一は福岡県小郡市の神社に刻まれた「九州年号」の話。


 小郡市大字八坂(旧三井郡鰺坂)の若宮八幡神社写真)に「貴楽」という九州年号が刻ま
51-1 れた円柱が
建てられていることは当ブログNO.6「九州年号」でも紹介した。神社は応神天皇を主祭神に、武内宿祢(たけし・うちのすくね)と、博多の住吉の神、表・中・底の三「筒男(つつお)」を祀る。

味坂小学校の東側に隣接している。神社の言い伝えに基づいて創建の日時を記したものだ。「欽明天皇の貴楽弐(二)年創立」という。だが、写真が不出来で読者には全然判然としなかっただろう。

 そこで写真を見てちゃんと分かるように撮り直したいと思っていた。幸い、「九州古代史の会」の木村寧海会長と「歩かんね太宰府」の市川舜一会員が同行してくれた。その助けでライトを当て、何とかわかるような写真が撮れた。これなら読者も納得できるだろう(下写真)。

 問題は円柱を撮影したあと、神社の長田雅彦宮司が作った解説版(写真)の内容だ。看板を見
51-2 ていた木村会長が「貴楽二年は我々の理解では
553年のことだけど、看板には507年と書いてありますね。何ででしょう」という。

 鋭い指摘だった。筆者は、ここに九州年号があるということだけで満足し、紀年の違いなどまったく気にしていなかった。我々の理解が間違っているのか、神社の言い伝えに間違いがあるかのどちらかだろう。が、ひょっとするとこの底には大きな問題、例えば九州内の二朝対立とか、違う何種類かの伝承がひそんでいるかもしれない。

 疑問を持つということは事実の解明へのカギである。木村会長から大きな宿題をもらったと感じた。

 看板は「このあたりは蚊田(賀沙)郷といわれ応神天皇由緒の地であり、北部九州豪族盟約の地であった」と述べて
51-3
いる。いかがわしい「史書」『日本書紀』の記述を叩き込まれている人々には「応神天皇というのは関西にいた天皇のはずだがなぜ由緒の地」といぶかしさを感じる記述であろう。が、「事実は小説より奇なり」である。

 「応神天皇」は母親の「神功皇后」とともに北部九州に多くの伝承を残している。「生まれたところは福岡県宇美町である」とか、「応神天皇が即位儀礼を上げた場所がここである」(福岡県川崎町式部・帝階八幡神社)とか、『記紀』に記す応神の墳墓の所在地と同じ「百舌鳥(もず)」や「耳(味見)原」も同県香春(かわら)町にある。

もちろん北部九州に限らず全国の八幡神社の祭神にはほとんどが「神功皇后」と「応神天皇」が対になって祀っている。『日本書紀』では応神天皇は武内(たけし・うち)の宿祢に伴われて関西に移動し、そこで「反神功皇后」勢力の香坂(かごさか)王、忍熊(おしくま)王を討ったということになっている。

だが、『古事記』ではどうやら九州内の事件と考えざるを得ない内容になっている。『書紀』では忍熊王は滋賀の宇治川で死んだことになっているが、『記』では海で死んだ、とある。出てくる地名も「難波・淡海=博多湾とその周辺」「山代=豊前京都郡犀川付近」であると考えられるからである。この件は拙著『熊襲は列島を席巻していた』(ミネルヴァ書房 2013年)でも扱った。お読みいただきたい。

『古事記』は著述されて(712年)から鎌倉時代に発見されるまで4百年以上もの間がある。その間、なるべく『書紀』の記述に合うように記述の削除などが行われたふしがある。この件については神社の言い伝えの方が正しいと思われる。

これまでの小生の追究で『日本書紀』は、「継体天皇」「神武天皇」など北部九州に実在した天皇の諡号(贈り名)をパクって大和の王に差し替えていた疑いが生まれていた(ブログNO.1314及び31)。ひょっとすると「応神天皇」の諡号もそうなのかもしれない。『書紀』の歴史改ざんの深さ、罪深さは計り知れない。

看板に記された年中行事も興味深い。「7月第一日曜」に「夏越(なごし)の大祓(はらえ)」を行うという。「大祓」は1223日にも行われる。「大祓」は一年間のさまざまな「悪行」「災難」を吹き飛ばし、新たな年の幸いと無事を祈る行事である。

このブログ(NO.1315など)でも何回かふれたが、『魏志』倭人伝に引く『魏略』の記述「倭(ヰ)の人は正歳四節を知らず。ただ春耕、秋収をもって紀年となす」が実際に行われ、日本列島でも現在の一年を二年間とする「二倍年暦」が広く行われていたことを実証する行事である。古代史をひも解く重要な一視点である。若宮八幡神社の由緒深さと伝承の正しさを物語る行事でもある。

20173月)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。