大田口カフェ【高知県長岡郡大豊町】

テーマ:
前から行きたいと思っていた大田口カフェにやっと行けるようになりましたニコニコ
楽しみ~音譜
大田口カフェには、高知自動車道を高知ICから大豊ICまで(休日割引で450円)約25分走り、国道32号を10分ほど行くと到着です。高知市からとっても近いがですよ~ビックリマーク
ちなみに、川之江東ジャンクションからだと大豊ICまで約15分の近さですビックリマーク

到着! 外観は、こちらですビックリマーク
$なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》

おもむきありますねぇ。

それでは、店内に入りましょう!
「おじゃましま~すニコニコ

$なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
カウンターです。奥にわずかに見えるのがマスターです。

$なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
すぐ近くに流れる穴内川からの気持ちのいい風が吹き抜ける店内です。
ほんと、マイナスイオンたっぷりってこういうことを言うのかしら・・・音譜

座敷に入って注文です!
ですが、いろいろあって悩む~~ショック!

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》

さんざん悩んだあげく、自家製イングリッシュマフィンのバーガー、でかマグコーヒー、碁石茶ミルク、チーズケーキ、アフォガードを注文してみました。
頼みすぎ?? だって、食べたいがやもんラブラブ

座ったところから店内を見ると、面白い物がありましたビックリマーク
$なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
ラフティングのオール!?
近くを流れる吉野川は全国的にも有名なラフティングのメッカながですよ!!
(※ラフティングについては⇒コチラ

そうこうしゆううちに、まずは飲み物が、

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
★碁石茶ミルク(450円)
大田口カフェのある大豊町は、知る人ぞ知る幻の碁石茶の生産地で、最近、テレビで紹介されたこともあって、健康茶として大ブレイク中ながです。
それを、大胆にもミルクと割るということで頼んだがですが・・・。
近い味を言えば、チャイ!?しかし、チャイよりも濃厚で美味しいです。
ミルクと合うお茶ってなかなかないと思いますが、碁石茶は相性抜群ですチョキ
(※碁石茶については⇒コチラ

次に来たのは、

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
★でかマグコーヒー(500円)
実は、この大田口カフェは、図書館のように本が多いところですよ本
読書のため、長居するお客様のためにできたメニューでしょうか。
確かに、こちらのカフェは、自分のうちのように落ち着きますし・・・ラブラブ

次は・・・

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
★自家製イングリッシュマフィンのバーガー(600円)

土佐嶺北産の米粉入りのパンにハムエッグ、チーズ、レタス、トマトが挟まれた超絶品の一品ですアップ
自家製ポテトチップスもついてま~す音譜一般のポテトチップスと違って厚みのある濃厚な味でしたラブラブ
(※土佐れいほくの米粉については⇒コチラ
各食材のハーモニーが完全にマッチして、おいしすぎてあっという間に食べてしまいました・・・。
あまりの美味しさにもう1個頼もうかと悩んでいるところに、次の品が・・・

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
★チーズケーキ(420円)
甘さ控えめの自家製チーズケーキです。
これがまたコーヒーと合うがです音譜
後ろのハートマーク見えます?マスターの粋なはからいですドキドキ

最後に、

なるこちゃんブログ《高知の観光情報ブログ》
★アフォガード(350円)
バニラアイスクリームにエスプレッソコーヒーをかけたものですが、気持ちのいい一品です音譜
アイスを食べてもいいし、溶けて一緒になったものを飲むのもいいし、いろいろ楽しめました音譜

あっという間に書いてしまったがですが、実は、かな~り長居してますニコニコ
読書に、碁石舎ミルクに、マフィンに、コーヒーに、そして緑と川と何だか癒される一日になったがです。
ごちそうさまでした!また来ま~すニコニコ
みなさまもドライブがてらにいかがですかはてなマーク



☆大田口カフェ☆
 住所:高知県長岡郡大豊町寺内236番地3
 電話:0887-73-0410
 時間:10:00~17:00
 休日:毎週木曜日、第2・4水曜日
 HP:http://cafemonsieur.blog28.fc2.com/
 交通:<お車>
     高知自動車道大豊ICを出て国道32号を高松方面に約10分
    <公共交通機関>
     JR土讃線 大田口駅から途中橋を渡って徒歩約10分
     ※県道113号⇒県道261号(橋)⇒国道32号





人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
 アップそれぞれ1日1クリックをお願いしますラブラブ    執筆:スタッフI
AD