「あなたのテーマカラーは何色ですか?」

と聞かれたら、なんと答えますか?

 

赤、ピンク、青、緑、紫、黄色、金色、黒、白…など、

それぞれに違う色を思い浮かべられたかもしれません。

 

「どうしてその色が好きなの?」と聞かれても、

明確に答えられることも、なんとなく…ということもありますよね。

 

私は、何か特別な時、新しくたくさんの人にお逢いする時、

よく意識して選んでいる色があります。

 

それは、実は「白」。

 

白い服を着ると、清潔感がある誠実な印象に見えるというイメージがあるので、

そういった意味もありますが、実はもう一つ意味があるのです。

 

 

私にとって「白」=『相手の色を映し出せる色』『相手を引き出し見せるための色』

 

例えば、白い壁に赤い光を当てると、

この光が「赤」だということが分かります。

 

もし壁が黒だと、光は赤なのか、黒なのか、茶色なのか分かりませんよね。

 

それぞれがそれぞれの色を持っていて、

その相手がもつ色(らしさ)を引き出し、濁らせずにそのままの色をご本人に見せるためには「白」が一番良いと思っています。

 

それは心理学を学び始めた時から思っていることで、

 

相手の真意をこちら側で、ねじ曲げたり歪ませることなく、

ご本人も気付かなかったようなことに気付いていってもらうためには、

こちら側(例えばカウンセラー側、話を聞く側)の姿勢もとても重要。

 

だから、女性たちとたくさんお逢いするイベントの日や、

企業向けの研修の日は、白いジャケットを着ることが多くあります。

 

英語で『「私らしさのつくりかた」をどう訳すんだろう?』と思い、

色々と調べていた時に、シンディ・ローパーさんの「True Colors」という曲を見つけました。

 

あなたの本当の色(=輝いている姿、本来のらしさ)を表す言葉として、

Your True Colorsと英語で訳されているのを見て、

“らしさ”というのは「True Colors」とも訳せるのだなと思って新鮮な驚きがありました。

 

皆さんを象徴する「色」を見つけてみると、

その中からも「らしさ」が見つかるかもしれませんね。

 

。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*

「私らしさ」のつくりかた(猪熊真理子著・サンクチュアリ出版)

12月7日発売 全国書店で発売中

   

【Amazonはこちらから】

http://amzn.asia/atkd6J7