小林興起オフィシャルブログ「世直しブログ」Powered by Ameba

小林興起オフィシャルブログ「世直しブログ」Powered by Ameba


テーマ:
 ゴールデンウィークがスタートした5月、私が大変お世話になった練馬政界のリーダー奥山則男元全国都道府県議会議長会会長、元東京都議会議長がご逝去されたという悲報が飛び込んできた。享年89才、近年は病に伏していたというが大変悲しいことであった。

 私が政界に挑戦するため通産省を退官したきっかけは、当時の中川一郎先生にスカウトされたことであった。私の生まれ育った地元の練馬区は当時の中選挙区制では東京5区(練馬区、豊島区)であり、その選挙区から立候補するという中で中川先生はまず奥山則男先生に「小林興起の面倒を見てくれ」と頼み、私にご紹介くださった。
奥山先生から「練馬生まれ、練馬育ちの青年が、練馬から代議士をの要望を担って練馬区民の期待に応えて政界に挑戦することは大変望ましい。ただ、私も自民党の政治家である以上、自民党の公認を取って堂々と応援ができる体制を整えてくれ。」と励ましの言葉をいただいた。大変心強いお言葉であった。

 その後、中川先生のご逝去に伴い公認の話は消え、悪戦苦闘する日々が続いたが奥山先生は陰になり日向になり応援の手を差し伸べて下さった。
3度目の衆議院選挑戦の際には、ようやく自民党の公認をいただき、奥山先生には事実上の後援会会長として選挙戦を取り仕切っていただき、多大なご指導をいただき練馬区から代議士をの声に乗って初当選を飾ることができた。あの頃のことが感謝の念と共に懐かしく思い起こされる。

 それからも、練馬の自民党支部長としてご指導をいただき、私があの郵政選挙で自民党を追放された時には、練馬の区議会議員に対し自民党を追放された小林興起と個人的に深い関係がある区議については黙認をするというお立場をとっていただいたことは生涯忘れられぬ御恩である。情に厚く義を重んじ練馬の政界のリーダーとして多くの区議会議員を育てられ、その一人を自分の後継者としての都議に当選させ練馬支部長としての重責を果たされると同時に、第34代都議会議長として都政に名を残す活躍をされた奥山先生の御霊に心から哀悼の意を捧げたい。

 かつての政治家は地域の人々との直接的な交流を重んじていた。奥山先生の事務所も自宅に隣接していて朝から晩まで地域の皆様が相談に訪れていた。地域住民との繋がりを深く持ち、地域の皆様の声を都政に生かすべく頑張られていた奥山先生の姿が懐かしい。

いいね!(7)
小林興起さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
 先日、悲報が突然届いた。私が長年にわたり非常にお世話になった梶和美さんのご逝去を伝える連絡であった。

 思い起こせば三十年以上も前になる。私は衆議院選を決意して通産省を退官し、小竹町の自宅で生まれて初めての衆議院選挙をどう進めていこうかと考えていた。

 そんな時、近所で母が最も親しくした方のご主人が広く地域活動をされているということで相談をさせていただいたところ、人柄が良く地域の皆様から人望も厚く、小竹町の婦人部のまとめ役という梶和美さんをご紹介いただき、女性部の方々と自宅で懇談をさせていただいたのが梶さんとの最初の出会いであった。

 徒手空拳でいきなり衆議院選に立候補することに、あっけにとられた人達が多い中で梶さんは、「小林さんの国政にかける思いが良く分かりました。日本の政治に必要な方だと思います。応援しますので頑張ってください。」とへの支援を快諾をして下さった。以来、生まれ育った小竹町での後援会作りからスタートし、またお知り合いの女性達を集めて初めての小林興起後援会の婦人部日帰り旅行会も企画してくださった。

 そうしたご支援をいただいたにもかかわらず、徒手空拳の私は勝てるどころか供託金没収の惨敗を期した一回目の初戦であったが、梶さんは「最初にこれだけの票をいただいたことを大切にし、次に向けて頑張りましょう。」と力強く励まして下さった。

 やがて、私はそうした皆さんのおかげで初当選を飾ることになるのだが、梶さんは自民党練馬支部の女性部長にも就任され、私のますます力強い後ろ盾になっていただいた。

 その後、例の郵政解散で、私が党を追われた時には「こういう自民党のやり方、小泉さんのやり方は間違っている。」と私を励まし、なんと自民党練馬支部の女性部長の職を自ら投げ打って私の後援会女性部長としてご支援をいただいた。その決断力には頭が下がる思いであると同時に、なんとしても再起を果たし国のために汗を流すことで恩に報いることを強く心に誓った。

 昨年、母を亡くし、この度、選挙戦の母でもあった梶さんを亡くし、私にとっては大きな試練を受けた気がする。しかし、それを乗り越えて梶さんのご恩を深く胸に刻み、目前に迫る参議院選で梶さんの墓前に勝利をご報告することができるよう、命を懸けて取り組む所存である。

 梶さんに心から感謝を申し上げ、ご冥福をお祈りいたしたい。

いいね!(3)
小林興起さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
 TPPを批准させない4.21院内集会に出席して今国会で審議されているTPPの審議内容を聞くことができた。一番の問題は、国会で審議する以上、内容が分からなければ審議のしようもないが政府が出した最初の資料が「のり弁当」と揶揄されたすべてを真っ黒に塗りつぶした文章であった。これでは何も分からないにも関わらず、一方で審議している衆議院TPP特別委員会の西川委員長は、委員会審議が終わった後、それまでの経緯を綴った本の出版を密かに企画しているという、その本のゲラが手に入って大騒ぎになるという情けないところからスタートしたことである。

 そして、審議の中で自民党が選挙で公約している為、党として譲る事がないといわれた米等の重要5品目について、「TPPの交渉の中で本当に譲っている部分がないのか。」という問いに対して、石原担当大臣も森山農林大臣も全く答えることができず、調べて後ほどという事で審議が止まり、結果として重要5品目も全て譲っている部分があるということが明らかになり、党の公約違反だという追求を受けた。

 いずれにしても、国会審議はこれ以上追及されては政府側が夏の参議院選挙を前にしてもたないと判断したのか、今週で審議は理由をつけて止めてしまうという情報が流れているとの報告を受けた。いずれにせよ一番肝心の日米交渉については、フロマン代表と交渉した甘利大臣が既に辞任しており内容を知る政治家がおらず、役人の最高責任者として付き添ったTPP首席交渉官の鶴岡氏が駐英大使として転出してしまい、しかも交渉の内容を記したメモが一切残されておらず役人にも答える者がいないというお粗末な交渉ぶりに、いかにアメリカの言いなりに話が決まったのかということが推測される。
 
 これによって、私が主張してきたTPPはアメリカの大企業、大資本を利するためにアメリカが日本に要求した条約であって、日本国民にはデメリットはあっても何のメリットもないということが国会審議の中でも明らかになったところである。
 私としては、かつて小泉内閣が提出した郵政民営化法以来、日本の総理が日本の国民よりアメリカに忠誠を誓う情けない国家に転落したこの歴史を変えていかなければならないことを痛感した。

いいね!(5)
小林興起さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み