NEW映画「64」(瀬々敬久監督) 前編 5月7日公開 後編6月11日公開 http://64-movie.jp/


NEW「オール讀物」7月号  「一冊をめぐる青春」


NEW エッセイを寄稿 小島信夫長篇集成9「静温な日々/うるわしき日々」月報 


NEW レビューを寄稿 チャン・ゴンジェ監督「ひと夏のファンタジア」 プログラム


「出発!ローカル線 聞き込み発見旅」 BSジャパン 6月20日 夜19時~


「WATCH NAVI」 連載 「映画時計学」


エンタメステーション インタビュー http://entertainmentstation.jp/28432/2/


「警視庁捜査一課9係」 4月6日夜9時~ 初回2時間スペシャル


オール読物3月号 「偏愛読書館」エッセイ http://hon.bunshun.jp/articles/-/4614


読書エッセイ集 「恋読 本に恋した2年9か月」 発売中本


 読売新聞 「恋読」 インタビュー http://www.yomiuri.co.jp/life/book/raiten/20151116-OYT8T50073.html





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-26 13:37:24

桃のカプレーゼ

テーマ:グルメ



頂き物の桃で、カプレーゼを作りました。


桃、モッツァレラ、塩コショウ、オリーブオイル、バルサミコ、ハチミツも、ちょっと。


暑さに負けず、ベらンダで健気に育つバジルも添えて。

 

1469507970364.jpg

先日あずちゃんと、ディズニーシーへ♪


アフター6で行ったのですが、夏は風が気持ちよくて最高でした。

夏の間にまた行きたいけれど、もう混んでるだろうなあ。。でも行きたい。。



1469507994329.jpg

海外旅行風の写真も撮れるんですね、シーって。


この後、タワーオブテラーに乗って、死にそうになりました。


10年後は、もう乗れないかもしれないねって。





パレード見ながら、ミラコスタのレストランで、2度目のお祝いまで、、、!


ミッキーのケーキ、美味しかったなあ。


食事が終わって、もう一つ、お腹がきゅーんってなるマシーンに乗って、

また二人で、ふらっふらに。


久しぶりに、はしゃいで、夢を見た夜でした。


あずちゃん、いつもありがとう。

AD
小橋めぐみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-07-23 19:57:07

演技とて 大根投げは ためらった

テーマ:




小島信夫長編集成9 「静温な日々/うるわしき日々」月報に、エッセイを寄稿しました。


今年2月に、小島信夫さんの遺作「残光」を読み、全エネルギーを込めて書きました。


今日手元に届いたのですが、自分の文章を読み返していたら、


半年後の自分への手紙のような、エールのような。


この時のことを色々思い出して、朝から胸が詰まってしまった。



「このタイミングでこの作品に出演できたことが・・・」みたいなことがありますが、


このタイミングで、この原稿依頼が来たことは、私にとって救いとなったような。


そんな気がします。





最近読んだ本。川上弘美さんの句集「機嫌のいい犬」


「サイダーの泡より淡き 疲れかな」という、シュワーっと心に炭酸が染み込むような句から、


「はっきりしない人ね 茄子投げるわよ」という、相当怒ってたんだろうなあ、という


オチャメな句まで。


好きな句を、メモメモ。


いつか私も句集を出せたらなあと願いつつ。


そういえば昔ドラマで、怒って大根投げる母親役を演じたなあ、と思い出しつつ。





松田青子さんのエッセイ集 「ロマンティックをあげない」


松田さんと同い年のせいか、いちいちツボすぎて、笑いすぎて苦しかったです。


つっこみどころが、的確すぎる。

小橋めぐみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-19 09:40:39

あきちゃん。

テーマ:ブログ



先日、久しぶりに、西原亜希ちゃんとランチ。

話したいことがいっぱいあって、話出したら止まらなくなっちゃって。

あんまり食べた記憶がない・・・。

あんなに話すのなら、もっとゆったりしたカフェ的なお店にすればよかった、と。

お隣さんとの距離が、めちゃめちゃ近かったので。

食いしん坊のあきちゃんとランチをする時は、いつも「美味しいお店」をメインに

考えるのですが、次回は、「話しやすく、なおかつ美味しいお店」にしようと、ひとりごちたり。


あきちゃんとお話ししていると、

頭の中でごちゃごちゃしていたものが、色々整理されてきて。

すっっきりしました、心身ともに。


いつ会っても、すっと前を向いて、ぴんと背筋を伸ばして、

きらっと目が輝いている彼女に、この日も照らされました。


お誕生日プレゼントに、
あきちゃんと色違いの、形抜群のニットを頂いちゃいました☆

お揃いで着たいな、と夢見つつ...!















連休は、祖母の家へ。

祖母から、刺繍を教わりました。

布巾に、ちくちく。


最近、外を歩くときは、祖母の手をずっと引いて歩いているのに、

いざ得意の刺繍となった時の、祖母の手の早さよ。


「さっきまで手を引いていた人とは思えない!」

と言ったら、祖母のツボに入ったらしく。

次の日も刺繍を教わっていたら、急に笑い出すので「どうしたの?」と聞くと、

「さっきまで、手を引いていた人とは思えないっていうのが可笑しくて・・・」

と、くくくっと笑っていました。


写真の、「ボーダーと靴下」

最初は、ボーダーシャツだけ縫ったのですが(そこで力尽きてた)

これを見た祖母から

「物語がない」

とご指摘を受け。物干し竿と靴下も付け足しました。

靴下、ちょっといびつだけれど、ご愛敬。

そして、「これを私だと思って!」と、祖母にプレゼントしました。

次に会うまでに、新しい柄を考えておくね、と約束。

次に会うまでに、上達しておくこと、と自分に約束。

小橋めぐみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-15 17:12:29

罪悪感

テーマ:ブログ




先日、とらやで季節の生菓子を頂いてから、


とらや愛(正確には、とらやの生菓子愛)が、溢れちゃってる。



我が家で。


きんとん製、花氷。



こちらは、


琥珀製 若葉蔭。


この発売を待っていた。


これぞメイド・イン・ジャパン。


金魚が泳いでいるんだもの。芸術の域。あっぱれ!美しい!よっ!とらや!


と、テンション高めで、一口一口大事に食べていましたが・・・







この瞬間が来ることを忘れていました。


タイトルは、その時の私の気持ちです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
小橋めぐみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-11 14:25:40

シーラッハ

テーマ:




「犯罪」著者、フェルディナント・フォン・シーラッハの最新作「テロ」に、唸った。



ドイツ上空で、ハイジャックされた旅客機。


テロリストはサッカースタジアムに墜落させ、7万人の観客を殺害しようと目論んだ。


しかし、緊急発進した空軍少佐が独断で旅客機を追撃する。


乗客164人を殺して、7万人を救った彼は英雄か?犯罪者か?



結論は、一般人が審議に参加する再審裁判所に委ねられる。


彼は、有罪か?無罪か?


生命を、ほかの生命と天秤にかけることはできるのか?命は数値化できるのか?


旅客機に、自分の家族が乗っていたら、それでも追撃できたのか?



作家は、有罪、無罪、二通りの判決を用意し、最終判断を読み手に委ねた。



そして、最後に、作家のあるスピーチが掲載されている。


テロが、どこの国であろうと起こりうる世の中に対して、人は、どうあるべきか、


国はどういう姿勢を見せるかを、


語り尽くしている。


その問題に挑もうとする、作家の崇高な意志に、胸が揺さぶられた。


この夏、オトナの課題図書にしてほしい。




同じ著者の「罪悪」は、弁護士の「私」が様々な罪の形を静かに語る短編集。


許される罪、赦しがたい罪、ほんの小さな罪、取り返しがつかない罪、その罪のおかげで助かった者。



真犯人を隠す老人を、静謐な文章で綴る、「雪」


犯罪小説を、ぎゅっと濃縮してコメディにまで昇華させた「鍵」


この二つの作品が、特に好きだったな。



でも順番に読んで、最後の「秘密」で、ひやりとしてほしいな。


ふふ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
小橋めぐみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み