人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。


1 フォロー講義


本試験が終わった後の受講カウンセリングの中で、受験生の皆さんから必ずと言

っていいほど出てくる言葉があります。


「二択まで絞れたんですが…

最後の最後で間違った方を選んでしまいました。その問題が正解していれば…」。


あと、数問得点出来ていたら、合格していたかもしれないことを考えると、160点台、

170点台の方に多いのではないかと思います。


行政書士試験が、150点からのあと30点を伸ばすのが難しいと云われる所以は

このあたりにあるのかもしれません・・・


「二択まで絞れたのに症候群」


二択まで絞れたのに間違った方を選んでしまったということは、実は、○の肢を×

に、×の肢を○にしている訳ですから、五肢のうち、二つも間違えていることになり

ます。


どうして、「二択まで絞れたのに症候群」にかかってしまうのか?


これは、問題を解くために必要となる前提知識の精度が低かったこと、つまり、記

憶が不完全だったことが主な原因ではないかと思います。


特に、知識優位型の典型科目である行政法においては、「二択まで絞れたのに症

候群」にかかってしまうことが多いようです。


あれっ、これどっちだったっけ?


本試験中に、こういう風な場面に遭遇してしまった問題は、何故か間違えている確

率が高いということは、合格コーチの実体験からも云えます。


あやふやな知識!


これから本試験に向けてやるべきことは、 「二択まで絞れたのに症候群」になるべ

くかからないように、問題を解くために必要な前提知識の精度を高めていく、記憶

の作業ではないかと思います。


もっとも、記憶用ツール等を、前から順番にただ見直していっても効率が悪いです

から、今年の本試験で出題が予想されるテーマから優先的に行っていく必要があ

ると思います。


出題予想の「視点」☆


再受験生は、問題を沢山解いて知識をどんどん広げていく(知識の拡散)のではな

く、今まで学習した知識の集約→記憶の作業を、是非、行ってみてください。


2 復習のポイント


① 行政事件訴訟法(2)


まずは、パワーポイント「第19章-①」で、取消訴訟のプロセスの4つの箱(フレー

ムワーク)を、しっかりと理解しておいてください。


平成18年度及び25年度は、「却下」と書くべきところを「棄却」と書かれた方が数多

くいましたが、全体構造(フレームワーク)を理解していない証拠だと思います。


フレームワーク思考☆


次に、「行政法」p268以下で、①公権力性、②具体的法効果の発生という大項目

→中項目に沿って、各判例を整理しておいてください。


「仕組み解釈」によって「処分性」を拡大した最新判例は要注意ですので、もう一度、

判例のロジックを掴んでみてください。


最終的には、総整理ノートp142で、処分性肯定判例・否定判例を、事件名を見て、

判断できるようにしておいてください。


② 行政事件訴訟法(3)


まずは、パワーポイント「第19章-④」で、「原告適格」の問題となる典型ケースを

理解してみてください。


総整理ノートp144、145の判例は、「原告適格」に関する重要判例ですので、9条2

項の構造とともに、もう一度、判旨を読んでみてください。


最終的には、原告適格についても、総整理ノートp148で、原告適格肯定判例・否

定判例を、事件名を見て判断できるようにしておいてください。


次に、総整理ノートp149以下で、狭義の訴えの利益については、時間の経過とい

う「視点」から判例を整理しておいてください。


総整理ノートp150ページの最新判例は、①行政手続法12条1項の処分基準、②

行政裁量、③訴えの利益の3つのテーマに関連する重要判例ですので、判旨を

よく理解しておいてください。


以上、「処分性」「原告適格」「訴えの利益」は、あくまでも訴訟要件の話であり、処

分性が認められても、原告が勝訴した訳ではありません。


有名な判例の本案審理の内容については、以下の記事をご参照ください。

http://amba.to/eAjPMv  


最後に、「行政法」p293以下で、その他の訴訟要件についても、知識を整理してお

いてください。


③ 行政事件訴訟法(4)


行政事件訴訟法の出題のテーマは、 ①訴訟類型、 ②取消訴訟の訴訟要件、 ③

取消訴訟の審理・判決の効力に、 大きくグルーピングすることができます。


このうち、最近の本試験では、問題作成者である大学教授の問題意識の変化にと

もない、③取消訴訟の審理・判決の効力に関する問題が頻出しています。


例えば、記述式は 平成21年度 拘束力平成22年度 事情判決 まずは、取消訴訟

の審理について、定義と内容が一致するように、基本書p299以下をざっくりと読ん

でみてください。


次に、「行政法」p310以下、総整理ノートp159以下で、取消訴訟の効力について、

キーワードを中心に、内容を理解してみてください。


本試験では、第三者効については未出題ですので、総整理ノートp140の判例とと

もに、内容をよく理解してみてください。



人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。






AD


人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。


1 フォロー講義


7月1日(金)~、辰巳法律研究所とリーダーズ総合研究所の共催で、民行チャレン

ジ模試を実施いたします。


民行チャレンジ模試

↓詳細



行政書士試験は、法令科目の77%が、民法と行政法 それだけに、民法と行政法の

出来・不出来が、行政書士試験を合否を大きく左右していきます。


そこで、直前期を迎えるこの時期に、本試験レベルの良問で、現時点での民法と、

行政法の実力を診断し、是非、今後の学習の指針にしてほしいと思います。


≪出題問数≫


行政法


択一式18問、多肢選択式1問、記述式1問 計20問。


民法


択一式9問、記述式2問、計10問。


基本書フレームワーク講座のパック受講生の皆さんは、別途申込は不要ですが、

通学部の方は、各会場にて会員証をお受け取りください。


民行チャレンジ模試

↓詳細


10月は、全国公開完全模試です。

2 復習のポイント


① 行政不服審査法(2)


まずは、パワーポイント「第17章-⑬⑭」で、総整理ノートp101以下で、審査請求の

審理の流れの「フレームワーク」をアタマの中に作ってみてください。


森から木、木から枝、枝から葉へ


次に、総整理ノートp95以下で、審理員について、①指名(除斥事由)、②権限、③

適用除外の視点から知識を整理しておいてください。


最後に、総整理ノートp117以下で、行政不服審査会について、①設置・組織、②諮

問(原則・例外)、③審理の視点から知識を整理しておいてください。


審査請求の審理の中で、改正によって大きく変わったのが、審理員と行政不服審査

会の2つです。


ともに、審理の公正性を担保するための制度ですから、目的条文と関連付けながら、

その位置づけをきちんと理解してみてください。


② 行政不服審査法(3)


まずは、総整理ノートp110以下で、審査請求の裁決について、処分・事実行為・不

作為に分けて、条文知識を整理しておいてください。


処分(申請拒否処分)についての審査請求の認容裁決、不作為についての審査請

求の認容裁決については、申請型義務付け訴訟を参照にした、一定の処分をする

措置をとる旨が規定されていますので、要注意です。


講義中にもお話したように、審査請求の裁決については、頻出していますので、こ

の改正部分を直球で聞かれても大丈夫なように、総整理ノートp112の図表で知識

を整理しておいてください。


次に、パワーポイント「第17章-⑲」、総整理ノートp104で、執行停止について、行

政事件訴訟法の執行停止と比較しながら、知識を整理しておいてください。


執行停止については、最終的には、総整理ノートp163の図表で、行政不服審査法

と行政事件訴訟法の比較の視点から、知識を整理しておく必要があります。


最後に、総整理ノートp164以下で、教示制度と教示の懈怠・誤りについて、行政事

件訴訟法の教示制度と比較しながら、知識を整理しておいてください。


教示については、最終的には、総整理ノートp165の図表で、行政不服審査法と行政

事件訴訟法の比較の視点から、知識を整理しておく必要があります。


③ 行政事件訴訟法(1)(総論)


まずは、パワーポイント「第18章-⑥」、「行政法」p253以下で、司法権と行政権との

役割分担について、憲法で学習した司法権の範囲と限界の「視点」から復習をして

みてください。


司法権の範囲と限界というテーマは、憲法の司法権でも頻出のテーマですから、憲

法のプログレカードで重要判例を整理しておいてください。


次に、パワーポイント「第18章-⑧」、総整理ノートp131で、行政事件訴訟の類型を、

大→中→小項目の順に、司法権の定義と関連させながら記憶しておいてください。


行政事件訴訟法では、 訴訟類型の問題が頻出していますが、このテーマが苦手な

方は、意外と、パワーポイント「第18章-⑧」レベルの知識が、きちんと記憶出来て

いない方が多いようです。


最後に、パワーポイント「第18章-⑨」、行政法」p257で、大阪国際空港事件におけ

る最高裁判例のロジックをよく理解しておいてください。


パワーポイント「第18章-⑨」は、訴訟類型の問題を作る際の「フレームワーク」にな

っていますので、きちんと矢印の先の訴訟類型が出てくるように記憶しておいてくだ

さい。


なお、訴訟類型については、この後、詳しく見ていきます。



人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。



AD


人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。


いよいよ、6月25日(土)、18時~20時まで、辰巳法律研究所東京本校にて、新

企画のリーダーズ式☆出題予想テーマ的中プロジェクト第3弾を行います。


6月25日(土)18時~20時 辰巳法律研究所東京本校


毎回、多くの方にご参加いただきありがとうございます!


いよいよ、第4弾です!


リーダーズ式☆出題予想テーマ的中プロジェクト第4弾

↓詳細



行政法、民法、一般知識は、行政書士試験の3本柱。


この3科目の出来によって、行政書士試験の合否がほぼ決まってしまいます。


毎回、120分(40分×3コマ)で、各科目の基本も学べる!出題予想講義。


是非、ご参加ください!


≪1コマ目≫ 村瀬講師担当



民法択一式・記述式レバレッジ予想講義

~1から10を知る!記述式有効活用術~


「記述式」と聞くと、苦手意識や恐怖心をもつ受験生の方が少なくありません。

たしかに近年の記述式の出題は様々な角度から出題されますし、出題形式・

出題範囲も画一的ではありません。


でも、今はまだ焦る時期ではありません。


むしろ、記述式の問題は、関連論点を整理するには良い題材とも言えます。


「1つの記述式から10の関連論点を知る」。


本プロジェクトで、記述式問題を「てこ」にして、択一知識の関連論点を丁寧に

整理していきましょう!


≪2コマ目≫ 竹内講師担当




行政法重要判例予想講義

~行政法の得点がグッと伸びる!受験生なら押さえておきたい重要判例~


行政書士試験において行政法での高得点は必要不可欠です。行政法は、その

出題のほとんどが、条文及び判例からとなっています。


とりわけ判例問題は、出題されるものが決まっているため対策が立てやすく、是

非とも押さえてほしいところです。


本プロジェクトでは、最新判例も含めた行政法の超重要判例を扱います。


これを機に、行政法で高得点を取るために必要な知識を身につけていきましょう!


≪3コマ目≫ 山田講師担当



ココが危ない!2016年一般知識予想講義

~一般地知識!早め早めの対策が合格への第一歩~


一般知識どうしよう!


直前期になると、多くの受験生から聞かれる言葉です。もっと早くやっておけば良

かったと思っても、後の祭りです。


そこで、本プロジェクトでは、3月の早い時期から、少しずつ、一般知識対策をス

タートさせていきます。


①政治、②経済、③社会、④時事、⑤情報法の全5回。


次回は、④時事です。


今年の本試験で出題が予想されるテーマについて、是非、早め早めの対策を立

てていきましょう!


1回(120分)で、三人の講師の出題予想講義が聞ける、新たな企画です。


7月までの毎月第4土曜日


④ 6月25日(土)18時~20時

⑤7月23日(土)18時~20時


リーダーズ式☆出題予想テーマ的中プロジェクトの詳細は

↓こちらから

http://leaders-readers.com/free/


リーダーズ式☆出題予想テーマ的中プロジェクト、無料公開講座となっております

ので、是非、お気軽に、ご参加ください!



人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。




AD











人気blogランキングへ
← ポチッと1回クリックをお願いします。




資格試験の勉強は、ひと通り、知識をインプットして「理解」した後は、やるべきこと


が、大きく3つのフェーズに分かれます。




第①フェーズ:


過去問等から出題の「ツボ」を「抽出」するフェーズ




第②フェーズ:


過去問等から抽出した出題の「ツボ」が使えるか「検証」するフェーズ




第③フェーズ:


過去問等から抽出した出題の「ツボ」を「記憶」するフェーズ




①②が集約で、③が記憶です。




通常、初学者の方は、 テキストを読んで内容を理解して、過去問を解いて、知識


の問われ方を確認していく訳ですが、短期間でサクっと合格するためには、この


第①フェーズで、出題の「ツボ」を抽出していく必要があります。




出題の「ツボ」の抽出とは、




①どのようなテーマから


②どのような内容の問題が


③どのような視点から出題されているのかを、




過去問等から分析することをいいます。




このように、出題の「ツボ」を抽出しておくことで、学習すべきところと記憶すべきと


ころの「選択」と「集中」を図ることができるため、資格試験に短期間でサクッと受


かることができます。




つまり、本試験に出題されそうなところと出題されそうもないところを区別し、さらに、


出題されそうなところは、問題の問われ方や問題の処理手順まで把握している人


の方が、当然、合格可能性が高くなるという訳です。




合格者曰く、出題の「ツボ」が掴めていれば、本試験問題の答えが浮いて見えるよ


うになってくるようです。




この意味で、資格試験の勉強で(短期間でサクっと合格するために)最も大切なの


は、第①フェーズで、出題の「ツボ」の抽出を、意識的にすることができたかどうか


ではないかと思います。




このように、出題の「ツボ」を抽出することができれば、つまり、出題予想という仮説


を立てることができれば、次の第②フェーズでは、その仮説の検証を、答練又は模


試等を使って行えばいいわけです。




つまり、答練とか模試というものは、自分が立案した、出題予想という仮説を検証し


て、修正する必要があれば修正していく「場」であると云えます。




受講生の皆さんは、




直前合格答練や民行チャレンジ模試・全国公開完全模試では、是非、今、集約して


いる出題の「ツボ」がきちんと使えるかどうかの検証を行ってほしいと思います。




そして、本試験1ヶ月前くらいになったら、抽出→検証→修正した出題の「ツボ」を、


きちんと定着化(記憶)させる、第③フェーズの時期に入ります。




せっかくの出題の「ツボ」も、きちんと記憶しておかなければ、本試験では使い物に


なりませんから・・・




第①フェーズ:


過去問等から出題の「ツボ」を「抽出」するフェーズ




第②フェーズ:


過去問等から抽出した出題の「ツボ」が使えるか「検証」するフェーズ




第③フェーズ:


過去問等から抽出した出題の「ツボ」を「記憶」するフェーズ




8月27日から始まる、リーダーズ式☆総整理&出題予想講座では、第①フェーズ


と第②フェーズでやるべきことを、わずか24時間でやっていきます。




リーダーズ式☆総整理&出題予想講座


↓詳細は、


http://leaders-readers.com/chokuzen/




本講義では、出題の「ツボ」を抽出するだけではなく、出題予想の視点から、行政


書士試験の過去問+他資格試験の過去問を使って、その出題の「ツボ」の使い方


の「検証」や問題の処理手順まで伝授していきます。




この時期(8月)になっても、出題の「ツボ」の抽出が出来ていない方は、是非、こ


の講座を有効にご活用ください。




現在、リーダーズ式☆総整理&出題予想講座で使用するリーダーズ式☆総整理


ノートの編集作業を進めています。




リーダーズ式☆総整理ノートは、




行政法、憲法、民法、商法の4科目で、約900ページありますが、この知識を、出


題予想の視点から、1冊で総整理できるようにセレクトして、コンパクトにまとめて


います。




直前期、




①今まで学習してきた膨大な知識を集約化していきたい方、


②今年の本試験で出題が予想されるテーマを知りたい方、


③とにかく直前期で得点を上げたい方にはお薦めの講座です。




≪使用教材≫




①リーダーズ式☆総整理ノート(セレクト版)※無料配布


②セレクト過去問集※無料配布


③パワーポイントスライド集(セレクト版)※無料配布




直前期、出題予想の視点から、知識を集約化されたい方とお会いできることを楽


しみにしております。






人気blogランキングへ
← ポチッと1回クリックをお願いします。
















人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。


昨日は、関西プロ研のため、大阪へ行ってきました。


関西プロ研も、今回で8回目。


昨日は、約30人の方にご参加いただきありがとうございました。


昨日は、豪華3本立て


合格コーチからは、産業カウンセラーの視点から、「クライアントと信頼関係を築く

ための5つの視点」というタイトルで、マーケティング(顧客とのコミュニケーション)

における「傾聴」の大切さについて、お話しさせていただきました。


やはり、心で聴く、傾聴が、信頼関係を作る基本ではないかと思います。


安井先生からは、「営業経験ゼロから始める!士業のための営業術」、長島先

生からは、「行政書士1年生必見!建設業許可申請の極意教えます。」というタ

イトルで、セミナーしていただきました。


両先生、どうもありがとうございました。


結局、あとは、やるかやらないか、なのではないかと思います。


行政書士を含め、士業で大切なのは、人と人の「つながり」です。


今後とも、関西プロ研をどうぞよろしくお願い致します。



人気blogランキングへ ← ポチッと1回クリックをお願いします。