リーダーズ式 合格コーチ 2016

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ にほんブログ村 資格ブログへ VOON Podcast Feed


■講座案内■ 知識と知識のつながり


リーダーズ総合研究所 辰已法律研究所 と事業提携をしております。


≪リーダーズ式☆合格者の声≫

     ↓こちらから

合格者の声



≪講座説明会・無料公開講座≫

2月25日(土)18:00~20:00 辰已法律研究所東京本校


リーダーズ式☆開業塾2期生 プレ講義(無料体験受講)

事務所経営の「フレームワーク」と「ツボ」


3月25日(土)18:00~19:00 辰已法律研究所東京本校


リーダーズゼミ☆3期生合同説明会


≪開講講座≫


(1) 法律初学者向け


合格スタンダード講座

現在、民法開講中!まだまだ間に合います!


(2) 再受験生向け


基本書フレームワーク講座

現在、民法開講中!まだまだ間に合います!

 

上級ファンダメンタル講座

現在、民法開講中!まだまだ間に合います!


(3) リーダーズゼミ


リーダーズゼミ☆3期生

4月、各クラス開講!


(4) 行政書士開業塾2期生


2月25日(土)18:00~20:00 

プレ講義(無料体験受講)

事務所経営の『フレームワーク』と『ツボ』」開講


3月5日(日)14:00~17:00 

経営戦略論開講






NEW !
テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

今回から、ライブの方は1日6時間の縦積み講義となりました。

 

初学者の方は、新しい知識が次から次へと入ってきて大変かもしれませんが、早

めに、自分なりの講義の復習のやり方を確立してみてください。

 

合格スタンダード講座も受講されている方は、合格スタンダード講義ともリンクさせ

ながら、是非、復習の良いサイクルを作ってみてください。

 

そして、復習する際には、①理解→②集約→③記憶という視点を忘れずに!

 

2 復習のポイント

 

① 制限行為能力者制度

 

まずは、テキストp20以下で、制限行為能力者と取引をした相手方の保護の制度

について、その項目と要件・効果をきちんと集約化してみてください。

 

静的安全と動的安全の調和の視点

 

次に、テキストp22以下で、未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人につ

いて、①定義、②保護者とその権限、③単独で同意なしに行った行為の効果に

ついて、知識を整理しておいてください。

 

制限行為能力者制度の改正の背後には、

 

ノーマライゼーションという考え方がありますので、条文の中にどのように反映さ

れているのかを確認しながら、出題のツボを掴んでみてください。

 

② 意思表示(1)

 

まずは、テキストp28の意思表示の図解で、動機→内心的効果意思→表示意思

→表示行為という意思表示の構造を具体例とともに、もう一度理解してみてくだ

さい。

 

意思表示の図解は、今後の学習の基本となってきます。

 

次に、テキストp30以下で、心裡留保の効果(原則・例外)について、事例の具体

的とともに、知識を整理しておいてください。

 

心裡留保について、テキストp31の代理人の権限濫用がよく問われますが、この

テーマについては、代理の最後でお話していきます。

 

最後に、テキストp32以下で、虚偽表示の効果(原則・例外)について、事例の具

体例とともに、知識を整理しておいてください。

 

また、虚偽表示では、94条の「第三者」にあたる者、あたらない者に関する知識が

よく問われますから、過去問の事例を図解化できるようにしておいてください。

 

民法は、単純な知識を問うのではなく、事例形式で問われることが多いですので、

初学者の方は、事例が図解化できるように、自分なりの図解法を確立してみてく

ださい。

 

なお、テキストp34の94条2項の類推適用については、不動産物権変動の最後で

お話していきます。

 

③ 意思表示(2)

 

まずは、テキストp36で、錯誤について、種類と要件・効果について、もう一度、知

識を整理してみてください。

 

次に、テキストp61の無効とリンクさせながら、錯誤無効の主張権者について、知

識を整理しておいてください。

 

制限行為能力と意思表示は、取消しと無効という効果から逆算して学習していくと、

要件・効果のつながりが見えてくると思います。

 

取消し原因にはどのようなものがありますか?

無効原因にはどのようなものがありますか?

 

テキストp64の図表を見なくても、答えが、パッと出てくるようにしておいてください!

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

最近、リーダーズゼミについてのお問い合わせを数多くいただき誠にありがとうござ

います。

 

リーダーズゼミ☆3期生の詳細は

   ↓こちらから

http://leaders-readers.com/semi/

 

今年のリーダーズゼミ3期生は、東京3クラス、名古屋1クラス、大阪1クラスを実施

予定で、合同の講座説明会を3月25日(土)に実施いたします。

 

《リーダーズゼミ合同説明会》

3月25日(土)18時~19時 辰已法律研究所東京本校

 

《東京》

①山田クラス 木曜日 18時45分~21時45分

②村瀬クラス 日曜日 10時~13時

③竹内クラス 土曜日 10時~13時 14時~17時

 

《名古屋》

山田クラス

 

《大阪》

山田クラス

 

各クラス先着順の定員制となっておりますが、東京山田クラスは、定員まで残り少

なくなっております。

 

今のところ、増設クラスの予定はございませんので、受講をご希望の方はお早め

にお申し込みをよろしくお願いいたします。

 

合格スタンダード講座の受講生の皆さんには、合格スタンダードゼミをご用意して

おりますが、法律の学習を一通りされた方であれば、再受験生用のリーダーズゼ

ミも、割引受講することができます。

 

なお、リーダーズゼミ3期生をお申し込みの方で、①2017年版☆総整理ノート民法

・行政法、②2017年版☆パーフェクト過去問集民法・行政法をお持ちでない方には、

開講日に無料配布いたします。

 

 

 

現在、平成28年に実施したリーダーズゼミの講座説明会の模様と山田クラスの無

料体験ゼミの模様をyoutubeで流しておりますので、こちらも、是非、ご参照ください。

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

出題パターンをどうやって発見するのか?

 

皆さんもご存知の通り、行政書士試験の民法は、平成12年以降の問題のストック

が少ないため、行政書士試験の過去問だけでは、問題のグルーピングができま

せん。

 

そこで、問題のグルーピングをするために、旧司法試験・司法書士試験・公務員

試験の過去問(約20年分)を利用しています。

 

くれぐれも、他資格試験の過去問を何回も繰り返し解かないでくださいね!

 

行政書士試験の過去問の他に、他資格試験の過去問を利用することで、各テー

マのグルーピングがとてもやりやすくなります。

 

他資格試験組の受験生が、民法で高得点を取れるのは、十分な過去問ストック

の中で、民法の学習をしていることも、その一因だと思います。

 

次に、各内容ごとに、問題作成者はどういう「視点」から問題を作っているのか、

つまり、問題作成者のキキタイコトを、基本書(教科書)を参照しながら見つけて

いきます。

 

ここでのポイントは、

 

問題作成者の「視点」、つまり、大学教授の書いた基本書(教科書)に、どのよう

に書かかれているのかが重要になってきます。

 

重要なところは、ページを割いて書いてありますし、あまり重要でないところは、

ほとんど書かれていません。

 

また、そのテーマ・内容で何が問題(争点)になっているのかも、重要なテーマに

ついては、やはり、ページを割いて詳しく書かれています。

 

もっとも、1冊の基本書だけだと、その筆者の主観に大きく左右されてしまう場合

もあるため、分析するときは、必ず、複数の基本書(教科書)を参照しています。

 

出題パターンの発見とは、問題作成者(大学教授)との「対話」ですから、アウト

プット(過去問)→インプット(基本書)という「視点」が重要になってきます。

 

問題作成者との「対話」

 

どんな事柄でも、「分析」するということは、「分析」スキルとセンスによって、その

精度に大きなバラつきが出てきてしまいます。

 

そこで、受講生の皆さんには、合格コーチが「分析」した結果を、出題パターンと

いう形で、講義中にお話しています。

 

毎年、出題パターンの中から、そのまま本試験問題が数多く出題されるのも、問

題作成者の出題パターンを「分析」している以上、当然のことかもしれません。

 

受講生の皆さんは、

 

まずは、講義中にお話している出題パターンをよく理解して、アウトプットの「視

点」から知識を整理しておいてください。

 

2 復習のポイント

 

① 共有

 

まずは、総整理ノートp94で、共有・合有・総有の違いを、もう一度、確認しておい

てください。

 

講義の中でお話したように、行政書士試験では、平成22年度に、①合有と総有

の比較、平成16年度に、②共有と総有の比較に関する問題がすでに出題され

ていますので、あとは、③共有と合有の比較です。

 

次に、パワーポイント(第6章物権と所有権⑬)、総整理ノートp95で、内部者と外

部者、物権と債権に「類型化」して、それぞれ、どのような主張をすることができ

るのかをパターン化して整理しておいてください。

 

問題の「パターン化」

 

もっとも、この論点については、昨年度の本試験でズバリ的中で出題されていま

すので、しばらくはお休みではないかと思います。

 

ズバリ的中!

 

講義中に、問題53(司法書士試験平成19年度)と問題54(司法試験平成11年度)

の問題を使って、①グルーピング→②抽象化→③構造化の作業を実際にやって

いきましたので、是非、今後の学習の参考にしてみてください。

 

①グルーピング

   ↓

②抽象化

   ↓

③構造化

 

基本書フレームワーク講座では、

 

講義中に、出題が予想される問題も同時に検討して、本試験で得点するために、

①何を、②どのように「記憶」しておくべきなのかを明確にしていきます。

 

受講生の皆さんは、この記憶しておくべき知識を「軸」にしながら、常に、問題(ア

ウトプット)の「視点」から復習をしてほしいと思います。

 

一度、過去問の知識を集約化してしまえば、もう過去問や肢別本を何回も繰り返

し解く必要がないことがよくわかるのではないかと思います。

 

最後に、総整理ノートp96で、共有物の分割に関する判例の知識を、もう一度、整

理しておいてください。

 

② 不動産物権変動(1)

 

まずは、パワーポイント(第7章不動産の物権変動③)、入門からの民法p101で、

二重譲渡の理論構成について、判例の考え方を中心に「理解」してみてください。

 

二重譲渡の理論的説明は、この後で学習する「○○と登記」というテーマで、二

重譲渡類似の関係として登場してきますので、このテーマを学習する際の基本

となります。

 

基本から応用へ

 

次に、入門からの民法p103のCase7-2の事例、総整理ノートp72で、「詐欺取消

しと登記」の事例について、①強迫取消しとの比較、②取消前と取消後の比較

の2つの視点から、判例のロジックと結論を「理解」しておいてください。

 

判例のロジックを「理解」するためには、講義中に図解を消しゴムで消した、遡及

効というフィクションの世界をきちんと「理解」しておくことが重要です。

 

最後に、入門からの民法p105、総整理ノートp73で、「契約解除と登記」の事例に

ついて、 ①詐欺取消しとの比較、②解除前と解除後の比較の2つの視点から、

判例のロジックと結論を「理解」しておいてください。

 

行政書士試験でも、他資格試験でも、このテーマについては、詐欺取消しと契約

解除の比較の視点からの出題が多いですので、両者の相違点をきちんと「理解」

しておいてください。

 

③ 不動産物権変動(2)

 

まずは、パワーポイント(第7章不動産の物権変動⑫から⑮)、入門からの民法

p106、総整理ノートp77で、「相続と登記」の4類型を「アタマ」に入れた上で、それ

ぞれの類型の処理が出来るようにしておいてください。

 

特に、「遺産分割後と登記」の問題と、「相続放棄と登記」の問題は、結論が大き

く異なりますので、その理由について、入門からの民法や総整理ノートの理由づ

けをよく読んで、「理解」しておいてください。

 

次回、少しフォローしていきます。

 

また、パワーポイント(第7章不動産の物権変動⑯)、入門からの民法p107、総

整理ノートp75で、「取得時効と登記」について、判例の知識を整理しておいてく

ださい。

 

もっとも、「取得時効と登記」については、平成25年度に大問で出題されていま

すので、択一式での出題は、しばらくお休みかもしれません。

 

なお、本試験では、各事例を○○前か○○後かに「類型化」して、「主観」と「登

記」をチェックすれば、解答ができるように問題が作成されています。

 

したがって、最終的には、第三者の保護要件(主観と登記)について、パワーポ

イント(第7章不動産の物権変動⑨)に、知識を集約化して、きちんと「記憶」をし

ておいてください。

 

このテーマの問題は、 講義中に、他資格試験の問題まで含めて検討していった

ように、どの資格試験でも、問われる内容は同じですので、きちんとパターン化し

ておいてほしいと思います。

 

次に、入門からの民法p108以下、総整理ノートp69以下で、177条の「第三者」の

意義について、背信的悪意者を中心に、判例のロジックを整理しておいてください。

 

本試験で出題されるのは、

 

パワーポイント(第7章不動産物権変動⑱)の転得者事例(最判平8.10.29)です

ので、問題(問題34・問題38)で問われたときに、きちんと事例の処理ができる

ようにしておいてください。  

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

基本書フレームワーク講義民法も、本格的に始まりましたが、復習のペースは、

少しずつ掴めてきたでしょうか。

 

プレ講義でもお話したように、

 

講義の復習をする際には、総整理ノートの目次と各内容の項目を参照しながら、

アウトプット(パーフェクト過去問集)→インプット(総整理ノート)という「視点」か

ら復習を行ってみてください。

 

アウトプット→インプットの「視点 」

 

インプットの知識は、問題を解くために必要な前提知識であれば、記憶しておく必

要がありますが、問題を解くために不要な知識であれば、記憶しておく必要はあり

ません。

 

つまり、資格試験の勉強では、記憶という作業は、常に、問題(アウトプット)を解

くために必要な知識か否かという「視点」が重要になってきます。

 

民法では、問題を解くために必要な前提知識の多くは、択一式・記述式を問わず、

総整理ノートに書かれている、条文の要件→効果とそれに関連する判例になりま

す。

 

例えば、今回学習した時効取得の要件・効果は?

 

こういう重要な制度についての要件→効果については、なるべく早いうち「アタマ」

に入れておくことが、民法を得意にするためにも必要になってきます。

 

また、民法には、行政書士試験だけでなく、司法試験、司法書士試験、公務員試

験等の他資格試験も含めて頻出している、典型「パターン」問題というものがあり

ます。

 

典型「パターン」問題

 

こういう典型パターン問題は、行政書士試験においても、出題可能性が高い訳で

すから、なるべく早いうちに、この典型パターンを「アタマ」に入れておくと、民法の

得点が上がっていくはずです。

 

民法を得意にしていくためには、

 

民法の膨大な量の知識を、各テーマごとに、①グルーピング→②抽象化して、知

識を集約化していく必要があります。

 

基本書フレームワーク講座では、

 

パーフェクト過去問集を使って、アウトプットの「視点」から、問題のパターン化を行

なっていきますので、受講生の皆さんも、復習の段階で、是非、パターンを意識し

た復習を行なってみてください。

 

過去問や肢別本を何回も繰り返し回す時間のない方には、このパターンを抽出し

ていく勉強法が、一番効率良く、短期間でサクっと合格できる勉強法ではないかと

思います。

 

過去問「分析」→出題パターンの「抽出」

 

昨年度の本試験においても、講義の中でお話したパターン問題がズバリ的中して

いますが、出題予想が的中するのも、他資格試験の過去問まで含めて、出題パタ

ーンを抽出しているためかもしれません。

 

2 復習のポイント

 

① 相隣関係

 

まずは、パワーポイント(第6章物権と所有権⑦)、入門からの民法p75、総整理ノ

ートp91~で、隣地通行権について、条文と判例の知識を、もう一度、整理してみて

ください。

 

相隣関係については、平成27年と平成24年に出題されていますので、出題サイク

ル的には、そろそろ出題されてもいい頃ではないかと思います。

 

次に、総整理ノートp98で、地役権について、隣地通行権との比較の視点から、条

文と判例の知識を、もう一度、整理してみてください。

 

講義中にお話したように、

 

民法は、平成に入ってからの百選レベルの判例が頻出していますので、隣地通行

権や地役権についても、平成に判例をよく理解しておいてください。

 

② 所有権の取得

 

まずは、パワーポイント(第6章物権と所有権⑨)、総整理ノートp88で、所有権の

取得原因について、原始取得と承継取得、法定取得と約定取得の「視点」から知

識を整理しておいてください。

 

次に、パワーポイント(第6章物権と債権⑧)、入門からの民法p77、総整理ノート

p90の図表で、添付(付合・混和・加工)について、知識を整理しておいてください。

 

最近の本試験では、

 

物権からは、かなりマイナーな条文の知識を問う問題が、択一式のみならず記述

式においても出題されていますので、要注意です。

 

今年の基本書フレームワーク講座では、

 

民法は、少しマイナーな条文知識についても、六法と総整理ノートを使いながらお

話していきます。

 

③ 取得時効

 

まずは、総整理ノートp58以下で、取得時効の要件・効果について、各条文を参照

しながら、知識を整理してみてください。

 

次に、パワーポイント(第6章物権と所有権⑩)、総整理ノートp58以下で、取得時効

の⑤の要件について、時効が完成するか否か、事例の検討をしてみてください。

 

最後に、総整理ノートp84以下で、自主占有と他主占有の意義を理解した上で、入

門からの民法p80以下で、所有の意思(自主占有)の推定を覆す証明のところを、

よく理解してみてください。

 

平成27年度の記述式の問題です。

 

時効取得は、即時取得と類似した制度ですので、最終的には、この後学習する即

時取得と比較しながら、知識を整理してみてください。

 

なお、時効取得と登記については、次回の講義の中でお話していきます。

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

2月25日(土)18時~、辰巳法律研究所東京本校にて、リーダーズ式☆行政書士

開業塾2期生のプレ講義(無料公開講座)を実施致します。

 

2月25日(土)18時~20時

辰已法律研究所東京本校

行政書士開業塾2期生 プレ講義 

事務所経営の「フレームワーク」と「ツボ」

 

プレ講義では、

 

行政書士開業塾2期生で実施する、開業戦略編(集客力)と基本実務編(商品力)

の2つの編の全体構造を掴み、各講義へスムーズに入っていけるようにしていき

ます。

 

開業戦略編(集客力)×基本実務編(商品力)

 

開業戦略編(集客力)の全体構造では、経営戦略・マーケティング戦略の「フレーム

ワーク」と「ツボ」について、基本実務編(商品力)の全体構造では、行政書士の主

要業務の位置づけと関連性について俯瞰していきます。

 

 

また、行政書士として開業することは、雇われない働き方を選択することになります

ので、それに伴って知っておくべき、お金の問題(ファイナンシャルプラン)等につい

てもお話していきます。

 

当日は、

 

プレ講義終了後、個別相談会も実施いたしますので、開業予定の方は、お気軽に

ご参加ください。

 

リーダーズ式☆行政書士開業塾2期生の詳細は

    ↓こちらから

http://leaders-readers.com/course-strategy/

 

なお、リーダーズ式☆行政書士開業塾2期生では、ヨコとヨコの「つながり」の場で

ある、行政書士開業塾2期生の会を作っていきます。

 

行政書士開業塾2期生の会

 

3月5日の開講(経営戦略論)後の早い時期に、行政書士開業塾2期生の懇親会

を行う予定ですので、情報交換の「場」として、是非、ご参加ください。

 

リーダーズ式☆行政書士開業塾2期生

辰已法律研究所東京本校

3月5日(日)14時~開講

経営戦略論

 

行政書士開業塾2期生の懇親会の詳細につきましては、後ほど、受講生の皆さん

へご連絡をいたします。

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。