リーダーズ式 合格コーチ 2016

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ にほんブログ村 資格ブログへ VOON Podcast Feed


■講座案内■ 知識と知識のつながり


リーダーズ総合研究所 辰已法律研究所 と事業提携をしております。


≪リーダーズ式☆合格者の声≫

     ↓こちらから

合格者の声

≪無料公開講座・講座説明会≫


(1) 法律初学者向け



12月4日(日)10:00~

辰巳法律研究所東京本校


①無料体験受講:合格フレームワーク講義民法1

②講座説明会:短期プロジェクト②


12月11日(日)14:00~15:30

辰已法律研究所東京本校


行政書士実務の魅力と行政書士試験合格への道


(2) 再受験生向け


基本書フレームワーク講座


12月17日(土)14:00~17:00 辰已法律研究所東京本校


① プレ講義(無料公開講義)

再受験生のための必勝パターン攻略講義☆民法(下)


② 講座説明会

再受験生のための合格戦略会議 vol.2

~ビジネスでも役立つ基本書フレームワーク講座とは~


上級ファンダメンタル講座


12月17日(土)10:00~13:00 辰已法律研究所東京本校


① プレ講義(無料公開講義)

再受験生のための法的思考プロセス講座☆憲法


② 講座説明会

ときめき合格プロジェクト2

~各科目別☆必勝攻略法~


無料公開講座参加者の皆さんの声


≪開講講座≫


1 基幹講座


(1) 法律初学者向け


合格スタンダード講座

12月4日(日) 合格フレームワーク講義民法 東京ライブクラス開講!


(2) 再受験生向け


基本書フレームワーク講座

1月14日(土) プレ講義行政法 東京ライブクラス開講!

 

上級ファンダメンタル講座

1月14日(土) プレ講義民法 東京ライブクラス開講!


2 開業塾


①リーダーズ式☆行政書士開業塾

【プログレ実務研究会】 人と人のつながり


東京プロ研


関西プロ研



NEW !
テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

合格スタンダード講座

合格フレームワーク講義民法1

 

これから法律を学ぶ法律初学者の方と、もう一度法律を基本から学習されたい方

向けに、民法の全体構造(フレームワーク)について、6時間でお話していきます。

 

 

これから本格的に民法を学ぶ前に、まずは、民法の全体構造(フレームワーク)を

きちんとアタマの中に入れておいてください。

 

 

記述式で、今年の民法の問題のように、何を書いたらいいのかよくわからない

問題が出題されたときに、役立つはずです。

 

《合格スタンダード講座☆講座説明会》

 

12月11日(日)14:00~15:30

辰已法律研究所東京本校

 

行政書士実務の魅力と行政書士試験合格への道

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

本試験から、3週間以上が経ち、そろそろ、行政書士試験の問題の記憶も薄

れてくるころではないかと思います。

 

今年の民法の記述式の問題は、2問ともに、問題を見てアタマが真っ白にな

った方が多かったのではないでしょうか。

 

こんな問題、今まで見たことも、やったこともない・・・

でも、どうにかしなくては・・・

 

多くの受験生の方が、こう考えて、問題に取り組んだのではないかと思いま

す。

 

実際は、問題46の財産分与の問題の方が出口調査の再現答案の出来が

いいという思いがけない結果になっていますが・・・

 

では、今年の民法の記述式の問題のように、問題を見てアタマが真っ白に

なった場合、どのように思考していけばいいのでしょうか。

 

フレームワーク思考

 

前回の基本書フレームワーク講座のプレ講義(再受験生のための必勝パ

ターン攻略講義)の中でお話したのは、民法の全体構造(フレームワーク)

から考えるというフレームワーク思考です。

 

 

要するに、何を答えていいのかわからない訳ですから、全体から考えること

で、解答のヒントを見つけていくという発想です。

 

問題45を図解化すると、以下の通りになります。

 

 

民法の全体構造(フレームワーク)から考える際に大切なのは、民法が、物権

(モノ)と債権(カネ)の2つの大きな世界から成り立っているということです。

 

物権(モノ)と債権(カネ)

 

もっと言えば、私人と私人の紛争というものは、大きく、物権(モノ)と債権(カ

ネ)の問題に集約することができるということです。

 

問題45では、甲土地の所有権、つまり、物権(モノ)の問題は、Aと抵当権が実

行された場合の買受人との間の問題ですから、本問のように、AがBに対して

主張することができる問題ではありません。

 

したがって、物権(モノ)と債権(カネ)の2つの大きな世界のうち、物権(モノ)に

関する問題は消えます。

 

残るは、債権の問題です。

 

ここで登場するのが、

前回のプレ講義でもお話した、契約・契約以外パターンです。

 

債権の発生原因は、大きく、契約と契約以外(事務管理・不当利得・不法行為)

ですから、答えは、この中にあります。

 

前回のプレ講義の中でもお話したように、平成23年度の問題46も、この契約・

契約以外パターンから、答えを導き出すことが可能です。

 

 

問題となっている当事者間に契約関係がなければ、債権の問題のうち、主に、

不法行為に基づく損害賠償請求が問題となります。

 

この他にも、事務管理と不当利得も問題にはなります。

 

これに対して、当事者間に契約関係がある場合には、相手方の過失の「ある」

「なし」で、債務不履行責任に基づく解除・損害賠償請求(過失あり)か、担保

責任に基づく解除・損害賠償請求(過失なし)が、主に問題となってきます。

 

この他、次回のプレ講義お話しする、契約キャンセルパターンも問題になります。

 

問題45は、相手方の過失については何も触れられていないこと、また、「抵当

権に関し」とありますから、担保責任の例の図表をきちんと記憶していた方で

あれば、例の図表が「アタマ」の中に思い浮かんできたはずです。

 

ここからは、テーマ検索の問題ではなく、記憶の問題になります。

 

出口調査の再現答案を見る限り、解除と損害賠償の両方を書けていた方は、

3割程度いましたが、本当に、567条の担保責任の問題であることがわかって、

つまり、きちんと、担保責任というテーマ検索が出来ていたかどうかはよくわ

かりません。

 

テーマ検索

 

問題45は、20点の完答答案は、出口調査の全体の15%程度でしたから、受

験生全体の出来は、あまりよくないのではないかと思います。

 

むしろ、問題46の方が全体の出来はよくなっています。

 

問題45のような、テーマ未表示型の記述式の場合、何のテーマの話なのかを、

民法の全体構造(フレームワーク)の中から検索していく力が必要になってき

ます。

 

森から木、木から枝、枝から葉へ

 

こういう思考のための雛型(フレームワーク)がアタマに入っていないと、知って

いる問題、見たことがある問題は出来るけど、そうでない未知の問題について

は、全く出来ないという結果になってしまいがちです。

 

基本書フレームワーク講座では、

 

講座の名前にもあるように、民法の全体構造(フレームワーク)から考えることで、

本試験だけでなく、実務でも使える思考のための雛型(フレームワーク)を伝授し

ていきます。

 

合格スタンダード講座では、

 

現在開講中の合格フレームワーク講義民法の中で、民法の全体構造(フレーム

ワーク)を伝授していますので、法律初学者の方は、早めに、民法の思考のた

めの雛型(フレームワーク)をアタマの中に入れてみてください。

 

森から木、木から枝、枝から葉へ

 

≪民法の問題検討のための3段階フレーム≫

①生の主張

②法律構成(効果)

③要件あてはめ

 

受講生の皆さんは、今年の問題45が、以上の思考プロセスから、きちんとテー

マ検索することができたかどうかのふり返りを行ってみてください。

 

では、問題46の財産分与の問題は?

 

次回のプレ講義では、問題46についても、民法の全体構造(フレームワーク)か

ら考えていくと、答えが浮かび上がってくることをお話ししていきます。

 

今年の記述式の問題を見てアタマが真っ白になってしまった方

未知の問題のへの対応策を知りたい方

民法を体系的に理解したい方は、是非、ご参加ください。

 

ここ3年、民法の記述式は、2問中1問は、問題を見てアタマが真っ白になる問

題が出題されていますので、是非とも、未知の問題への対策を立ててほしいと

思います。

 

≪基本書フレームワーク講座プレ講義&講座説明会≫

 

12月17日(土)14:00~17:00 

辰已法律研究所東京本校

 

① プレ講義(無料公開講義)

再受験生のための必勝パターン攻略講義☆民法(下)

 

② 講座説明会 再受験生のための合格戦略会議 vol.2

~ビジネスでも役立つ基本書フレームワーク講座とは~

 

~お知らせ~

 

≪早期申込み特典≫

 

基本書フレームワーク講座の12月31日までの早期申込み特典として、2016

年版の行政法の講義(全36時間分)を、web視聴することができます。

 

来年の合格へ向けて、リベンジすることを決めている方は、是非、今のうちに、

最重要科目である行政法の出題の「ツボ」を掴んでおいてください!

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

先日、産業カウンセラーの養成講座で同じクラスだった皆さんと、久しぶりに

お会いして、懇親会を行ってきました。

 

産業カウンセラーの養成講座に通っていたのは、今から11年前です。

 

この時、学んだ「傾聴」は、今でも、受験生の皆さんとカウンセリングをやるとき

に、役立っていますので、興味のある方には、この産業カウンセラー養成講座は、

お薦めです!

 

産業カウンセラー養成講座の詳細

   ↓

http://bit.ly/2gYczfU

 

朝から夕方まで、人の話を聴く練習をして、傾聴というものについて、よく考え

ていた頃を本当に懐かしく感じました。

 

人の話を聴くこと(傾聴すること)の難しさを実感したのも、この産業カウンセラ

ー養成講座においてでしたが、「象の鼻としっぽ」という本にも、コミュニケーシ

ョンの難しさが、コミュニケーションギャップのメカニズムとして書かれています。

 

コミュニケーション上手になるためには、

 

①相手を知る

②相手に合わせる(ペーシング)

③相手の話をよく聴くことが重要だと言われています。

 

交渉術の中で、相手とのコミュニケーションを拒絶する、非コミュニケーション

戦略 を採る場合には、この①~③を否定すればいい訳です。

 

ビジネスの場でも、交渉を有利に進めるためには、事前に相手の性格・趣味等

を調べて、相手をよく知っておく必要があります。

 

実は、本試験も、

試験問題を作成している相手とのコミュニケーションの「場」です。

 

試験問題を作成する相手=試験委員とのコミュニケーションを上手に行うには、

 

①試験委員(大学教授)を知る

②試験委員(大学教授)に合わせる

③試験委員(大学教授)の話をよく聴くことが重要です。

 

試験委員をよく知るためには、 過去に試験委員が、どのようなテーマから、ど

のような内容の問題を、どのような 「視点」から出題しているのかをよく知る必

要があります。

 

いわゆる、過去問「分析」です。

 

行政書士試験は、過去問のストックが少ないため、試験委員をよく知るために

は、同じ大学教授等が作問した他資格試験の問題をも分析しておく必要があ

ります(アウトプット面)。

 

また、試験委員をよく知るためには、試験委員である大学教授が、どのような

視点に興味を持っているのかを知っておく必要があります(インプット面)。

 

このように、試験委員である大学教授を、アウトプットとインプットの両面におい

てよく知っておくことは、本試験において、試験委員とコミュニケーションを上手

に行うための「鉄則」と言えます。

 

基本書フレームワーク講座では、

 

アウトプットにおいては、行政書士試験の過去問に加えて、大学教授等が作

問している司法試験・司法書士試験の問題を講義中に検討して、出題の「ツ

ボ」を掴んでいきます。

 

パーフェクト過去問集

 

また、インプットにおいては、大学教授の書いた基本書をテキストに使用する

ことで、試験委員である大学教授の関心テーマなどを事前に把握しておきます。

 

大学教授の基本書

 

このように、基本書フレームワーク講座では、本試験において、試験委員との

コミュニケーションを上手に行うための事前準備をしっかりと行ってきています。

 

①試験委員(大学教授)を知る

②試験委員(大学教授)に合わせる

 

あとは、本試験の現場で、③試験委員の話をよく聴くこと=問題作成者である

大学教授と対話が出来れば、きっと、試験委員との上手なコミュニケーション

が出来るのではないかと思います。

 

問題作成者との「対話」~傾聴~

 

今年の本試験では、憲法・行政法で判例の「内容」をきちんと理解出来ている

か問うを問題が数多く出題されましたが、その多くは、やはり、試験委員である

大学教授の関心テーマであるものが多かったです。

 

≪今年の判例問題≫

 

行政法

択一式19問中9問 

多肢選択式2問中2問

 

民法

択一式9問中6問

 

憲法

択一式5問中4問

多肢選択式1問中1問

 

これだけ判例問題が数多く出題されると、過去問未出題判例も含めて、判例

対策を学習をきちんとやっていた方には、かなりラッキーな年であったのかも

しれません。

 

来年も、今年のような判例の「内容」をきちんと理解出来ているかを問う問題

が数多く出題されるかはわかりません。

 

しかし、法令科目では、ほとんどが条文と判例の知識を問う問題ですから、過

去問に出題されていない最新判例も含めて、判例対策の学習はきちんとして

おくべきだと思います。

 

今年も、基本書フレームワーク講座では、

 

行政法は、櫻井・橋本「行政法」を、憲法は、安西・巻・宍戸「憲法学読本」を使

って、試験委員である大学教授の関心テーマについても、事前に把握していき

ます。

 

 

 

この基本書の中には、判例の「内容」をきちんと理解するための記載が満載

ですから、判例対策の学習をする上でも、かなり役立つのではないかと思い

ます。

 

今年の判例問題は、判例の「内容」をきちんと理解していないと得点しずらい

問題が多かったので、「憲法学読本」をきちんと読んでいた方は、難易度が急

に高くなった憲法でも、高得点を取っていた方が多かったようです。

 

また、記憶用のツールである、リーダーズ式☆総整理ノートにも、判例を長め

に引用しておりますので、判例のロジックがよく見えるのではないかと思いま

す。

 

ひと通り法律を学んできた再受験生の皆さんにとっては、試験委員である大学

教授の基本書は、まさに目から鱗の連続ではないかと思います。

 

~合格者の声~

 

『山田先生の講座で使用したサクハシこと「行政法」は、平易な文体で書かれて

いて、法律初学者でも十分理解できる基本書でしたので、私はこれを基本書と

いうよりは、物語を読書する感覚で、何度も読み込むことができました。(読書

感覚ですから、章が進むにつれ展開と表現に感動すら覚えました。)』

 

『今までは、一冊にまとまった簡単な要点しか書いていない本で勉強をしていま

したので、ほとんどが暗記ばかりでした。それが、基本書を使って勉強すること

によって、ストーリーがあることに気付き、そのストーリーの情景の絵を見たよ

うな、音楽を聴いたようなイメージが浮かんできました。ただ一辺倒に暗記ばか

りしていた勉強から基本書に変えたことで、理解を得ることができました。』

 

やはり、合格者の声からもわかるように、大学教授の基本書の利点は、行間が

きちんと書かれているため、単なる記憶ではない理解が得られるということなの

ではないかと思います。

 

単なる記憶から理解へ

 

そして、何よりも、復習の段階で、自分で大学教授の基本書を読まなければな

らないので、自然と「自学力」が身に付いてくるのだと思います。

 

自学力

 

もっとも、大学教授の基本書と言っても、実務家や研究者になるための専門書

ではなく、大学で初めて法律を学ぶ初学者向けに書かれた教科書ですから、

ひょっとしたら、物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

 

しかし、大学教授の基本書に書かれているのは、その名の通り、その科目の

「基本」ですから、再受験生が、もう一度、基本から法律を学ぶ上でも、やはり

役に立つのではないかと思います。

 

次回の基本書フレームワーク講座の講座説明会では、

 

大学教授の基本書、リーダーズ式☆総整理ノート、パーフェクト過去問集など

の講座で使用する教材についてお話ししていきますので、是非、ご参加くださ

い。

 

≪基本書フレームワーク講座プレ講義&講座説明会≫

 

12月17日(土)14:00~17:00 

辰已法律研究所東京本校

 

① プレ講義(無料公開講義)

再受験生のための必勝パターン攻略講義☆民法(下)

 

② 講座説明会 再受験生のための合格戦略会議 vol.2

~ビジネスでも役立つ基本書フレームワーク講座とは~

 

~お知らせ~

 

≪早期申込み特典≫

 

基本書フレームワーク講座の12月31日までの早期申込み特典として、2016

年版の行政法の講義(全36時間分)を、web視聴することができます。

 

来年の合格へ向けて、リベンジすることを決めている方は、是非、今のうちに、

最重要科目である行政法の出題の「ツボ」を掴んでおいてください!

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

1 フォロー講義

 

今回から、合格スタンダード講座の復習ブログを開始致します!

 

昨日は、合格フレームワーク講義の無料体験講義に多くの方にお越しいただ

きありがとうございました。

 

いよいよ、

行政書士試験に短期合格するためのプログラムの始まりです。

 

昨日は、民法の第1回目ということで、民法の学習法や六法の使い方などの

ガイダンス的なお話しもしていきました。

 

これからの学習においては、①理解→②集約→③記憶の3ステップ学習を

意識しながら、常に、記憶から逆算した学習を心がけてみてください!

 

記憶から逆算した学習!

 

これから法律を初めて学ぶ方、あるいは、もう一度、法律を基本から学び直し

たい方にとっては、民法の全体構造をアタマに入れておくことはとても重要に

なってきます。

 

受講生の皆さんは、 今回お配りした、合格フレームワークレジュメと総復習ノ

ートを使いながら、本格的に講義が始まる前に、是非、民法の全体構造をア

タマに入れておいてほしいと思います。

 

次回は、少しペースを上げながら、今回の続きをお話していきます。

 

2 復習のポイント

 

① 目次

 

まずは、合格フレームワークレジュメの目次を見直して、この6時間の講義で、

何を行うのか、皆さんのアタマの中に地図を作ってみてください。

 

法律の学習をするときは、細かい知識ばかりを追っていくと、途中で何をやっ

ているのか見失ってしまうことが多々ありますので、全体の地図に戻って、地

図(全体)から考える習慣を、是非、身に付けてみてください。

 

森から木、木から枝、枝から葉へです。

 

次に、各項目が、どのような構成で書かれているのか、レジュメの項目を、もう

一度、確認するとともに、レジュメやテキストの読み方を理解してみてください。

 

最後に、六法の目次で、六法がどのように構成されているのかを、是非、確認

してみてください。

 

編→章→節→款

 

昨日は、六法を持っていない方も多くいましたので、六法の構成(パンデクテン

方式)については、本編に入ったときに、詳しくお話ししていきます。

 

② 民法の全体構造

 

まずは、レジュメp6の図表「民法の全体構造」で、民法の大きな体系をもう一度

よく理解してみてください。

 

民法は、物権と債権という大きな2つの世界から成り立っています。 各論を勉強

していない現時点では、物権と債権の性質と言っても、まだピンとこないかもしれ

ませんが、とりあえずは、p4の図解で、両者のイメージを掴んでおいてください。

 

次に、p8の事例で、売買契約が成立した場合の2つの効果について、物権と債

権の2つの視点から、よく理解しておいてください。

 

売買契約は双務契約ですから、買主と売主のどちらが債権者で、どちらが債務

者になるのかを混乱しないようにしておいてください。

 

この後の危険負担のところで問題になってきます。

 

法律を初めて学ぶ方にとっては、法律用語は初めてみるものばかりかと思いま

すが、重要な用語については、総復習ノートを利用して、早めに名前と顔が一致

するようにしておいてください。

 

今回配布した、合格フレームワークレジュメも、2月に配布する合格スタンダード

テキストも、民法は、各テーマの冒頭に事例を入れて、講義も、その事例を元に、

具体的に考えていきます。

 

復習の際には、もう一度、事例を検討してみてください。

 

民法は、本試験問題が事例形式で出題されるものが多いですので、学習の早

い段階から、事例に慣れておくことが重要です。

 

今回配布した、合格フレームワークレジュメは、「AがBとの間で、甲建物を5,000

万円で売却する契約を締結した」という基本事例も元に、事例を展開しています。

 

まずは、この6時間で、民法の事例に早めに慣れてみてください。

 

2月に配布する、合格スタンダードテキストには、過去問で出題された事例を、各

テーマの冒頭に数多く入れてあります。

 

通常の講義の中で、

 

過去問の事例についても一緒に検討することができる、テキスト・過去問一体型

のテキストになっておりますので、こちらも、是非、有効にご活用ください。

 

テキスト・過去問一体型テキスト

 

③ 契約の成立プロセス

 

まずは、レジュメp9の図解(契約の効果発生プロセス)で、契約の効力が発生す

るための要件(チェックポイント)について、アタマの中に地図を作ってみてください。

 

次に、レジュメp16以下で、契約の有効要件について、無効と取消しグループに

分類して、それぞれのポイントを、総復習ノートで押さえてみてください。

 

レジュメp18の図解(静的安全と動的安全)にあるように、民法は、静的安全と動

的安全とのバランシングを図っていますので、これから民法の学習をしていく際

のひとつの視点にしてみてください。

 

最後に、レジュメp22以下で、代理において、本人に効果が帰属するための要件

について、もう一度、図解を見ながら、理解しておいてください。

 

民法は、要件→効果のフレームワークで成り立っていますので、記述式対策とし

て記憶するときも、この要件→効果のフレームワークを意識してみてください。

 

総復習ノートも、要件→効果のフレームワークで、記憶しておくべき項目を掲載し

てありますので、復習の際に有効にご活用ください。

 

次回は、レジュメp25の無権代理人の責任追及について、平成25年度の記述式

の問題から検討していきます。

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

今年も、あと1か月余り。

 

今年は、皆さんにとって、どんな1年だったでしょうか?

 

“泰然自若”

 

本試験の“現場”だけでなく、仕事や日常生活の場においても、来年は、何ごと

があっても、動じない、そんな泰然自若の年にしていきたいところです。

 

そこで、過去に合格コーチの講座・ゼミ等を受講したことがある方などを対象に、

今年も、TAIZEN☆望年会を開催致します。

 

今年も、昨年好評だったグルメ・ビンゴ大会を開催致します。

 

1等賞品は、松坂牛の予定です・・・

 

≪TAIZEN☆望年会≫

 

日時:12月27日(火)19時~

場所:新宿

会費:4,000円程度

 

TAIZEN☆望年会へ参加ご希望の方は、 リーダーズ総合研究所HPのお問い

合わせフォームから、12月17日(土)までに、お申込みをお願い致します。

 

リーダーズ総合研究所HPのお問い合わせフォーム

   ↓

http://leaders-readers.com/contact/

 

①お名前

②電話番号

③メールアドレス

 

お問い合わせ欄に、TAIZEN☆望年会参加希望の旨、ご記入ください。

 

なお、詳細につきましては、参加者の皆さんへ個別にメールにてご連絡を致します。

 

では、当日、皆さんとお会いできることを楽しみにしております。

 

人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。