1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-27 19:14:18

戻ってまいりました!!

テーマ:「松田聖子」という奇跡

聖子ちゃん

紅白出場おめでとう~!!クラッカークラッカークラッカー

 

まあ、紅白については、皆様色々な考えをお持ちだと思いますが、とりあえず私は、やっぱりこの曲歌ってほしいです。

 

 

う~ん、やっぱいいわ、コレ~音譜

個人的には、過去の名曲より、今の曲を歌う方が良いと思います。
だって、リリース当時のパフォーマンスが凄過ぎるんだものチョキ
それと比較されてもたまらないガーン
今の聖子さんの音域や喉の状態、年齢に相応しい曲を歌うのが一番だと思います!!


だって、松田聖子は過去を振り返らないんでしょ?
あ、過去秘蔵映像DVD化については「振り向いて…聖子」って感じですがべーっだ!

 

*紅白の選曲については、NHK再度の意向が大きいのかな?
それと視聴者の方も、あまり知らない曲より過去の名曲を聴きたい人が多いんでしょうね。
ただ『薔薇のように咲いて 桜のように散って』に関しては、TVドラマの主題歌だったので浸透度も高いですし、文句無いはず。
過去の松田聖子の残像ではなく、今の松田聖子を視聴者に届けて欲しいと願います。
♪Ah~ いつかは 薔薇のように
 咲いて 咲いて
 桜のように 散って~♪

ここのファルセット、堪能したい!!

 

 

おっと、ご挨拶が遅れました。
皆様、お久しブリです~パー
しおれたきゅうりです~きゅうり^∇^)


…って、多分もう、忘れられちゃってますよねゲロー
なんせ、1年と8ヵ月、記事更新してなかったですから~叫び


その間は、何しろ仕事が忙しすぎて、どうにもなりませんでしたなみだxxxvv
いや、今もその状況は変わってないんですけどね、でも、なんか心境の変化がありまして、自分でもよくわからないんですけど、「やっぱりブログ続けて行かなきゃいけない」って強く思うようになって…。
でも、時間が無いことは間違いないので、以前みたいな頻度で更新するとか、大掛かりな企画モノやるとか、そういうのは無理です、どう考えても。
DVD運動も、「俺たちの松田聖子」も、カバー集企画も、みんな中途半端になってしまっていて、ご協力くださった皆様には本当に申し訳なく思いますさーせん・・・


ただ、今の自分にできることは、たまに記事更新する中でも、とにかく一人でも多くの方に、松田聖子という歌手の素晴らしさを伝えていきたい、それだけだと思います。
日々、自分が感じた松田聖子の魅力というものを皆様と共感したい、それだけなんです。
多分、これから書いていくことは、以前の記事でまったく同じこと書いてたりするかもしれませんが、ご容赦くださいませ。
大事なことは、繰り返して言わないといけませんから耳


過去記事に手を入れて、削除されてしまった動画を差し替えるとかも考えたんですけどね。
正直面倒くさいし叫び、…、いや、聖子さんと一緒で、私も過去を振り返らない人間なんでにひひ
新たに記事を書き、今自分か思う「松田聖子という奇跡」について、熱く語っていきたいと思いますグッド!
正直やっつけ仕事になってしまいますが、何よりも継続が大事ってことでべーっだ!

 

コメントは遠慮しないでお願いしますね、ってそうか、なんせ1年8ヵ月ぶりだし(笑)、誰にも読んでもらえないかもしれないです…。
うん、それもまたいいでしょう、再びコメントゼロからやり直すってのも乙なもんです、このブログ書き始めた当初もそうだったのでアップ

 

それから一つ連絡事項ですが、このブログのタイトル、「松田聖子という奇跡/神田沙也加という世界」から、「松田聖子という奇跡」に戻しました。
実の母娘なのに実に対照的なこのお二人、沙也加さんと聖子さんをあえて比較することにより、お互いの特徴をあぶり出してみたい、という考えから記事を書いておりましたが、もういいでしょう、比較対照とかではなくて、神田沙也加という素晴らしい歌手、ミュージカルスター、声優、ソングライター…、まだまだありそうだけど(笑)、について、じっくり見据えた記事、書いてみたいです。
(もちろん、トラトリのニューアルバムも聴いていますよ!!
その為には、「神田沙也加という世界」というタイトルで、別のブログを立ち上げる必要があると考えております。
ただ、現状では二つの掛け持ちは無理なので…、とりあえず沙也加さんに関しては、1ファンとして活動を見守っていければ、と思っています。


な~んて思っていたら、TRUSTRICK活動休止、なんて驚きのニュースが…びっくり

 

TRUSTRICKが活動休止を発表

 

この記事のコメント読んでると、なんか悲しくなりますね、沙也加さん及びトラトリへのあまりの理解のなさに…しょぼん
でも大丈夫、今までの沙也加さんの道のりを考えればわかるでしょう、これはより高く飛ぶ為の準備だって。
これまでだって、芸能活動お休みしてアルバイトしたり、声優学校行ったりしてたのが、全て実になってるんですからチョキ
いつの日か、あの時活動休止していたのが生きてきてるね、って言われる日が来ることを信じて疑いませんし、ミュージカル等の他のお仕事頑張ってくださいね、応援してます!!

 

 

それでですね、実は私、数か月前にも記事更新試みたことがあったんです。
きっかけはコレに私の文章を載せていただいたこと。

 

フリーペーパー「Seel」vol-26 アイドルは好きですか?

 

「Seel」っていうフリーペーパーがあるんですよ、立教大学の学生の皆様が発行していらっしゃるんですけども、とてもしっかりとした作りのもので、スタッフの学生の方もとてもきちんとされている方なんです。
そのVol.26のテーマが「アイドル」ってことで、その中で松田聖子特集のページがありまして。
あ、「Seel」についての説明は、は皆様よくご存じ、鹿田聖さんのブログ記事をお読みくださいませ。
手抜きですみません、何せ時短で書かないといけませんのでにひひ
鹿田さん、ありがとうございます!!

 

松田聖子?永遠のときめき…「鹿田Album」

 

お時間のある方、私ともうお一方の聖子ファンの方(もう想像つきますよねw)の投稿が載っていますので、よろしかったら申し込んで手に取ってみてくださいませませ。
「Seel」スタッフの皆さま、きちんと仕上げて編集してくださって、本当にありがとうございました!!

 

 

でもって、こちらに原稿頼まれたとき、「松田聖子の魅力とは」という感じで、それなりの長文書いたんです、自分なりに。
もちろんフリーペーパー自体にはスペースに限りがありますから、私が書いたことの10分の1も載せられないのはわかっておりました(笑)
だから、それを自分のブログ記事でアップしようと思ってたんです。
ところが、ですよ…。


そんな矢先、私のPCのハードディスクが破損、全てのデータが消失…ポーン
ショックなんてもんじゃありませんよ、あーた叫び(笑)
ブログやっていく中で、秘蔵音源とか映像とか色々戴いたものとか、自分で収集した貴重なものとか、あったんですよ。
「俺たちの松田聖子」の続きも、実は少しずつ書きためてたんです。
そして、今回の「Seel」向けの文章も。
全てパーです。
全てパーでんねんゲロー

 

暫くの間、ショックで立ち直れなかったんですが、最近やっと開き直りましたチョキ
これはもう、今までのこと全部洗い流して一からやり直せ、っていう神の啓示じゃないかとひらめき電球

ということで、前置きはこのぐらいにして、行きますよ~、

聖子ちゃん、戻ってきたよ~グッド!
(って待ってるわけないけどw)
また全力で応援するよ~!!

 

 

さて、これからの記事更新ですが、ここはシンプルにですね、「Seel」に書いたものと同じように、「松田聖子の魅力とは何ぞや?」ってことを書こうと思います。
あまり松田聖子のことを知らない人に対してどう訴えれば伝わるのか、というコンセプトのもとで。
まあ、プロの聖子ファンの皆様からすれば、当たり前の話で物足りないかもしれませんがべーっだ!

またこのブログを一から書き直すつもりで。


特に若い方に知っていただきたいです、伝説のアイドル歌手・松田聖子の素晴らしさを。

それにはやっぱり、実際の聖子さんのパフォーマンス観てもらうのが一番でしょう。
一番わかりやすいのは「可愛さ」でしょうかラブラブ!

まずはこれをご覧ください目
以前わんぱくさんもアップしてくださってました、ハロプロの皆さんの『天国のキッス』のカバーです。
動画の6:04あたりからです。
どうぞ~。

 

 

 

 

見ました?ニコ動のコメント目

 

>後ろの人!
>後ろ強すぎて
>後ろの人めっちゃ可愛いw
>後ろが一番かわいいんだけど

 

「後ろの人w」ってタグまでついてる~(爆)

でね、嬉しいのは、

 

>松田聖子知らない世代だけど後ろの映像ほんとかわいい
>聖子ちゃんって凄いんだと学びましたwww

 

そうそう、こうやって、松田聖子の素晴らしさが次の世代に伝わっていくってことが重要なんです。

そして可愛さもそうなんだけど、こういうのもポイントですよね~。

 

>前と後ろじゃ動きのグルーヴが全然違う 聖子すごい
>振り付け違う・・・聖子ちゃんのは自然な振り付け
>松田聖子のリズム感や音感の凄さが改めて分かった

 

そうなんですよ、これ多分以前の記事にも書いたと思うけど(過去は振り返らないのであえて見直しませんw)、聖子さんの振り付けって、ハッキリ言ってテキトー感満載なんですよねにひひ


でもそこがいいんです!
だからこそいいんです!!


一生懸命振り付けを練習して、それを型通りに披露する、っていうんじゃないんですよ。
歌うことの歓びが、歌うことの素晴らしさが、歌の中の主人公の気持ちが、自然に溢れ出てくる動きなんですね。
これをパフォーマンスとして実践できることって、簡単なようで実はそうそうできることじゃないと思います。


*当時の聖子さん自身は適当にやってるつもりなんてあるはずもなく、ひたすら一生懸命やっていただけで、殺人スケジュールの中、時間があればもっと練習に時間費やしたかったでしょうし、だからこれはあくまで「結果として~」の話なんですけどね。
レコーディングしながら振り付け考えて(確か「愛にくちづけ」の中でそう話していたと思います)、それを実際に披露しながら少しずつアレンジしていって…。
それが結果的に、「生きた振り付け」になった。
でももちろん、同じことを他の人がやっても、それはただの「ぎこちない振り付け」になってしまうかもしれず…。

 

でね、何でこの話題から入ったかといいますと、相変わらず多いんですよ、世にはびこる
松田聖子評論で、こういうのが。

 

>松田聖子はあえてブリっこアイドルを演じていた。ファンもそれをわかっていて、ブリっこアイドルを演じている松田聖子を支持した。

 

みたいなの。

本当にそうなのだろうかはてなマーク
『天国のキッス』発売当時、すでに松田聖子=ブリっこっていうのはもう、国民的コンセンサスであって(笑)、それでもあえて聖子さんはこの曲で究極のブリっこをやってのけたわけで、そういう意味においては、前述の言葉は当たっているように思われるかもしれないけれど(私は当時、これでまたせっかくの松田聖子の歌の実力が世間から誤解されてしまうから、ブリっこは止めて欲しい、なんて思っていましたがw)、でもそうじゃないと思うんです。
もちろん、ファンも人それぞれだけど、少なくとも私は違いますキッパリ

 

次に、この動画観てください。
『夏の扉』ですが、これもまさしく、

 

歌うことの歓びが、歌うことの素晴らしさが、歌の中の主人公の気持ちが、自然に溢れ出てくる動き

 

ですから。

ではどうぞ~♪

 

 

 

ああ~、素晴らしか~アップアップ

 

この動画のコメントに共感できるものがありましたひらめき電球

 

>良い意味で「プロ意識がない」と思った。
つまり、「仕事だから」という感じではなく、本当に「心から楽しんで」歌っている。
>すごくわかります。自然体の極み
>ブリッ子と呼ばれていたけど  表現力豊かなアイドルという意味だったような気がします
>幸せそうな満面の笑み、そしてブリブリ、ウキウキした振付。それが演技ではなく素でやってる感じもいい。私をとても幸せな気持ちにさせます。

 

でしょ!!でしょ!!
「自然体の極み」、まさしくその通りチョキ
やらされてる感が全く無いグッド!


*もちろん、聖子さんがプロ意識の塊であることは言うまでもありません。
プロ意識云々っていうか、擦れた感じがしない、要は♪フレッシュ フレッシュ フレーッシュ♪な感じですよ(笑)

 

もしかすると、松田聖子の表現力というのは、時代の先を行き過ぎていたのかもしれないですね。
だから当時の人には受け容れ難い部分があったのかもしれません(私自身気恥ずかしくて見ていられない部分もありましたから、当時)。
そういうファン以外の立場の人から見た松田聖子とファンの関係こそ、

 

>松田聖子はあえてブリっこアイドルを演じていた。ファンもそれをわかっていて、ブリっこアイドルを演じている松田聖子を支持した。

 

っていう分析になるんじゃないのかな~、なんて。
何度も言ってるじゃん、お芝居の演技見ればわかるでしょ、聖子さんは演技するのが苦手なんだから(笑)


そうじゃなくて、「自然体の極み」なんですよ。
歌うことの歓びが、歌うことの素晴らしさが、歌の中の主人公の気持ちが、自然に溢れ出てくるんですよ。


それが松本隆さん言うところの、「平たく言うと天才」につながってくるんですね。

 

>あの人の表現力、歌っている時の、歌なんだけども全身で表現する。
嬉しいといったら、全身で嬉しいと歌える人。
指の先まで嬉しい、足の爪の先まで嬉しい。
そういうことができる人は今いない。

身体表現の、パフォーマンスの天才だよね。
そんなことはわからなかったけどね、当時詞を書きながら。
聖子のすごいのは、あの難解なことをさらっとやるから、ヒット曲に聞こえるわけ。
詞も曲も全然、易しくないわけ。
それを自分流に、ポンと消化しちゃう、瞬間的に。
あの人の場合、全部瞬間芸だから。

 

そうそう、究極の瞬間芸ぱちぱち

今の集団アイドルの皆さん、集団なんだから当然なんだけど、振り付け一生懸命練習して、皆でピシッと揃うように練習して、その成果を本番で披露して、そういうのとは、根本的に違うんですよ。
だから、聖子さんのパフォーマンスの通りの振り付け練習して、それを再現しようと試みても、それは不可能な話で。
あ、誤解無きよう言っておきますが、ハロプロの皆さんも可愛いくてキレイで歌上手いと思います。
ただ松田聖子が凄すぎるだけの話でしみじみ

 

多分、聖子さん自身はそういう部分、自分の天才性には気が付いていないでしょうね、その後全米進出してダンス習って上手になって…、でもそれはもう瞬間芸ではなくなってしまいました。
もちろんその努力と成果は素晴らしいですけれど、根本的に違うんです、この結婚休養前のパフォーマンスの質とは。


*ただし、瞬間芸、つまり「瞬間の煌めき」って、「若さゆえの特権」のような気もします。
聖子さんがそうやって自分を磨き自分を高めていこうとしたこと自体は、価値ある選択だったように思います。

 

おっと簡単に終わるつもりがやっぱり長くなってる、お待たせしました、では「後ろの人w」の素晴らしいパフォーマンス、じっくりご覧ください、どうぞ~!!

 

 

 

 

もう、何の説明もいらんですね、コレは恋の矢
そしてさらに言えば、今更ながらというか、当然だけど、この歌唱力、そして歌声の素晴らしさ、ですよ。
世に言う歌唱力って、バラードを歌い上げることによって誇示する、みたいなのがほとんどじゃないですか。

(だからこそ、当時「松田聖子は歌が下手」なんてあり得ない風評被害に遭ってしまったんですよねw)
でもこういう曲で歌上手いって思わせるのって、これはなかなか無いことだと思います。


今歌唱力が認められている歌手の方で、この曲歌ったらどんな感じになるのでしょう?
あえて断言させていただきますが、聖子さん以上のパフォーマンスは絶対不可能です!!

 

その反対の事例ならいくらでもありますけどね。
つまり松田聖子が自分の持ち歌以外の曲をカバーした時どうなるのか。
それに、松田聖子の歌の魅力って、歌唱力とか、歌が上手いとか、それだけじゃないですからね。
なんせあの歌声ですよ。
…ダメだ、話しだしたらキリが無い、それはまた別の機会に。

 

では最後に嬉しいニュースを爆  笑
もう皆様ご存じだと思いますが、あの『金色のリボン』のSACDが発売されます!!


ついに、ついに…ううっ...
さらには『Snow Garden』も。
嬉しい~音譜

 

*ななな、なんと、『Touch Me, Seiko』もSACDで発売予定だそうです!!

 嬉しすぎる!!

 この勢いでDVDも(笑)

 

 

松田聖子「金色のリボン」(SACD/CD)

 

 

ってことはですよ、ついに『野ばらのエチュード・金色のリボンバージョン』も高音質で聴けるわけですよわくわく

この曲の聖子さんの歌唱も、さっきの『天国のキッス』や『夏の扉』のパフォーマンスに近いものを感じます。
もちろん当時の聖子さんのレコーディングって、これまた松本隆さんの発言を引用させていただきますと、

 

>だって、レコーディングの、これからレコーディングしますよ、という時に詞を渡す。
3 回練習で歌うじゃない。
次 3 テイクくらい録ったら、できちゃうもの。

 

という感じだったようですし、今と違って歌声の修正とかないですし、『野ばらのエチュード』は、言うまでもなく当時の聖子さんは散々歌い込んでいましたから、それこそサッとスタジオ入ってパッと1~2回歌って、それをそのまま採用しちゃったんじゃないでしょうか。

何しろ、生歌感が半端無いです、レコード音源なのに(笑)

 

 

 

この歌声、凄すぎる…。


今年のクリスマスは、これだけでもう大満足ですサンタ

 

では最後に、この時期の聖子さんの素晴らしいパフォーマンス、堪能して終わりましょうか。

さっきの『天国のキッス』や『夏の扉』が全身を使ったパフォーマンス版の「自然体の極み」であるなら、こちらは歌声版の「自然体の極み」とでもいいましょうか…。
いや、振り付けとか歌声とか、分離はできないですね、どちらも聖子さんの中から歌うことの歓びがいろんな形で溢れ出してくる素晴らしさですだと思いますしみじみ
それではどうぞ~♪

 

 

 

 

カ~ッ、まさか「おお、スザンナ」でこんなに感動するなんて~きらきら
やっぱりSEIKO’S WORLDはBLUE HEAVENでしたね椰子の木

 

*しっかし、「自然体の極み」であるにも関わらず、この発声って、相当凄いと思います。単純に技術として。でもそういうテクニカルな部分を感じさせずに、本当に気持ちよくス~ッと耳に入ってくるところが更に凄いんだと思うんです。

 

ってことで最後にもう一回W

 

 

聖子ちゃん
戻ってきたよ~
迷惑かもしれませんがw
また全力で
応援させていただきます!!

 

皆様これからもよろしくお願いします^^

 

*動画をアップしてくださった皆様、ありがとうございます!!

 

*何せやっつけ仕事ですので、後で「あ~、この表現は誤解をまねくな…」とか「言葉が足りてないな…」とか感じることが多いです。

そうした部分については、後で茶色の字で加筆してあります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(103)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

私の姪が作っているアクセサリーです。7/15にTVでも紹介されました。女性へのプレゼントとしても喜ばれると思いますよ^^ 興味のある方は下のバナーをクリックしてみてください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。