1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-15 00:20:27

松田聖子 DVD化ACT

テーマ:「松田聖子」という奇跡
聖子ちゃん
お誕生日
おめでとう~!!




今頃すみませんです~べーっだ!
いや~、でも本当に、蒲池法子さんがこの世に誕生してくれたこと、松田聖子として歌手デビューしてくれたこと、今も歌い続けてくれていること、全てのことに感謝したいです。

もし、法子さんが生まれてこなかったら、もし、松田聖子としてデビューしていなかったら、あの素晴らしい歌声も、名曲の数々も、奇跡的な可愛さも、聖子さんからもらったあらゆる感動も、私たちは何も体験することなく人生を送っていたのです。
もちろんこのブログも存在せず、私が皆様と聖子さんについて語り合ったかけがえのない日々も無く、神田沙也加という新しい奇跡に回り逢うこともなく…。

そう、松田聖子は奇跡の存在なのですから、その奇跡が誕生した日は、あらゆる祝福で溢れかえるべきなのです。
聖子さん、これからもお元気で歌い続けてくださいねウィンク

さて、その「松田聖子」という奇跡を、歴史の中に埋もれさせてしまってはいけませんパー
もし何百年後かの未来、「松田聖書」聖書に書かれていることについて、「そんなに可愛くて歌声も素晴らしいアイドル歌手なんて存在するわけがないでしょ、奇跡なんて所詮作り話、ただの伝説だよ」みたいな話になっていたら、人類にとっての大いなる損失です。
だから、真実をきちんと形として残しておかなければなりません。

そう、DVD運動の話ですチョキにひひ

キュリノミクス2本目のきゅうりきゅうり、聖子さんの素晴らしいTVでのパフォーマンスをDVD化、BD化する為の、具体的なアプローチについて。



Google+に新しいサークルを作りました。
「松田聖子DVD化ACT」という場所です。
DVD運動に特化したサークルです。
↓  ↓  ↓  ↓
松田聖子DVD化ACT

以前、summers doorさんが好意で作成してくださった場所を、長らく寝かせてしまっていたのですが、この度、この場所をDVD運動の総本山にしようと決めて、今整備している最中です。
だからすみません、まだ色々整っていないのが現状です。
ただこの「松田聖子 DVD化ACT」は、コチラが皆様に一方的に提供するものではなく、皆様と一緒に作り上げる場所にしたいと思っておりますので、あえてこの段階で皆様にお知らせしてしまいます。
(ここのメンバーで森男長野という怪しい人物がいますが、それは私ですw)

DVD運動の働きかけとしては、特別なものはありません。
各TV局に、その要望をメールで送信するだけです。
各TV局、それからTV局関係無く共通の要望先としてソニー、サンミュージック、フェリシアクラブ(松田聖子ファンクラブ)について、メール送信先をリンクしてあります。
つまり、「松田聖子 DVD化ACT」に来れば、自分がDVD化を望む番組についての要望メールを送ることができる、ということになっております。
これまでは、ブログ主様や聖子ファン個人が個々で動いていたり、また、私もDVD運動の中で自分の記事をリンクして呼びかけたりしてきましたけれども、これからは、この「松田聖子 DVD化ACT」を中心にDVD運動を展開していきたいのです。
それはつまり、この運動が、特定のファンだけでなく聖子ファン全体に広がって欲しい、という願いでもあります。

ただここでリンクしてある送信先、私が調べたものですが、果たしてこれが適当なものであるのか、実はよくわかっていません。
もし、もっと相応しいリンク先があるとか、ここはちょっと違うのではないか、等ありましたら、ぜひぜひ教えていただければ、と思います。

それから、こちらはGoogle+ですので、YOU TUBEにアップという形ではなく、Google+にアップする、ということもできるようです。
その辺りの細かいことについては、私はよくわかりませんが。

この「松田聖子 DVD化ACT」が、DVD運動を推進していく上で相応しい場所になることを、心から祈っております。



いざ、聖なる旗の下へ!!

クラッカー       クラッカー       クラッカー       クラッカー        クラッカー       クラッカー


さて、次は3本目のきゅうりの話です。
と言っても、これは大した話ではありません。

このブログ、この投稿をもって、長期休養に入ります。
どのくらいの休養になるか、自分でもわかりません。
そもそも一週間前までは、休養じゃなくて終了、の予定でしたので。

理由は単純です。
仕事と家庭との両立が難しくなってきたからです、って離婚会見か(笑)
真面目な話、例えば仕事でもう1ランク上にいく為には、休みの日でも資料に目を通すとか、そうした必要性を痛感しております。
例えば家庭のことだと、土日にやるべき雑務、これも全然できてないので、家の中とっちらかっちゃったりしていて。
私、ブログやっていると、どうしてものめり込んでしまうんですね。
適度にやる、っていうことができない(笑)

実際、書きたいことは、まだまだ山のようにあるんです。
『永遠の少女』特集とか、原田真二さんプロデュース曲特集とか、あるいは初期のアルバムに関してもう一度見直してみたいな、とか、『ガラスの林檎』や『瞳はダイアモンド』や『少しずつ春』についてもっともっと書いておきたかったとか、『チェリーブラッサム』『白いパラソル』『赤いスイートピー』辺りの「○○最強動画決定戦」もやってみたかったな、とか色々…。
あと、どうしても書きたかったのは「松田聖子の逆襲」っていうタイトルの記事。
中身は何も決まってないですけど(笑)、これは書きたかった…。
それから「俺たちの松田聖子」も、結局途中で止まっちゃってるし。

でも私の場合、「適度に更新」なんて中途半端なこと言ってると、絶対のめり込でしまうのが目に見えてるんです。
だから、終了した方が良いだろう、そう思っていました。

だけど…。
私は、このブログを始めたことで、たくさんの聖子ファンの皆様と知り合うことができました。
聖子さんについて語り合ったその経験は、本当にかけがえのないもので、そのつながりを断ち切ってしまうことは、やっぱりできません。

ということで、長期休養、ということにさせていただきます。
要するに、最初は山口百恵型引退を考えておりましたが、やっぱり聖子ファンですから、聖子さんを見習って、あの85年の結婚休養みたいな感じでいこうかな、って(笑)
だから、いつか環境が整えば、また復活する可能性も、わずかに残しておくことにします(笑)

これからは忍耐だなあ~、例えば今年の紅白じゃないけど、ああやって盛り上がった時に、果たして自分が黙っていられるのかどうか…(笑)
でも一度口火を切ってしまうと一気にいっちゃいますからね、自制しなきゃいけません。
取りあえず、「松田聖子 DVD化ACT」とか「はてなスペース」、あるいはツイッターの方は続けるかもしれません。
あと、ブログのコメント返信も。
最低限、それらの所で皆様とお話ししながらガス抜きできれば、と思っています(笑)

どうしても我慢できなくなったら、PC内に自分の思いを書き殴って溜め込んでおこうかな。
「俺たちの松田聖子」に関しては、発表はしないけど、続きを書くかも。
でも、他の方が登場人物として出てくる今のスタイルは難しいかなあ~。
やっぱりご本人の許可もない所で勝手に書けません。
それから、ブログの既存の記事に関しては、コッソリ編集するかもしれません。
削除された動画を今ある動画に変えたり、明らかな間違いを訂正したり、追記したり。
でもそれはコッソリやります(笑)

あ、ただ一つ、例外があります。
DVD・BDの発売が決定したら、号外出しますよ!
その頃はもう、誰もここには来なくなっているかもしれませんが(^^;)

*このブログのイメージ画像だそうです。summers doorさんが作成してくださいました。
素晴らしいセンスですよね。
タイトルは「ジョコンダ聖マリアの奇跡」。
もったいないですが、せっかくですから有難く頂戴いたします。
ありがとうございます!!


そして…、何たる偶然か、同じタイミングで、SLC影の隊員No.0 あっちゃんさんのブログが終了しました。
何ということでしょう、以前、記事で扱う曲が偶然重なることがよくありましたが、まさかこんなことまで重なってしまうとは。
あっちゃんには本当にお世話になりましたからねえ。

思い出しますね、「『振り向けば…聖子』鑑賞会」シリーズでは、ご自分のブログもさておいて熱いコメントをたくさんいただいて、あれは本当に楽しかったなあ~。
ブログやっててあの頃が一番充実してた気がします。
あっちゃんは私に無いものを持っていた方なので本当に尊敬しておりましたし、聖子ファンの音楽的な拠り所の方だと思っていました。
何の音楽知識も理論も持ち合わせていない私に、色々懇切丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
もちろん、これで「さようなら」というわけではなく、今後も色々な所でお世話になると思いますので、末永くよろしくお願い致します。

…なんか、一つの時代が終わったな…、なんて勝手にしみじみとしてしまいました(涙)
いや、あっちゃんはともかく、私なんぞテキトー解釈記事しか書けませんでしたけれど、皆様からたくさんのコメントいただいたりして、でも今、あっちゃんも私もブログ止めるんだ、ってなったら、何かねえ…。

でも皆様、これこそキュリノミクス3本目のきゅうりなのです。
今こそ新しい力が出てくる時なのかな、って。
要は、松田聖子熱が盛り上がればいいのです。
今度は、私やあっちゃんとはまた違う、新しい視点で聖子さんに切り込んでくれる人が出てきてくれれば、それでいいのだと思います。
老兵が去ることにより、新しい若い力が出てきて、特に若年層に聖子さんの魅力を語ってくれる人が現れてくれたら最高ですね。
これが私の、最後の切り札です。
ずっと記事更新しなければ、ブログ検索していただくとずっとこの記事が目に飛び込んでくるわけで、そしたら「松田聖子 DVD化ACT」も少しは盛り上がるかな、なんて…。
でも、そのうちアクセス数も激減しちゃうから、効果は暫くしか持ちませんが…。

あ、もちろん今ブログやられている皆様は、今後も引き続き頑張ってくださいね。
ご隠居さんもそろそろ復活されるかな…?(笑)



それはそれとして…。

実際私のブログ、潮時だと思いますよ、今。
いつまでも私なんかがのさばっているようじゃいけません。
あまりに「ひとりよがり」な方向に行き過ぎて、皆様が楽しめるようなものじゃなくなってきてしまったでしょう、多分。
聖子さん、沙也加さん、好き勝手書いてしまい、大変申し訳ありませんでした。

一つの転機は、カフェが出来たことです。
今、「はてなスペース」に引き継がれていますけれども。
ブログ主の記事がまずあって、それに対してコメントする、というものではなく、そこに集う聖子ファンそれぞれが、自分から情報発信できて意見を交換し合う、これは素晴らしいことですよね。
皆さん、とっても生き生きとしているもの。
私、旧カフェが賑わい始めたとき、これは素晴らしいことだな、ってつくづく思ったのです。
だから、私のブログの、皆でワイワイガヤガヤ楽しむ雰囲気はもうカフェに任せて、自分の方は、よりマニアックなものを追及するような、あるいはより「ひとりよがり」な記事を書かせてもらおうかな、って思いました。
ブログにはブログの良さがあると思いますしね。
ただ、それが行き過ぎて、皆様があまり楽しめないような感じのブログになってしまったのかなあ、というのが反省です。

それに自分自身も、記事を書いている時はノリにノッテ書いているんですけど(笑)、記事を投稿した途端、「ああ~、なんでこんなこと書いてしまったんだろう…」っていう気持ちになることが多くなって、それが回を追うごとに酷くなってきて…。
だから、いくら書きたいことは山ほどあっても、今は書くべきではないように思ったのです。
しばらくブログは休んで、仕事や家のこと、それから本読んだり映画観たり、そういう時間を過ごしてリフレッシュすることも大事かなあ、って。
今までブログに費やしていた労力を考えれば、そんなもの楽勝です、ハッキリ言って(笑)



振り替えてみると…、3年と9カ月…。
長かったような短かったような、とにかく聖子ファンとして大変充実した時間を過ごすことができました。
これもひとえに読者の皆様のお蔭でございます。
いつもペタとか「いいね」ボタンを押してくださっていた皆様、コメントくださっていた皆様、最初の頃は私も自分のブログだけじゃなくて人様のブログに行ってコメント書いたりできていたのですけれど、途中から何もできなくなって、ほとんど一方的な関係になってしまい、大変申し訳ありませんでした。
「ああ~、なんでこんなこと書いてしまったんだろう…」としおれている(笑)私に勇気や優しさをくれたのは、皆様からのコメントでした。
本当にありがとうございました。
ブログは自分一人で書いてるわけでは無いですからね、皆様からのコメントに触発されて書けた記事、たくさんあります。

そしてDVD運動。
センタクによる「DVDで販売して欲しい歌手」アンケートの時は、皆様大変お世話になりました。
どうしても聖子さんに1位になって欲しくて、かなり出しゃばったようなことをしてしまったと思います。
にも拘らず、皆様快くご協力くださり、お蔭様で10冠を獲ることができました。
本当にありがとうございました。

思い出すなあ、トシちゃんとの激闘…。
我ながら図々しくよくやりましたね、色んな方にお声掛けして。
でも、あの時の運動のお蔭で多くのブロガーさんやアップ主様と知り合いになることができ、それが一つの聖子熱となって盛り上がった部分、あったと思います。
本当に素晴らしい体験でした。
もちろん、未だ何一つ実現できていない責任は感じております。
どうか「松田聖子 DVD化ACT」を通じてその聖子熱を継承し、そしてDVD・BDの実現へと続いて欲しいと願います。

皆様、今まで本当にありがとうございました!

あ、一つだけ自慢できることがあります。
それは、今までブログを書いていて、一回もネタが尽きた事が無かった、ということです。
「あ~、今日書くこと無いな、どうしよう…」っていうのが一回も無かったんです。
常に、書きたいことが山のようにあって、記事の更新がそれに追いつかない状態でした。
コレって凄いことだと思います!
ただそれは、私が凄いんじゃなくて、聖子さんが凄いっていうことなんですよね(笑)
全く、どれだけ奥が深いんだ、松田聖子は(笑)


最後に…。

沙也加さんに一言。

まさか、松田聖子以外に夢中になれる人が現れるとは、夢にも思っていませんでした。
今、沙也加さんを追いかけることができて、心から幸せを感じております。

*RYO(shani)さん、ありがとうございます。



この動画、数年前観た時は、もっと酷いコメントがたくさんありました。
それをあなたは一つずつ、一つずつ、素晴らしいコメントに変えていきました。
この曲は、あなたの生き方そのものです。
あなたはそうやって、日々確実に進歩しているんですね。
今もまだ、酷いコメントがチラホラ残っていますが、いつかそれも、素晴らしいコメントに変えてしまうことでしょう。

声優アワードの主演女優賞の受賞、本当におめでとうございます。
賛否両論色々あるようですが、今あなたのことを否定している人たちの意見も、いつかあなたは覆してしまうと、私は確信しています。
日々自分を磨き、たゆまぬ努力によってここまで上り詰めたあなたを、私は心から尊敬していますし、強烈なシンパシーを感じます。
あなたは希望の光です。
沙也加さん、これからも、ずっとずっと応援しています。

そして聖子さん。

…想いが溢れて言葉になりません…。
今、あなたに対する想いを語り始めたら、また3年9カ月かかってしまいそうだから(笑)、やめておきます。

生まれてくれてありがとう。
歌手になってくれてありがとう。
歌い続けてくれてありがとう。

…それしか言えません…。

*ababaさん、ありがとうございます。




松田聖子という奇跡に

…乾杯!!

AD
いいね!した人  |  コメント(290)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

私の姪が作っているアクセサリーです。7/15にTVでも紹介されました。女性へのプレゼントとしても喜ばれると思いますよ^^ 興味のある方は下のバナーをクリックしてみてください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。