伊勢茶の産地、三重県四日市市水沢町で9日、鉢植えの株をハウスで育てた新茶の初摘みがあった。紺がすり姿の農家の女性15人が、室温15度に保たれたハウスの中で、鮮やかな薄緑色の新芽を手で丁寧に摘み取った。

 生産から直売までを手掛ける「安田製茶」が、5月の露地物シーズンを前に毎年、ハウスでの茶摘みをし、伊勢茶をPRしている。この日収穫した茶葉は約20キロ。安田長功代表(44)は「2月上旬の冷え込みで葉は小ぶりだが、渋みの少ないお茶になりそう」と話した。【井上章】

【関連ニュース】
新茶摘み:静岡・島田のハウス茶園で始まる
新茶摘み:あれに見えるは、ハウス新茶摘み--静岡・島田
新茶摘み:島田のハウスで始まる /静岡

<公明>民主と修正協議へ 子ども手当て法案など(毎日新聞)
さだまさしさん作校歌、題名は「約束をしよう」(読売新聞)
核密約、10政権でリレー=「佐藤-海部」記録が裏付け(時事通信)
治験・臨床研究の活性化に向けてセミナー開催―製薬協(医療介護CBニュース)
農地を無許可転用=民主・輿石氏の自宅土地-神奈川(時事通信)
AD