たびびとの「気付きの旅」

「考えること」よりも「感じること」に素直に生きてゆきたい。
そんな思いを胸に日々の「感じること」をつづっていこうと思ってます。



テーマ:
何だかいろんなものを捨てまくり続けている日々でございます。

こうやって家にあるものを見て行くと、いかにいろんなものをため込んでいたのかがわかりますねぇ。何枚、いや何十枚ゴミ袋を捨てたのか。。。

やっぱろいろんな感情もため込んでしまっているんですよねぇ。

やっぱり常にいいものを循環させるために、日々断捨離が重要だなぁと改めて思う。

というか不要なものはもう買ってはいけませぬね。

そう、それでやっぱり久々に目にする懐かしいものたち。

一番懐かしいもので言うと、こんなんです
 
全く面影はないように思うけど、たびびと赤ちゃん時代です。
この赤ちゃんより、やっぱり隣に写っている母親にそっくりになっているなぁと思ったり。


そして学生時代に所属していた英語劇の英語の台本たち。
 
超懐かしいです!この台本は学内の芝居と、英語劇の劇団に所属していた当時の芝居の台本。

タイトルからでも読めるように、"QUAKE"という劇でsheenaという主婦の役を学生時代演じておりました。

こう考えるとQUAKEって私の人生のいろんなところに登場します。当時はたまたまだったんだろうけど。でもたまたまじゃないんだろうな。

演じていたSheenaという女性はヒステリーな女性の役だったのですよ。私と重なりますね。。。やっぱり当時から私はヒステリーだったのか??うん、だからこの配役だったんだよね 

でも役者向きではないと感じてからはもっぱらスタッフで役者さんを陰から支えておりました。そうなんだよね、当時からやっぱり人が輝くサポートしたかったんだろうな。きっと人が輝くのを見ると自分自身も輝ける気がします。きっとそれが私の理想形何だと思う 

そして、私がある意味、役者として活躍していた当時のスーツたち。

当時はほどんどオーダーメイドのスーツを作っていて、裏地やボタン、チェーンなどの飾りでONLY ONEっぽさを出していました。

ちょっとシワになっているけど、今みてもかっこいいよぉ~!!
 
ジャケットの裏地がパープルで、ゴールドのチェーン付き 

そして冒険してみたベージュっぽい生地に真っ赤な裏地。そしてまたゴールドのチェーン付き
 
 
次にこのスーツに袖を通す日はあるのでしょうか。
でも気に入ってるんですけどね、着る機会がなさそう。

あと数日準備頑張りますっ  
AD
いいね!(80)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私にとって貴重な時間、それは少しでもいいからカフェで一人の時間を過ごすこと。シンガポールでもこんな時間を大事にしたい。
photo:04



片付けがあるから近所のカフェしか行けないけど、ここは近所で通いつめたパン屋さんのカフェスペース。私の理想のパン屋さん。朝早くから空いていて、すごくおしゃれで落ち着いた時間が過ごせます。


平日のこんな時間なのでお気に入りの席が空いてました。
photo:02



photo:01



今日もここで感謝を込めてお手紙を書きます。
photo:03



何度ここで手紙を書いたことか。手紙が書きおえたら即効家に帰って片付けでございます。

ブログ記事たまってますねぇ。。。気ままに更新してみます。
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子くんがシンガポールに行くことは、先週園の子どもたちに伝えてもらいました。


子ども関係の方には伝えるタイミングが難しく、先生や周りの人に相談した結果、一週間前ということにしていました。


園の子どもたちには、会うたびに違う国を言われて今朝もクラスの男の子に「ブラジル行くんだよね?」と言われ、また園のママさんからは「オーストラリア行くって子どもから聞きました」と言われ、面白いくらいたくさんの国に行くことになっている、たびびと&たびびと息子。

いずれにしても残り少ない園生活楽しんでほしいな。
AD
いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。