秩父市議会議員  清野 和彦 ブログ

「秩父に、新しい希望を。」
―穏やかなまち、山と川のある素晴らしいまち。
このまちをもっとよくするのは明日を夢見るエネルギー。
明日に向かう力。つまり、希望ではないかと思う。―

NEW !
テーマ:

本日、12月8日に、平成28年12月議会の一般質問を終えました。

14人の登壇者中、最後の登壇となりました。

現在、秩父市議会が開かれている吉田総合支所(旧吉田町役場)での市議会の開催は、

今議会が最後となる予定であり、そのような節目の議会で、最後の一般質問の登壇者となったことに、多く感ずるところがあります。

 

一般質問も11回目となりましたが、やはり、毎回、緊張をします。

質問をつくるために調査をし、内容を精査して行く中で、

市議会議員に与えられている責任について、そのたびに自覚をします。

いま自分が果たしうる役割はなんなのか。

真に市民の皆さんに寄り添えているだろうか。

自分に問いつづけています。

 

今回の一般質問は、

いままでなかなか多く時間を割いての質問が出来てこなかった

市の財政に関する質問をさせていただきました。

秩父市の一人あたりの基金(家庭でいう貯金)が県内の40市で最も多額であることを切り口に、現職の久喜市長の市政運営を通じて11.3倍も積み増されてきた

公共施設整備基金について、なぜそのような多額の積み増しをしてきたのか、

どのように積み増しをしてきたのか、といった切り口から質問をしました。

この基金を多く積み増してきた、という事実も含めて、

市庁舎・市民会館の建設が、秩父市の財政にどのような影響を与えてきたのかを考える必要があります。

また、これからより厳しくなることが予想される市の財政にどのような影響を与えて来るのか、も見つづけていかなければなりません。

 

そして、市はもっと市の財政状況について、市報を通じて市民の皆さんにわかりやすく伝える必要があるのではないか、と指摘させていただきました。

税金はどのような分野に使われたのか、他の自治体と比べて秩父市の財政はどのようになっているのか、単年度だけではなく、経年的にみて市の財政はどのような傾向を示しているのか、そういうことを市報はより積極的に発信するべきと考えます。

情報の共有なくして、合意の形成はない、と考えます。

特にこれからの時代は、

公共施設の統廃合といったファシリティマネジメントの実施に代表されるような

限られた行政資源をどのように分配していくかという問いに対して、

市民の皆さんとの合意形成が行政にとってより重要になるでしょう。

財政状況の情報の発信は、その基礎となるものだと考えます。

 

防災・減災対策については

熊本市・益城町・南阿蘇村への訪問を通じて学ばせていただいたことを中心に質問させていただきました。

市民の皆さんのいのちを守るために、できることはまだまだあると感じています。

今回は、市立病院の耐震性、非常時の車中泊避難者への対応、避難者カードの改善、非常時の行政事務や避難所開設の訓練の実施、について質問をさせていただきました。

ひとつひとつ防災・減災への備えが充実していっているのではと感じますが、

非常事態においては、想像を超える出来事が起こることがあり、

これからも、現場や先進自治体から学んでひとつひとつ積み上げていきたいと感じます。

 

最後に、公契約条例の制定について質問をさせていただきました。

調査を通じて、あらためて公契約条例の制定が、

公契約によって働かれる方々の生活賃金を保障し、

地域経済を活性化する大きな可能性をもったものであることがわかりました。

また全国の自治体での公契約条例の制定の現状、

公契約条例に準じるような条例の制定の現状や内容について知ることができました。

秩父市としては、地域社会への貢献といった社会的価値を公契約の評価項目に入れることについては、条例に先駆けて実務が先行している現状であることがわかりました。

ぜひ実務の実施を通じて、その基本的な考え方などを明文化する条例制定を目指して頂きたいと考えます。

ここから本格的な公契約条例の制定に向けた議論がはじまることを願います。

 

毎回、一般質問に向けて、多くの方に支えていただいています。

今回も、一般質問ができたのは皆さんの支えがあってこそです。

真にありがとうございました。

 

市民の皆さんの暮らしといのちに寄り添いたい。

それを心に強く握って、これからもがんばっていきます。

 

明日は、文教福祉委員会です。

しっかりと準備をして臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清野和彦の12月の一般質問は、

明日、12月8日(木)の4番目で13:00〜15:00の中の1時間の予定です。

12月議会では22名の議員のうち14名の議員が一般質問に登壇しますが、

今回は、はじめて一番最後の登壇となります。

 

今回のテーマは

1、「秩父市の財政運営について」

秩父市の市民一人あたりの基金(家計でいう貯金にあたる)は、

県内40市で最も高額になっているということです。

どうしてそのような高額の基金が積まれているのか。

これまでの経緯を確認し、市民の方々が望んでいるような財政運営になっているのか、について質問します。

 

2、「防災・減災の取組みについて」

10月の末に、熊本地震の被害に遭われた熊本市、益城町、南阿蘇村へうかがいました。現地でうかがったことを中心に、秩父市の非常時への備えの一層の強化を目指して質問します。

 

3、「公契約条例の制定について」

平成21年に千葉県野田市で市と民間企業の間の契約(=公契約)について、最低賃金を定める公契約条例が制定されたことを皮切りに、公契約の基本方針や条件を明確に示す公契約条例の制定の動きが広まりつつあります。

公契約条例によって、地域への貢献など社会的価値も入札などの評価基準とする自治体もあり、地域経済の保護、発展に寄与することが期待できます。

秩父市、秩父地域の雇用の場を守り、新たに創り出すために、また地域経済の循環を活発にするために、公契約条例の制定が望まれるのではないか、という切り口で質問をします。

 

現在、秩父市議会は吉田総合支所(旧吉田町役場)の議場で開会していますが、

予定では、次の3月議会からは新たな市役所の議場で市議会が開かれる予定です。

 

ぜひ、秩父市議会へ傍聴におこしください!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今年の秩父夜祭は

ユネスコ無形文化遺産への登録、そして土曜日開催ということも重なり、

過去最多の38万6千人もの方々が訪れてくださったとのことです。

 

一人でも多くの方に、秩父の祭に触れ、風土に触れ、人に触れ、

秩父を感じていただければ本当にうれしいです。

 

盛大な祭となり、秩父に住む人間として大変感慨深いです。

夜祭の本祭を終え、今、想っていることを記しておこうとおもいます。

 

①秩父夜祭絹市について

いままで夜祭に関わる機会があまりなかった方々が、あらたな切り口で祭にかかわることができる可能性が広がったように感じます。織物商品やクラフトなど、秩父の手づくりの良さを感じてもらい、お客さんと作り手や売り手の方々、地元の方々とのコミュニケーションが出来る場をつくることで、人と人とのあたたかい結びつきが生まれてくると考えます。ぜひ、これからも絹市を継続していただきたいです。

 

特産の“秩父銘仙”絹市が復活(NHKニュース)

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20161203/4837671.html

 

②「住んでよし」「訪れてよし」のまちづくり

今後は「文化の多様性や人類の創造性を証明する」

このような素晴らしい祭を伝承しているまちとして、地域として

より高い意識をもちながら、

通年観光のいっそうの充実のためのまちづくりが必要と考えます。

そのためには観光客を呼び込むことに注力するだけではなく、

あるきやすいまちづくりや公衆トイレなどのさらなる改善が必要でしょう。

住み心地のよいまちは、訪れる人にとっても魅力的なまちのはずです。

 

③祭の伝承の為にも「住みつづけられるまち」に

祭の伝承のために、多くの方が努力をされています。そのような方々の力があってこそ祭が伝えられています。

公の仕事に携わる者として、この地域の未来のためにやらなくてはならないことは、

秩父に住みつづけたいと願う方々が住みつづけられる環境をつくることと考えます。

その最たるものは雇用です。

多くの方から、本当は秩父に住みつづけたいけれども、住みつづけられない現実をうかがってきました。

自分の息子に秩父に戻ってきてほしいけども、戻って来れないもどかしさに出会ってきました。私は、なんとかそこを変えたいのです。

 

今年も祭を通じていろいろなことを感じさせていただきました。

 

この地域に素晴らしい祭があることにあらためて感謝しつつ、

私たちはこの時代をどのように生きていこうか、と想いを巡らせています。

今年も、秩父夜祭、真にありがとうございました。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秩父夜祭の宵宮を明日にひかえた

本日、12月1日の未明に「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む

全国33行事の「山・鉾(ほこ)・屋台行事」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されることが決まりました。

 

秩父夜祭をはじめとする「山・鉾(ほこ)・屋台行事」が

「文化の多様性や人類の創造性を証明する」ものとして無形文化遺産への登録に至ったことは、大変感慨深いことです。

 

この地球にはその土地ごとに人々が永い年月の中で育んできた暮らしがあり、

暮らしと密接に培われてきた信仰や習俗があります。

祭の場は、私たちの無意識の「美しさ」や「敬虔さ」がおもてにあらわれる場であり、

地球という惑星の巡りの中で、「いま・ここ」を実感する場です。

「多様性」と「創造性」はいのちの本質といえます。

 

ユネスコ無形文化遺産への登録を受けて、

このような大祭がいかにしてこの秩父で育まれ営まれていったのか、を見つめ直すときではないか、と感じています。

地域の歴史を知ることは、地域の未来に想いを馳せることにつながります。

 

そして、この大祭を未来へとつなげていくためには、

なによりも秩父という地域が元気でなくてはなりません。

次世代へと祭を伝承していく方々が、

このまちに住みつづけられるようにすること。

このまちに戻ってこれるようにすること。

このことが祭の伝承にむけた本質ではないか、と考えます。

 

この機会に足元をしっかりとみつめ直し、秩父の未来に想いを馳せたい。

そして、私にできることはなんなのかを問いつづけ、動きつづけたいと想います。

 

いまのところ12月2日の宵宮、3日の本祭とも天候は良さそうです。

夜祭にお越しの皆さまは、何卒、防寒を万全にお越しください。

 

皆さまにとって、素晴らしい例大祭となりますことを心よりご祈念申し上げます。

 

(写真は埼玉新聞12月1日の一面)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

12月議会の初日の11月29日に

熊木公会堂で11回目となる議会報告と意見交換の会を開催しました。

寒い中、足を運んでいただいた皆さまに深く御礼申し上げます。

 

毎回この会を通じて、皆さんから貴重な情報などをたくさんいただいています。

 

今回も9月議会の報告と

12月議会の展望などお話させていただいたのちに、皆さまから以下のような質問や宿題をいただきました。

 

・古くなった水道管の敷設替えについて、以前は水道管が漏れた時に対応をしてもらうような感じだったが最近はどうなのか。敷設替えは進んでいるのか。

 

・今年から町会に除雪機を貸与することになるが、もっと小さい除雪機を貸与するほうが街場ではよいのではないか。それぞれの町会ごとに地域性があるのではないか。この冬にどれくらい除雪機が活用されたか調べてほしい。

 

・朝、まちなかにゴミのポイ捨てなどが目立つ。毎日掃除をしてくださっている方がいる。市ぐるみで取り組むことはできないのか。

 

・歩道に自動車を日常的停めている場所はまち歩きの観点から改善が必要ではないか。

 

・電力自由化以降、実際どれくらいの家庭が電力会社を変えたのか教えてほしい。

 

いただいた宿題はしっかりと確認などさせていただきます。

 

また驚くことに、最近、熊木町内でもサルやシカが山際に出てきているという情報をいただいています。

この件についても状況を継続的に調査しようとおもいます。

 

これからもしっかりと議会の報告と皆さんのご意見をうかがう場づくりを続けていきます。

 

当日の様子は ツイキャスの録画でご覧いただけます!

→ http://twitcasting.tv/kazuhiko_kiyono/movie/326587338

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)