秩父市議会議員  清野 和彦 ブログ

「秩父に、新しい希望を。」
―穏やかなまち、山と川のある素晴らしいまち。
このまちをもっとよくするのは明日を夢見るエネルギー。
明日に向かう力。つまり、希望ではないかと思う。―


テーマ:
7月19日、20日、秩父は川瀬祭り。

天気にも恵まれ、無事、お祭りが催行されたこと、こころよりお祝い申し上げます。

今年も地元の熊木町の青年部としてお世話になりました。
今回のお祭りでは、写真の撮影をたくさんさせていただきました。
撮影を通じて、老若男女多くの方が、この祭りを支え、共に創りあげていること、
そしてそのような年ごとの営みが永く永く続いてきていることをあらためて実感しました。

一人の人間の生を越えて、手渡されていく文化、伝承、文化財などについて考えるとき、
あらためていまを生きる世代の責任を強く感じます。

現在、12月2日、3日に催行される秩父夜祭が「秩父祭の屋台行事と神楽」として含まれている
「山・鉾・屋台行事」33件の ユネスコ無形文化遺産登録に向けた動きが進んでいます。
祖先から継承された想いが、一つの形として結実することに大きな意義を感じます。

いまを生きる世代として、何をするべきなのか、あらためて問いながら、
このまちの文化や祭、文化財の保護、伝承に関わっていけたらと願います。

今年も川瀬祭り、ありがとうございました!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私にとって9回目の議会となった秩父市議会の6月議会。
今回もいただいた機会を最大限に生かすべく、
一般質問をさせていただきました。

多くの市民の皆さんが関心を寄せている、
市指定の有形文化財になっている「旧大宮学校校舎」に部材保管と活用について質問をしました。
このテーマについては、先の平成27年度12月議会でもとりあげ、
その後、部材の保管状況の視察が実現し、
そこで感じた「このままではいけない」という危機感をもって今回とりあげました。

私の質問への答弁から、
〇教育委員会としても、部材保管状況の改善を早急に実施しなくてはならないと考えており、
すべての部材を旧秩父東高等学校の校舎へ移動し、湿気からの腐敗を防ぎ、
部材の保管に万全を期すよう検討している。

〇復元の経費について、平成15年度の復元計画の予算として、
工事監理委託料が950万円、建築工事費が1億8690万円、
合計1億9640万円、(約2億円)を予定していた。


という二点が明らかになりました。

旧大宮学校校舎については、
同じ6月議会で、福井貴代議員も取り上げ、あらためて本格的な議論が始まったと感じています。

以下、質問と答弁の詳細です。

----------------------------------------------------------------------
質問 清野

1、旧大宮学校校舎の部材保管と活用について
建造物として秩父市の市指定の有形文化財となっている

「旧大宮学校校舎」は、秩父市立民俗博物館の本館として利用されていましたが、
まちなかへの移築計画のために平成14年に解体工事が着工されたのち、
予定されていた移築計画が中止され、しばらくの間、
旧秩父セメント第1プラントに部材が保管されていましたが、
旧秩父セメント第1プラントが解体されることに伴い、
平成17年から、旧浦山中学校で部材が保管され、すでに10年が経過しています。

平成27年の12月議会の一般質問で、旧大宮学校校舎をまちなか活性化のために、

まちなかに復元し活用することについて市長の見解をうかがったところ、
「見に行ってください。」 
「実際見に行って、その腐り具合、どういうところに置かれているか、
 そういうところを見てからご質問をいただきたいと思います。」という旨の答弁をいただきました。

その質問の後、教育委員会の皆さんにご調整いただき、平成28年の5月9日に、複数の議員で、旧浦山中学校に解体保管されている旧大宮小学校校舎の部材の保管状況の視察をしました。

これがその時の写真です。



旧浦山中学校での保管状況は、
部材保管のために校舎に隣接するように構築したと思われるフェンスで囲われた半野外の部材置き場と、校舎1階、校舎2階に分かれて保管されています。
これが、フェンスで囲われた半野外の部材置き場です。後ろが校舎になります。




半野外の部材置き場に保管されている一部の部材は、すでに腐敗し朽ちかけている状況です。





校舎内の部材は、1階よりも2階に保管されている部材の方が、若干状態が良いようでしたが、校舎は管理人などの駐在はないので、ほぼ締め切った状況であり、湿気が多い状況となっています。



部材の保管状況の全体を通じては、部材の適切な保管のためには、部材と部材の間に常に空気が触れるように、ある程度の隙間をつくって、保管することが重要とのことですが、そのような処置は見受けられませんでした。

実際に部材の保管状況を視察させていただき、状況の深刻さを深く理解しました。

現在の旧大宮学校校舎の解体保管の状況は、残念ながら「市民の共通の財産である」文化財の保管として相応しい状況ではない、といわざるを得ません。このままの状態で保管することには大きな問題があると考えます

部材の解体保管は、復元活用を前提としているはずです。
部材の解体保管を継続するならば、まず、具体的な復元活用に向けた方向性を定めるべきです。そして、期限付きといった条件の下で保管状況を至急改善するべきではないでしょうか。市の考えをうかがいます。


また、復元については、現存するすべての部材を使う必要はないと考えます。いままでも移築を繰り返してきた旧大宮学校校舎はその都度必要な部材の交換を行ってきているのではないでしょうか。そのような一部部材の交換も踏まえて、まちなかに旧大宮学校校舎を復元再建するならばどれくらいの経費がかかることが想定されるのか。お考えをうかがいます。




答弁 教育委員会事務局長

旧大宮学校校舎の部材保管と活用についてお答えいたします。

旧大宮学校校舎の部材保管につきましては、議員のご指摘のとおり、
旧浦山中学校での保管環境は決してよい状態とは言えず、
特に校舎外に設置した簡易的な保管場所・保管方法は、
地面からの湿気を直接受け、保存に悪影響を及ぼしていると考えております。

教育委員会といたしましても、部材保管状況の改善を早急に実施しなくてはならないと考えており、関係部局と協議の上、すべての部材を旧秩父東高等学校の校舎へ移動し、
湿気からの腐敗を防ぎ、部材の保管に万全を期すよう検討しております。

復元の経費につきましては、直近の見積書はありませんが、平成15年度の復元計画の予算を見ますと、工事監理委託料が950万円、建築工事費が1億8690万円、合計1億9640万円、(約2億円)を予定しておりました。

なお、期限付きで保管すべきではないか、とのご意見をいただいておりますが、旧大宮学校の復原につきましては、建築の場所、施設の活用方法、そして、何よりも復元に要する経費の確保など問題を解決しなければなりませんので、今後も引き続き担当部局と調整を行いながら検討して参りたいと存じます。

いずれにいたしましても、旧大宮学校が秩父地域に数少ない明治期の擬洋風建築様式で、全国的に見ても数少ない明治期の学校建築であることから、文化財として建物を復原し、その価値を市民の皆様と共有して、保存・活用を図ってまいりたいと考えております。以上でございます。


-----------------------------------------------------------------------

秩父市 旧大宮学校校舎 について
http://www.city.chichibu.lg.jp/4175.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月15日に、第2回の市民自治ちちぶ会議を開催しました。

市民の力で市政を変えていくための学び合いの場です。

私からは、
1、参院選を終えて、秩父市の投票率について考える。
2、議会基本条例についてポイントを学ぶ。
3、秋の平成27年度決算審査にむけて秩父市の財政を考える。
という内容でお話をさせていただき、
その後、第1回の市民会議にひきつづき
「市民による政策提言」をつくるための話し合いを行いました。


参院選の秩父市の投票率が53.39%だったことについて、
参加された皆さんの意見が興味深かったです。

〇18歳選挙権が始まったが、それに至るまでの教育が必要。
〇選挙に行っても変わらないと想っている。
〇18歳選挙権が始まり、自分の子どもに選挙はどうするのか、と聞かれたら親は行かざるを得ない。今回の投票率の微増はそのようなこともあるのでは。
〇今回の3%位の微増は、天候で変わるレベルではないか。
〇期日前投票場が歴史文化伝承館のみだったことに疑問がある。
〇高齢者の方々が選挙に行きにくいのでは。
〇市町村合併などがあり政治との意識が遠くなっているのでは。


後半の「市民による政策提言」の話し合いでは、
前回の会議であがった論点に「子育て支援・教育」も加えて、
9月以降に集中的に議論をすることが決まりました。

検討している内容【内は、秩父市第二次総合振興計画の該当箇所】

①エネルギー政策(ゼロエネルギー住宅)
【第1章産業経済分野-1就労対策の推進-(2)雇用の促進
/第4章環境分野-1自然環境との共存-(2)地球環境の保全】

②仕事づくり(企業誘致・収入がないところには人は集まらない、雇用の場を確保する)
【第1章産業経済分野-1就労対策の推進-(1)労働環境の充実(2)雇用の促進(3)起業の支援 ・ 2商工業の振興-(1)企業立地の推進 (2)商工業事業者の支援(3)中心市街地の活性化】

③観光(インバウンド・民泊・滞在時間の延長・交流人口)
【第1章産業経済分野-3観光産業の振興-(1)観光誘客の推進(2)観光産業の育成】

④農林水産業(無農薬の推進、6次化にむけた加工施設の整備、耕作放棄地を都市からの交流の方に貸し管理を仕事とする・市民農園)
【第1章産業経済分野-4農林水産業の振興-(1)農林水産業の育成支援(2)森林・林業・木材産業の育成と森林保全】

⑤医療(高度医療センターがない・産婦人科・周産期ケア)
【第2章医療・福祉・保険分野-1地域医療の充実-(1)医療体制の整備(2)市立病院の充実】

⑥子育て支援・教育
【第3章子育て・教育分野-1子育ての充実-(1)子育て支援体制の推進 (2)子育て支援環境の充実 2学校教育の充実(1)教育環境の充実 (2)教育内容の充実 (3)特色ある教育の実施】

⑦空き家の活用
【第5章社会基盤分野-3地域基盤の整備(2)まちなみ・住環境の整備】

⑧公共交通(車社会)
【第5章社会基盤分野-3地域基盤の整備(2)道路等の整備】

⑨高校生との交流

⑩ミューズパークの赤字

本格的な議論に向けて、
今後、より多くの皆さんの意見などをいただきたいと考えております。
ぜひ意見を寄せてください!

第2回市民自治ちちぶ会議の様子の一部はツイキャスからきくことができます。
① http://twitcasting.tv/kazuhiko_kiyono/movie/288153190
② http://twitcasting.tv/kazuhiko_kiyono/movie/288159564


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
秩父市のホームページから
「平成28年参議院埼玉県選出議員選挙・参議院比例代表議員選挙 開票速報」
http://www.city.chichibu.lg.jp/5060.html をみることができます。

平成28年度参議院選挙 投票率
選挙区 男:54.31% 女:52.52% 計:53.39%
比例区 男:54.30% 女:52.52% 計:53.39%

過去の参院選の投票率を問い合わせると、

平成25年 
選挙区 男:51.48% 女:48.85% 計:50.13%
比例区 男:51.48% 女:48.85% 計:50.12%

平成22年
選挙区 男:57.91% 女:55.92% 計:56.88%
比例区 男:57.91% 女:55.92% 計:56.88%

ということで、前回の参院選から、約3.26%投票率はあがったことになります。

投票先は以下の通り、

選挙区・届出番号順(内は得票率)

1 日本共産党 伊藤  岳 4,078票 (14.0%)
2 民進党 大野 もとひろ 4,550票(15.9%)
3 公明党 西田 まこと 6,047票(21.2%)
4 幸福実現党 小島 一郎 341票(1.2%)
5 自由民主党 関口 まさかず 11,470票(40.2%)
6 日本のこころを大切にする党 佐々木 知子 724票(2.5%)
7 おおさか維新の会 沢田  良 1,357票(4.8%)
計 28,567票
※改憲勢力(自民+公明+お維+こころ=68.7%/非改憲勢力(民進+共産)=29.9%


比例区・届出番号順(内は得票率)
1 社会民主党 475.968票(1.7%)
2 国民怒りの党 139.242票(0.5%)
3 おおさか維新の会 1,517.969票(5.4%)
4 公明党 4,627.423票(16.5%)
5 日本共産党 3,751.873票(13.4%)
6 幸福実現党 231票(0.8%)
7 自由民主党 10,902.188票(39.0%)
8 新党改革 241.087票(0.9%)
9 日本のこころを大切にする党 429票(1.5%)
10 生活の党と山本太郎となかまたち 479票(1.7%)
11 民進党 4,869.239票(17.4%)
12 支持政党なし 316票(1.1%)
計 27,979.989票
※改憲勢力(自民+公明+お維+改革+こころ=63.3%
/非改憲勢力(民進+共産+生活+社民+怒り)=34.7%










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月24日に、秩父市議会や市政で起こっていることをお伝えし、
これからの秩父市のまちづくりについてご意見をいただく、
議会報告と意見交換の会を開催します。

3カ月に一度の秩父市議会ごとに、議会報告と意見交換の会を開催していますが、
今回は、半期に一度の拡大版!ということで、
平成28年の上半期を振り返るような内容にしたいと考えています。

もっと、たくさんの方とお話をして、
秩父市のこれからの方向について、一緒に考えていきたいです。

ぜひ、ご参加いただき、ご意見など聞かせてください!

日時:7月24日(日) 13:00~15:30

場所:秩父市福祉女性会館 第4会議室

申込み:会場や資料準備のために、
メールで welovechichibu★gmail.com (★を@に変えてください。)に申込みいただくか、
フェイスブックイベントページ https://www.facebook.com/events/154303104976478/
で参加表明して頂けると嬉しいです。

当日の飛び込み参加も大歓迎です!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)