北野先生の理論を”こっそり”広める

北野弘久先生にこころから感謝します!


テーマ:
20060515123216.jpg
まっちゃん、
けっこんおめでとう!
ほんとうにおめでとう!!

これからも
さらにパワーを
発揮してね。


奥様を大切に。


地球も大切に!



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
F1000133.jpg

財界の要求する税制度については、少し知識がある。



しかし財界の要求する教育制度については、知らなかった。



今回この本を読んで愕然とした。



その本の名は、『教育改革と新自由主義』です。



斉藤貴男さんの書いた本。



『できん者はできんままでけっこう、



戦後50年、落ちこぼれの底辺をあげることばかりに注いできた労力を、



これからはできるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。



限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいい。』



取材の中で三浦朱門さんから聞いた言葉だそうです。



この人、小説家ですが国の教育行政の審議会に評判のよい人です。



これが、ゆとり教育の本音だそうです。


円周率はいまや”3”なんですね。



3.14なんて覚えた頃が懐かしい。



でもできない者には、3で、



できる者には、3.14159・・・と



教えるんですね。



バカは、バカらしくゆとりが持てるわけだね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

不撓不屈 と言う映画が始まる。



業界ではいわずと知れたTKCの親分、



飯塚毅さんの話だ。



この飯塚事件が、美化されて映画化されるらしい。



でも、昨日の不公平な税制をただす会では、異論が噴出した。



飯塚さんがこの議論を聞いたら、自利自利(ジリジリ)したであろう。



でも歴史的事実だ。



北野先生は、『わたくしと税経新人会や青税の支援で無罪を勝ち取った人間が、



その後、わたくしの実践を非難し、恫喝し、逆に事件を起こした国税庁幹部を事務所に迎え入れた



裏切り者』と、飯塚事件を振り返る。



で、



パルコのえんで、のりぴい氏は決断した。



真実を知らせるために、



『不撓不屈と租税法律主義』という論文を発表することを!



ブログ読者のみなさん、ここは、まっちゃん



参考資料を教えてね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

デイベ-ト合宿は、いい星を見て何かが起こることを信じて、



八ヶ岳のふもと、清里高原にしました。



ここの清泉寮 は、研修施設が整いソフトクリ-ムもうまい。



現・元研究部長のサプライズが起きるよう



設営させていただきます。



しばし、このブログは情報収集に利用します。



9月16日17日の二日間の予約がとれました。



和室2部屋、ツインルーム一部屋(!?)です。十二人分。



一泊二食で一万円だそうです。研修会場費は、無料。



もちろん飲み代は、別。



夜の酒は持込だね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の尊敬するbermudaセンセ によると、



医者の世界では、



「臨床はできてあたりまえ。



それが前提で研究もできなくてはいけない。」



と言うらしい。



これを、



われわれに置き換えると、



実務はできてあたりまえ。



それが前提で研究もできなくてはいけない。



となる。



耳が痛いが、



専門家の端くれとしては、



そうありたい!



だから北野センセに



命のある限り、



添い遂げて(?)



臨床と研究を



深めたい。



と言う訳で、



昨日から、現代企業税法論という本を持ち歩いているが、



本をあけると眠気が襲ってくる。



不眠症の方にもオススメしたい、



現・大企業に対する病んだ税制を告発する



この一冊を!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

税経新人会の東京会ニュースの



『ちょっとひとこと』欄への投稿を依頼された。



何だ、これは?



エッセイか?テーマは自由?



原稿は苦手だ。



とくに新人会は堅苦しい、息苦しい感じがして近寄りがたい。



いろいろ考えた末、



やはり、



わたしのひとことは、



このブログの紹介をしたい。




・・・。



なんせ、この記事で266回目の投稿。



ここに集う読者の業績を称え、



北野センセの常連の店を語ろう!




では、ブログ読者のみなさん、コメントをひとことづつ



お願いします。



原稿に載せるからね。



もちろんネットネームでね!!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。