ケムトレイル気象操作掲示板 http://hidemaro36.bbs.fc2.com/ が

ケムトレイル気象操作掲示板2 http://rara.jp/stopchem/ にお引越ししたと、昨夜友人から教えていただきました。

結構頻繁に、朝、既に空はケムトレイルで真っ白!っていう時ありますよね。

日本では知られていないケムトレイル。朝の情報番組の中でもケムだらけの空をばっちり映しています。

あんなに飛行機が飛んだの?????????

っていうくらいの、何本も・・しかも交差したケムトレイル。

私が小倉で開いていた勉強会の中でも、私が話す廃棄物の話にはついてこれても、参加者からケムトレイルの話が出ると、普通のお母さんたちは「ドン引き」してました。

そのぐらい、日本人って、見えていない人、見たくない人が多いんだ。

先日、写真を整理していたら、20年前のイタリア旅行で撮った写真にケムトレイルが写っていました。ケムってるからそうよね・・・もう、だいぶ前からこういうことが、行われていてさ~知らないって幸せっつーか、不幸っつーか・・・・・

人間って怖いよなあ・・・・

という訳で、気づいた人から写真投稿しましょうよ!



ーーーーーーーーーーーーー

下記は、山本節子さんのブログ記事です。
紹介させていただきます。

日本ではトンでも話のケムトレイルの存在ですが、事実は事実です。

ーーーーーーーーーーーー

ブログ ワンダフルワールドより

http://wonderful-ww.jugem.jp/?day=20160521



古都ボローニャの石畳を埋め尽くしているデモ。その参加者が背中にかけているのは・・・そうです。ケムトレイルの写真。


これは「反ケムトレイル(=反ジオエンジニアリング)」のデモだったのです。


日本では「ケムトレイル」と言ったって、ほとんど通じないけれど、イタリアでは、現在進行中のジオエンジニアリング(気候改変技術)が社会的に認知されており、さらに、人々はその中止を求めて立ち上がっていたなんて・・・しかも、イタリア各地で同様のデモが定期的に行われているというのだから驚きました。


出典はここ⇒ https://www.facebook.com/dane.wigingt... http://GeoengineeringWatch.org



写真は昨2015年4月18日のものですが、もっと驚いたのは、この一週間後の4月25日には、アース・デイのイベントとして、イタリアだけでなく、世界各国で反ジオエンジニアリング・マーチが行われていたことです。



う~、知らなかった。そういえば、昨年、一昨年と、世界中で旋風を巻き起こした反モンサント・マーチ(遺伝子組み換え企業への抗議デモ)も、日本では不発だった(今日、モンサント・デモがあるようですが、そのお知らせも前日になって入ってきた・・・あまり大掛かりにしたくない?)。何によらず、東洋の島国では世界の本当に重大なニュースは入りにくい。監視・検閲もあるしね。




このボローニャのデモは動画もあるのでご覧下さい。かけ声は「ケムトレイルなんて沢山だ!」のようです。



海外では、ここ十年ほど各国を襲った「歴史的な」異常気象と気象改変技術を関連付け、人類が危機に瀕している、という警告はますます増えています。



また、ケムトレイルには、ワクチンと同じように、人類を弱らせ、抵抗力を奪うような毒物(放射性物質も)が多く含まれているのを考えれば、まさに生物学的危険を感じざるをえません。




穏やかで風のない日に(晴れていればなおいい)、空を見上げて見てください。




何キロにも伸びる飛行機雲のような細い帯状の雲が見えたら、それがケムトレイル。




フォーミュラはどんどん変わっているようで、現在は数分で拡散して見えなくなり、晴れた空はいつも曇り空に変わってゆきます。「ケムトレイル」を訴える人は陰謀論者などではなく、逆に、「知らない」ことこそ異常なのです。フクイチ事故による放射能汚染など「ない」「知らない」「気のせい」というのが異常なのと同じ。 2016.5.21
AD
さあ、今日も節子さん講演会からのメモを纏めますよ~
何も、わかってないおばさんのメモですが、初心者には読みやすいかもしれません。

詳しくは、山本節子さんのブログや動画をしっかり見てくださいね。


ねえ、下水汚泥、汚泥溶融スラグ、焼却灰の放射能って、どうよ!

みんな知らんよね~

私も興味なかったから、下水汚泥?汚泥溶融スラグ?焼却灰?普段の生活で聞いたことないですよ。

例えば、福島県は2012年、2月24日、県中浄化センター下水汚泥「溶解ダスト」から247万bq/kgの高濃度放射性セシウムが検出されたと発表しました。


これさ~結局さ~燃やしたんだよね・・・・・


鮫川村焼却炉問題を思い出そうか・・私も少しだけ関わったし、びっくり仰天の反対市民の言動をここで見た。(ここでは書かないけど)


鮫川村の詳しい状況は、

http://choccoco.exblog.jp/i2/

プルシャンブルーの憂鬱




この↑ブログです。



本当のことが書いてあるので、是非見てください。



さて、講演会のメモに戻ろう~


平成25年より、仮設焼却施設による焼却開始。排気中の放射性物質濃度や空間放射線量率などの測定データを公開し、周辺環境への影響がないことを確認しながら実施。焼却期間中に実施した排気中の放射能濃度の測定結果は、すべて不検出(!!!!!)で、施設周辺の空間放射線量率のモニタリング結果も異常なし。

と、住民への説明会では説明されたんだ。

ネットやらない住民ってチョロイよ。


でも、ちゃんと調べると、鮫川村焼却炉問題は、



水面下の計画・違法着工だったんだよ



2011年12月頃、村の「飼料輸入事業」への「指導」を口実に環境省農林系職員が村人を訪問。

放射性物質を含む可燃性廃棄物(廃稲わら等)の焼却について、モデル事業を勧めたんだ。

旨い話を持っていき、汚い毒(放射性物質)を押し付ける手法!


お上って、汚いなあ・・・



鮫川村も除染で多くの除染廃棄物を抱えていたから、鮫川村村長は、水面下でこの事業の引き受けを了承したんだ。


2012年9月には

日立=環境省の委託契約となる!

(ホレ!原発メーカーだ
。)




鮫川村焼却炉建設は、色々問題てんこ盛りだったよ。

何があったかというと、




虚偽説明・公文書偽造・不動産侵奪

性能不評の炉(稼働10日目に爆発したじゃん)を採用・違法工事

特定企業(日立の影が・・)への利益誘導

ブラック企業のはるか上を行く「国営事業の闇





一方、途中からでしたが節子さんも(私も、私と繋がった現地の人も)反対地権者を探し出し、
止まる可能性があることを説得(反対運動の中からもう無駄だという声がある中だった)しかし、住民は沈黙し、運動は孤立化させられたんだよ。



2013年8月8日に告訴状を提出したが、検察は動かなかった。




鮫川村の焼却炉問題は、こうした、違法事業だったんだよ。




とにかく、こうした確信犯の違法事業は手が付けらんないんだ。

確信犯はこういうことすっから、覚えていてね。



2013年11月事故(焼却炉の爆発)についての説明会は、村民以外会場から締め出す。(あれれ、北九州にもあったね~日明地区の説明会全員1番の番号札が)

結局、2014年12月には再発防止の改修工事が始まり、3月17日には運転が再開されたよ。

反対運動のほうはどうかっていうと、節子さんと一緒にずっとやってきた地権者が突然
弁護士(ほれ、あの再エネ好きな弁護士)と一緒に仮処分を申し立てると、
それまで孤立していて、全く取り上げなかったマスコミが大きく取り上げるようになった。(わかりやすいなあ~)

それでも、節子さんたちは、この間、行政交渉・公文書公開を重ねた。

関係者は「公文書偽造」を知りながら、「わかりません!」を繰り返した。

そして、この関係職員は

数か月後に全員部署を移動したんだ。


以上、メモより----------------



こ、こ、怖いよね~

違法事業って

国が自ら法律違反。

あ~あ、企業に牛耳られてる国、宗主国に牛耳られてる国

そして、小さな幸せがずっと続くと思っている私たち。

アホだ。
AD

クッキー焼いちゃった

テーマ:
もうすぐバイト汗

出勤間際だけど、めったにやらないから写真(不細工でゴメン)載せまーす!

必ず失敗するから、普段やらないお菓子作りをしてみたら、

う、旨い爆笑

でも、全ての分量が適当だったから、二度と再現出来ないと思うえーん

次は…何年後かわからんけど、

絶対に分量を書きとめよう!

一応、入っているもの

小麦粉…適当
米油……適当
塩………適当
ストレートオレンジジュース…適当

メープルチャンクを成型後に2、3個置いていく

180℃で30分

生地に砂糖が入ってなくて、塩味。
上にのせたメープルチャンクがいい感じダス口笛

家事が出来ないmikoちゃん家の食事は、ほぼマクロビオティックだす。

ウチは、子どもが小学4年生からずう~っと給食ではなく、お弁当にしているから、お菓子も普段あまり食べさせません。

隠れて食べないように、ご褒美程度には、与えます。

砂糖を常食しないからかどーかわからんけど、

ウチの子(鼻血出すほう)学校休まないんだよね

病気知らず。

でも!何も知らんで、何でも食べさせていた頃~ワクチン接種も真面目にやってた頃は、毎週病院通いしてました。

砂糖を食べなくなって、一番テキメンだったのは、幼稚園から通っていた副鼻腔炎が治り、中耳炎にかからなくなった事。

そして、何より気づいて良かったのは、

ワクチン接種を止めて、インフルエンザにかからなくなった事。

(上の子は、真面目に全部ワクチン接種しちゃったからかどーか分からんけど、下の子と比べると、弱い。



ワクチン接種推進派は、色々ごちゃごちゃ言うけど、実際の体験を持てば、世間の常識は気にならないです。

たんぱく質は肉、魚から

カルシウムは小魚、牛乳

砂糖はとるべき

ワクチン接種はするべき

これらの常識は非常識かも知れんよ。




AD
平成27年度(特別管理)産業廃棄物処理計画書等 京都市HP


http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000131093.html


ここのページに行きつくまで、かなり奥のほうにあって行きつけない人もいるかもしれないので、一応書いておきまする目


京都市のHPから①~⑥までがんばって辿り着くと「平成27年度(特別管理)産業廃棄物処理計画書等」が出てくるよ肉球

①情報館
②暮らしの情報
③ごみ・リサイクル
④事業活動に伴って発生する廃棄物(事業ごみ・産廃等)
⑤その他
⑥京都の産廃(公表・公示等)

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、今日、本当は節子さんの講演会メモの続きを書こうとしてたんですけど、ちょっとお休みね。


今朝、京都の産廃の公文書を請求してみようと思ってさ、久々に役所に電話してみたんだ。



したら、「産廃の搬入届は存在しない」という説明だった。





それはいいんだけど(よくねーけど)文書公開請求をしてみようと思って、どんな文書があるかを聞いてみたのね。



搬入届がないなら、中間処理の処理実績報告書を手に入れたくて聞いてみたんだけど、




「全部HPに公開してるから不存在」なんだってさ。

まだちゃんと見てないけど、上に書いたように検索すると見れるから、

ちゃんと読んだらまた質問してみようと思う。

他の自治体より、結構公開してる。さすが。

ーーーーーーーーーーー

でもさ、ちょっとイタダケナイ対応もあったんだよ。


私はべつに行政の職員と喧嘩したいわけじゃなくて、知りたいだけなんだけど、今日二回目に電話に出た京都市環境局職員の


たかださん」


が聞き捨てならないことを言っていたので、一応書いておく。なんてったって、おばさんは直ぐに忘れてしまうからね~忘れないように。


ど素人の私は、いつものように文書公開請求する際、文書名を聞いていたんだけど、


だいぶ福岡や福島と違ってて、京都は搬入届や処理実績報告書は法律で定められていないから、「そういう文書は作ってない!」と回答されたんだ。ま、それはそれなんだけど。

「一応HPに載ってない、26年度の処理実績報告書と、作ってないから、ない~という搬入届を請求してみます」と言ったら、


「それについては、公開するかしないかはこちらの判断で~云々」と言ってきたので、


「原則公開できるものはしてくださらないのですか?」と質問したら、

「公文書は市民のものではない!公開できるかできないかはこちらで判断する」と言ったんだよ、この「たかださん」は。

これは聞き捨てならないとスイッチが入った私は、公文書が市民のものではなくて、市が公開できるかできないかの判断をするというのは、条例のどこに書いてあるの?と質問した。

「公開請求に関する条例の第7条に書いてある」って回答しやがったポーン


見たら、普通に個人情報に関することについて公開しないということが書いてあるように、私には読み取れた。

しかし、このたかださんは、公文書は市民のものではなくムキー公開できるかできないかはこちらで判断するイコール文書は市役所の物だって判断してるんです。私の解釈が勝手な解釈だとチーン

市民が支払っている税金によって、成り立っている市の事業、市の文書は、私たち市民の物でもあると言ってみたのですが、「市民の払っている税金と、これとは関係ない!」と言い、途中で電話を切ろうとしました。


たかだ・・・・・・・・・


行政職員の説明責任の放棄をする「たかだ」


当然、こちらは、冷静に説明ができる人に代わってくださいと言いました。(喧嘩するために電話してるんじゃないんだよ、アホラシイ。何があるかわからないけど、知りたいことについて、公開可能な情報の請求の仕方を尋ねてるの!)

ーーーーーーーーーー

次に代わった職員からちゃんと説明をうけて、わかったからよかったけど、

市長に手紙書くところだったよ!たかだ!


でもさ~


京都府と京都市に電話して思ったけど、普通(私のようなおばちゃん)は途中で聞くの諦めちゃうかもしれんのう・・・・


京都人・・・人の話聞かんね・・

質問者の質問遮って、セッカチなのかな・・

兎に角、私は北九州市で鍛えられてたから、知りたい情報がわかってよかった。

ーーーーーーーーーーーーー

さて、搬入届がないとすると、


京都は、産廃について、どこから入ってきた廃棄物かわからない状態です叫び


私もこれからは時間をつくって、もう少し説明をきいてみようと思います。だって、今住んでいるところを守ることしかできないですから。



そして、一般ごみも産廃もですが、最終処分場の問題があります。

産廃の最終処分場は瑞穂にある。
一廃の最終処分場は醍醐にある。

ここがパンパンになったら、また新に処分場をつくるんだよ。


京都市の職員も言っていたけど、最終処分場の確保は頭痛い、ごみの量を減らしていきたいってこと。

その一番の方法は、職員もごみ焼却の危険性を勉強し、市民に危険性を知らせるしかないですよ。そして、市民にどうすればいいのかを考えさせることがゴミを減らす第一歩だと思います。



ごみ焼却がクリーンだと思わせているから、ゴミが減らねーんだよ




私は、ごみ焼却の危険性を知ったから、ゴミになるような物は極力買わないし、値段が高くてもリユースできるものを利用する。でもまだまだ、使い捨ての生活が身についてしまっているから、焼却ゼロには程遠いけど、いつかそうなれるように生活を変えていきたいんだ。

市民の知りたい欲求に蓋をしないでね。


市民が自ら考える機会を奪わないでほしいと思ってます。

西京区のパン屋さん♡

テーマ:
普段は小麦粉控えてルンだけど、

今日帰り際に目に入ったパン屋さんに、

フラッと入ってしまった。

写真は開店四周年記念にもらったパン♡

かわいいやろ~ラブ

パン屋といえば、私がいわきに住んでいた頃、『トムテ』っていう天然酵母のパン屋さんに週1通ってました。

ベーグルが美味しくてさ~

自分の子どもに食べさせられるように添加物入れないパン屋さんだった。


子どもに食べさせるものに毒は要らないって。

今日、フラッと入ったこの店も天然酵母でした。

ベーグルも美味しかったしニヤリ

ん、そ~言えば、北九州にも天然酵母で無添加の美味し~いラブパン屋があったな。恐ろしく無愛想だったけど、本当は優しいオーナーに、何度もオマケでパン貰って。

あと有機野菜の八百屋のおっちゃんにも、いく度にオマケもらったっけなぁ…


なんだかんだ言って、避難生活は、たくさんの人の優しさに触れてますな。

今も縁もゆかりもない京都で、何とか暮らしてるし、原発事故がなければ見えなかったことも少しは見えるようになったし、

家族は離散しちゃって、悲惨だけど、なんも見えなかった頃の自分より、今の自分の方が好きかも知れん。

また来週も節子さんの講話メモからまとめてみるから、時間があったら見に来て下さいね。