2010-11-01 18:28:17

奄美大島台風で携帯不通&週刊女性:「携帯の電磁波から脳・子どもを守る」記事掲載

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

週刊女性11月2日号(ごめんなさい2日号でした)が、携帯電話の安全性、本当に安全なのか、電磁波から脳と子どもを守ること、について取り上げているとの連絡を頂戴しました。(50ページ)ぜひみなさん、お読みください。
http://www.shufu.co.jp/magazine/woman/


きょうは私的な話を書かせていただきます。

いま私は、携帯電話基地局の電波が直撃の場所に住んでいて、オランダの集団健康被害の報道で住民がやっているのと同様に 、寝室の壁、天井一面にはアルミシートを貼って、欧州のバイオイニシアティブ国際報告が勧告する数値以下に部屋の電波密度を下げて暮らしているんだけれど、アルミシートを見ながら生活するのにも疲れたし、親子ともども健康も思わしくないので、引越すことを考えて準備しています。ご近所ではすでに二世帯がそれが理由で転居されています。

でも、きょう、引越し予定の町を見にいったら、そこでも反対の住民運動が起こっているにもかかわらず、基地局があるのです。


そうして、きょう、その基地局を目の当たりにして見たら、これを親子ともども365日、直撃で浴びてこの町で生活するのか、と考えたら、ものすごいショック、そして怒りがわいてきて、母として、自分は何をやっていたのだ、何もしないで、馬鹿じゃないか、という気持ちになりました。この基地局の電波を浴びないためだったら、もっともっと大きく動いて、国を動かさなければだめじゃないかと。

米国などでは、ゾーニング、といって、子どものいる施設の近くなどでは携帯電波は通じませんという看板が建っているところもあるそうです。フランスでは子どもの健康を守るという理由で基地局そばの保育園や幼稚園、小学校を閉鎖 する町も出てきています。


そして、昨日紹介したように、ヨーロッパ議会はすでに、2009年4月に、以下のようにプレスリリースを出しています。
電磁界の潜在する危険性を避けること
ヨーロッパ議会によって採択された報告書によると、アンテナや携帯電話塔や他の電磁界を放射する装置は、学校や健康関連施設からある程度の特別な距離だけ離して設置されるべきである」(加藤やすこさん翻訳


そしてわが国の政府も、国会でこのように公式回答しているのです。


WHO:幼稚園学校・遊び場周辺等の基地局設置には特別配慮必要⇒政府:配慮はなされねばならぬものだ

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10299512286.html


日本の総務省の防護指針は世界の中でも非常に緩いのです。そして、他の緩い国でも、自治体レベルで規制しているところは少なくないのです。そして上記の政府見解と日本の現状は、どうなってしまっているのでしょうか?


そして携帯会社の最大手のドコモは、株主、投資家への事業リスクの説明として、こう記載しています。


「メディアやその他の報告書によると、無線端末とその他の無線機器が発する電波は、補聴器やペースメーカーなどを含む、医用電気機器の使用に障害を引き起こすこと、ガンや視覚障害を引き起こし、携帯電話の使用者と周囲の人間に健康上悪影響を与える可能性を完全に拭い切れないことや特に使用者が子供の場合、より大きな健康上のリスクを示すかもしれないとの意見が出ております。]
研究や調査が進むなか、当社グループは積極的に無線通信の安全性を確認しようと努めておりますが、更なる調査や研究が、電波と健康問題に関連性がないことを示す保証はありません。。」
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10681155359.html


自分の生活圏は自分で守るしかありません。

そこには引っ越す予定でいます。他に行くところは見つからないのです。それならば、仕方ありません。この問題について、市民運動という言い方はあまり好きではありませんが、日本の母親として、それ以前に、この国に生まれてきて、育った一個の人間として、海外でこの問題に取り組んでいる母たち、祖母たち、そして多くの人々、個人に負けないよう、全力でがんばろうと思います。


なお、携帯電話基地局の導入が防災目的であるならば、知ってください。奄美大島の台風では携帯電話も多くが不通になりました。携帯電話のシステムはすべてが無線ではありませんし、基地局間などで有線の光ケーブルなども使用していますから、基地局がやられたり、ケーブルが断線すれば、有線と同じく通じません。また、防災や防犯を主眼とするならば、各地で撤去している公衆電話の設置を復活するという手もあります。災害があった時には、一般電話は公衆電話が一番かかりやすくなっているときいています。

防災は最終的には、ご近所との助け合いしかないのです。特に道の細い鎌倉では、道路がやられたら車も入ることができないのです。防犯も、ご近所同士のつながりと、その目が一番効果があるのではないでしょうか。


鹿児島県奄美地方における大雨による被害状況等について通信関係の状況(総務省調べ:10月23日 15:00現在) 携帯電話
http://www.bousai.go.jp/101021amamiooame/101021kagoshimaamamiooame03.pdf
NTTドコモ
○基地局18局が停波中
KDDI(au)
○基地局8局が停波中
ソフトバンクモバイル
○基地局5局が停波中

奄美の大雨で多くの被害が出ています。災害に強いと思われた携帯電話も、基地局タワーが機能を停止し不通になっているようです。コミュニケーション手段が絶たれ、被害状況すら把握できない状況があるようです。
http://electricwave.seesaa.net/article/166661283.html

豪雨の奄美、地元FMフル回転 被災者、方言で励ます
http://amamikyo.amamin.jp/e59395.html
電話がまったくじないうちから唯一の情報源として、孤立した被災者を24時間励まし続けている。


防災どころかこの問題は?

鎌倉市内で猛烈な雷、アンテナには雷は落ちた?

岐阜市議会:基地局落雷による周辺民家被害

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10601743958.html


年恒例の"移動無線送信機フリー住宅地のための市民の会(ドイツ)
http://www.osthessen-news.de/beitrag_H.php?id=1189053


「極端な露出バスや電車で勝つz.T.極端な放射線被曝は、車は、ファラデーケージのようなものだ。バーデンヴュルテンベルク州医師会は、したがって、公共交通機関で携帯電話のフリーゾーンを求めている。」
http://www.diagnose-funk.ch/gesundheit/erfahrungsberichte/elektrohypersensibilitaet-eine-buergerin-berichtet.php  

あぶない!あなたのそばの携帯基地局
¥1,575
楽天
見えない汚染「電磁波」から身を守る (講談社プラスアルファ新書)/古庄 弘枝
¥880
Amazon.co.jp

記事一覧にもどる
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html  

↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには海外ですでに公正取引委員会などの指導が入った製品のリンクが出てくるとの指摘があります。安易に購入する前に国民生活センター や消費者センターに必ずお問い合わせください。大事なお金を払う前に、まずは必ずセンターに相談!!!国民生活センターよ、商品テストしてください。欧州はやるらしい。国民生活センター 消費者ホットラインの電話番号は0570-064-370です。 http://www.kokusen.go.jp/map
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-03 00:30:14

横浜国立大学附属鎌倉小学校の正門と校庭から

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

横浜国立大学附属鎌倉小学校の横を久しぶりに通りましたが、小学校の校庭を発見。以前小学校の校庭と思っていたのは中学校の校庭だったらしい。小学校の校庭には、地球型のジャングルジムの素敵なのがありまして・・・ところが写真を。


クリックして拡大

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ


北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ


正門前から見上げてみました。
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ


国大附属って、国立、ですよね。我が国の政府の答弁はこちら。


WHO:幼稚園・学校・遊び場周辺等の基地局設置には特別配慮必要⇒政府:配慮はなされねばならぬものだ

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10299512286.html

関連

欧州議会:携帯基地局などを学校&病院近くに設置すべきでないというレポートを正式採用

欧州議会TV:「電磁波問題は最優先課題」保険会社:携帯リスク関連の病気を民事責任対象から除外

都立豊多摩高校ドコモ基地局白紙撤回へ

湘南学園基地局頓挫のニュース

鎌倉市議会でも、電磁波が問題視されています。


鎌倉市議会「携帯基地局設置に関する条例の制定について全会一致で採択済

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10314371484.html

携帯基地局の電磁波問題の住民運動や市議会への陳情書リスト 神奈川を中心に・・

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10181821349.html

鎌倉では電磁波が大問題に:市議会で長嶋竜弘議員が質問(議会中継 石川すみ議員の質問もUP

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10339493941.html


別件。

通学路であろう、学校の入口交差点に至る道路沿いの”配電線”ラインの下で、超低周波電磁波の方は、地上1mで10ミリガウス(1μT)前後のところがありました。送配電線は電線をケーブル化(三つ編み化)してもらえば、大幅に低減できるとのこと。参照書籍はこちら。図書館でも借りられます。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4846107140.html

※三つ編みケーブルは、小町通りなど、あちこちに、すでに施工の実物があるので、街歩きのときにご覧ください。灰色の三つ編みケーブルです。東京中心部でもかなり施工されてます。

ちなみに、岩瀬、台、小袋谷、大町・小町・大船・隣接する横浜市栄区の住宅街の一部でも前述のような数値が測定される場所がありました。たとえば、極一例ですが、市の施設、岩瀬子ども会館と青少年広場では8ミリガウス前後。(他地域はまだ測定せず。)

住宅地に張り巡らされている配電線、侮れず。環境省調査によると、配電線でも、最高1000ミリガウス、いくそうです。


家電や電線の超低周波電磁波は、最近では簡易測定器のトリフィールドメーターも1万円台で購入できるようになってきてます(正確を期すにはデジタル式だそうですが、何もないよりはるかに目安になるかと。)

電線からの電磁波は、電力会社に連絡されると無料で測定してくれます。(営業時間内のみ?) ※測定してもらうときは、測定機器名を伺っておくとよいようです。※セルセンサーやトリフィールドメーターは携帯基地局の電磁波(高周波)は測定できません。携帯基地局の高周波電磁波の数値は、電話会社に問い合わせると、机上計算と実測値を出してくれているようです。(2F,以上の数値もぜひ求めてください。上階の方が強い)。個人はもちろん、自治会や周辺住民。PTAなどで電話会社に説明会を求めるとよいでしょう。鎌倉市内でも、各地でやってますよ。

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10181821349.html


記事一覧にもどる
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html

↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。安易に購入する前に国民生活センター や消費者センターにお問い合わせを。


※ちまたにあふれる電磁波防止製品ですが、なかには、海外ですでに、公正取引委員会?など公的機関から「効果はあらず消費者を惑わす」として、消費者に返金を命じられた製品もある模様。よくわからない方、まずは、上記の国民生活センターなどに相談をされたらいかがでしょう。製品テストしてくれるかも。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-23 06:53:20

こどもの施設側に携帯基地局・・東京の高校:電磁波安全性説明しきれず設置中止とのこと

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

<今週土曜日、鎌倉で勉強会開催。ぜひご参加ください。>

7月25日 電磁波勉強会(講師:大久保貞利さん)

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10300929396.html


速報スイス連邦議会、54人の議員が連名で「電波密度0.3V/mの避難ゾーンを作るよう、議会に法案提出 

(下記翻訳のイギリス旗(英語)記事の赤PDFマークをクリック)

http://74.125.153.132/translate_c?hl=en&ie=UTF-8&oe=UTF-8&langpair=en%7Cja&u=http://www.next-up.org/Newsoftheworld/06Vm.php&prev=/language_tools&rurl=translate.google.com&usg=ALkJrhjhwR9ykX8zTP3JyFYcJa5-lP1hpQ#1
非電離放射線被曝のレベルを減らすために  避難ゾーン(0.3V/m)を作るよう法案提出

「学校、およびその他の敏感な場所近くにアンテナの設置を禁止します」

==============


鎌倉市内の各地・・浄明寺、源氏山、鎌倉山、佐助、北鎌倉、大船、大町、材木座etc...各地でで携帯基地局反対運動が起こり、大問題になっておりますが、そんななか、一つの反対運動のチラシを頂戴しましたので、ご紹介いたします。


その前に、東京都立豊多摩高校の携帯基地局設置問題のサイトより抜粋

http://wind.ap.teacup.com/people/3328.html#readmore

電磁波の安全性を説明しきれず
 ドコモ広報部は 「保護者や地域のみなさんに説明を重ねてきたが、工事再開のめどが立たないため、別の施設に設置することにした」 とコメントしたそうです。(『東京新聞』(2009/7/17))つまり、電磁波の安全性や、学校施設の営利目的使用について、関係者の理解を得られなかったことを認めたのです。(上記サイトより抜粋)

=================

現在の、わが国の規制値は、稼働中の電子レンジを5cm離して24時間365日背負っていても安全、とする数値であることを、ご存じでしたか?(電子レンジからは電波も磁場も漏れてます)

その数字をもとに、携帯電話各社は「総務省(国)が規制しているので安全です」と主張しています。


 当然、海外ではもっと厳しい規制の国も複数あります。たとえば、日本が1000とすると中国は6.6、パリは1です。欧州議会も「もはや健康影響は否定できない」とする国際報告をもとに、厳格規制を推進中です。


イスラエルは、日本より先に携帯が大普及した国ですが、この5年で、「唾液腺ガン」「耳下腺ガン」が激増しているとして大問題になっています。そのうち20%が20歳以下だそうです。イスラエルの環境省も規制に動いてます。いかがでしょうこれらニュース。ぜひ記事をご参照↓


イスラエルの研究は口腔癌、携帯電話の間のリンクを見ます。

Israeli study sees link between oral cancer, cell phones

http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.haaretz.com%2Fhasen%2Fspages%2F1100570.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=2

http://www.haaretz.com/hasen/spages/1100570.html

イスラエルの携帯問題最新ニュース 機械翻訳

http://translate.google.com/translate?u=http%3A%2F%2Fwww.mast-victims.org%2Findex.php%3Fcontent%3Dnews%26action%3Dview%26type%3Dcountry%26id%3D86&hl=en&ie=UTF-8&oe=UTF-8&prev=%2Flanguage_tools&langpair=en%7Cja

イスラエルニュース 英文(翻訳希望(^^;

http://www.mast-victims.org/index.php?content=news&action=view&type=country&id=86


ルクセンブルグと台湾も、日本より先に携帯が大普及した国ですが、ルクセンブルクはすでに電波規制値を引き下げました。電力束密度では2.4μW /c㎡=電界強度3V/m。(日本は1000μW)。そして台湾では各地で基地局反対の大騒ぎ。こんなニュースも。「竹市5里罹癌暴增 槓基地台」

機械翻訳と写真
http://www.excite-webtl.jp/world/chinese/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.libertytimes.com.tw%2F2009%2Fnew%2Fjul%2F13%2Ftoday-life6.htm&wb_lp=CHJA&wb_submit=+%E7%BF%BB+%E8%A8%B3 +
竹市5里罹癌暴增 槓基地台
http://www.libertytimes.com.tw/2009/new/jul/13/today-life6.htm

各国の規制値などを記載した九州の裁判資料

http://denziha.net/shiryou/mizuma_koso_saishu3.pdf


7月24日追記: リヒテンシュタインはEUのバイオイニシアティブ国際報告を重視し、すでに0.6V/m(=0.1μW/c㎡)に規制値を引き下げています。

映像ビデオはこちら

http://66.249.89.132/translate_c?hl=en&ie=UTF-8&oe=UTF-8&langpair=en%7Cja&u=http://videos.next-up.org/SfTv/Liechtenstein/AdoptsTheStandardOf06VmBioInitiative/09112008.html&prev=/language_tools&rurl=translate.google.com&usg=ALkJrhjMnH8RuPKLP-8PZDHiYt4Eqj-ilA

http://translate.google.com/translate?hl=en&ie=UTF-8&oe=UTF-8&langpair=en%7Cja&u=http://www.next-up.org/Newsoftheworld/06Vm.php&prev=/language_tools&rurl=translate.google.com

===================

鎌倉の携帯基地局反対運動のチラシより抜粋

=================


○○○丁目,△丁目の谷戸の皆様へ


  いつもお世話になっております。△丁目の携帯電話基地局の活動をしながら多くの方の励ましやご意見をいただき誠にありがとうございました。賛否両論ある中で,必ずしも同じ意見ではない方々にもお声をかけていただき大変有難く感じております。  先日もお知らせいたしましたが,××××××による説明会が×月×日(日)午後2時から開かれます。ご多忙中とは存じますが,ご出席いただきますようお願い申し上げます。

 ××××は○丁目の谷戸には電波を放射しない,△丁目の谷戸だけに放射すると×月×日の打合せの場で報告していますが(問題の基地局は△丁目の谷戸用とのこと),正式発表ではございません。また,鉄柱が建っている以上今後アンテナを増設する可能性も考えられます。その点も含めまして,××××に質問をしたいと思っております。  また,×月××日の第×回勉強会では携帯基地局問題に詳しい先生をお呼びいたしました。こちらの方も是非ご参加ください。

 署名の集計を行っています。   
 全署名数 890名

 △丁目の谷戸の住民の集計
 △丁目携帯電話基地局建設に 
 ◇反対の方      63%
 ◇中立の方      12%
 ◇不明・基地局要望  25%
 (2009年7月22日現在)

××××に対しては以下の点で基地局の稼動中止と撤去を求めたいと考えております。

①健康被害のおそれがあること(基地局の位置の選定に配慮がない)
 24時間365日否応なく被曝させられ,自分では被曝を制御できないことでストレスが生じることは明らかです。
基地局は○○○・○○○施設から150m以内にあります。基地局から放射される電磁波を毎日浴びることは,緑豊かな谷戸に所在する理想的な環境である幼稚園や高齢者施設の姿を壊します。○○○に子どもを○○させている父母たちも大変心配しております。
   また,△丁目の谷戸には11世帯に乳幼児(13名・胎児1名含む)がいて,現在元気に育っております。基地局ができることにより,成長過程の子もの健康に不安を持ちながら子育てすることは精神的な負担を抱えることになります。(育児中,妊娠中の11世帯全戸より反対署名を頂いております。)

②景観上の問題があること(○○○の自然環境は個人や一企業のものではない
山からエントツのような鉄柱が出ている姿は,山や谷戸など自然そのものが○○○の歴史的財産であるという地元の共通認識からみて大きく逸脱しています。

③代替が可能であると考えられること
△丁目の谷戸の××××××の電波状態は弱い所もありますが,不感地帯とまでは言えません。現代の一般家屋は建築構造により高周波が遮断されやすいため屋内では電波が弱くなります。××××××は高性能フェムトセル基地局装置を開発し,良好な通信環境を提供することを発表しました。フェムトセルは言わば家庭内の基地局です。他人を被曝させず,各世帯で制御可能であるので理想的な基地局の形だと思います。(※注:断熱材にアルミ蒸着シートなどが入ってる場合。古来の木造家屋は素通りです。鎌倉には古来の木造住宅まだまだあります。)

④工事計画時・着工時・竣工時に十分な説明がなかったこと
全国各地で携帯基地局問題が起こっているにもかかわらず,近隣住民に十分な説明がなく工事を竣工した点は,企業モラルに欠けていると言うほかありません。

皆様とご一緒に○○○の谷戸の住環境を考えていきたい所存です。
今後ともどうかご指導くださいますようお願い申し上げます。

 「○○丁目携帯電話基地局建設反対の会」


================

記事一覧にもどる

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html


↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。なお、セルセンサーやトリフィールドメーターなどでは携帯基地局からの高周波は測定できません。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-09 23:49:46

鎌倉・○○○でも携帯基地局撤去運動勃発!はじまりはやっぱり「住民説明なしに基地局設置」

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

どうしても携帯をお使いになりたい方に。

自宅が圏外でも無線LANに接続して使える携帯:すでにドコモが販売していた件

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10312798182.html

ドコモ、宅内にも設置できるフェムトセル基地局を開発
NTTドコモ,家庭向けフェムトセル基地局を開発

ドコモ、高性能フェムトセル基地局装置を開発、今秋の提供開始を予定

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2008/0903.htm

http://japan.internet.com/allnet/20070710/2.html

子どもや不必要な方に無用に電磁波曝露させることなく、ご自宅で通話できるシステムのようです。ただし数十メートルとのことなので、隣家に漏れないよう配慮が必要と考えられますが。


==========

携帯基地局の電磁波問題の住民運動や市議会への陳情書リスト 神奈川を中心に・・


http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10181821349.html


でもお伝えしてきましたが、鎌倉では、住民説明のない携帯電話基地局設置をめぐり、北鎌倉、浄明寺、大町、源氏山、由比ガ浜、etc..などで騒動が起きています。由比ガ浜では、実際に24時間365日発せられる基地局や電源設備からの電磁波?振動?低周波音?による頭痛や目の奥の痛み、不眠、耳鳴りなどの健康被害を訴える方がでてきて、市議会まじえて大問題、ようやく鎌倉市としても、携帯基地局などの設置に関する条例を制定することが決まったばかりです。


わが国ではなぜか、まったく報道されませんが、欧州議会(EUの国会)では、バイオイニシアティブ国際報告書を深く憂慮し、電磁波の厳格規制を圧倒的多数で採決、フランスでも「健康リスクはある」としてすでに3箇所で裁判で撤去判決がでて、135件の訴訟もスタートするという状況があります。海外の話だから関係ないって?


欧州議会TV:「電磁波問題は最優先課題」保険会社:携帯リスク関連の病気を民事責任対象から除外

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10276599439.html


そんな状況のなかで、今度は、鎌倉の某地でも、周辺住民に連絡なく、携帯会社が携帯電話基地局を設置しようとしていることが判明し、近隣住民が立ち上がりました。

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-看板1


○○○にも多数アンテナが設置されていますが、近隣住民はそのことをご存じなのかと思っておりました。また、八木アンテナ風の携帯基地局もあるようです。


まずは、○○○の住民運動のパンフレットから、概要をご紹介します。

===================


北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-看板2


「○○○○丁目携帯電話基地局建設反対の会」


■○○○○丁目で起こっている問題


○○○付近に携帯会社が携帯電話基地局を建設中です。(2009年4月~)


携帯会社は地域住民(略)に何の説明もなく工事を着工しました。支柱ができあがった時点で,近隣住民の一人が工事作業員に「何の工事か」と尋ねたことで「携帯電話の基地局」であることが判明しました。

■何が問題なのか


・携帯電話基地局の設置に際して,地域住民の理解を得るべく最大限努力するように国が携帯電話会社に要請しているにもかかわらず,その要請を無視し,携帯会社が工事を着工した点。
・電磁波(マイクロ波)による健康被害への不安が大きい点。(略)
 ※電磁波の安全性は証明されていない。
                        
・基地局の設置場所の選定に配慮が欠けている点。
  ○○○○○○まで100m以内
  ○○○まで150m以内

■海外の疫学調査や日本各地で起こっている携帯電話基地局に関する反対運動や 健康被害報告を勉強して「○○○○丁目携帯電話基地局建設反対の会」(代表:※※)を発足させました。
                  
※携帯会社に対して工事の中断と説明会の実施を要請中。(説明会の日時は未定)

■「○○○○丁目携帯電話基地局建設反対の会」の活動

◇鎌倉市長宛てに「○○○丁目に建設中の携帯会社による携帯電話基地局の建設中止と撤去についての要望書」を提出しました。(2009年5月18日)

◇○○で「携帯電話基地局建設についての勉強会」を行っています。
・第1回勉強会 2009年5月16日(土)終了
・第2回勉強会 2009年5月23日(土)終了
  今後も勉強会を重ねていく予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

◇「反対の会」にご賛同頂ける方,ご署名をお願いいたします。別紙の「署名用紙」にご記入ください。25名分記入できますが,1名でもかまいません。皆様方のご署名がこの運動の力になります。(以下略
5月31日現在 360 名のご署名をいただいております。


以上、反対の会パンフレットより抜粋

===================

 6月19日追記 鎌倉山でも基地局反対運動がはじまりました。


※海外など関連記事

携帯電話基地局周辺で健康被害という報道や研究

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10201626740.html

緊急情報:携帯基地局周辺で発ガン上昇&送電線とアルツハイマーの大規模疫学研究が発表されました

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10217528744.html

<大ニュース>EU:携帯基地局などを学校&病院近くに設置すべきでないというレポートを正式採用

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10238678306.html


鎌倉の他の状況

鎌倉・由比ガ浜住宅街で撤去運動・・老朽した3階建に巨大携帯基地局と電気設備

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10183021138.html

境内に携帯基地局があった・・・しかもお寺事務所の窓の横。

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10175408846.html

北鎌倉駅の緑のシンボル:洞門山開発問題→巨大携帯基地局から約200m向かいなんですが

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10164905406.html

鎌倉市山ノ内、明月地区と扇ヶ谷地区の携帯基地局の写真

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10159657448.html

北鎌倉周辺は基地局銀座・・・測定レポート

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10073395552.html

北鎌倉の電磁波被曝と住民事情(測定結果公表前のプロローグ)

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10076663658.html

北鎌倉の携帯基地局マイクロ波強度:測定結果と写真 駅周辺編

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10077969102.html

鎌倉街道(北鎌倉⇔小袋谷)はアンテナの巣 鎌倉市台の測定レポート

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10079905309.html

北鎌倉の測定数値 ザルツブルグ勧告の20万倍を記録

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10082131235.html

北鎌倉駅構内でザルツブルグ基準の一万8000倍の数値を記録

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10080813962.html

鯉のぼりの向こうに巨大携帯アンテナ:鎌倉市の住宅地にて

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10094879176.html

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10094920946.html

武田薬品跡地に、逗子火葬場の5倍量の実験動物焼却炉ができるとか【P3施設・横浜鎌倉に向かう風】

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10177204804.html

鎌倉の国大附属小正門前に巨大アンテナ!

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10088811832.html

測定器が振り切れた基地局王国・鎌倉レポート

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10074644218.html

室内アンテナでメーター振り切れ:鎌倉市庁舎内は電磁波ホットスポットだらけ

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10075686423.html

鎌倉の小中学校近辺に巨大携帯アンテナ 校門前で高数値を記録

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10078014145.html

小町通りの電線埋設と極低周波電磁場対策について

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10072114178.html

鎌倉・由比ガ浜住宅街で撤去運動・・老朽した3階建に巨大携帯基地局と電気設備

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10183021138.html

<大船>

大船はヨーロッパ人には電磁波規制値超過ゾーン 図書館児童スペースも

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10078811126.html


記事一覧にもどる

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html


↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。なお、セルセンサーなどでは携帯基地局からの高周波は測定できません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-09 17:03:57

鎌倉山でソフトバンクとイーモバイル設置に反対運動・北鎌倉でもソフトバンク新設の噂が

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

稲村、佐助などに引き続き、鎌倉山の閑静な住宅街でも、寝耳に水の、携帯電話基地局設置の通知がきて、急遽、反対運動を始められた方々がおります。(電話会社はソフトバンクと、イーモバイル、同一マンション屋上に設置予定、施工会社は大明という会社だそうです)


海外だけでなく、わが国でも、携帯電話基地局周辺で集団で健康被害を訴える例が複数でてきて、市が保健婦さんによる相談窓口を作った事例が現実にあるのに、影響範囲の住民の理解や同意を得ず、アンテナを設置することは、もはや道義上許されないことではないかと私は思うのですが。影響が、建てるマンションだけに限定されるならマンションの住民だけの問題でしょうが、携帯基地局は違います。周辺に向けて電波を24時間365日発するのですから。(マンションも電源ケーブルや電源装置、どこを這わせるのでしょうか。それら装置からは低周波なども出ているはずですが)


上記、わかりやすく考えるために、

フランスのNext-Upさんのサイトに、電波照射のイメージ写真がありましたので、ご紹介します。

http://www.next-up.org/divers/image_semaine1.php


つまり、基地局って「他に向けて照射する用途」のものです。


※クリックすると画像拡大

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-基地局からのマイクロ波映像化2

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-基地局からのマイクロ波映像化1


総務省が各地の健康被害を認めない理由は、総務省主導で推進してるユビキタス社会推進の妨げになるからかどうかは知りませんが、鎌倉市さん、集団健康被害が表面化した兵庫県川西市は市議会が動きましたよ。鎌倉は、携帯基地局をやみくもに設置しないための条例を作ることは決定したものの、条例化前の駆け込みを狙ってか、雨後の筍なみにあちこちで林立させようとして、地域トラブル多発です。ほんとうに、夜も眠れぬ住人たちがおります。はやくなんとかしてください。


追記:昔、某地の賃貸物件を見にいったら、景観の協定がある地域だからか?、山の中腹に基地局の電波塔をうんと低く建ててるため、数m先の坂の上のその物件や、ほかのお宅に電波直撃、という状態で、びっくりして帰ってきました。電波塔って、そういう建て方、ありなんでしょうか?

また、北鎌倉では集中して電波塔が建ち、その安全性について、電磁波問題の勉強会に住民が60名も集まるくらい関心が高くなっているんですが。。。


こんなニュースあるんですよ。

携帯アンテナで体調不良 実態把握へ市が健康相談

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10095547158.html

【携帯基地局】リスクは確かにあり生活妨害、として撤去&賠償判決でる→135件訴訟スタート【仏国】

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10243400908.html

緊急情報:携帯基地局周辺で発ガン上昇の疫学研究が発表されました

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10217528744.html



参考:岩手県滝沢村のとりくみ 滝沢村のサイトより

http://www.vill.takizawa.iwate.jp/var/rev0/0004/3499/04_01_09.pdf

9 電磁波、低周波による被害の未然防止
<個別目標>
予防原則に基づき、住民の命と健康を守るため、電磁波、低周波についての情報収集に努めます。
<現状>
①電磁波問題
電磁波とは、電場と磁場がからみあって真空中や空気中を高速で伝わる波のことをいい、その発生源としては私たちが日常使う電化製品や携帯電話、送電線などがあります。
村内には、盛岡市内を避けるかたちで高圧送電線が走っており、特に一本木地区や滝沢ニュータウンの住宅密集地の上空には、154,000Vの高圧線がとおっています。
線下の住民からは健康に対する不安や騒音、景観などの面から苦情が寄せられ、住民集会が開かれるなどの行動も起こっています。
今のところ、電力会社からは住民不安を解消するような改善策は示されていません。
また、携帯電話やPHSの爆発的な普及により、村内各所にも中継タワーが次々に建設されています。
携帯電話やPHSによる健康被害については、まだ明らかになっているわけではありませんので今後の研究にゆだねるとしても、例えば、ペースメーカーの利用者に生命の危険が及んだりする事例が報告されていますし、精密機器に重大な影響を与えるおそれがあるとして、飛行機や病院内などでは使用が完全に禁止されています。
②低周波問題
低周波とは、人間の耳では聞き取りにくい非常に低い音(100Hz以下の低周波)や、まったく聞こえない空気の振動(20Hz以下の超低周波)のことをいいますが、それが原因で、頭痛、不眠、吐き気、不定愁訴(はっきりした原因がないのに体の不調を訴えること)や建物、家具をガタガタ揺さぶるなどの被害を発生させることが知られています。
発生源としてコンプレッサー、ボイラーなどの大型機械や自動車、電車などの輸送機器、エアコンなどがありますが、この他に列車が高速でトンネルを出入りするときや高速道路の高架橋が振動して発生することもあります。
低周波のやっかいなところは、個人差のあることです。例えば、同じ家屋に住む家族でありながら、一人だけしか被害を感じないといったケースがあるからです。
村でも平成12年に住民の方から苦情を受け付け、対応した事例があります。


③その他
平成14年(2002年)10月1日、台風21号の影響で茨城県内の鉄塔が倒壊するという事故があり、電磁波問題に加え新たな住民不安の材料となっています。
<動向>
①電磁波問題
私たちの目には見えない電磁波問題は、不安を抱きつつもこれまでは電力会社やメーカー側が主張する安全性を認知するかたちで進んできました。
しかし、平成13年(2001年)10月にWHO(世界保健機関)傘下の国際ガン研究機関(LARC)などで「発ガンの可能性がある」との見解を公表、日本でも平成14年(2002年)8月に国立環境研究所などによる初の全国疫学調査で、電磁波と発症の因果関係は明確ではないとしながらも「子どもの白血病の発症率が2倍以上になる」(日常環境の電磁波の平均値は0.1マイクロテスラ前後ですが、0.4マイクロテスラ以上の環境だと発症率が2倍以上に増える傾向あり)という中間解析の結果が公表されています。また、電磁波によって脳内の松果体にある「メラトニン」というホルモンが失われ、さまざまな障害(睡眠障害など)が引き起こされるという研究結果も発表されています。
ドイツ、イタリア、イギリスなどの欧米諸国では携帯電話に対する疫学的な調査が始まっていますし、わが国でも総務省などが中心となって調査を行っています。
電磁波問題は日本では緒についたところにありますが、欧米諸国では「21世紀の公害」といわれるほど関心が高いとされています。
②低周波問題
平成12年度(2000年)に全国で45件の低周波による苦情を受け付けています(環境白書)が、その内訳を見ると工場や事業場からのものが21件で、他に原因不明のものも報告されています。
国では、低周波問題の改善を図るため平成12年(2000年)10月に「低周波音の測定方法に関するマニュアル」を策定し、地方自治体に送付しました。
これは、統一的な方法で測定された精度の高いデータを集積することにより、これまでよく分かっていない生活環境での低周波音の実態や低周波音を発生させる機器の状況を把握するなど、低周波音対策の推進に向けての知見を収集するためのものですが、まだ緒についた段階です。なお、環境省の調査で新幹線「のぞみ」が原因と思われる低周波振動が西日本各地で報告されており、東北新幹線盛岡以北の開通に伴って本村でも同様の問題の発生が心配されています。
<村の基本的姿勢>
○予防原則に立ち、電磁波、低周波による被害を未然に防ぐように努めます。

<村の取り組み>
・電磁波、低周波に関する情報を収集、公表し、住民に対する啓蒙を図ります。
・村内における電磁波、低周波被害の情報の収集に努めます。
・携帯電話やPHSの中継タワーの設置状況および新設の情報把握に努め、その結果を公表します。
・電磁波、低周波を発生させる設備、機器を取扱う事業者に対し、その発生状況、強度、およぶ範囲などの情報開示を求めます。
・事業者が設備、機器を新設または増設する場合における事前協議制度の確立を目指します。
・近隣騒音の原因にもなっているエアコン、ボイラーなどの管理の徹底を利用者に促します。
・相談窓口を開設し、住民不安の解消に努めます。
<住民の取り組み>
・携帯電話やPHSから発生する電磁波は、ペースメーカーの利用者の生命に危険がおよぶことがあるので、使用場所に配慮します。また、精密機器に影響があるので、病院や飛行機、電車バスなどの公共交通機関内などでは使用しません。
・強い電磁波を出す家電製品(テレビ、パソコン、電子レンジ等)からなるべく距離をとり、長時間使用しないようにします。
・家電製品を使用しないときは、主電源を切るか、コンセントから抜くなどして電磁波の発生を抑えるようにします。
・低周波による何らかの影響を感じたときは、その状況を記録し村に報告します。
<事業者の取り組み>
・製品や設備、施設から発生する電磁波、低周波の人体等への影響を自ら把握し、その情報を一般に公表するよう努めます。
・電磁波、低周波の発生を抑えた製品の開発や設備、施設の改善に努めます。
・携帯電話やPHSの中継タワーを設置する場合には、シールドを施したり、周辺の土地を十分確保するなどの対策を講じます。
・付近住民からの苦情には、誠意を持って対処します。
-


記事一覧にもどる

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html


↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。なお、セルセンサーやトリフィールドメーターなどでは携帯基地局からの高周波は測定できません。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-07-07 10:40:28

鎌倉:「娘が通う保育園近くのKDDI携帯基地局、住民らで撤去を要請」という記事

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!
鎌倉の基地局問題などが記事になっておりましたので、ご紹介いたします。横浜市でも、同様事例があり、園の先生や、近隣住民の間で問題になっているという話を伺いました。

娘が通う保育園近くのKDDI携帯基地局、住民らで撤去を要請
昨年末、娘が通う鎌倉市の保育園付近に、KDDIの携帯基地局があることが分かった。地域の住民達は健康被害を訴えて基地局撤去に向けた住民運動に動き出した。KDDIも重い腰をあげ説明会が開催されたが、住民らの質問に納得いく答えは得られない。海外事例などを調べると、どうも安全とは言いがたい。日本各地や世界中で携帯基地局の撤去を求めた住民運動も起こっている。もしあなたの家の近くに、知らぬ間に携帯基地局が建ったら--。(記事 朝倉創さん、全文は上記、URLをクリック)


携帯電話の使用やアンテナの電磁波で健康被害?
http://news.livedoor.com/article/detail/4053611/  

神奈川県鎌倉市の生涯学習センターホールで3月6日、「第6回まちづくり市民集会」が行われた。今回のテーマは電磁波問題である。(略)



世界と比べて緩い日本の電磁波規制値
http://news.livedoor.com/article/detail/4062700/  

最近、携帯電話の基地局(アンテナ)から発せられる電磁波が問題となっている。それというのも日本の電磁波の規制値は、世界の規制値と比べて緩いのだ。総務省や携帯電話会社は世界保健機関(WHO)の基準に沿っていると言うが、下記の表を見て欲しい。(略)


欧州で進むケータイ中継アンテナ規制 対策取らぬ企業にアンテナ撤去命令も

欧州議会は4月2日、欧州全体での基準値の見直しと、アンテナ設置の規制強化を求める決議を圧倒的多数で採決した。司法の場でも、昨年9月にフランスで中継アンテナの撤去と近隣住民への損害賠償を認める判決が下された。判決では、通信会社が技術的に可能な低減対策をとろうとしなかった姿勢が厳しく批判され、その後の控訴審でも今年1月に住民側勝訴の判決がおりた。一方、日本では官民一体となって安全だという科学的意見のみを重視し、遙かに甘い基準を擁護。アンテナの設置位置といった基本的な情報すら公表されない状態が続いている。 (記事:植田武智さん 全文は上記URLをクリック)

フランスでは、携帯基地局そばの保育園と小学校を閉鎖するところも出てきました。(子どもを電磁波から守るという理由)



ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク 欧州5カ国調査で発覚も、日本は企業が安全宣言

http://www.mynewsjapan.com/reports/549

 携帯電話の発ガン性に関するヨーロッパ5カ国の調査で、10年以上使用すると脳腫瘍リスクが上がるという結果が出た。先月公表されたこの調査結果を受け、スウェーデンやドイツ政府は、頭に浴びる電磁波を低くするように、との勧告を出している。今後、携帯電話が原因で脳腫瘍になる人は増えそうだ。使い続ける人は、将来、脳腫瘍になった場合に補償を請求できるよう、料金記録や頭の右左どちら側で使っているかを、今のうちから記録しておいた方がよい。 (記事:植田武智さん 全文は上記URLをクリック)


「ケータイで脳腫瘍」論争 ガン研究所が警告、全米No1トーク番組「ラリーキングライブ」が2回特集
CNNの看板トーク番組「ラリーキングライブ」で、携帯電話と脳腫瘍の関係について2回にわたる特集が組まれた。米国有数の医学研究機関であるピッツバーグ大学医学部のガン研究所所長が携帯電話の利用について警告を出すなど、アメリカではケータイ安全論争が再燃している。だがスポンサータブーによって日本ではまったく報じられていない。彼の地での議論を報告するとともに、現在日本で販売されている機種で電磁波という点で見たベスト1とワースト1(25倍超もの差がある)を、各キャリア別に紹介する。 (記事:植田武智さん 全文は上記URLをクリック)

MyNewsJapan 電磁波の検索結果
http://www.mynewsjapan.com/reports/list?category_id=&search=%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2

MyNewsJapan、報道されない記事、書いてくれてますね。しかし欧米や中国語圏でも毎日のように電磁波問題、報道されてるんですが、日本語ではほとんどHITしません。なんででしょうかね~。


記事一覧にもどる

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html


↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。なお、セルセンサーやトリフィールドメーターなどでは携帯基地局からの高周波は測定できません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-06 11:58:36

西鎌倉でドコモ基地局撤去、大町でも問題浮上。佐助:源氏山公園の電磁波環境アセスメントは?

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

サンデー毎日、携帯電話基地局の電磁波問題掲載。ぜひご覧ください。


今、とても熱い鎌倉と、東京都の豊多摩高校、鎌倉・佐助の反対運動の記事はこちら


鎌倉では住民同意のない携帯基地局の反対運動が各地で表面化してきて、てんやわんやになっています。先日も、西鎌倉でも、健康被害を憂慮する住民の運動によって、すでに、ドコモの基地局が撤去されていた、という話を住民の方に伺いましたのでご報告します。(西鎌倉3丁目)


さらに、大町3丁目では、すでに基地局設置が住民運動により阻止されていましたが、別の大町の町内でも、何の通知もなく、自宅前にアンテナを建てられ、お怒りの方がいらっしゃることが判明しました。


北鎌倉でも、署名運動を起こそうと考えておられる方々がいます。鎌倉山では、住民らが、企業や管理会社側や、役所などに内容証明郵便を送付した、との話を聞きました。


また、佐助では、昨日、勉強会の後、KDDIの説明会が開催されたそうです。KDDIの地元住民への姿勢について、多くの住民の方が怒っておられたようですが、KDDIは由比ガ浜でもその対応について、住民の方が怒っています。、たとえば、KDDIが説明会出席者の名簿を書かせ、その名簿のコピーを住民に渡す、と説明会でいっていたにもかかわらず、その後「プライバシーが云々」を理由に、出席住民代表にくれなかったとか、基地局からどれだけ近隣住民に電波を浴びせているのか、最大の電波強度計算を提出すると答えたにもかかわらず、1階の高さのみの数値しか出さず、なぜか、2階、3階での高さの数値を出してくれないとか、聞いています。

※(2階、3階のほうがアンテナの指向性の高さに近いので、電波強度が倍増する可能性があるし、2階に保育園があったり、子ども部屋がある住民もいるのです。) 

佐助の話題は、後日ここに追記しますが、一つ、問題を先に記載いたします、


 佐助の基地局設置問題は、佐助地区の住民だけの問題ではなく、アンテナが同じ高さで電波直撃するであろう、市の施設、源氏山公園や道路の環境の問題でもあると思います。鎌倉市では、環境アセスメントをどうするのでしょうか? 


上記、わかりやすく考えるために、

フランスのNext-Upさんのサイトに、アンテナから至近距離からの電波照射のイメージ写真がありましたので、ご紹介します。

http://www.next-up.org/divers/image_semaine1.php


※クリックすると画像拡大
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-フランス

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-フランス2

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-フランス3


 源氏山公園は、地域の子どもたちや市民が憩う場所です。九州では、アンテナに近い高さのマンションで、4μW/c㎡が記録されたところがあるそうです。住民らの測定で判明しました。この数値は、ザルツブルグ勧告の40000倍、欧州議会が厳格規制の根拠としている国際報告の勧告(室内)の400倍 屋外で40倍、パリの電波規制値の4倍です。現実にわが国で、そのような強度を浴びせられている住宅があり、住民運動がおき、九州では何件も、裁判が起こっています。


山の下に建てたら、山の上の公園はアンテナ直撃。山道を歩いて、前を見たら、同じ高さに、ヌっと、電波放出アンテナがある、ってことになる可能性がありますよね。というか、電波を放出するアンテナ、ってそういう地理環境のところに建てるのが常識? 鎌倉市さん、電波密度など、環境アセスメントをお願いします。


追記:

落雷誘発の危険性についてもぜひ、調べていただきたいです。過去にはこんなニュースも。

(略)豪雨の影響で、 全国の1都13県で合計100以上の基地局が稼働停止したことを明らかにした。落雷などによる停電が原因。(抜粋 2008年8月29日共同通信)

http://logs.dreamhosters.com/html/1/220/011/1220011602.html

某地では、TVアンテナに落雷があり、周辺民家の家電が地面を伝わった電流により壊れたという事件がありました。落雷恐るべしです。


※東京都多摩市では公園の基地局設置について、市議会も動いています。

公園の携帯基地「反対」趣旨採択 陳情、多摩市議会

http://wind.ap.teacup.com/people/3274.html

多摩市民のチラシ

http://wind.ap.teacup.com/people/3280.html


※アンテナ、スウェーデンでは30kmに1基というような建て方をしているとか。海上遠くに建てるとか、できないんでしょうか? 鎌倉は谷戸だらけだから、谷戸ごとに7つの携帯・無線会社のアンテナ+地デジのアンテナが今後、林立することになるのですか?この無秩序、大混乱、どうするのでしょうか。すでに携帯の室内アンテナは開発されていますし、地デジもケーブルTVで安く接続できるそうなんですから、そういったものを活用すべきでは?


(室内アンテナ、ドイツ政府の勧告「無線ではなく有線を」と同様に、私は勧めないですが、どうしても携帯を使いたいというのであれば、リスクをご自身でお考えの上、使うべきではないかと思います。安全だという証明がなされないまま、研究段階で見切り発進している現状、(WHOの高周波の見解は2012年発表予定・脳腫瘍の疫学調査は2015年発表予定と欧州議会TVhttp://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10276599439.html )携帯を使わない子どもたちや妊婦さんに、いやおうなく浴びせるべきではないと私は思います。欧州では、「もはや健康影響は否定できない」とする国際報告をもとに、厳格規制を欧州の国会、欧州議会が推進しているのですから。欧州の保険会社では、「携帯リスク関連の病気を民事責任対象から除外」だそうですよ。


余談:


先日、市役所で、鎌倉の子どもを守るための集会があるということを、ある方に教えていただき、いってきました。

百人を超える方々が集まり、西鎌倉近辺の住民が主体となって、子どもを守るためのノウハウについて、たいへん勉強になる内容でした。主催くださったみなさま、ありがとうございました。

鎌倉の子どもを携帯電話から救おう!ネット機能つき携帯電話の危険性、という資料も頂戴しました。質疑応答の時間が10分あるとプログラムに記載があったので、辛抱強く待って、最後に以下、発言してきました。


「子どもを守ることについて、携帯電話と犯罪という側面だけでなく、携帯の電磁波による健康被害が欧州などで懸念され(脳腫瘍などがん、精子減少などの関連を示す研究がある)、少なからずの国で、16歳以下は携帯を使わせないようにという政府の勧告や警告もでており、フランスではついに、”健康影響を懸念して”12歳以下への通話機能付き電話販売が法律で禁止されることになったことを知ってほしい。」


「さらに、欧州議会で、携帯基地局などを学校&病院近くに設置すべきでないというレポートを正式採用、基地局周辺での発ガン率が上昇を示す疫学報告などもでてきている。、欧州では厳格規制の方向に向かっている、鎌倉でも、住民同意のない基地局設置で、子どもを守ろうとするお母さん方なども中心に、各地で大騒ぎになっている。」


「また、WHOが小児白血病の関連を認めた送電線などの問題、学校近くに送電線がある(西鎌倉小学校などは、みごとに送電線と鉄塔に取り囲まれている)ことについて、自治体としてぜひ電力会社さんと一緒に周辺電磁波環境の調査や、対策を考えてあげてほしい、子どもを守ってほしい。」



というような内容の話をしたら、若いお母さん方は顔を見てうなづいてくださり、校長先生方、パネリストの方からも拍手を頂戴しましたが、次にご発言をされようとなさった、もう一人のご婦人は発言を続けることができませんでした。なぜなら、別の、あるパネリストの方から、とても”ホスピタリティ”にあふれる指摘を頂戴したためです。残念。


「鎌倉の子どもを守るため」という目的で、中学校長、小学校長の先生方や、町内会長という、要職につかれた方々が、ご出席されていた貴重な場で、こうして、話を聞いていただけたこと、感謝申し上げます。ぜひ、携帯電話については、犯罪だけでなく、電磁波の健康影響問題でも、動いていただきたく、お願い申し上げます。子どもを守るには、ご要職につかれた方々のご活躍いかんにかかっていると感じております。


すでに、埼玉県北本市や、小平市では、送電線周辺の教育施設や保育園について、電磁波測定や、移設などの対策が行われています。これは、これは、子どもを守ることについて、重大な問題だと思う。文化都市、鎌倉において、それがないがしろにされていることを見過ごすことは、「子どもを守り、地域を守る立場」の大人にとって、許されないことだと思います。


関連記事

携帯基地局の電磁波問題の住民運動や市議会への陳情書リスト 神奈川を中心に・・

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10181821349.html

記事一覧にもどる

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html


↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。なお、セルセンサーやトリフィールドメーターなどでは携帯基地局からの高周波は測定できません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-30 07:36:43

鎌倉:佐助の谷戸にKDDIともう一社、基地局設置の動き 源氏山公園への影響は?

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

※緊急のお知らせ

今週号のサンデー毎日、携帯電話基地局問題掲載。ぜひご覧ください。


今、とても熱い鎌倉と、東京都の豊多摩高校の反対運動の記事はこちら



携帯電話基地局反対運動が各地で勃発し、揺れている鎌倉ですが、今度は、鎌倉市佐助に、新たにKDDIと、もう一社の基地局を設置という問題が浮上しています。周辺住民のみなさまにお話を伺ってきました。

KDDIの方は、周辺15mの住民だけに、「2日後から工事をはじめますのでよろしく」と、工事会社(建設会社)の挨拶があったとのこと。基地局の影響範囲は2kmあるそうですが・・※工事の方「大丈夫ですよ、電波が強いのはアンテナから百五十~二百五十メートル?の地点ですから」といわれていたそうな・・・

もう一社の規模は不明ですが、KDDIの基地局はかなりの規模(15mの鉄塔)とのことでした。谷戸の住民だけに電波を送るにしては、相当、規模が大きすぎると考えられます。

工期は、2カ月、7月~8月と、かなり長くかかるとのこと。最初に1基を建てたあと、さらに3基増設する計画になっているそうです。

KDDIは現在、由比ヶ浜4丁目KDDI元保養所の上と敷地に、大規模基地局と電源設備を、近隣住民の同意なく設置、周辺住民が健康被害を訴え、市議会でも問題になっています。

鎌倉・由比ガ浜住宅街で撤去運動・・老朽した3階建に巨大携帯基地局と電気設備

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10183021138.html




神奈川県鎌倉市の基地局近辺で5円玉がゆれる

(電磁波問題市民研究会 記事)
http://www.jca.apc.org/tcsse/kaiho/kaiho-58/kaiho58-8u.html


また、佐助の設置場所は谷戸で、平地に15mアンテナを建てられてしまうと、山の上の源氏山は電波直撃になりませんか?遠足などにくる子どもや、普段の散歩に使われている人たちに、至近距離での電波直撃となる話で、もはや佐助だけの問題ではないと思います。

日本の総務省の安全基準は、稼働中の電子レンジを5cm離して24時間360日背負っても安全だといっているレベルです。試されます?(^^;)すでにパリなどでは日本の基準の1000分の1に規制されてます。欧州ではすでに6カ国が日本の基準の一万分の1に規制されているそうです(0.6V/m)ロシアも中国もイタリアも日本の基準より低く、しかも、二桁違います。

<アンテナより電波放出のイメージ写真(欧州の方式)>
フランスの携帯基地局問題サイトより クリックで拡大
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-基地局からのマイクロ波映像化2  北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-基地局からのマイクロ波映像化1
山の側の平地にアンテナを建てたら、山への電波直撃は必至では?

現状すでに、ドコモのアンテナが(電波の影響範囲の近隣住民への通知なく)設置されていますが、このままいきますと、KDDI, ソフトバンク、ウィルコム、イーモバイル、WiMAX, あと一社どこか、そしてさらに地デジのアンテナが佐助の谷戸に林立することになるのではないでしょうか?(ちなみに地デジ、ケーブルTVで数百円で引ける(初期費用は別)との話をききましたが?)

携帯電話基地局による健康被害訴えは電磁波問題だけでなく、巨大な電源設備を使う以上、低周波音の問題も指摘される方がおります。(ポンプやモーター音などの公害)

低周波音公害については、先日、朝日新聞の記事にもなりました。記事へのリンク
台湾:風力発電設備のそばでヤギが400頭死亡(BBCニュース翻訳)
黙殺の音 低周波音公害

佐助の谷戸のKDDIユーザさんが現在、どれだけいるかは不明ですが、現状、圏外とのことですので、どうしても、やっぱりKDDIというユーザさんは、広範囲に電波を放出しなくても接続できる方法が開発中です。今後、それを使用いただくという方法もあると、子どもたちや市民の遊び場、憩いの場となっている源氏山を愛する鎌倉市民として思いますが、いかがでしょうか。

フェムトセル(室内基地局)はKDDIは2009年末より試験サービス開始予定。


ただし、欧州の電磁波規制状況や、健康影響に関する論文が続々と発表されていることを考えると、私自身は、家庭での携帯端末の使用自体をお勧めしません。ドイツはすでに、無線をやめて、有線使用の勧告を政府と、”放射線防護局”が出しています。お使いなるなら、お出かけの際の必要最小限、ご自宅では電話を転送されることを私はお勧めいたします。

とくにお子さんの携帯使用。フランスでは今年5月、健康影響の心配から、12歳以下への通話できる携帯電話の販売が法律上も禁止になりました。スウェーデンの研究では、20歳以下で携帯使用を始めた子どもの脳腫瘍が5倍、コードレスでは4倍という疫学調査が発表されたこと、子どもへの健康影響を懸念するバイオイニシアティブ国際報告書が発表され、欧州議会がそれにそって厳格規制に動いていること、その影響もあるのでしょうか。

バイオイニシアティブ国際報告書では、子どもへの電磁波の健康影響の懸念のひとつとして、学習障害も挙げています。

鎌倉の5歳児検診で3つの幼稚園を調査したところ、全国平均6%を大きく上回る20%の子どもに発達障害の疑いがあることがわかりました。
発達障害の原因は、環境、化学物質汚染、重金属・・鉛などいわれていますが、近年、電磁波の影響を示す研究も報告されています。。生ゴミを捨てる際に使われているレジ袋から鉛が検出される例も報告されていますし、光触媒や化粧品に使われている酸化チタンなども(ネズミ胎児の脳に蓄積するなど)心配されつつありますが、電磁波環境にも上記のような研究があるので、ぜひ注意してあげてください。鎌倉市ではまずは3つの幼稚園と、全教育施設の電磁波や鉛などの調査をし、家庭にも注意を呼びかけるべきでは?

※欧州議会はバイオイニシアティブ国際報告を憂慮し、厳格規制に動いています。ぜひ以下のビデオをご覧ください。

欧州議会TV:「電磁波問題は最優先課題」保険会社:携帯リスク関連の病気を民事責任対象から除外

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10276599439.html


バイオイニシアティブ国際報告の概要 (がうす通信90号よりttp://www.gsn.jp/)
EU環境保護局がその方針に採用している「バイオイニシアティブ報告」は高周波の部分では、携帯電話基地局などの影響を受ける環境では0.1μW/c㎡を提唱していることを前号89号に紹介した。電力設備については2ミリガウス、子供や妊婦の居住する場合は1ミリガウスの基準値を提唱している(88号)。
報告では携帯電話基地局、無線LAN,など高周波電磁波の影響について、潜在的な健康リスクが存在することを認め、小さなレベルでの無線被曝(慢性被曝)も 現在、安全性を主張することができない、ことなどを述べている。現在の規制制限以下の被曝レベルで、最初のがん遺伝子の活性化で変化を起こすかもしれず、結果としてDNA損傷と染色体逸脱、学習の遅れ、運動機能の遅れ、など示唆する証拠があるとし、基地局から数百m以内に住む人々に病気の影響を作るという研究報告で信用できる文献がある、とする。そこで携帯電話アンテナ、などの高周波発生源、パルス波の屋外での累積的な高周波被曝について警告的な目標レベルとして0.1μW/c㎡を提案している。 また、特に子どもたちについて潜在的な健康影響についてもっと多くのことがわかるまで、高周波電磁波に影響を受けないようにするため学校や図書館では無線LANに変わって優先が設置されることを勧め、予防的措置を推奨している(以上抜粋)



UCLA(カリフオルニア大学ロサンゼルス校)とデンマークのオールフス大学
携帯電話の子どもへの影響
http://www21.ocn.ne.jp/~furumoto/index.html  のサイトより

(フルモト商事さんのサイトには情報多数。直接URLをどうぞ)
 UCLA(カリフオルニア大学ロサンゼルス校)とデンマークのオールフス大学の調査者の研究によれば、 定期的に携帯電話を使用する妊婦には、より行動上の問題をもつ子どもが いると思われる。 妊娠中に携帯電話を使用していた母親の54%は子どもたちに多動障害(ADHD)や感情障害が発生していると思われる、と英国のデーリーメールとインディペンデントが月曜日(19日)に報道しました。  この研究報告は疫 学ジャーナルの7月号に掲載されます。携帯電話を1日2~3回使用する妊婦は、 子どもの行動上の問題のリスクを高め、7歳以下の子どもたちに携帯電話を使用させることは、 彼らを危険にさらすであろうことが13,159人以上の主婦を調査して分かった。<2008年5月20日、ABCニュース, NY USA.>


追記:オリンパスと鎌倉市観光協会が共同して、寺社仏閣の写メール画像をオリンパスのサイトに送ると、観光情報に携帯でアクセスできるというシステムの実験をはじめたそうです。地域住民は画像データの飛び交う電波にさらされることにならないでしょうか?


携帯で写真を撮って送るだけ オリンパスが観光ガイドサービススタート

http://mainichi.jp/select/wadai/everyone/news/20090609mog00m300008000c.html

鎌倉市観光協会

http://www.kcn-net.org/kamakura/



追記2 鎌倉市台でも、KDDIのアンテナから200m程度の住民が測定して、欧州の健康被害の研究の数値と比較検討した結果、寝室壁にアルミシート、窓にはシールドクロスをかけて生活しています。頭がいたくて、目がしょぼしょぼしておかしいと思っていたそうです。引越しも検討されているとか。北鎌倉駅前の周辺の方もお困りの方がおられます。30m内に4社のアンテナが林立しています。誰かが不必要な電波を浴びせられる現行の携帯システム、政府は、ユビキタス社会推進を早急に見直し、携帯の接続方法を再検討する必要があると思います。とにかく、わが国の多数にのぼる電磁波の健康被害訴えを無視し続けるのはそろそろやめていただきたい。欧州議会は先日、スウェーデンに引き続き、電磁波過敏症の障害としての保護と援助を行うことを加盟国に求める決議を採択しました。現実に、困ってる人たちがいるからです。

http://www.uedatakenori.com/2009/06/09/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E6%B1%BA%E8%AD%B02009%E5%B9%B44%E6%9C%881%E6%97%A5%E9%9B%BB%E7%A3%81%E7%95%8C%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%87%B8%E5%BF%B5%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E2%80%A6.pdf

関連:

子どもの健康を損なう危険性から、携帯使用禁止や電磁波対策を勧告している国・自治体一覧

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10142200357.html

携帯基地局そばの保育園と小学校を閉鎖!【仏国:子どもを電磁波から守る理由で】

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10260659998.html


記事一覧にもどる

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entrylist.html


↓無料ブログを利用しているため、下記に勝手に広告が出てきますが、なかには摩訶不思議電磁波対策製品販売会社のリンクが出てくるとの指摘がありますのでご注意。なお、セルセンサーやトリフィールドメーターなどでは携帯基地局からの高周波は測定できません。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-03 16:12:09

削除しました

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

記事削除しました。

鎌倉 測定結果と最新反対運動一覧に戻る

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/theme-10006484337.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-12-25 18:19:30

鎌倉・由比ガ浜で撤去運動・・老朽した3階建に巨大携帯基地局と電気設備

テーマ:鎌倉 測定結果と最新反対運動!

先日、携帯基地局の電磁波問題の住民運動や市議会への陳情書リスト 神奈川を中心に・・という記事を書きましたが、

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10181821349.html


鎌倉市由比ガ浜4丁目の閑静な住宅街にも携帯基地局があって、付近の住民が頭痛や異音に悩まされるなど、健康被害を起こし、我慢できず、ついに、撤去への運動を始めたという情報をいただきました。北鎌倉の山ノ内でも同様の問題があり、電磁波問題の勉強会には60名もの人が参加し、困っています。運動をされている方と連絡を取り、測定器で測定されたい、とのことで、ご都合のついた十数名が集まりました。


基地局とはこれ。クリックすると写真は拡大します。

浄明寺や源氏山、大町、山ノ内の住民運動で撤去されたタイプよりも強烈に大きいものです。

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-近所の方の寝室からの写真

閑静な住宅街の、3階建の建物の上に鎮座。ご近所のお宅の3階窓から20m離れているだろうか?窓の外にこの景色です。総務省によると第二世代アンテナ32Wから20m離れたところで、高周波電波が0.3μW/c㎡、第三世代だと、さらに強くなるそうですが、この数字は昨年発表された最新の、欧州のバイオ国際報告(屋内)の健康を守るための電波密度勧告の30倍にあたります。これを24時間、浴びせられているわけ?


※2009年4月追記:32W どころじゃなかったのでした。最大出力230Wですと。健康被害を訴える方が10名を超え、困り果てた住民が2月の市議会に陳情、しかし、議員の中村聡一郎氏、伊藤正博氏、原かつら氏の反対で採択されず継続になったそうです。


建物の老朽化、耐震性から閉鎖されたという建物にもかかわらず、なんで耐震性が心配されている建物にこんな大きなアンテナを建てたのでしょう。近隣住民への説明はまるでなし。そして最近、近隣住民に何の説明もなく、基地局や設備を第三世代?に取り換えたらしいという話?


しかも、このアンテナは子供が集まる鎌倉海浜公園からよく見通せます。見通せるということは、電波直撃ということだと思います。


よく見ると左にもアンテナ(4本槍)
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-由比ガ浜2


住民の怒り心頭!石綿市長にも陳情にいったそうですが、取り合ってくれなかった模様。市役所にも相談にいったところ、「まだ担当ができていない」そうで・・・

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-反対運動のぼり

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-のぼりと基地局

周辺には頭痛などの健康被害を起こした住民のほか、金属音などの異音、違和感、そしてなにより小さなお子さんが周辺にたくさんいらっしゃって、長期的な被曝による健康被害を心配されておられます。この辺り選出の議員はご存じなのでしょうか。
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-反対運動のぼり3
写真はクリックすると拡大
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-反対運動のぼりアップ
写真はクリックすると拡大
北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-反対運動ののぼり

アンテナが見通せるすぐ近くから。

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-隣のマンション入口でこの数値

この後、高周波の測定器が振り切れてしまいました。(0.2μW/c㎡以上)屋外、ということで、欧州のバイオイニシアティブ国際報告が勧告する健康を守るための暫定電波密度の2倍以上、ザルツブルグ公衆衛生局の勧告の200倍以上になります。(室内だと同20倍・2000倍)

地上でこの数値だったら、2階以上はどうなる???

注)携帯は電波密度がザルツブルグ勧告の0.0001μW/c㎡以下でも余裕でつながります。住宅地に、この過剰電波垂れ流しはいったい・・・

さらに、住民の方が違和感をいわれるのが、この電源設備。

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-基地局の電気設備2  北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-基地局の電気設備

大きなプレハブ程の大きさで、かなり大きな電源設備です。鎌倉の他の基地局周辺では見られない大きさ。大電流がきている可能性がありそうです。閑静な住宅地に周辺住民に説明もなく、こんなものを設置してしまったKDDIさん。電源設備からの漏洩電磁波、その周波数はどうなのでしょうか。(欧州議会では今年9月、0.1MHz~300GHz周波数帯のあらゆる機器から発生する電磁波について人体への健康被害を防ぐ目的から、厳格に規制することを採決しました。)

欧州議会の発表はこちら

http://denziha.net/shiryou/080904_2.html

http://denziha.net/shiryou/080919.html

薬害HIVのときも、薬害ヤコブ病のときも、アスベストも、いちはやく規制を強化したのは欧州でした。。わが国の省庁は、在庫がはけるまでや、対策製品ができるまでなど、業界の都合がよくなるまで、放置していました。さて、今回も、日本の対策をお信じになりますか?わが国の撤去運動は300件を超えたそうです。

また、昨年、WHOもようやく、各国の多数の研究に遅れて、送電線や家電などから漏れる、3ミリガウス以上の極低周波磁場という電磁場と小児白血病増加の関係を認め、対策を促しましたが、その発表を受けて、わが国の有識者会議(大久保千代次座長)は、1000ミリガウスまでを安全とする規制値としよう、などと理解不能なことをいい、関西のリスクコミュニケーションで市民に突っ込まれて答えられなかったと出席者にきいています。。さらに、WHOからは、これから携帯基地局やコードレス電話、無線LANなどから放出される高周波電磁波についての発表もなされる予定ですが、それに先駆けて欧州議会は厳格規制を採決です。

http://denziha.net/shiryou/080904_2.html

http://denziha.net/shiryou/080919.html


近隣住民への説明もなしに、建ててしまったこの基地局(2式。左にも4本槍)

北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ-由比ガ浜の住宅街の基地局

市民の間に物議を醸しています。このアンテナが見通せる位置には、民家、マンションのほか、50mもなさそうな所に、なんと、幼児がいる環境もあるのです。欧州では厳格規制採決だそうですよ。日本は野放しです。WHOはすでに、教育機関周辺に基地局を設置する場合についての勧告をだしていますし、総務省からも住民の同意を得ることなどの指導がなされているのですが、、、


まだまだ続く・・・・実は由比ガ浜には他にもアンテナいっぱい!


目次に戻る

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/theme-10006484321.html

参考

総務省公式発表の基地局の電波強度は海外国際報告の勧告の1600倍の地点も!

http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10156645013.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。