世界と日本の真実

世界と日本の裏!

映像 紹介!  転載は自由!

たまにプライベートも。

転載は自由にどうぞ!

テーマ別

子育て  ワクチン  最新医学

報道されない真実  安保法制関連

福島第一原発  3.11 東日本大震災  9.11 同時多発テロ  地震

イルミナティ・近代フリーメーソン  ナチスの秘密  新世界秩序(NWO)

古代日本・近代日本  古代文明の謎  宇宙  地球温暖化詐欺  医療大麻
ブログ



ブログの目次

”薬を出さない小児科医 真弓定夫先生”

トランプ大統領「ワクチンは詐欺」

元NSA「スノーデン」が映画に

アメリカ心理学会は神への信仰を精神病に分類する

南スーダンなど海外派遣後56人が自殺の真相?

現役宮司が日本会議を批判 全体主義のこわさに警戒を

今井絵理子議員、沖縄米軍基地の軍用地主と判明!

CIAはJFケネディを殺したと認める

CIA:冷戦やUFOに関するものも含め、秘密文書を公開

櫻井翔の弟、慶應大卒業後は「電通」に入社へ

マクドナルドのハンバーガーの「肉」の正体

ゴミの分別とはなんだったのか。日本人が騙されていた不都合な真実

カジノ推進派とパチンコ業界の癒着が発覚!

エコキャップ推進協、事業費の5割超を「身内」に還流

イスラエルがシリアを空爆 日本は報道せず

TBSは「韓国語」話せないと出世できない

世界的な大麻解放の流れに逆行し、日本が取締まりを強化するのはなぜ?

サタニストの生け贄カレンダー

”降圧剤 一時的にやめて血圧安定するなら飲み続ける必要なし”

日焼け止めで「皮膚がん」になる

”“君が代”はヘブライ語だった!それはエロヒムを讃え日本から世界に愛と平和を伝える使命の詩だっ”

Apple、初めて人工知能に関する研究論文を公開!

2017年 世界はこうなる!?

クローン人間作成の準備完了?

「たけしの超常現象Xファイル」はヤラセ!?

元日本兵が安倍首相の演説を批判「うそをつくな」

苫米地氏、電通を“メディアを用いて日本人を洗脳するためのシステムの一部”

政府の検閲で消されたページを表わす「451エラー」

安倍首相へオリバー・ストーン監督ら公開質問状

コーポラティズムとは 陰謀論

テレビが「ステマ手法」! 視聴者への裏切りでは?

水素水に健康効果なし 国民生活センターが業者に改善求める

Facebookが民衆洗脳を公言か

なぜプーチン大統領は遅刻するのか?

金貸し(支配層)が世界を動かす

” 日本政府は人口削減を強制されている!”

アレルギーの娘に牛乳飲ませる 母を逮捕

体を温め免疫力を高めれば、病気は治る!

ハリーポッターと現実世界の呪い

トランプ氏と人工知能がつくる未来?

フッ素はナチスドイツで使われた神経毒だった

とうとう英国のメディアが、9.11の真実を報道

TBS「マツコの知らない世界」で捏造発覚

「帰省したくない」お盆・年末の妻の憂鬱と本音

大麻における日本の現状

”それでもあなたはリニアに乗りますか?”

本日アメーバIDに対して不正なログインがあった

ダーウィンの進化論が誤りだと証明する9つの事実

安倍政権が「神武天皇は実在した」!?

ワクチンと自閉症の証拠を見つけたドクターが殺された

お札と支配構造

漫画ワンピースから学ぶ“世界平和”のとらえ方

洗脳映画「インフェルノ」人口削減計画

ブログの目次 その25

NEW !
テーマ:







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


森友学園事件の裏でトンデモ法案が今国会でコッソリ審議されている!

 → http://iwj.co.jp/wj/open/archives/368578

---------- 転載 -----------


水道、種子、そして教育――
森友学園事件の裏で「いのち」と「くらし」を破壊するトンデモ法案が今国会でコッソリ審議されている!!

公共財を売り渡す手口は森友問題と同じ!!
山田正彦元農水相が3月15日(水)15時より緊急勉強会を開催


2017.3.15




 「学校法人 森友学園」に国有地がタダ同然で売却された問題について、連日、野党議員が国会で厳しい追及を行っている。

3月10日には、渦中の籠池泰典氏が記者会見を行って一連の疑惑について釈明したが、安倍総理夫妻との関係や一部政治家による「口利き」などに関して、納得のいく説明とは程遠い内容だった。

 安倍総理は「トカゲの尻尾きり」に懸命だが、切られた「尻尾」もじっとしてはいない。



 3月13日には、籠池氏は稲田朋美防衛相の夫だけでなく、稲田氏本人が委任を受けた顧問弁護士であったことを明らかにした。さらに、それを否定した稲田氏の国会答弁を覆す資料を共同通信がスクープ。翌14日に稲田氏は答弁の修正に追い込まれる事態となり、野党は大臣の辞任を求めている。この問題は、まだまだ(切れた尾を含めて)尾を引きそうな気配である。




ところで今国会では、この森友学園問題の陰に隠れるかたちで3つの重要法案が審議されている。

水道法改正案、
種子廃止法案、
家庭教育支援法案の3法案である。


これらに共通するのは、「官民連携」の名のもとに「売国的」な規制緩和を押し進め、日本の公共サービスを空洞化させるとともに、外資を含む一部の特権者にのみ利権を生み出すという、アンフェアで新自由主義的な政策であるという点だ。



 そういう点では、愛国教育を押し付ける学校法人に、国がよってたかって便宜をはかった今回の森友問題、そして第2の森友問題ともいえる加計学園の問題とも共通する問題である。

 水道、種子、教育という日本人の「いのち」と「くらし」に直結する重要なこの3つの法案について、以下、そのトンデモない内容を改めて確認してみたい。






民営化で料金暴騰!?

問題だらけの水道法改正案~麻生太郎財務相、米CSISでの講演で「日本の水道をすべて民営化する」と明言



 3月7日、政府は水道法の一部を改正する法律案を閣議決定し、国会に上程した。同法案では、都道府県を「広域連携」の推進役と位置づけるとともに、水道施設の運営権を「民間事業者に設定できる仕組みを導入する」としている。

いわゆる「水道の民営化」だ。




 政府は同法案の趣旨を「水道の基盤の強化を図るため」と説明しているが、はたして本当に「民営化」によって水道の基盤は「強化」されるのだろうか。海外の事例を見ると、「強化」どころか、水道事業そのものが「崩壊」しかねないことが分かる。

 1999年、ボリビア第三の都市コチャバンバ市で、世界銀行とIMF主導のもとに水道事業が完全民営化。この水道事業を丸抱えで請け負ったベクテル社は、水道料金をなんと200%も値上げした。これに怒った住民によって暴動が発生、死者6人、負傷者175人を出す惨事となった。

 他にも、1997年に同じく水道事業を完全民営化したフィリピンの首都マニラ市では、水道料金が当初の4倍に高騰。ここでも、水道事業を請け負ったのはベクテル社である。ボリビアにしろフィリピンにしろ、水道事業の民営化が現地の住民にもたらしたのは、水道料金の途方もない高騰と日常生活の崩壊だった。


 「民営化」とはすなわち、日本の公共サービスの運営をベクテル社のような外資に売り渡すことにつながる。

麻生太郎副総理兼財務相は2013年4月19日、
ワシントンD.C.で行われた講演で「水道の民営化」を宣言。

その「舞台」は、マイケル・グリーン氏(元NSCアジア担当上級部長)や
リチャード・アーミテージ氏(元国務副長官)といった

「ジャパンハンドラー」の多くが所属する”タカ派”シンクタンク・CSIS(米戦略国際問題研究所)だった。




 「例えばいま、世界中ほとんどの国ではプライベートの会社が水道を運営しているが、日本では自治省以外ではこの水道を扱うことはできません。しかし水道の料金を回収する99.99%というようなシステムを持っている国は日本の水道会社以外にありませんけれども、この水道は全て国営もしくは市営・町営でできていて、こういったものをすべて、民営化します。いわゆる学校を造って運営は民間、民営化する、公設民営、そういったものもひとつの考え方に、アイデアとして上がってきつつあります」
•Statesmen’s Forum: His Excellency Taro Aso, Deputy Prime Minister and Finance Minister of Japan(CSIS Live)


 このように、安倍政権が今国会での成立を目指す水道法改正法案は、水道事業という公共サービスを米国に差し出すためのものである可能性が高い。いったい、安倍政権は誰のために政治を行っているのだろうかと疑問を抱かざるを得ない。この水道民営化の問題について、IWJでは過去に詳細な検証記事をアップしているので、ぜひ一読いただきたい。


•「日本のすべての水道を民営化します」 ~マスコミが一切報じない我が愛すべき「麻生さん」の超弩級問題発言 (<IWJの視点>佐々木隼也の「斥候の眼」: IWJウィークリー13号より) 2013.8.12

•(続報)外資が狙う日本の水道事業 ~マスコミが一切報じない我が愛すべき「麻生さん」の「水道民営化」発言(<IWJの視点>佐々木隼也の斥候の眼 IWJウィークリー14号より) 2013.8.22

•「貧乏人は水を飲むな」は対岸の火事ではない ――政府が進める水道料金値上げと完全民営化 ~マスコミが一切報じない我が愛すべき「麻生さん」の「水道民営化」発言(佐々木隼也の斥候の眼) 2014.4.16





TPPは死んでいない・・・種子法の改正で危険な遺伝子組み換え作物が日本の食卓に流入!?

 水道法改正案以外にも、今国会では日本人の「いのち」と「くらし」を外資に売り渡す重要な法案が審議されている。それが、主要農作物種子法の廃止法案だ。

 食料の安定的な確保を目的として1952年に制定された種子法は、稲・麦・大豆といった「主要農作物」の種子を対象に、各都道府県に奨励品種の指定と生産を義務付けるというもので、日本の「食料安全保障」に大きく寄与してきた。

 「種子」を「公共財」とみなしてのシステムは、行政によって種を管理・保存し、農家へ安定的に提供してきた。水道と同じく、我々の「いのち」を支えてきたインフラのひとつであった。





 しかし政府は、「民間事業者が参入しにくい」という理由で、同法の廃止法案を今国会に提出。民間の参入により農業の「競争力強化」を図るとしている。

 だが、種子に関する規制が緩和され、水道事業と同様にそこに外資が参入する余地が生じれば、海外の危険な遺伝子組み換え作物が日本に流入するのは火を見るより明らかだ。

 「種子」は「公共財」として保護されることがなくなり、私企業の私有財と化す。我々の生存に不可欠な水も農作物の種子も、ビジネス上の「商品」となってしまうのである。



 その証拠に、規制緩和の集大成とも言えるTPPの旗振り役を務めた住友化学の米倉弘昌会長(経団連前会長)のパートナーは、世界最大のアグリバイオ企業・モンサントであった。モンサントは、TPPによる規制緩和によって、自社の遺伝子組み換え作物の市場を新たに日本でも開拓しようとしていたのだ。今国会で審議されている種子廃止法は、トランプ政権の誕生によって挫折したTPPの「亡霊」とでも言うべきものである。






「民営化」と「愛国化」~「家庭教育支援法」と安倍政権の新自由主義的教育政策とは

 水道、種子に続き、安倍政権が今国会で触手を伸ばしているのが教育の分野である。自民党が今国会に提出を目指す「家庭教育支援法」は、国が家庭教育支援の方針を定め、地域住民に国や自治体の施策への協力を求めるという内容だ。

 すでに削除されたものの、同法案の素案には「社会の基礎的な集団である家族」「国家及び社会の形成者として必要な資質」といった文言が並ぶなど、家庭教育を国家の下部に位置づけようという自民党の意図が露骨にうかがえる。


教育の「愛国化」、あるいは家庭を国家の下部組織に位置づけるために教育が「手段化」されるともいうべきもので、憲法の条文から「個人」という文言を削り、家族を「社会の自然かつ基礎的な単位」と位置づけた自民党憲法改正草案第24条に即した内容であると言える。

•家庭教育支援、地域住民に協力要請 自民の法案明らかに(朝日新聞、2017年2月14日)

•【増補改訂版】『前夜 日本国憲法と自民党改憲案を読み解く』



 他方で安倍政権は、「成長戦略」の一環として、公教育の民営化も推進してきた。政府は2013年10月18日、国家戦略特区の具体策として、公立学校の運営を民間に開放する「公設民営学校」を承認。同校の設置を政府に強く働きかけていたのは大阪市長(当時)の橋下徹氏で、大阪市は2019年春をめどに「公設民営」の中高一貫校を咲洲(さきしま)地区(住之江区)に設置する予定である。







 ここで、上述した麻生財務相によるCSISでの講演を再度引用してみよう。麻生氏は水道の民営化だけでなく、教育の民営化にも言及していることが分かる。安倍政権は、水道だけでなく教育までも、民営化を通して米国に売り渡そうというのであろうか。

 「水道は全て国営もしくは市営・町営でできていて、こういったものをすべて、民営化します。いわゆる学校を造って運営は民間、民営化する、公設民営、そういったものもひとつの考え方に、アイデアとして上がってきつつあります」

 こうした教育の「民営化」と「愛国化」は、正反対のベクトルを向いているように見えて、実は両輪の関係にある。教育は「子供」自身のためのものでなくなり、「個人」が消却され、国家の一部分になってゆく「飼育」の過程と化す。運営や財政の面では徹底した規制緩和を施し、富をもつ者ともたざる者との格差が極限にまで拡大、思想的には「バラバラになった根無し草としての個人」に「愛国教育」を注入して、強制的な一体化を図るのである。



 こうして整理してゆくと、森友学園こそ、こうした安倍政権による新自由主義的な教育政策の「落とし子」だと言えるのではないだろうか。

 「極右カルト」とも言うべき森友学園が「瑞穂の國記念小學院」の建設にこぎつけられたのも、大阪府が2012年4月に私立小学校の設置基準を緩和したためである。森友学園側が要望を提出したのは、当時の橋下徹・大阪府知事で、実際に基準の緩和を行ったのは松井一郎・現府知事。園児に教育勅語を暗唱させる「極右カルト」学園は、維新による教育の規制緩和の過程で生み落とされようとしたのだ。

 橋下・松井の「維新コンビ」、そして安倍総理によって押し進められている、教育の「民営化」と「愛国化」。「国家戦略特区」を利用して市有地の無償譲渡を受けた愛媛県今治市の「第2の森友」こと加計学園にとどまらず、このままでは、「第3、第4の森友」が全国に拡大する可能性は否定できない。




--------- 転載終了 ----------



民営化されたら、水にいろんなモノ混ぜ放題!( ゚Д゚)



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(6)

テーマ:


デイビッド・ロックフェラー死去101歳

https://www.facebook.com/ace.2312?fref=nfさんからの転載です

----------- 転載 ----------


ロックフェラが死んだから酒が飲めるぞ♪
酒が飲める飲めるぞ♪
酒が飲めるぞ♪٩( ᐛ )و

心臓移植手術失敗か⁈

Y!ニュースでは表の顔しか紹介していない(笑)↓
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170321-00000016-fnn-int


---------- 転載終了 -----------





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ダイオキシンは嘘だった。
武田教授が暴露「間違いだらけの環境問題」


 → http://news.livedoor.com/article/detail/12808794/



----------- 転載 ------------


「ダイオキシン」や「環境ホルモン」など、数年前まで人体に悪影響を及ぼすと頻繁に報道されていた、

これらの問題。最近、あまり耳にしなくなったなぁと思いませんか?

メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学の武田教授は、マスコミが報道する「環境問題」に以前から疑問を投げかけていました。


武田教授は、古くから繰り返されていきたマスコミによる「環境問題」の報道は「捏造」や「根拠のないデータ」に基づく誤報であると断言。これらの「架空の環境問題」が次々と報道される理由は、マスコミや研究者、官僚の利害関係があるためとし、「損をしているのは国民」であると、持論を展開しています。




事実と異なることを知った上で報道された3つの「環境問題」

日本のテレビや新聞が「環境問題」で次々とウソをついてきたことは多くの人がすでに知っていることです。一番酷いのは朝日新聞が「新宿・牛込柳町交差点の鉛中毒」事件と「珊瑚礁破壊」事件をでっち上げた事です。
この二つは、従軍慰安婦事件と同じく、事実と異なることを知っていて報道したものです。




珊瑚礁破壊事件とは、朝日新聞の記者とカメラマンが自分達で珊瑚礁に潜って珊瑚礁の表面を削り取り、そこに字を書いてそれを撮影して記事を書き、
「心ない人が珊瑚礁を傷つけている」ということで報道したものです。実は珊瑚礁を削ったり字を書いたりしたのは朝日新聞で、「心ない人」は実は報道した朝日新聞自身だったのです。



牛込柳町の鉛中毒事件はさらに凝っていて、自動車の排気ガスで患者さんや健康を害した人はいないのに、データを偽造し、架空の被害を報道した事件でした。著者が2007年に本を書いたときにはまだネットにこの事件のことが載っていたのですが、2016年に調べたら、すべての記事や報道はネットから消されていました。



さらに多くの人が知っている「ダイオキシンは猛毒だ」という報道の方が大がかりな誤報だったとも言えます。著者がそれに気が付いたのは、ダイオキシンの騒ぎが頂点に達していた2000年頃、綿密に論文や書籍を調べたら、人についての被害がほとんど見られなかったことでした。

ダイオキシン騒ぎに便乗した書籍は人のデータがないのに、表では動物のデータを示し、文章は人間が被害を受けたように書いてあったのです。多くの人は本に専門的なグラフや表が掲載されていても、よく分からないので文章を読むということでトリックをかけたのです。

ダイオキシンの被害として有名な「ベトちゃんドクちゃん」は遺伝疾患、ウクライナの大統領は「塩素系農薬」が原因、そしてダイオキシンの大規模汚染があったというセベソという町のことは取材なしに報道ということだったのです。

人間に対するダイオキシンの架空の報道は、東大医学部の和田先生(毒物学)が「科学の敗北」と言ったように、ヒステリックな社会的反応に科学が事実を示すことを怠ったのでした。その証拠は今では明らかで「ダイオキシンの報道がなくなった」以後は「ダイオキシンの患者が出現しない」ということですので、報道が作りだした架空の毒物といえます。


これが正しい社会か?メディアから締め出される良心的科学者たち

そういえば、一時騒がれた精子が減るという「環境ホルモン」、オスがメス化しているという特定の物質などはいずれも詐欺まがいの事件だったことが分かっています。

さらに、「リサイクルしなければ8年で廃棄物貯蔵所からゴミがあふれる」と言われて著者が計算したら、「おおよそ150年は持つ」という結果になりビックリしたことがあります。リサイクルが始まってもリサイクル率(本当にリサイクルして商品になったもの)は数%しか過ぎず、8年しか持たないと報道された時からすでに20年を経ています。

なぜ、このような報道が続いたかというと、環境の汚染を報道すると、国民が心配してテレビや新聞を見るので、視聴率や販売部数を増やせることにあり、それに協力した学者は研究費を、業者は補助金を、そして官僚は天下り先を確保できたからで、損をしたのは国民です。


ダイオキシンで年間約2000億円、リサイクルが5000億円、温暖化が3兆円と計算されますから、「環境対策」で年間約4兆円を20年も続けてきたのです。

これが税金で、勤労者7000人の一人あたり110万円もムダに取られていたのです。

(続きはご登録の上、お楽しみください。初月無料です)






『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』



著者/武田邦彦(記事一覧/メルマガ)

東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。

出典元:まぐまぐニュース!

外部サイト

ゴミの分別とはなんだったのか。日本人が騙されていた不都合な真実
ペットボトルの分別はやめよう。武田教授が暴露するリサイクル事情
リサイクル運動が、いかに「しょうもない偽善」かを説明しよう



----------- 転載終了 ------------


 → ゴミの分別とはなんだったのか。日本人が騙されていた不都合な真実


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:



ウィキリークスがCIAの秘密ハッキングプログラム公開

 → https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=124161


----------- 転載 ----------


[Sputnik 他]
史上最大の流出 ウィキリークスがCIAの秘密ハッキングプログラム「Vault 7」公開 / 

CIAは中国やロシアがやったかのようなハッキングの痕跡を残して他国をハックしていることが判明


2017/03/08 1:26 PM CIA / アメリカ, 政治経済, 編集者・読者からの情報, 陰謀, *政治経済




 ウィキリークスがCIAの秘密ハッキングプログラム「Vault7」を公開するようです。

タイトルにも
「史上最大の流出」とあるように、こちらも大暴露になりそうです。

 2番目のFacebookの記事によると、ウィキリークスのプレス発表の後に「CIAはスマホ、デジタルテレビばかりでなく、最新型の車のハッキングも行い、遠隔操作で殺人できる技術を開発していた」


「テレビのスイッチをオフにしたと一般の人々を信じ込ませる機能がデジタルテレビにはついており、テレビの電源を『切った』あともテレビは作動していて、一般家庭の会話の盗聴を行い、CIAのサーバに送信する技術がある」

と、あのワシントン・ポストもその一端を報じているようです。


 "続きはこちらから"以降の記事では、ロシア・トゥデイ(RT)が「Vault7」について取り上げているTweetが紹介されています。

CIAはこれまで「大統領選でトランプ氏を勝利させるためにロシアが…サイバー攻撃を仕掛けた」と結論付けていましたが、


今回の件で「CIAは中国やロシアがやったかのようなハッキングの痕跡を残して他国をハックしている」ことが証明されたようです。
 あとは、自らも盗聴されたトランプ大統領の鉄槌に期待したいです。


(編集長)



注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

——————————————————



史上最大の流出 ウィキリークスがCIAの秘密ハッキングプログラム「Vault 7」公開

転載元) Sputnik 17/3/7

7日、ウィキリークスは米中央情報局(CIA)に関する「流出した」一連の資料の公開を始めた。資料のコード名は「Vault 7」。

資料の第1部「Year Zero」には、CIAのサイバーインテリジェンスセンター(CIA's Center for Cyber Intelligence)の機密ネットワークから得られた8761個の書類とファイルが含まれている。資料には、2012年から現在の大統領選挙戦にいたるまで、いかにCIAがフランスの政党と大統領候補の情報を集めていたか、についての情報が含まれている。



先に、今日7日午後にウィキリークスのアサンジ氏が一連の新たな文書に関する発表を行うと報じられていたが、ライブ配信サービス「Perscipe」や「Facebook」のライブ放送がサイバー攻撃を受けたため、発表は延期になった。



「CIAはサイバー攻撃が敵国からのように見える偽装テクニックを使ってる。そしてCIAによるDNS/ロシアンハックはジョークになる。」w

「CIAはロシアや中国がやったように自らのハッキングの痕跡を消している。」w



---------- 転載終了 ----------



 → スノーデン氏:ウィキリークスが公開したCIAの資料は「本物」




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:


警察庁が史上初の答弁「沖縄基地反対派の一部は極左暴力集団です」


 → http://netgeek.biz/archives/93614

--------- 転載 ------------


警察庁が史上初の答弁「沖縄基地反対派の一部は極左暴力集団です」


2017年3月10日


沖縄基地反対派の正体が徐々に暴かれつつある。警察庁の本光弘警備局長がその正体について極めて重大な証言をした。

答弁の内容を紹介しておきたい。これはもっとマスコミが報じるべき事実だ。

自民党・和田政宗氏
「警察庁に聞きます。基地反対運動に過激派が入り込んでいる形跡はあるのでしょうか?」



松本警備局長
「お答え致します。沖縄の基地反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知しております」



自民党・和田政宗氏
「これはすごい答弁といいますか、初めての答弁が出てきたと思うんです。極左暴力集団、いわゆる過激派が基地反対運動の中に入り込んでいるということです。これは過去にはテロなども行っている集団なわけです。そうした集団が沖縄の反対運動に入り込んでいるというのは極めて恐ろしいことだと思います。ただ我が国は法治国家ですから、それを手をこまねいて見ているわけにはいきません。」

動画。流れてくるコメントが盛り上がっている。



これまで沖縄で大暴れしている反対派の正体については噂こそ流れていたものの、公的な立場にある者が言及することはなかった。それが今回、初めて大衆に向けて真実が公開されたのだから大きな前進だ。

少し前、大阪府から派遣された機動隊員が「触るな土人が」と発言して大炎上したことがあった。「土人」という表現に差別的な意図はなかったものの、マスコミから一斉に叩かれた結果、機動隊員は処罰を受けることになった。

▼問題の土人発言。



しかしおかしくはないだろうか。もともと一線を越えた行動を取ったのは基地反対派のほうで機動隊員は言い返しただけだ。話し合いが通じない相手に牽制の意味を含めて言い返す権利ぐらいはあるはずだ。

そして答弁において警察庁が正式に「極左暴力集団が混じりこんでいる」と認めたことで、形勢は一気に逆転する。表面的は事実にのみとらわれて機動隊員をバッシングしたメディアはこの答弁をしっかり報じるべきであろう。テロ集団の味方になってどうする。

そもそも現場の様子を見れば一目瞭然。野生の猿ですらもっと大人しいのに。


責任問題を問われた大阪府の松井知事は当初から「でも相手もめちゃくちゃ言ってるわけでしょ?」と事実関係を冷静に把握した発言を行っていた。テロも行う過激派の人間は絶対に理性で分かり合える相手ではない。日本の平和を守るため、警察には毅然とした態度で治安を取り締まって欲しい。

大手マスコミがこの真実を報じないならば、せめてネット上でだけでも拡散する価値はあるだろう。


---------- 転載終了 ------------









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。