宇都宮駅の駅弁買うの、メッチャ久し振りやなぁ。

宇都宮って凄いのよ。





…ね、発祥の地なんですって!

まっ、これには諸説あるらしいんですがね。

で、宇都宮と言えば餃子!

…と言う訳でコチラ!





…これ、実はトラップが有りまして。

“餃子めし”であって、“餃子”ではない、故に…

《餃子は入っていない!!》

まぁ、だからって文句を言うつもりもないし、それはそれでイーんですケドね♪

因って、





…入っていない(;^_^A

さぁ、頂きましょう!

やはり“餃子めし”ですよね、気になるのは。

なんでしょうねぇ、餃子でもないし、炒飯でもない、有りそうでない、不思議な仕上がり。

売店のおばちゃんが、
「餃子の味に近づけるために相当苦労したみたいよ」
「ラー油を掛けるとまた味が変わるから、試してみて」

…なんて色々入れ知恵してくれたので試す。

うん、ラー油掛けると餃子の雰囲気は出て来るかな?

オカズの方も“モロ”のフライなんかも入ってたり。

“モロ”とはモウカザメのことで、身にアンモニアの成分が入っている鮫は保存が利くので海なし県では貴重な食材として重宝された、なんて話を聞いたことが有ります。

栃木県もそういうことなんかな、と思いつつ頂いたり。

個人的には鮫はチョイと苦手なんですが、それは駅弁に於いて“その土地に因んだものを頂く”という、僕の駅弁理論的な原理原則に添えているので問題なし。

企画モノの雰囲気がするので、気になる方はお早めに♪
AD
上野駅で購入した、仙台駅弁。











さぁ、頂きます!

…。

……。

………。



正直に言います。

僕の好みには合いませんでした。

“煮込み”って言葉、結構ハードル上がるんですよね。

物凄いトロトロのイメージで食べたんで、牛タンの繊維が気になっちゃった。

普段食べてるスライスの牛タンと違い、厚めやったのも一因かな?

あと、一瞬牛タン特有?のクセみたいなのも感じちゃった。

もう一手間、欲しいなぁ。。。

もしリニューアルされたら、またチャレンジしたいと思います(≧▽≦)

AD
これ、初めて見る駅弁ですね♪





静岡の駅弁で鯛めしの駅弁というのが主要駅にそれぞれ有りまして、この鯛めしはどこも非常に甘い仕上がりとなっています♪

正直最初ビックリさせられたんですが、まぁ、段々癖になってくるんですよね。

で、今回は広島駅弁!





見た感じは、静岡のそれと同じ雰囲気。

〔やはり甘めに仕上げてあるんかな??〕と一口目をパクリ♪







!!

!!!

…甘くない!!!!

これはびっくり、しっかりご飯に合う塩気でもって鯛の旨みが口の中に広がる!

これは旨い!!





海老もまたイーですね、海老の風味が全面に出てて、あと、そぼろなのにぷりぷり感まで味わえる♪

玉子焼きがまたイーアクセントになってて、これがまた良い!!

俺はこちらの方が好きやなぁ、ぶっちゃけると。

なんでもそう、結局は好みの問題なんやけどね♪

個人的には…有りそうでなかった、ヒットの駅弁に出逢えました☆☆☆
AD