カレイドスコープ(自閉系・如月の頭の中)

カレイドスコープとは、万華鏡のことです。
高機能広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)と診断された如月の、万華鏡のような頭の中の世界を書き連ねていきます。
ADHD合併、てんかん、うつ持ち。
自宅療養しながら、アールブリュットのアーティストとして活動開始。

ブログにお越しくださり、ありがとうございます。


右の一覧のなかに「自閉症スペクトラム障害とは?」というテーマを設置しました。

そちらに、ざっと障害の特性や対応方法など、まとめております。


どうぞご覧ください。



また、「わわわアールブリュット」さんにて、私の絵画作品を販売していただいております。

こちらのページ↓

http://www.wawawart.com/

の「細密画」のページにあるのが私の作品です。

どうぞご覧くださいませ音譜

NEW !
テーマ:

『宇宙人』第3章 精励恪勤 2-⑤

 

※流血表現があります。苦手な方は読まずにお戻りください。

 

 

 

 

 

 その学会が終わった後、ひとまず僕は家に帰った。

 ずっと学会の発表の準備をしていたから、家でゆっくりすることなんて、ここ最近なかった。

 

 学会の発表の準備で疲れていたし、発表が終わってなんだか気が抜けたようで、疲れが一気に押し寄せた。

 だから、家で少しゆっくりしよう、と思ったのだ。

 家に帰ってそう言うと、母親はとても喜んだ。

 

 僕は自室のベッドに寝転がり、暫しまどろんだ。

その間に、夢を見たような気がする。

 どんな夢だったかは覚えていない。

 でも、とても不安な夢だったことは、覚えている。

 

はっとして目が覚めた。

気が付くと、手首に赤い紐が巻き付いていた。

あの、触るとぬるぬるする紐だ。

 

僕はまた、手首を切っていた。

そして、自分の部屋の床に座り込んでいた。

 僕は眠っていたはずなのに、何が起きたのだろう。

一体、どうなっているのだろう。

 

 まだ夢を見ているのだろうか。

僕の目の前の床には、カッターナイフが落ちていた。

僕は、カッターナイフを手に取った。

これは、夢なんかじゃない。

 

やってしまった。

僕はまた、無意識に手首を切ってしまった。

 

以前もそうだった。

あの時も、気が付くとカッターナイフを握っていた。

 

 僕は、カッターナイフには何か、魔物でも取り憑いているんじゃないかと思った。

 僕は、手首から流れ出た血が、僕の周りの床をじわじわと蝕んでいくのを見ていた。

 

床には、血だまりができていた。

 血だまりはゆっくりと、その面積を広げていった。

僕はその中に、また宇宙を見た。

 

もしかしたら、宇宙の始まりも、こんなものだったのかもしれない。

 なにか、とてつもなく大きな生命体から流れ出た体液が、少しずつ広がって、宇宙が生まれたのかもしれない。

 

 キラリが、宇宙の果ては、今もどんどん広がっていて、どこが果てなのか、誰も証明ができない、と言っていた。

 きっと、僕の手首から流れ出た血が広がるように、宇宙の果てもどんどん広がっているのだろう。

 

 だんだん、眠くなってきた。

 少し寒いが、とても心地よい。

 僕は、その心地よい血だまりの中で、再び眠ってしまった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。