テーマ:

スティーグ・ラーソン著『ミレニアム』を読みました。

 

{1C98152E-8FAF-460E-A1E1-859A4DD98906}


「ドラゴン・タトゥーの女」「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」の3部からなるミステリー作品です。


 

とにかく面白い!

 

 

北欧ミステリは登場人物の名前に馴染むのが大変ですし、この作品は特に登場人物が多いので読んでいると、あれ?この人誰だっけ?みたいになって、一度読み戻って確認するみたいな作業を繰り返したりするんですけど、把握してからは本当に面白いですね。

 


 

第一巻で登場するドラゴンタトゥーの女リスベット・サランデルのキャラクターが圧倒的ですが、メインストーリーは彼女ではなく過去に起きた事件の謎解きです。第二巻ではリスベット・サランデルの過去が明らかになり、旧ソ連の大物スパイや公安警察の裏組織との対決に発展していき、かなりハイテンションなエンターテーメントになっています。第三巻は法廷モノの要素が強いので派手さは無いものの読者を引き付ける巧さがあって最後まで飽きさせません。


 

 

少年のようにしか見えない小柄で華奢なリスベットはパンクロッカーのように髪を短く刈って鼻と眉にピアスを付けて革ジャン姿です。誰にも心を開かない孤独な女性リスペッドがとにかく魅力的です。

 

 

彼女の持っている特殊な能力が非現実的ではない能力というのがポイントだと思います。これが非現実的な超能力のようなものだと現実味が無くなってしまいますが、現実的な能力なんですよね。

 

 


この能力を武器に彼女は一人で大悪党や国に戦いを挑みます。様々な逆境と戦いながら生きていく彼女の姿がとにかくカッコ良いんです。ハードボイルドでありパンキッシュ。恋に落ちて慌てる面もあったり、ハーレーダビッドソンの魅力に勝てずに悪党のハーレーを拝借して感動してたり、憎めないキャラクターです。

 

 

 

できれば第四巻も読みたかったですね。著者のスティーグ・ラーソンはこの作品が発売される前に他界されているとのことで、彼の書く続編を読むことは出来ないんです。

 


 

彼が描くその後のリスベット・サランデルを読みたいですが、それは現段階では無理なようで(彼のPCの中に第四巻が書かれているという話もありますが)、ダヴィド・ラーゲルクランツという作家さんが続編の第四巻を描かれて好評を得ているというのでそれを買いました。


{3CAA9063-A7DC-4248-8ECF-424798AC5622}


 

ちょっと時間を空けて、何冊後かに読もうかなと思います。

 

 

スウェーデンのミステリといえば今年は『熊と踊れ』も読みました。実際に起きた事件とのことですが、読んでいると「本当かよ~~これ~」というくらいに凄い話です。


{2AFAA12B-4172-4B55-90E4-5EB06BEA51DB}


かなりおススメです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ジャパンカップですね。

 


やはりレイデオロとキタサンブラックの戦いでしょう。

 


デムーロ騎手はキタサンブラックはめちゃくちゃ強いと言ってました。あれだけ叩き合ったわけですからよっぽど実感したのでしょうね。

 


◎レイデオロを狙います。

 


レイデオロはキングカメハメハ×シンボリクリスエスでディープインパクトの近親という血統なので種牡馬としてとても貴重です。ディープインパクトの肌と配合するとウインドインハーヘアの4×3の牝馬クロスが生じます。ダービーを勝っていますので種牡馬入りは確定ですが、やはりキタサンブラックを負かしておきたいでしょうからね。

 


レイデオロの配合は素晴らしい配合です。

 


母ラドラーダのシンボリクリスエス×Seeking the Goldが既に優秀で、Seattle Slew(My Charmer)×Mr. Prospector×Buckpasserの配合からはたくさんの名馬が出現しています。日本でもマルガイブームの頃にヒシアケボノ、タイキフォーチュン、シーキングザパールなどが大活躍しました。

 


シンボリクリスエスの場合はSeattle Slew×Francis S.からWar Admiral×La Troienneを3つ持っています(Striking、Busher、Blue Eyed Momo)。この状態からBuckpasser(War Admiral×La TroienneのBusandaを持つ)を配合しているのでラドラーダの中にはWar Admiral×La Troienneが4本入っています。

 


そしてキングカメハメハとの配合でSex AppealからMr. Busher(War Admiral×La Troienne)が更に加わります。キングカメハメハ×ウインドインハーヘアは相性が良くて評判のワグネリアンもディープインパクト×キングカメハメハで組み込まれています。

 


キタサンブラックを負かせられるのはレイデオロかスワーヴリチャードしかいないでしょう。

 

 

〇キタサンブラック

 


ほぼほぼこの1点で良いと思います。

 


▲サトノクラウン

 


△ギニョール、マカヒキ、ヤマカツエース

 

 

馬単1点で当てたいところですね~

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

レオナルド・ダヴィンチの「サルバトール・ムンディ」が510億円で落札されましたね。

 

 

美術品としては最高落札額です。

image

 

 

予想落札額は1億ドル(112億円)とされていましたが、そんなに安いわけありませんからね。

 

 

私は最低でも2億ドル以上はすると思っていましたから、だろうな・・・という感じでした。

https://ameblo.jp/kineuchi/entry-12319630785.html

 

 

ダヴィンチを私物化できるチャンスなんて無いですからね。

 

 

誰が落札したかはいつものように知らされていません。

 

 

美術館が落札してくれていれば観に行けるチャンスはあったんですけどね。

 

 

落札額の予想というのはサラブレッドのセリにおいてもとても重要です。

 

 

セリに参加する際に誰がどの馬をどれくらいの予算で狙っているかという予想というのは極めて重要なんですよね。

 

 

上場される馬の順番というのもありますからこの予想を間違えていると買いたい馬が買えなくなってしまいます。

 

 

予想落札額を見極めてさえいればセリの最中も冷静でいられます。だよなという感じで値段が上がっていくのを冷静に見ていられます。

 

 

馬の分析も勿論重要なのですが、セリの分析というのもとても重要です。

 

 

今年のセレクトセールでもロードカナロア産駒が1億5000万円を超えたので驚いたということでアドバイザーの私のところにインタビューが来ましたが、あの馬が1億5000万円を超えるのは分析できていたんですよね。だから1億5000万円から冷静に参加できました。2億にはならないということも予想できていましたから、その間でしょうという判断です。完全に想定内の落札でした。ヘニーヒューズ産駒の落札にも参加しましたが4000万円前後という予想の通りに落とせました。

 

 

見誤るときもあります。スワーヴリチャードの時は1億だと予想していたら1億5500万円でした。セリは熱くなりますからヒートアップしてしまうとその一つ上の区切りまで行ってしまうんですよね。もちろん相手がヒートアップする馬主さんかどうかも見極めないといけないんですけどね。

 

 

「サルバトール・ムンディ」観たかったなぁ~~

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は京都でスワーヴリチャードの祝勝会に行ってきました。


{CE6BCB77-3564-4A8C-89AB-86839D4BCF73}


デムーロ騎手も参加してくれてとても盛り上がった祝勝会になりましたー


レッドファルクスではなくペルシアンナイトを選んだ理由なんかも聞けて凄く勉強になりました。


スワーヴリチャードに関しても「ヤバイ」を連発してその強さを説明してくれました。


最後は祝勝会に参加した人皆んなにサインしてくれるというサービス振りで皆さん大喜びでした。隣に座っていた私もついでに?サインしてもらいました。

{0AC8F972-299B-42AF-B85E-C6273B419AD7}


タタソールズのカタログにしてもらうという。


最終の新幹線にギリギリ間に合って横浜に帰宅。帰りの新幹線の中でこれを読みました。

{9E43E2D4-BD4B-4501-A2D9-6A25513A7AA2}


永久保存版ですねー


このナンバーの冒頭の記事で鷲田康というライターさんが良い事を書いていましたね。


リーグ優勝したチームが日本シリーズに出られないと必ずCS不要論が持ち上がるが、ポストシーズンというのは高校野球のような勝負の醍醐味があり面白い。日本シリーズはサッカーのカップ戦のようなものだと考えれば良い。


と語ってます。


サッカーのカップ戦とは思えないですが、レギュラーシーズンはあくまでも予選なんですよね。何ゲーム離して優勝しても予選通過でしかないんですよ。弥生賞をぶっちぎろうがハナ差だろうが皐月賞が本番なわけで、弥生賞で疲れきったら皐月賞は勝てないわけですからね。いかにして本番に臨むかが大事なんですよね。今のプロ野球はプレーオフに進出するのが目標なわけです。


そこを勝ち上がって日本シリーズに出るんですよね。皐月賞を勝ち上がって、4着までに入ってダービーに出るわけです。しかし、以前も触れましたがやはりリーグ優勝チーム同士が日本シリーズを戦ってきた歴史が長かったから馴染めなくてCS不要論が出てきてしまうんですね。レギュラーシーズンの意味がないじゃないか的な発想です。


このライターさんが良い事を言ってるのはアドバンテージの1勝すら要らないと言ってる点です。2位に10ゲーム差を付けたら2勝のアドバンテージを与えるという論すら出てきているというのは勝負の面白さを削ぐだけだと言ってます。


確かにその通り


アドバンテージの意味が分からないんですよね。あんな事するからポストシーズン制の意味が伝わらないんですよね。このライターさんは3試合マッチは辞めて5試合マッチにすべきだとも語ってます。


ほんとその通り。


CS不要論を言ってる人の殆どは普段はプロ野球を観ていない人なんですよね。広島が凄く強いらしい、ソフトバンクが凄く強いらしい、その戦いが観てみたいというノリなんですよね。


来年はベイスターズがレギュラーシーズンを圧勝すると思いますが、やはりプレーオフは楽しみですしね。そこで負けて日本シリーズに出られなくても真剣勝負が観られるのが楽しいわけですからね。どう始めるかではなく、どう終わるかが大事だというラミレスの考えが正解なんですよね。


デムーロ騎手と話していても外国人の方が日本のシステムを理解する力があるなと感じるんですよね。


彼は3歳馬がアルゼンチン共和国杯から有馬記念に行くのは理想的だと言ってました。私も常々そう感じていて有馬記念の予想の時に必ず記していますが、スワーヴリチャードのローテーションはとても面白いと言ってくれました。


日本馬の海外遠征の考え方もとても的を得ていて、そうだよなあやっぱりという事がとても多いんですよね。


話が脱線してるー


そうそう先週はレッドベルローズが圧勝しましたねー

{D289E418-ED8E-471E-9104-65F35AAE81C2}


あの状態で圧勝しちゃうんだからかなりの能力ですね。楽しみです。


ルーカスは残念でした。戸川さんと一緒に応援したのですが勝った馬がヤバイ奴でしたからね。


でもモーリスも古馬になってから強さを増しましたからね。最終的にはモーリスクラスになるでしょう!


楽しみですね〜〜
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はノーザンファームさんで馬見。

{44735983-F54B-47C1-A32C-4049362BD5F1}


いつものニャン登場

{4121F4A8-80F4-48AA-BD59-DA289B6143DB}


人懐っこい可愛いニャン

抱き放題です。


その後に社台スタリオンてオルフェーヴルを見て


{4934F7C9-95BB-4A0B-A473-47F9E64577B3}


絶好調のロードカナロア

{FDF63498-A681-43CD-B360-F4A2C20E55FB}


そしてディープインパクト

{9E8D6181-1191-4D3B-82DC-087896DF65AF}


その後ファンタストに行って終了です。

{3B00C66B-5D2B-4F4D-915D-99FFE0F844CE}


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。