地機をぜひ見にいらして下さい!
〜着物専門店 銀座もとじさんに行ってきました〜

 

 

いつも着物の産地や技術を
学ばせていただいている
着物専門店 銀座もとじさんから
昨夜メールをいただきました。
 
 
4月15、16日の2日間のみ
越後上布を織る地機(じばた)
お店に来ているとのコト。
 
 
3分でも良いので
ぜひお立ち寄り下さい!

 
 
と熱いメールをいただき
お伺いさせていただきました。
 
 


 
上布(じょうふ)とは
布の高級品のこと。
新潟の越後上布と
宮古上布が有名。
 
 

↓こちらが麻糸の原料
これをひたすら裂いて裂いて


 ↓↓↓ 

つなげて一本の糸にして
色を染めたりしてから
機にかけます。

 

 


上布を織る
地機を見るのは
私も人生初!
 
 
地べたに座るような姿勢で
麻の布を織っていきます。
 
  
麻の糸は乾くと切れてしまうので
湿気がたまる低い位置で織る
地機が残ったとか。
 
 
それでも、糸を水で濡らしたり、
現代なら加湿器を使いながら
織っていきます。
 


 
右足首に結ばれた紐が
経糸(たていと)につながっていて
右足を前後に動かしながら
織っていらっしゃいました。
 
 


切れてしまった糸を結び直しがら
一本一本丁寧に折り込んでいくので
糸切りばさみが大活躍。
 

 


    
絹よりも
上布は手がかかるから

 
 
と織り手の方が
おっしゃっていました。

 

 

 

 

今日、銀座もとじさんに

いらしてくださった織り手さんは、

ずっと絹の織りをしていて

麻を織るようになって10年。

 

 

それでも帯一本分

無地の4mの布を織るのに

半年かかるとのこと。

 

 

手で織られた麻の着物や帯は

同じ麻でも機械で織られたものとは

お値段が本当に、一桁変わります。

 

 

そのお値段の背景にある

丁寧な丁寧な 手仕事の存在を

まずは知り、理解したいと思うのです。

 

 

 

縁あって私たちの
手元にあるきものたち
 
 
その原型が何で
どうやって着物になったのかを知ると、

 

 

愛着がますます強くなり

着物を大切に思う気持ちが
着こなしに現れます。
 
 
こうやって作るんだ…!!
という知る楽しさを
大事にしていきたいですね!

 

 

 

▼銀座もとじさんの
高機・地機の紹介動画はこちら!
https://youtu.be/b1JDZi0jlpc
 

 

いつも着物のことを

深く学ぶ機会をくださる

銀座もとじさんに

感謝の思いでいっぱいです^^ 

 

 

 


きものは日本性の最強の負服!
ジャパネスク・ビューティ・クリエイター
上杉惠理子(うえすぎ えりこ)

 

 

 

★★お知らせ★★

 

もっと詳しく知りたい方はこちら!

きものを着たことが無い方でも

似合うきものを着こなせるポイントをまとめました^^ 

https://www.agentmail.jp/form/pg/6175/1/?mybgfoot

 

春だからこそ!
きもの美人デビュー完全マニュアル

無料PDFダウンロード

AD