冬の札幌の歩き方

テーマ:
冬の札幌の歩き方です。
気温はプラスマイナスを行ったり来たりするでしょうが、基本的に寒さが得意なスケオタにとってはむしろ得意な温度域かもしれません。
蛇足ながら、外は寒くとも地下街、店舗内、ホテル内等は暖かいので、暖かいところへ行った時には調整できるような(例えばボタン・ファスナーで前を開けられる)防寒着を着用されることをお勧めします。

次に靴です。
この時期(今もですが)、札幌の道路は凍っています。
氷大好きなスケオタには夢のような環境(^-^)/
と言って笑ってばかりもいられず、凍った道路に慣れた札幌っ子でさえ転倒し負傷することもありますので十分注意してください。
注意点として

1.底に溝のある靴を履く
これは鉄則です。
本州仕様の底が平らな靴を履いては、歩けたものではありません。
千歳空港には脱着式の靴底を売っていますが、家を出る時から履いてくる方がいいでしょう。

2.基本はすり足
滑りやすい地面を蹴っても、反作用が無いので足は滑って行きます。
また、前に足を踏み出してもそのまま滑って行くこともあるので要注意。
イメージとしてはペンギン歩き。
そして膝は柔らかく反発力を吸収。
足に力をかけずソロソロと歩きましょう。
また、スケートリンクのように水平に凍っている所はまずありません。凸凹していたり、傾斜していたり・・・。

3.乾いたところも滑る
凍った道からコンビニに入って一安心と思ったらそれは大きな間違い。
靴の裏に少しでも雪が付いていると、コンビニやホテルのようにツルツルの床材を使用している所は非常に滑ります。ひょっとすると道路以上かも。
店舗内にも、滑りやすいと注意書きをしてくれていますが、乾いたところに入った安心感でつい油断しがちなところなので要注意。
また、氷が張っていないアスファルトの道路でも、アスファルト自体が凍りついていて滑ることもありますので、お気をつけ下さい。

冬道の歩き方については色々とネットに紹介されていますので、そちらもご参照ください。

AD

それでは、地下鉄真駒内駅と会場のアクセスです。

ネタとした記事が2年前のものなので、少々見づらいかもしれませんが

ご容赦ください。


地図です。


氷の国から

【会場~地下鉄真駒内】


”A"マークのついた真ん中上の会場から右下の<札幌市営地下鉄> 南北線の真駒内までは約2km弱。

徒歩で約20分くらいでしょうか?

ただし、冬場の足元の不便さを考慮するともう少しかかるかもしれません。(一応30分としましょう)


定鉄バスからは<シャトルバスの運行表 >も出ております。

発車時間は、大会の時間に応じて変更してくれると思います。

ちなみに、運賃は200円だとか・・・(^^;


地下鉄真駒内まで 18:30

徒歩費用         0円

定鉄バス       200円



※以下の記事はNHK杯時18:00終了で飛行機最終便に乗れるかどうかをシュミレートした際の記事です。

 表記されている時刻は御参考までにご覧ください。

 尚、時刻は全て平成24年12月に直してあります。

 

【地下鉄真駒内~札幌駅】


真駒内駅時刻表

今のダイヤでは18:34に麻生行きがあります。

札幌着は18:52

乗り換えもなく、一本で行きます。

ちなみにJR札幌駅への乗り換えは進行方向前方です。


札幌駅着  18:52

費用     280円


【JR札幌~新千歳空港】


ここからはJR北海道 です。

<JR北海道時刻表>


19:10に新千歳空港行き「エアポート190号」が発車します。



新千歳空港着 19:46

費用       1,040円




<参考ルート>

いよいよ時間が迫ってきた場合、会場からタクシーで福住バスターミナルまで飛ばし、

福住バスターミナルから空港までバスに乗る手もあります。

が、冬季であることを考えると道路事情が読み切れない点もありますので

ご注意ください。

福住バスターミナル時刻表

福住バスターミナルへの出入り口は

イトーヨーカドーから地下鉄入り口に向かったところになります。

迷うより、店の方に聞いた方が早い!

地下鉄福住構内図

福住バスターミナルまで約30分、福住から空港まで約1時間(通常走行時)


【新千歳空港から】


空港では搭乗手続きに少なくとも40分は見た方がよいでしょう。

最後に現在の新千歳空港発の19:00以降の出発便一覧を貼っておきます。

お帰りはくれぐれもお気を付けください。


※上記情報はすべて現在の情報を基に作成しております。

 徒歩時間については道の込み具合等により大きく異なります。

 現在、18時以降に真駒内発新千歳空港行きのバスは走っておりませんが

 NHK杯開催中に直通バスが走るか否かは不明です。

 (ちなみに、昼間走っている直通バスの所要時間は約60分です)


東京※510マイル
会社名 便名 発着 備考
日本航空 JL524 19:00→20:40
エア・ドゥ HD34★ 19:00→20:40
全日本空輸 NH78 19:30→21:10
日本航空 JL526 20:00→21:40
全日本空輸 NH82 20:30→22:10
日本航空 JL528 21:00→22:40
エア・ドゥ HD38★ 21:00→22:35
スカイマーク BC730 21:00→22:45
全日本空輸 NH84 21:20→23:00
日本航空 JL530 21:20→23:00
エア・ドゥ HD40★ 21:20→22:55
全日本空輸 NH964 21:40→23:30
スカイマーク BC732 22:40→00:25


成田510マイル
会社名 便名 発着 備考
ジェットスタージャパン GK118 20:00→21:45
関西空港666マイル
会社名 便名 発着 備考
全日本空輸 NH1720 19:30→21:45
ピーチ MM110 20:05→22:20
スカイマーク BC908 20:20→22:35


神戸666マイル
会社名 便名 発着 備考
スカイマーク BC178 19:10→21:15
名古屋(中部)614マイル
会社名 便名 発着 備考
日本航空 JL3118 19:10→21:05
全日本空輸 NH714 19:25→21:20 1~12日40分遅発
全日本空輸 NH716 19:50→21:45

スカイマーク BC770 20:10→22:05
仙台335マイル
会社名 便名 発着 備考
エア・ドゥ HD76★ 19:00→20:10
全日本空輸 NH1856 19:30→20:50

AD

札幌にお越しの多くの方がご利用になるのが札幌市営地下鉄。


全日本会場となる「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」最寄駅は




 南北線「真駒内」




また、多くの方がご利用になると思われる


「さっぽろ」「大通」「すすきの」はいずれも南北線の駅ですので


乗り換えずに行くことが出来ますし、真駒内は終点駅なのでわかりやすいチョキ




【所要時間】




上記3駅からの所要時間は下記です。




「札幌」      17分


「大通」      16分


「すすきの」    14分




他の駅からの所要時間はこちら





【料金】




上記3駅から真駒内までの運賃はいずれも片道280円










他には土曜・日曜であれば500円で1日乗り放題のドニチカキップ


地下鉄バスが1,000円で一日乗り放題の共通1DAYカード


1,000円で1,100円分利用できる共通ウィズユーカードもあります。


(共通ウィズユーカードには他の価格帯の設定もあります)




<札幌市営地下鉄路線図>

AD






では、JALでお越しの方。


基本的にはANAと同じです。




氷の国から



中央真ん中の青文字のメインビルあたりがJALの出口です。




JALの到着口正面は




氷の国から



こんな感じです。




右を見ると




氷の国から





左側にはやはりバスの案内所




氷の国から



そしてその左側にはやはり地下へ延びる謎の通路




氷の国から



そしてANAと同じようにバス案内所の右側の扉から表に出るとほぼ正面にあるのが






氷の国から



札幌都心行き14番バス停




出口からやや左にあるのが




氷の国から



12番バス停 真駒内方面行です。


念のためもう一度バス時刻表をリンクしておきます。




<バス時刻表PDF>





新千歳空港から出てくると、目の前に広がる北海道の大地!!


ではなくて、駐車場とか空港ビルとか・・・・汗




空港ビルを出てすぐ左側にあるのがこちらのバス停




氷の国から



22番のバス停。


こちらは札幌都心行き。


北海道到着後、会場に直接行かず、札幌駅や大通・すすきののホテルに荷物を置いていく方には便利です。


また、会場に直行する場合


福住バスターミナルから、真駒内会場までタクシーを飛ばすという大技も使えます。


ちなみに、福住は高速を降りて、札幌ドームの横を走りすぎるとすぐです。


所要時間は空港から真駒内までおよそ1時間から1時間15分くらいでしょうか?




22番のバス停を横に見てもう少し前に進むと








21番のバス停


こちらでは、まっすぐ地下鉄真駒内駅に向かいます







氷の国から





バスの時刻表はこちら


地図等も掲載されていて便利です。


バスは北都交通と中央バスが共同で走っていますので


どちらのバスでも、行くところは同じですし、チケットも共通です。




<バス時刻表PDFファイル〉



北海道の入り口、新千歳空港の歩き方です。
こちらもNHK杯時の記事を基本的に更新するスタイルをとらせていただきます。

NHK杯時に撮影した写真を掲載しておりますので
写真では路面は乾いておりますが
現在は凍っていると御考え下さい。

最初はANA,AirDO編




氷の国から



少々見づらいかもしれませんが、上図左端に赤い大文字で書いてある「1F」のすぐ下にあるのが


ANA・AirDOの到着口です。


ここから出てくると正面に見えるのが







氷の国から




う~ん逆光で見づらい。




そして右を見ると




氷の国から





そして左前方に見えるのが




氷の国から



もうちょっと寄って見るとこんな感じ




氷の国から



ここで、札幌方面へのバスのチケットが買えます。


片道1000円、往復で1900円


チケットを買わなくとも


バスを降りるときに1000円を払えばいいのでご安心を


バスに乗る際は、こちらのバスの案内所に向かって右側の扉から外に出ます。


外に出ると 以下ANA編2に続く→






ちなみに


バスの案内所の左側には




お~~~~~、謎の地下通路目






氷の国から



ここからJRの駅へ向かいます。




こちらがJRの時刻表です。




<JR時刻表>









2012全日本開催

テーマ:
久しぶりに記事を書いています。

社会人としては非常に忙しい年末。
TV以外ではご縁が無いものと思っていた全日本選手権が
今年は真駒内で開催されるとか。

そこで、今回は冬の札幌についてアップさせていただこうと思います。
ただ、しばらくブログもアップしていない為
何かと手間取ると思います。

当面は昨年のNHK杯に向けてアップした
Road to Sapporo
をご参照いただければ良いかなと思っております。

ちなみに、今回も以前のRoad to Sapporoに手を加える形で
進めさせていただく予定です。

尚、NHK杯が開催される22日、24日には
札幌ドームで

GIFT of SMAP
-CONCERT TOUR 2012-


が開催されますので、36号線を通る方は渋滞に
充分ご注意下さい。

札幌ドームスケジュール 22日

札幌ドームスケジュール 24日

祝、アシュリー4大陸制覇クラッカー


正直、今回の4大陸は前々週のビッグイベントの余韻で


ある程度流すだろう。

ただ、面子からすると表彰台は間違いないかな


とは思っていたのですが



優勝しちゃったニコニコ



全米制覇をきっかけにアシュリーは覚醒したのかもしれません。

今回の4大陸も終始安定した演技。

SPではアグレッシブに3+3にチャレンジ。

そして「Black Swan」はアシュリーの代表作。


なんかスポーツ漫画のような展開になってきました。

全米選手権で、シズニーを倒し

4大陸で元世界女王真央ちゃんを倒し

そして次はワールド。


ワールドがますます楽しみになってきた。

がんばれアシュリー!!



氷の国から



氷の国から

おめでとう、アシュリー

テーマ:
とうとう、アシュリーが全米選手権で優勝を果たしてくれました。

シニアになって以来、表彰台の常連にはなるものの

優勝とは無縁だった彼女が初めて手にしたのが、全米選手権というビッグタイトル。

感無量です。



好きなスケーターは数多くいて、それぞれの選手が活躍してくれるのは嬉しいことですが

やはり、アシュリーは別格。

今年の全米選手権は、本当にスリルと喜びを感じることが出来ました。
以前予想記事にも記載しましたが、今シーズン今一つ調子に乗れていないミライちゃんやレイチェルの可能性は低いと思い、シズニーとの一騎打ちと想定しておりました。

アグネスがSPトップと言う快挙を達成しましたが、これまでの経験値からアグネスにはまだ少々荷が重いのではと、シズニーとの戦いに絞った記事も書かせていただきました。

FSでは、サルコーのすっぽ抜けという軽いミスはありましたが、会場の大声援を受け素晴らしい演技。
本当によかったです。

思い起こせばアシュリーファンになったのは、2008年の全米選手権のヘンリーⅧから。



それ以来、彼女は毎年NHK杯にも来てくれて、そして今か今かと待ちわびていた日がとうとう訪れてくれました。

さて次はワールドです。
同じく2008年のワールドで、キミーと一緒に戦ってアメリカ枠を2枠に減らして以来
ずっとアメリカは2枠のまま。
ソチに向けそのアメリカ枠3枠を取り返すのにアシュリー以上のうってつけの選手はいないでしょう。
全米制覇を成し遂げ、自信と勢いを得たアシュリーがワールドで良い結果を残すことを拙に祈ります。
今日、この祝日を持ってアシュリーの第1章はめでたく完結いたしました。
そして、これから新たなる第2章が始まります。

アシュリーおめでとう。

$氷の国から

$氷の国から