● 働くママのブログ。会長に呼び出しされた日。5年経って話せること


第1話


社長が立ち上げた研究開発は、途中で丸投げされたが、みんなの協力もあって商品化までこぎつけた。


営業と苦戦しながらも販売することも出来た。


でも、社長の描いた夢物語のように甘いものではなかった。


夢物語だけで立ち上げた会社は、規模だけ大きくした会社は、赤字が続いた。


社長は2代目で何の不自由もなく育てられた。


ただ、会長からの愛情が少なかったせいで、人を信用できない根暗人間だ。


そりゃそうだ。


会長の愛人は週に何度か会社に来ては、会長室でマッサージチェアに寝そべっている。


忘年会やグルフコンペなどの会社の行事にもコンパニオンとして現れ、会長の隣の席に着く。


そんな光景を小さい頃から目の当たりにし、会長を恨みながら母親を支えてきた。


会長も社長に負い目があるから、お金は出す。


だから、会社を立ち上げた時も好きにやらせた。


しかし、社長の金遣いは、ひどいものだ。


私が、財務状況を確認した時には億に近い負債があった。


それを私のせいだと言われた。


足を引っ張るなと言われた。


社長は金遣いが荒いだけではない。


取引先と問題を起こしては、部下に尻拭いをさせる天才だ。


一日中チャットで社員の文句を言っては、昼寝している。


誰にでも良いことばかり言っては、現場を混乱させほくそ笑む悪趣味を持っている。


そんな社長でも給料をもらっている以上、社員は支えてきた。


経費は半分近く減らした。


営業活動も活発化させた。


社員の努力で損失がそこで収まっていることを会長は、知らない。


私は、ただただ怒り狂った会長に頭を下げていた。








#ママ

#仕事

#悩み

#子育て

#保育園

#管理職

#ワーキングママ

#働くママ

#イクメン

AD