Powered by NINJA TOOLS

大分県の豊後大野市で農業を営んでおります。時々和服を着て町に下りますと、サムライに間違えられ、小中学生に後ろ指を指されたりしております。

愛刀「菊一文字」を腰に差し、弟子を引き連れ、各地で紙芝居の上演などをしております。

尊敬する師のブログです⇒日本の森を救う「植えない森=地球が再生する森」のすすめ

これ以上、土砂災害で尊い人命が失われないように、どうか、皆さん真実を知ってください!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-15 15:41:18

4合のお米が30Kgの米袋14袋に増える。

テーマ:田んぼ

 

お米の種を蒔いた。

 

5月7日に濃い塩水で選別した種籾。900g。玄米で600g。4合。

 

バケツの水に入れて、時々水を換えて8日間。

 

今どきの水温は15℃前後なので、時々、ペットボトルに水を入れて凍らせた氷をバケツに入れて、温度を下げ、芽の出を遅らせる。稲は積算温度100℃で発芽するので、常温のままだと15℃×7日=105℃日で発芽してしまうのだ。

それに、時々冷水に当てることで、環境の変化に強い種籾になってくれる。

 

田んぼの中に「浜」と呼ばれる畝を作り、水を溜めてから種籾を蒔く。

水を溜めているので、ゆらゆら揺れて着床し、均一に種が蒔かれる。

 

種を蒔いた後は、周りを網で囲い、鳥の侵入を防ぐ。

 

種籾を食べる鳥を避けることが第一だが、田んぼに棲むタニシやカエルを狙ってくる大鷺が苗床を踏み荒らさないようにする。

 

竹の先に赤い傘をぶら下げて鳥を脅す。

 

 

4合の種籾がうまく育てば、約420㎏の玄米になる。
30㎏の米袋が14個にもなるのだ。
1粒が700粒に増える。
その魅力のために、昔の人は米作りを始めて、ずっと続けてきた。
今になって、どうして米作りをする人は少なくなっているのだろうと不思議に思う。
みんな、お金に目がくらんでしまっているのだ。
みんな、玄米よりお金が好きなのだ。
お金でたくさんの玄米が買えるからだ。
 
だけど、自分が作った本当に美味しいお米は、お金では手に入らない。
 
 
 
それは、お米を作った者にしかわからない真理だ。
 
 
 
 
応援のクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
 

 

 

AD
いいね!(32)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-01 21:17:28

熊本県南阿蘇へ、フキの佃煮を送る

テーマ:震災

 

内径32センチの大鍋一杯のフキ。

 

5センチ~7センチに切り、水から塩ゆでしてアクを抜く。

 

 

 

ザルにあけて、からいりして水分を飛ばす。

 

 

ミリンと醤油を入れる。

 

 

 

薪ストーブでじっくりと12時間。

 

 

 

大鍋一杯のフキが、20本の瓶詰めになりました。

 

 

熊本県南阿蘇で被災した方々に送りました。

 

南阿蘇よみがえり

 

 

 

日持ちもするので、オニギリやご飯のお供に最適です。

 

 

 

 

 

応援のクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

AD
いいね!(31)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-30 19:52:10

畑は、なんともなかです

テーマ:震災

 

益城町は、どこも道路が壊されていて、

注意して運転しなければ、ハンドルを取られて大変なことになるところだった。

 

 

グランメッセ熊本という産業展示場の公園に植えている大木。

植えたばかりで根が張っていなかったのだろう。

 

 

 

 

駐車場にはたくさんの車が止めてあった。

避難した方がここで車中泊している。

自衛隊が、八代フェリーに泊まる人を募集していた。

 

 

テントの中では、足湯やマッサージをしていた。

車中泊の人の健康診断もしていた。

 

 

 

どこの避難所にも自衛隊の方がいて、給水や炊き出しをしていた。

 

 

 

 

阿蘇の外輪山も土砂崩れがひどかった。

 

 

益城町では、つぶれた家屋がたくさんあったが、カメラを向けることは到底できなかった。

 

 

益城町で道に迷って、

 

貸し農園で農作業をしている70代の男性に尋ねた。

 

地震の時の様子をうかがうと、

 

「家はグシャグシャになったけど、(妻と)ふたり命があっただけ、よかですよ。」

 

と、おっしゃった。

 

「(作物が)よう(よく)、できてますね」

と言うと、

 

「いやあ、今から(夏野菜の作付け)ですよ」

と、おっしゃった。

 

いろいろ話したあと、

 

おじさんは、ぽつんと、

 

「畑は、なんともなかです」

 

とおっしゃった。

おじさんは多分、避難所から畑に通っているのだろう。

畑がある限り、希望があると思った。

 

 

 

 

 

益城町への行き帰り、たくさんの県外からの車両とすれ違った。

 

東北電力(福島ナンバー)

東北電力(宮城ナンバー)

四国電力(愛媛ナンバー)

中部電力(長野ナンバー)

北陸電力(福井ナンバー)

九州電力福岡

栃木県警

沖縄県警

神奈川県警

警視庁

救急車(多摩)

救急車(なにわ)

自衛隊山形第6師団、第7師団、第8師団

自衛隊旭川

自衛隊福島

自衛隊練馬

自衛隊西部方面隊

自衛隊北部方面輸送隊

自衛隊福岡

自衛隊広島

 

全国から熊本に駆け付けてくれているのだ。

すれ違うたびに、心強かった。

 

 

 

 

 

応援のクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

AD
いいね!(35)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。