菊花賞の予想。レース傾向、データ分析2016。

第77回 菊花賞(GI) 2016/10/23【3歳オープン 3,000 (芝・外)】 登録馬、出走馬、過去の結果データなどをブログで紹介しております。


テーマ:
10/23(日)に京都11R・芝3000mにて
《菊花賞》が開催されます。





3歳馬にとって未知の距離で争われる
クラシック三冠の最終章。

各馬の距離適性が鍵になる。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
菊花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 カフジプリンス 差 岩田康誠
1 2 ジョルジュサンク 先 幸英明
2 3 サトノダイヤモンド 差 C.ルメール
2 4 シュペルミエール 差 北村宏司
3 5 ミライヘノツバサ 先 藤岡祐介
3 6 ディーマジェスティ 差 蛯名正義
4 7 レッドエルディスト 追 四位洋文
4 8 ミッキーロケット 差 和田竜二
5 9 イモータル 追 F.ヴェロン
5 10 ウムブルフ 差 浜中俊
6 11 レインボーライン 差 福永祐一
6 12 コスモジャーベ 差 丹内裕次
7 13 エアスピネル 先 武豊
7 14 アグネスフォルテ 先 松山弘平
7 15 サトノエトワール 逃 池添謙一
8 16 プロディガルサン 差 田辺裕信
8 17 ジュンヴァルカン 先 M.デムーロ
8 18 マウントロブソン 先 川田将雅


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


サトノダイヤモンド

皐月賞で3着、ダービー2着と
春はあと一歩で涙をのんだ。

また、ディープインパクト産駒は
菊花賞を勝っていない事実がある。

が、同馬なら血統の壁を破るだけの
能力は十分もっている。

最高の出来で挑む大一番。

栄冠への準備は整った。


ディーマジェスティ

皐月賞の勝ち馬。

前哨戦のセントライト記念を快勝。

菊花賞に向けこれ以上ない
好スタートを切った。

今回の高速馬場の京都で皐月賞のような
豪脚が炸裂してもおかしくない。

ただこの馬もディープ産駒なので
距離の不安が付きまとう。




レッドエルディスト

神戸新聞杯3着で出走権を得た。

上昇度では1番の存在。

血統的にも距離は延びるほど良さそう。

他馬がスピードなら、
この馬はパワーとスタミナで勝負。

二強に風穴を開けられるか。


ミッキーロケット

夏の上がり馬。

神戸新聞杯は首差の2着。

この馬はとにかく堅実で
全10戦の成績は連対率80%と
驚異的数字を出している。

2400mではある程度使えていたので
距離適性も問題なさそう。


カフジプリンス

神戸新聞杯では4着。

前走は輸送でだいぶ減り
厳しい状態だったが、
今回は順調に調整されている。

父ハーツクライから受け継いだ
スタミナを活かしたレースぶりが
出来れば非常に不気味な存在。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-2-3】
2番人気【0-3-0-7】
3番人気【1-0-3-6】
4番人気【1-1-0-8】
5番人気【1-2-0-7】
6番人気【0-1-1-8】
7~9番人気【3-1-3-23】
10番人気以下【0-1-1-88】


1番人気の成績は安定しているが
穴馬の好走も多く波乱傾向。

ただし、近年の傾向を踏まえれば
7番人気以内が目安になりそう。

極端な大穴は決まらない。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-1-15】
2枠【2-2-1-15】
3枠【1-0-2-17】
4枠【0-0-0-20】
5枠【1-1-2-16】
6枠【0-2-2-16】
7枠【2-3-1-24】
8枠【1-1-1-27】


長距離戦なので先行争いは激しくなく
枠による有利不利はほとんど無い


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-2-12】
先行【7-3-3-21】
差し【2-5-4-67】
追込【0-2-1-49】
マクリ【1-0-0-1】


折り合いに専念する馬がほとんど。

キレとスタミナ兼備の馬が活躍し
脚質は先行・差しが決まりやすい。

逃げや追込の極端な脚質の馬は、
展開の助けが必要。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


牡馬三冠レース最終戦である
菊花賞は京都芝3000mで行われる。


傾向としては先行・差し馬が
活躍することが多く、

逃げや極端な追込み馬は
あまり勝てていない。


ローテを見てみると、
やはり神戸新聞杯で好走した馬が
活躍する傾向が高いが、

レースで不調だった馬の巻き返しも
あるので注意が必要。


それに対し、セントライト記念から
挑む馬は少し割引きが必要。

過去10年でも勝ち馬は1頭
2着、3着ともに2頭ずつのみ。


1000万下を快勝した馬の活躍もある。


また、関東馬よりは、
関西馬の活躍が圧倒的に多い。


3000mという長丁場なため、
距離適性も重要なポイントだ。


前走1800m以下はかなり苦戦している。


よって、前走神戸新聞杯を
~~~~~~~~~~~~
走った関西の馬を軸とし、
~~~~~~~~~~~~
距離適性を考慮し予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


本命は【サトノダイヤモンド


神戸新聞杯の1番人気1着馬は
過去30年でも[5-0-1-1]と
抜群の安定感。

ここは終わりよければ全てよし。

最後の栄冠を勝ちとるだろう。


対抗は【ミッキーロケット


神戸新聞杯は1着とクビ差。

上がりは最速だった。

ここは二強を崩す事に期待。


以上を加味した馬券戦略は

◎:サトノダイヤモンド
◯:ミッキーロケット
▲:ディーマジェスティ
△:レッドエルディスト
△:アグネスフォルテ


軸は固く、ヒモ荒れ傾向。

手広く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手次第、更新させて頂きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

菊花賞のレース傾向・分析

→最新レースの予想はコチラ

コース


菊花賞は一貫してAコースを使用。00年に5回京都開催2日目から4回京都開催6日目に日程が繰り上がったが、最も幅員が広いAコースの使用は変わらない。距離はクラシックで最も長い芝3000m。古馬を含めたG1競走の中でも天皇賞(春)に次ぐ長さで行われ、長丁場のレースを乗り切るスタミナの能力が不可欠になってくる。
勝ち時計は良馬場ならば3分4秒台。長距離戦だけに道中は必ず緩むが、ペースによって走破時計はかなり変わってくる。だが、例えスローペースになっても距離に不安を抱える馬が活躍するのは難しい。


春の実績馬や前哨戦でも結果を出している馬が支持されますが、凡走することもしばしば。G1の中でも荒れるレースとして有名です。全馬が3,000mは未知なため、これまでの実績に全幅の信頼は置けない。


過去10年で、1番人気に支持されて勝ったのは2012年のゴールドシップ、2011年オルフェーヴル、2008年オウケンブルースリ、2005年に三冠馬ディープインパクトと、計4回。その他の優勝馬を見てみると7番人気以下が4回、4~6番人気が2回と、難解なレースであることが分かる。


→最新レースの予想はコチラ

枠順・脚質


6回のコーナーを回る長距離戦のため、道中はなるべく内々を回ってコースロスを抑えたいところ。スタートしてすぐにコーナーを迎えることからも、内枠有利の傾向にある。
長丁場なので、折り合いに専念する馬がほとんどで、下り坂からスピードアップし、上がりの競馬になるのでキレとスタミナ兼備の馬が活躍、脚質は先行・差しの馬。逃げや追込みの極端な脚質の馬は、展開の助けが必要。


→最新レースの予想はコチラ

前走


圧倒的に強いのが神戸新聞杯組。この10年で1頭も馬券圏内に入らなかったのは2004年のみ。
神戸新聞杯では、菊花賞本番に直結するようなロングスパート向きな展開も見られるので最有力ステップとして注目すると良い。

ただし、神戸新聞杯での着順はそこまで直結しない。過去10年で、神戸新聞杯で1着だった馬で菊花賞を勝ったのは2012年ゴールドシップ、2011年オルフェーヴル、2005年ディープインパクトのみ。一桁着順の中からの好走馬を見つけたいところだ。



→最新レースの予想はコチラ




【出典元】
競馬ヘッドライン│中央・地方・海外の最新ニュースをお届けする競馬総合サイト


第74回 菊花賞の予想2015のトップページへ戻る。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10/25(日)に京都11R・芝3000mにて《菊花賞》が開催されます。




春の2冠馬ドゥラメンテが骨折のため
戦線を離脱し混戦ムード。


同舞台は3000mと非常に長いコースで
距離に不安が残る有力馬も多い。


こうなると大荒れの可能性もあるので
その点を考慮して臨む必要がある。


果たして2015年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
菊花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 騎手
1 1 ミコラソン 武幸四郎
1 2 サトノラーゼン 岩田康誠
2 3 タンタアレグリア 蛯名正義
2 4 キタサンブラック 北村宏司
3 5 ベルーフ 浜中俊
3 6 レッドソロモン 武豊
4 7 スティーグリッツ 内田博幸
4 8 ミュゼエイリアン 横山典弘
5 9 アルバートドック 藤岡康太
5 10 ブライトエンブレム 田辺裕信
6 11 リアルスティール 福永祐一
6 12 ワンダーアツレッタ M.デムーロ
7 13 マサハヤドリーム 和田竜二
7 14 マッサビエル 戸崎圭太
7 15 ジュンツバサ 石橋脩
8 16 タガノエスプレッソ 菱田裕二
8 17 リアファル C.ルメール
8 18 スピリッツミノル 酒井学


以上、出走馬18頭になります。




==============
人気上位が予想される注目馬
==============


リアファル

神戸新聞杯を制覇して一気に
主役に踊りでたのが同馬。

8枠17番と枠に恵まれなかったものの
芝に移ってからの快進撃が止まらず

テン良し、中良し、しまい良しと
三拍子揃った現代競馬の申し子。

鞍上のルメールへのインタビューでは

「前走も強かったし、
 逃げるスタイルを変えるつもりはない」

と堂々の逃げ宣言。


リアルスティール

皐月賞2着、ダービー4着と春の実力馬。

鞍上は折り合いを意識しがちな福永で
少し外枠に入ってしまったので
壁を作って折り合えるかどうかが鍵。

血統的に見ても馬のフォームを見ても、
3000mがベストではないのは明らかなので
個人的には頭は無いと予想。

良くも悪くも福永の騎乗内容次第かと。




サトノラーゼン

最も成績の良い2番枠を引き当てた。

ダービーでは惜しくも2着に敗れたが、
デビューからダービーまでは馬券圏内を
外したことがない優秀な馬。

京都外回りで岩田騎手に加えて内枠と
魅力的な要素が三拍子揃っているので
期待せざるをえない存在。

筆者の軸馬筆頭候補。


スティーグリッツ

春までは一介の500万下馬だったが、
夏に徐々に力をつけてくると
500万下、1000万下と続けて連勝。

ハービンジャー産駒らしく
距離延長とともに結果を出してるので
今回の3000mの舞台も大歓迎。

データ的にも推せるだけの要素があり
抑えておきたい1頭。


キタサンブラック

セントライト記念の覇者。

世代屈指の実力馬ではあるが、
血統的に長距離向きの馬では無いので
芝3000mをこなせるかが焦点。

メンバー唯一の重賞2勝馬が
距離の壁を見事に乗り越え、
菊の大輪を咲かせるかに注目。


【PR】-----------------



============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の人気データを見てみましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【5-1-1-3】
2番人気【0-2-0-8】
3番人気【1-0-4-5】
4番人気【1-1-0-8】
5番人気【0-2-0-8】
6番人気【0-2-1-7】
7~9番人気【3-1-3-23】
10番人気以下【0-1-1-86】


1番人気は複勝率70.0%と安定してるが
穴馬の好走も多く波乱傾向。

ただし、近年の傾向を踏まえれば
7番人気以内が目安になりそう。

極端な大穴は決まらない。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-1-15】
2枠【1-2-2-15】
3枠【1-1-2-16】
4枠【1-0-0-19】
5枠【1-1-2-16】
6枠【0-1-2-17】
7枠【2-3-1-23】
8枠【1-1-0-27】


長距離戦なので先行争いは激しくないので
枠による有利不利はほとんど無い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-2-11】
先行【7-4-3-18】
差し【2-4-4-69】
追込【0-2-1-49】
マクリ【1-0-0-1】


折り合いに専念する馬がほとんど。

キレとスタミナ兼備の馬が活躍し
脚質は先行・差しが決まりやすい。

逃げや追込の極端な脚質の馬は、
展開の助けが必要。




=========
予想情報局の総括
=========


京都の芝3000mという長距離戦の舞台で
行われるクラシック最終戦の菊花賞。


レースを見る側からすると
面白いのはやはり長距離レース。


捲りあり大逃げありと
騎手の駆け引きが堪能できるのも
長距離レースの醍醐味のひとつ。


そして、競馬界には

“長距離は騎手で買え”

という格言がある。


長距離のレースは長丁場ゆえ、
馬との折り合いが重要視される。


このことから長距離は騎手の腕が
大きく問われるレースであると言える。


今回の騎手の中で長距離戦が
得意なのは下記の3名。


・武豊(レッドソロモン)
・横山(ミュゼエイリアン)
・蛯名(タンタアレグリア)


具体的な馬券戦略としては
この上記3名の馬を相手候補にして

筆者の本命サトノラーゼンを軸にして
馬券を組み立てていく予定。


⇒菊花賞の本当の◎はコレ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。