• 13 Apr
    • エロチック

      ソガペールエフィス ヌメロ シス サケ エロティック 2014 小布施ワイナリーの日本酒。 新酒で呑んでエロいとは思わないけど、 2年生熟だから、十分エロい。  

      テーマ:
  • 25 Mar
    • 10年

      能登半島沖地震から、今日で10年。   こらからも、ずっと応援していきます。  

      3
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 黒い雷神

      上品なチョコもいいけど、 ジャンキーなブラックサンダーの方が好きだ。   ブラックサンダーを肴に、酒は、 「菊姫 山廃純米 生詰 H12BY」 冷やだと厳しいが、熱めの燗ならいけます(o^-')b  

      1
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 今年の〆

       2000年リリースの3年古酒だから約20年前の花薫光。 すげえ。こんなお酒には二度と出会えないだろう。 山田錦の熟成酒には出会えやすいけど、山田穂の熟成酒にはなかなかお目にかかれない。親子の米でも全然違うニュアンス。 吟醸酒の熟成酒、お米の芯の味が際立ってくる気がします。 2016年の、暮れ。今年の〆のお酒でした。 

      2
      テーマ:
  • 30 Nov
    • ご褒美 その2

      誰も認めてくれないけど、今月頑張って仕事したから、自分へのご褒美。 熟成酒コレションより、「悦凱陣 大吟醸 H7BY」  今の凱陣のスタイルとは違うかもしれないけど、パワーがあって、キレイ。  

      1
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 本当の、幻の酒

      時々、お酒を販売している蔵元自ら、「このお酒は幻のお酒です」と謳っているのを見るけど、いやいや違うだろ、と。「幻のお酒」って、そのお酒の希少性から、消費者が追い求める酒を指すのであって、蔵元が、お酒を売るための宣伝文句に使う言葉じゃないと思ってます。 だからといって、僕は一般的に幻のお酒といわれる様な、十四代や而今には興味はないけど。  先日、記念日だったから、僕が思う、本当の幻のお酒を開封。「歓の泉 大吟醸 極至 山田錦」10年前くらいに廃業してしまった岡山倉敷の中田酒造のお酒。この蔵の雄町や朝日で醸したお酒が好きでした。 もう2度と呑むことはできない、このお酒こそ、幻のお酒。  

      3
      テーマ:
  • 14 Oct
    • ご褒美

      良い仕事が出来たから、自分へのご褒美。 熟成酒コレクションより、「諏訪泉 鵬 雄町」   名杜氏鳴川さんが醸した、珍しい雄町の鵬、18年古酒。 これぞ9号(系ではない)。これぞ雄町。これぞ吟醸。 素晴らしいお酒でした。

      2
      テーマ:
  • 11 Mar
  • 04 Jan
    • 2016 新年

      2016年新年。この年末年始、呑んだお酒を備忘録的に。だって贅沢だったんだもん。満寿泉 純米大吟醸満寿泉 限定大吟醸申ボトル奥能登の白菊 純米大吟醸三笑楽 大吟醸菊姫 加陽菊酒天狗舞 真精純米大吟醸それぞれ、引退された農口杜氏、中杜氏が醸されていたころの古酒。天狗舞は生の熟成、やっぱり少々難しい。菊姫は抜群だった。このお酒、すべて能登杜氏さんが醸すお酒。やっぱり僕は、能登流の杜氏さんが醸すお酒が好きなんだ。

      3
      テーマ:
  • 04 Oct
    • クロカワ

      先週に続き、頂きもの。クロカワ。幻?のキノコ。見た目は少々悪いけど、スライスして、焼いて頂きます。酒に、「開春 ひやおろし」クロカワのほろ苦さに、お酒のぬる燗が合うこと合うこと。2週続けて秋の贅沢を堪能いたしました。

      3
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 見事な秋

      頂き物。親類が山で採ってきたものお裾分けで。何と170グラム。市販されてたらいくらなの?焼いて頂きます。酒に、「満寿泉 純米吟醸 LE ひやおろし」松茸の旨味を、満寿泉の旨味で洗う。至福。今日は中秋の名月。見事な 秋。

      テーマ:
  • 20 Sep
    • 本日の熟成酒

      「飛騨の華 酔翁」2014年のIWC酒部門チャンピオン酒。約20年古酒。賞を取ってから、価格がほぼ倍になりましたが、値上がりする前に買っていたものを自家熟成してました。上品な甘みの余韻が心地よい古酒。自分は熟成酒マニアだけど、この余韻はあまり他に経験がない。ただ、ただ、物足りない。初代IWCチャンピオンの菊姫鶴の里の抜群の旨さを覚えているだけに、え?これがチャンピオン?と思ってしまう。あの鶴の里の17BYのヴィンテージだけは抜群に旨かった。その後のヴィンテージも呑んでるけど、あの年は、別格。当時、行きつけのお店に持ち込んで呑んだけど、お店のご主人が言ったもん、「このお酒は、酒だけで完璧。合わせる肴が無い」って。チャンピオンて、それくらい心に残るお酒であって欲しい。だから、物足りない。

      テーマ:
  • 13 Sep
    • 先日の熟成酒

      満寿泉 純米大吟醸 平成8年菊姫 山廃吟醸 平成9年超、贅沢な呑み比べ。呑み比べると、不思議なことに、菊姫の方が軽快。

      テーマ:
    • 本日の熟成酒

      まんさくの花 麹’S(コージーズ) 2004酸っぺえ。

      テーマ:
  • 12 Jul
    • 夏の定番

      暑くなると、コレ。菊姫シャーベット。濃い味わいのカップ酒なら大体オッケー。ほんの少し、レモン果汁なんかを足してもよし。日本酒の呑み方は自由だ。

      1
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 昼呑み

      青空の下、友人と、お昼から宅飲み。昼に呑むならあまり重くないお酒ってことで、新政 No.6 Stype と 富久長 Shell Lovers。どちらも軽やか。この2本を比べると、富久長は食中酒としてややストライクゾーンは狭いけど、その名の通り、魚介類に抜群。昼呑みは楽し。

      1
      テーマ:
  • 10 May
    • 呑み比べ

      最近、とんと使わなくなった利き猪口(正一合)を使って呑み比べ。「新政 亜麻猫」の中取りとレギュラー。呑み比べれば、中取りの方がお酒の輪郭がはっきりしてるってことが良く分かるけど、約400円の価格差を考えれば、レギュラーで十分美味しい。肴に、ベビーホタテをオリーブオイルで炒めて、仕上げにパルメザンチーズ塩。(この塩、金沢で見つけたんだけど、優れもの。)亜麻猫には、貝類が良く合います。

      1
      テーマ:
  • 02 May
    • 今日のつぶやき

      世間的に、いかに人気があるお酒だろうと、そのお酒が美味しいかどうかを決めるのは、自らの舌と、自らの感性、と思ってます。僕はやっぱり、世間とずれているんだな。この写真のお酒、2本とも、うーーーー、うーーーーーーーー?という感想。

      2
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 一献の系譜

      映画を観ました。「一献の系譜」能登杜氏四天王と、その技と想いを継ぐ、後輩杜氏をを追ったドキュメント映画。この映画を観ながら改めて思う。伝統的な杜氏制度が色濃く残る、能登杜氏が醸す蔵を巡って日本酒を好きになれた自分は、酒呑みとして、間違いなく幸福。今日(4月25日)が公開初日ということで、上映終了後、石井かほり監督による舞台挨拶がありました。その挨拶の最後の方の言葉、「日本酒を伝えることは、日本人の美意識を伝えること」。この言葉の意味、映画を観ると分かります。5月8日まで、金沢シネモンドで公開中。で、今日の肴と酒、金沢のスーパーで買った、ガス海老の唐揚げと、宗玄のカップ酒。久しく能登に行ってないな、行きたいなぁ。。

      1
      1
      テーマ:
  • 06 Apr
    • ひっさしぶりの れいの会

      ブログ書くの久しぶりだ。昨夜は我が家で久しぶりの、れいの会。なんと、山形の某蔵元で蔵人を勤める友人も酒造りの合間に参加してくれました。お祝いごとが重なったからラインナップは超豪華。満寿泉 プラチナ寿H19、貴醸酒オーク樽熟成王禄 意宇黒龍 龍楯野川 乳酸無添加悦凱陣 山廃赤磐雄町H24、純吟赤磐雄町H25あと写真に写ってないけど、達磨正宗S57などなど。黒龍は昭和のヴィンテージ。当時はアル添じゃないのね。しかも5合瓶。この満寿泉のお酒はほとんど市場に出ていないらしい。今は高山を離れてしまった、れいの会の友人のお蔭で手に入りました。これらのお酒のほかにも、ブログ紹介NGのお酒もあったりして、れいの会史上、一番豪華な会でした。みんなありがとー。

      1
      テーマ:

プロフィール

いっせ

性別:
男性
お住まいの地域:
岐阜県
自己紹介:
飛騨高山在住。 飛騨の山奥から、大好きな日本酒を、好き放題吠えてます。

続きを見る >

読者になる

AD

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。