暑い日が続いていますが
みなさまお元気ですか?
 
いよいよ明日は
静岡県で大人気の
笑いヨガリーダー
笠間清美さんの
笑いヨガ教室@神奈川です。
 
 
 
笑いヨガ(ラフターヨガ)を
ご存じですか?
 
笑いヨガとは、
「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を
組み合わせた運動法です。
 
 
運動する時間がない方、
体力に自信がない方、
一緒に笑う相手がいないという人でも
笑えてしまいます。
 
 
清美さんは
7年目をこえる
ベテランの笑いヨガリーダー。
 
 
静岡で毎月笑いヨガ教室を
開催しているほか
老人ホームや
企業での開催にも
ひっぱりだこ。
 
老人ホームでは
「俺は絶対やらないぞ」
と怒っていた方が、
自室にもどらず参加してくださったとのこと。
 
 
「無理なくおこなうこと。
新しい「痛み」を作らないこと。
笑いヨガの大切なお約束です」
 
という清美さんの言葉に
じーんとしました。
 
 
清美さんは、
動物福祉の活動にも
熱心にとりくんでらっしゃいます。
 
Facebookで彼女の活動の様子を見ると
動物たちへの大きな大きな愛が
伝わってきます。
 
 
 
わたくし
主催の外園佳代は
清美さんの
キラキラした笑顔の
大ファンです。
 
ダンナ様とも
いつもラブラブなのですが
ひょっとしたら、
その秘密は「笑い」にあるのかも!?
と、今回の出張教室を
おねがいしちゃいました♡
 
今回の笑いヨガ教室は
ご夫婦で指導してくださる予定です。
 
 
 
清美さん夫婦は
会うだけで
なんだかハッピーな気持ちで
いっぱいになっちゃうという、
不思議なチカラの持ち主なのですよ〜☆
 
 
大人だけでも
親子での参加もOK!
(お子さまだけでの参加はできません)
 
 
夏休みのスタート、
笑いヨガで笑って笑って
笑いのある楽しい夏、
そして
笑いのある楽しい人生を
手に入れちゃいましょ〜\(^o^)/
 
 
笑いヨガに興味のある方、
笑いたい方ならどなたでも大歓迎です。
ぜひお気軽にご参加ください。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

AD

昨日は、きつねさんこと、
加登鉄平さんのフォローアップ講座を
小田原で開催しました。

 

 

過去のてっぺいさん講座の

レポート記事は、

「魔法のはなし」からどうぞ

 


フォローアップ講座は、

てっぺいさんの講座を受けた方への
グループカウンセリングのような
内容なのですが

 

毎回、
何が起こるかわからない☆

 


10人程度の
少人数でおこなうのですが
参加者ひとりひとりが

語る相談内容が
不思議とリンクしていて
 

自分が求めていた答えが
他の人の問いに

ひそんでいることも

しょっちゅう起こります。

 

 

 


「いかに生きるか?死ぬか?」

という話から始まって、

自分に合った仕事の見つけ方や、

自分の本質の活かし方、

フリーランスとしての生き方指南、

そして子どものケガ対策まで。
 

 

てっぺいさんの昔の

会社員時代のストーリーも登場。
 

「若い女の子ばかり

 10人くらい部下がいた」

時代もあって、

よく悩み相談にのっていたそうです。

 

てっぺいさんの

今のお仕事に

見事につながってますねぇ。

 

 

どんな相談にも、
「あー、そこか」
と、あざやかに

浄化ポイントを見つけ出す

てっぺいさんの推理力は、
今回も冴えまくっておりました☆

 

 

↓推理中

 

てっぺいさんは、
「問題」そのものは
解決しようとしません。


その問題の深層にある、

それこそ前世からこびりついて
いるような心のパターンを

表層化された問題から
見つけ出すのです。

 


その謎解きが
あんまりにも鮮やかなので

さっきまで
あんなに重苦しく思えていた悩みが

急にかろやかに
感じられちゃうのがフシギ。

 


「問題は、
 『あぁ、そういうことか』
 と、わかった時点で
 半分以上が解決している」

と、てっぺいさん。


グループカウンセリングだと
特にその効力が高いそうです。

 

 

そしてそれぞれの悩みに対して
見つかった浄化ポイントが


自分の前に置かれていた
タロットカードの一枚だったり
おみやげのお菓子だったり
ペットボトルのマークだったり。

 

「えー!!」

「なんでー!!」

「キャー!!」

と、

今回も驚きの声が続出でした。

 

 

このイラストにも

深〜い意味が。

 

 

何気なく選んだモノって
実は、ぜんぶ、
「神様のクールなはからい」
が働いているのですね。



浄化の力で
心がゆるんだおかげか

帰り道は
眠くて眠くて
帰宅後、爆睡してしまいました。

 

目覚めた後は

生まれ変わったようにスッキリ☆

 

 

てっぺいさん

参加者のみなさま

魔法のようにステキな時間を

本当にありがとうございました。

 

 

次回のてっぺいさん講座@小田原は、
9月26日、
「Index 〜触れる技術、触れる儀式」

です。

 

 

世界の見方が変わる
てっぺいさんワールド、
そして
「触れる」ことの奥深さを、
ぜひ一度、

体験してみてくださいね♪
 

 

 【9月26日】加登鉄平さんの「Index ー触れる技術 触れる儀式ー」 in 小田原

 

 

AD

ヴィーナス誕生秘話

テーマ:

今日は、久しぶりに
ギリシャ神話ネタを書いてみます。


 

先日、

思い切って書いた
「エロ」の語源のお話

意外と好評でした(*^_^*)

 

ということで
「エロ」つながりで
今日は、

愛と美の女神
アフロディーテについて書いてみます。


 

前回の記事にも書きましたが

「エロ」の語源になったのは
ギリシャ神話に出てくる
愛の神様
エロス(Eros)であり、
彼の英語名はキューピッド
(Qupid)。


そして、
エロスの母親は
愛と性と美を司る女神
アフロディーテ
(Aphrodite)。


英語名は
ヴィーナス(Venus)です。


 

なんと

ヴィーナスとキューピッドは
親子だったんですね〜☆

(諸説あり)


 

さて、
このアフロディーテの名前の語源は
ギリシャ語の
aphros(泡)。

 


この泡、
なんの泡だと
思いますか?


 

話は天地創造に
さかのぼります。


 

ギリシャ神話によると
世界がはじまるまえ
そこにはただ、
どろどろとした
暗闇(混沌)があるだけでした。

 

 

そして、
その暗闇の中から
大地の女神ガイア(Gaia)が
生まれました。


 

ガイアは、まずはじめに、
天空の神ウラノス(Uranus)を
生みました。

 

ガイアは、
自らが産み落とした
ウラノスと交わり
タイタン神族という
12人の巨大な神々を生み出します。


 

次に生まれたのが
キュクロプス(一つ目の巨人)、
ヘカトンケイル
(頭が50、手が100本ある巨人)
などの怪物です。


 

父ウラノスは
彼らの醜さを忌み嫌って
地の底に
閉じ込めてしまいました。


 

嘆き悲しんだのは
母ガイア。


どんな醜い怪物でも
愛しい子どもであることには
変わりないのですから。


そこで、ガイアは
子ども達に
ウラノスへの復讐を命じます。


 

みなが父を怖れて
名乗り出ない中、
末っ子のクロノスが
その役を引き受けました。


クロノスは
ガイアの作った
鉄の大鎌で、
父ウラノスの
男根を切り落とします。


海に落ちた
ウラノスの男根は
波にもまれ
泡を生み

その白い泡から
光り輝く子が生まれました。


そして
美の女神
アフロディーテへと
成長したのです。

 

 

・・・ということで、
なんと、
アフロディーテの語源の「泡」は
切り落とされた
男根についた
泡だったんですね☆

 


ロマンチックな想像してた方
びっくりかしら。

 


こんなストーリーが
生まれたのは
ギリシャ神話を編纂した一人である
ヘシオドスが
極度の女嫌いだったからという説も
あります。


 

でも、古代、
世界の各地では
生殖や豊穣などをもたらすものとして
男性器や女性器が
崇拝されていました。


 

だから、
アフロディーテ誕生の
ストーリーは

切り落とされてもなお
生命を生み出すことができるほどの
男根の持つ力強さを
物語っているような気がします。


 

そして、
アフロディーテの愛と美は
決して清らかなだけではなく

 

その裏側に
憎しみ、悲しみがあるからこそ

人々を
惹きつけるのでしょう。

 

 

ポジティブもネガティブもあるからこそ
命は
美しいのですね。

 

 

 

 

 

 

 

AD

週末は名古屋にお出かけして
おぜっきー(尾関直人さん)の
「プロ塾」に
参加してきました。

 

先月まで通っていた
「ハラ塾」
インストラクターコースです。

 

 


午前中は、
上級のハラの使い方を学び、

午後は、
セミナー&セッションの練習。

 

おぜっきーのやり方は
理論より実践。


もちろん理論も大切なのですが
アタマで考えすぎると
「この人はこういうタイプ」とか

「この人の悩みはコレだな」とか
分析してしまって
「ハラ」でつながれなくなるから。

 


そして大事なのは
自分のボディが
クリアであること。


こちらのカラダの軸が
整っていれば
そのクリアさが

自然と相手にも伝わって

 

よけいなアドバイスをしなくても
深い気づきへと
つながっていくのです。


・・・とは言え
実際にやってみると
これがなかなかむずかしい。


つい、相手の悩みに対して
「こうしたらどうですか?」
と、アドバイスをしたくなっちゃう。

 

 

相手が求めている場合は
もちろん
アドバイスをしたらいいのですが


「この人、
 こうしたら、もっとよくなるのに」

ということを
言いたくてしょうがなくなるのは、
自分のエゴ。


「こうしたらいいのに」
という強い思いは、
相手を思っているようでいて
実は、
自分自身に対する否定から
生まれているのです。
 

 

わたしは、
この2日間のプロ塾で、
わたし自身に対する
否定の強さに気づいて
ガクゼンとなりました。


そりゃあ
夫や子ども達(とくに娘)に対して
なんだかんだ
言いたくなるわけだ〜


帰りの新幹線で

「もっと自分に
やさしくしてあげよう」

と考えていたら
そんな気持ちが
自然に家族に通じたのか


家に帰ってから
子ども達がいつもよりいっぱい
おしゃべりしてくれました。


 

次男(小5)は
「オレ、急に英語を
 勉強したくなった」

と、久しぶりに
英語トランプを出してきました。


ひつじのイラストのカードを見て

「これは知ってる。
 ジンギスカン!!」

という次男が
なんともかわいくて
ぎゅっとハグしてしまいました。


そして心がゆるんだおかげか
次の日は、
家族をおくりだしたあと、
お昼まで眠ってしまいました^^;

 


あなたは、
そのままでいい。


そして、
わたしも
そのままでいい。

 

そのまんまの自分を
100%みとめたとき

自分の中に眠っていた力が
初めてめざめるのです。

 

 

夏休み、ぜひいっしょに
「そのまんまの自分をみとめる」
ハラ生き道を、

親子で体験しましょう。

「親子でハラ生き道わくわくセミナー@東京」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先日、

【お金の神様に守られている】
登景子さんの
「お金のセミナー(マインド編)」
に自宅からオンライン参加しました。
 

 

(↓写真なかったので無意味にのせてみた)

IMG_20170708_182752909.jpg

 

わたしは以前、
景子さんの
お金のセミナー(資産形成編)を
以前に受講したことがあったのですが


「お金がほしいなら
 お金を使って
 お金のことを勉強する必要があります」

と、クールに言いきる景子さんに
シビれました。

 


実はわたしは
学生時代から
金融商品に興味があって

投資信託や株やFXなど
けっこういろいろ
チャレンジしてきました。


 

儲かったときもあれば
大損したこともあり


時間と労力を考えると


・・・うーん


マイナスのほうが
多い気がする^^;

 

 

「資産形成編」では、
専門家に相談することの
大切さを
景子さんに教えてもらいました。

 

「自分でタイミングを考えながら
 株を売り買いするのは
 不労所得じゃなくて
 労働ですよ」

と、景子さん。


 

ほんとのお金持ちは
お金の運用はプロに任せて
自分の「時間」を
大切にするのですね。

 

そして、
今回の「マインド編」では
お金の受け取り方に関して
新たな視点が得られました。


(景子さんいわく
 おすすめの受講順序は
 マインド編→資産形成編
 だそうです)

 


最初は、
いわゆる引き寄せ系のお話かなぁと
受講を躊躇してたのですが
もっともっと奥が深かった。


 

最初、

「お金ほしいですか?」

という質問に、
参加者全員手をあげましたが

「見ず知らずの人から
 『ハイ、100万円あげる』
 と言われたら、受け取れますか?」

という問いに、全員シーン。

 

 

だって、知らない人に
100万円もらったら
その後、何がおこるか
コワイ・・・


 

「でも、お金ほしいんでしょ?
 なのに、お金あげる、って言われたら
 受け取らないって、
 矛盾してませんか?」

と言う恵子さんの言葉が
グサグサ刺さります。


 

「お金は、稼ぐかもらうかしか
ありません。

もらうのがイヤだったら
稼ぐしかないんですよ。

お金がほしいんだったら
『お金ちょうだい』
って言えばいいんです」

と、景子さん。


ひゃあ〜。

「お金ちょうだい」

なんて、
めっちゃザワザワする〜。

 

ほかにも
「これ『が』いい ではなく
 これ『で』いい という
 買い物のしかたは
 かえってお金を失う」

「床面積の広さと収入は比例する」

(だから断捨利はとても大事!)など


心に突き刺さる話が
満載でした。

 

 

そして、わたしは、セミナー後、
このめっちゃザワザワする
「お金ちょうだい」
を実践してみたのです。

 


それも、夫に。


木曜日、夫の会社は
ボーナス日でした。


帰宅して
「ボーナス出たよ」
という夫に、

「よかったね。おつかれさま」
と言ったあと、

 

ものすごーく勇気を出して

「わたしにも、ボーナスちょうだい」

と、
言ってみました。

 

 

わたしも自分の収入があるので
これまで夫に

「お金ちょうだい」

なんて言ったことは
ありませんでした。


 

「自分で稼いで
自分で使うって
自由でいいわ〜♪」

と思っていましたが、


あえて今回
ザワザワすることに
挑戦してみたのです。

 

すると、夫は
ちょっとおどろいた顔をしましたが、
すぐ
「いいよ」
と言いました。


「いくらくれるの?」
と聞くと、

「50万」
との答え。

 


「給料の半分は
 かよがつくってくれる
 健康的なごはんのおかげだから」

ですって〜\(^o^)/


・・・なんて書くと
非常にわたしが
料理好きな
いい奥さんのようですが


決してそんなことは
ありません!!!

(↑いばるとこじゃない)

 

 

しょっちゅうお出かけしてるし

ブログやメルマガ書いたりとか
本読んだりとか

自分のことを始めると
家族をほっぽらかして
すぐ没頭してしまう
宇宙人妻ですが


そんなわたしに対する
ボーナス「50万!」は


なんだか

「そのまんまでいいよ」

って

認めてもらったような気がして

心がほわっと

あったかくなりました。

 

 

愛してます♡

 


景子さんのメルマガ
お金との付き合い方に関して
めっちゃ勉強に
なりますよ〜!!

https://www.reservestock.jp/subscribe/43290

 

ファンの数すごい☆