宇宙人母が伝える「地球の楽しい歩き方」

家族大好きな宇宙人母KAYOが、地球ライフを楽しく送るヒントをお伝えします。時空のメッセージを伝える易占いが大好評☆


テーマ:

こんにちは。外園佳代です。

 

昨日、フェアリーMiyoさんのお宅におじゃまして、「笑顔表情筋トレーニング」を受けてきました。

 

 

Miyoさんと初めてお会いしたのは、先日参加した、はち∞さんの「ざ・スーパーフリーZERO!」講座でお会いしました。

 

(左奥がMiyoさん)

 

「笑顔がすごく素敵な人だな〜」

 

と思ったら、Miyoさんは、「笑顔表情筋トレーニング」の先生をされているとのこと。

 

そして、わたしのプロフィール写真をとってくれた加藤みちさんともお友達とのことでびっくり☆

 

 

ぜひMiyoさんの笑顔の秘訣を学びたい!と、笑顔表情筋トレーニングをお願いしたのでありました。

 

 

Beforeの笑顔は、ややカオがこわばっています^^;

 

 

笑顔力アップ、口のまわりのシワ予防、フェイスラインアップなど、いろいろなエクササイズを学びました。

 

今まで、こんなにカオを動かしたことはなかったな〜。

 

Miyoさんの指導で、目をあけたり口をあけたり、いろんな動かし方をしているうちに、だんだん、カオの筋肉がめざめてくるのが感じられました。

 

使ってるようで、使ってなかったんですね。

 

 

特にわたしは、眼輪筋(目のまわりの筋肉)が昔から弱く、すぐ眉毛があがってしまうんです。

 

そのクセを治そうとがんばりました!

 

Afterの笑顔は、こちら♪

 

 

ほっぺの筋肉を使えるようになってきました。

 

眼輪筋もトレーニングして、さらなる笑顔美人めざします〜\(^o^)/

 

 

Miyoさんのお話は、笑顔についてだけではありません。

 

 

Miyoさんのこれまでのストーリーや、前向きにものごとを考えるための言葉使いについてのお話もありました。

 

 

「なるほど。だからこそ、Miyoさんの笑顔は人をひきつけるんだなぁ」

 

と、ふかーく納得しました。

 

 

やはり、笑顔は、表面だけでなく、ココロから笑うことが大切なのですね。

 

 

講座が終わった後、インナーチャイルドカードのミニセッションもしてくださいました。

(Miyoさんは、インナーチャイルドセラピストでもあるのです)

 

 

カードのメッセージによると、わたしは今、眠り姫(真ん中のカード)。

 

ちょっと休息が必要な時期のようです。

 

自分でもそれは感じていて、最近は、ゆったりモードですごしています。

 

 

そして休息がおわったら、未来は、ピーターパン!(左端のカード)

 

仲間を巻き込んで、ワクワクする冒険に出発します。

 

 

そのためのインプットの時期なのですね、今は。

 

 

感謝の気持ちをこめて、Miyoさんに、筆文字ポエムを書かせていただきました。

 

さっそく、額に入れた写真をMiyoさんのブログにアップしてくださってうれしいー\(^o^)/

 

 

 

Miyoさんに教えていただいた笑顔、大切に育てていきます。

 

そしてわたしのまわりにも、たくさんの笑顔を広げていきたいな。

 

 

Miyoさんの表情筋トレーニングについて詳しくはこちらからどうぞ♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。外園佳代です。


先日の午後、わたしの住む南足柄市にある善福寺(ぜんぷくじ)で毎月一回開かれている「法話会」というものに初めて行ってきました。

 

 

「法話(ほうわ)」って何でしょう?

「仏教において使われる言葉であり、僧侶や住職が聴衆の前で話をすることを意味する」(By ウィキペディア先生)


最近のわたしのマイブームは、「仏教」。

先日、萩本欽一さんの「運がよくなる仏教の教え」を読んでから、急に仏教に興味がわいてきたのです。

 

 

はずかしながら、わたしはこれまで、「仏教」についてほとんど興味はありませんでした。

お坊さんと言えば、お葬式や法事でお経を読む人、くらいの意識しかなかったんです(^^;)

お経も、呪文のようで何を言っているのかわからなかったし。



物語などで

「悪いことをすると地獄におちる」

と学習したわたしは、仏教というのは、まじめに生きていないと罰せられるようなイメージを勝手に持っていたのです。


でも、前述の欽ちゃんの本には、


「仏教というのは、本来は、生きている人を幸せにするためのもの」

ということが書いてありました。


そして、聖人君子のイメージがあったお釈迦様が、意外と人間くさかったということも。



「もっと仏教のことを知りたいな」

と思ったわたしは、市内にあるお寺の法話会に行ってみることにしたのです。



でも、実は、その日の午前中、わたしの気分はサイアクでした。

不要になった次男(小4)のおもちゃ(ウルトラマン人形たち)を処分しようと片付けていたのですが、その量がかなり多い。


「あんなに欲しがっていたくせに、こんなにすぐに飽きるなんて!」

と、子どもに対するイライラがわいてきて、

「だいたい、パパは、すぐに買ってあげすぎだ」

と、今度は夫に対してイライラ。


ちょうどそこへ次男が外からかけこんできて、

「ねぇ、友達のお母さんが、車でトイザらスに連れてってくれるって。

 一緒に行っていい?

 こないだ、おばあちゃんからもらったお小遣いでベイブレード買いたい」

と、うれしそうに言いました。


その笑顔に対して、

「もう、すぐにゴミになるようなもの買わないでよ!」

と、イヤミをぶつけるわたし。


次男の笑顔はみるみる曇り、

「わかったよッ!」

と、ムッとした顔で家を出ていきました。


夫も、不穏な空気を察知して、娘をつれて昼食のパンを買いに外出。



あぁ、やっちまった・・・


残りのおもちゃを片付けながら、わたしは、どんどん悲壮感が高まり、


「あーもう、イヤだ。こんな自分、もう、イヤだー」

 

と、オンオン泣いてしまいました。


こんなささくれた気持ちを抱えて法話会に行くのはやめようと思いました。


でも、行かなかったら、もっとひどい心の状態になるのは容易に予想できました。



というわけで、なんとか自分で自分の背中をおして法話会に出かけていったのです。



これが、ほんと、行ってよかった・・・(しみじみ)


おそるおそるお寺の本堂に入ると、数人の方がイスに座っています。

 

 

住職さんの奥様がお茶とお茶菓子(←山盛り)を持ってみえたので、

 

「あの、初めてなんですけど・・・」

 

と声をかけると、

 

「どうぞどうぞ」

 

と、笑顔で迎えてくださいました。

 

 

そして登場する住職さん。

 

おだやかな笑顔に、緊張がほっとゆるみました。

 

 

最初は「正信偈(しょうしんげ)」というお経をみんなで唱えました。


「帰命無量寿如来(きみょうむりょうじゅにょらい)

 南無不可思議光(なもふかしぎこう)・・・」

と、読み仮名のふられた漢文を、住職さんの声に合わせてみんなで読みます。

(初参加の人はお経の本をもらえます)

 

 

意味もわからず声を出しているのですが、これがなんとも気持ちいい。

ささくれていた心が、だんだん穏やかになっていくのが感じられました。


この「おつとめ」の後は、住職さんの法話です。

今月のテーマは「大晦日についてのお話」でした。


「除夜の鐘は、煩悩を消すというより、

 『自分には、こんな煩悩があるんだなぁ』

 と、自分の煩悩に気づくためにあるのです」

とか、

「年賀状の欠礼は、『1年間は喪に服す』という意味がこめられています。

 でも、あれは、仏教ではなく儒教に由来しているんです。

 仏教では、喪に服す期間は、本来、49日で終わりですからね」


「おせち料理は、本来は、神様へのお供え物。

 だから、実は、自分で作らないと意味がないんです」
 

 

といった年末年始のお話に、「へー!」の連続。


その後は、「こころ」についてのお話が続きました。


「怒りの心の根源には、おそれがあります。

 相手をおそれているから、先に攻撃されないように、怒っているんです」


「こうありたい、こうあるべきだ、という姿はだれもが持っています。

 その姿を守るために自分にウソをついているんです。

 ウソをつききれないと、他人を批判するようになります」


という住職さんの言葉に、

「うぅ、まるで今日の午前のわたしみたい・・・」

と、深くうなだれました。


でも、さらに続く住職さんの言葉に、元気が出てきました。


「人の人格は、そうそうなおりません。

 あきらめたら、いいんです。

 でも、『あきらめる』って、匙を投げるという意味のようにとられていますが、そうではないですよ。
 
 あきらめるとは、真理を知るということです。

 ああだこうだ言わず、そのままにしとけばいいのです」



「わたしたちは、問題をはらんで、この世を去ります。

 この世で解決できなかった問題は、次のステージで解決すればいいのです。

 不十分で十分なんです。

 未熟なまま進んで、それでよし」



「内省の心を持てることが第一歩です。

 立派にならなくていいんです。

 立派になっちゃうと、その立派な姿を維持しなくてはいけなくなるから、またタイヘンになります」



名言の数々に、深くうなずきっぱなし。

自然と手を合わせたくなりました。


そうそう、「合掌」というのは、バラバラになりがちな自分の心を、ひとつにしてくれるんだそうです。

 


家に帰るときには、お寺に来たときのささくれだった心がウソのように、落ち着いていました。


「不十分で十分」

という言葉のおかげで、今のままの自分を許そう、と思えました。



そして、帰宅後、次男に、

「朝は、怒りすぎちゃってごめんね」

と、あやまりました。

 

 

すると次男は

 

「うん・・・」

 

と、わたしのハグを受け入れてくれました。


今は飽きちゃったあのおもちゃたちも、夢中で遊んでいたときがあったんだよね。

パパも、あなたのことが大好きだから、あんなに買ってくれたんだよね。


自然と、そう思えることができました。
 

 

わたしたちは、お互いに、不十分。

その不十分さを、許し許されて、生きているのですね。



初めての法話会は、心がほっとゆるむ、優しい時間になりました。


知っているようでほとんど何も知らなかった「仏教」、もっと学んでみたくなりました。

(やっぱりわたしは、陰陽五行とか易経とか、東洋思想に惹かれるみたいです(#^.^#))

 

 

住職さんにお礼のメールを差し上げたら、お返事をくださいました。

 

 

「私たちは幼少の頃から「頑張れ」という掛け声で生きたきたわけですが、

 

別に頑張れなくても問題ないという点に最近気づきました。

 

子供には頑張ることの大切さを教えることが重要ですが、

 

それが全てではないということも教えていきたいものです」

 

という言葉に、また、じーん・・・(T_T)

 

 

がんばれなくても問題ない。

 

 

心のノートに書いておきます。

 


善福寺の法話会、次回は3月5日(日)です。

仏教の世界にふれてみませんか?


詳細はこちらからどうぞ


善福寺の住職さんは、43歳という若さ。

 

ナイスなタイトルのブログもオススメです!!

「ハードコア☆日本仏教」


 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。外園佳代です。


はやくも12月ですね。

 

 

先日、わが家で、易経講師こやまとしのりさん(とっしーさん)の「易経64卦コース」を開催しました。

 

 

今年4月から、魅力発掘コーディネーター鈴木のりこさんといっしょに、易経の64個の卦(け)をひとつひとつ学んでいるのです。

 

 

今回の講座で、ようやく64卦の半分をすぎました。

 


易経は、3000年以上も前に書かれたものなので、難解な古典と思われがちですが、実は人情味にあふれたストーリーの宝庫です。

 

 

 

「易経」は、英語だと「The book of change」(変化の書)と呼ばれています。

 

 

 

64個の卦には、それぞれ卦辞(かじ)とよばれるストーリーがあります。


そして、この卦辞は、さらに爻辞(こうじ)とよばれる6個の章で構成されています。

 


第一章から第六章まで、山あり谷ありで進んでいきます。

 

 

ドラマチックな展開にハラハラしたり、

 

どんでん返しの結末にボーゼンとしたり、

 

今の自分と重ね合わせてしんみりしたり。

 

 

おまけに、とっしーさんの解説は、講義というより演技。


熱演の連続で、まるで「とっしーさん劇場」を見ているみたい。

 

 

とっしーさんは、舞台俳優をめざしていたときもあるそうです。


「演じたい欲求があるから、易経講師をしているのかもしれない」

 

というとっしーさんの言葉を聞いて、

 

 

「こういう形での夢の叶え方もあるんだな」

 

と思いました。

 

 

あるいは、期せずして夢が叶っていたということかしら?

 


今日は、今回の講座で習った卦のひとつ「沢山咸(たくざんかん)」について書きたいと思います。

 

 

この沢山咸のストーリーは、なんと、とっても「色っぽい」んです♡

 

 

沢山咸の「沢」は若い女性、「山」は若い男性の象徴、そして「咸」は「感」のこと。


若い女性と若い男性が出会ったら、そう、感じちゃうんですね(#^.^#)

 

 

沢山咸のストーリーはこんなふうに進みます。

 

第一章(爻) 足の指で感じる

 

第二章 ふくらはぎで感じる

 

第三章 股で感じる

 

第四章 そわそわとして心が落ち着かない

 

第五章 背中で感じる

 

第六章 口で感じる

 

 

感じる場所が、足の指からだんだん上がってくるのです。


なんともドキドキしませんか?


(このストーリーを、とっしーさんは、それはそれは情感たっぷりに演じてくださいました♡)

 

 

この卦のほかにも、易経には、勝ち気で浮気な美女の話や、年上の男性のところにおしかける若い女性の話、出戻りの話など、昼ドラのようなストーリーがたくさん登場します。

 

 

読んでいると、

 

「昔の人たちも、今のわたしたちと同じようなことで悩んでたんだな」

 

と、3000年の時をこえて親近感がわいてきます。

 

 

太古の昔の人たちによる、さまざまな人間臭い営みのおかげで易経はできあがりました。

 


だから、現代のわたしたちも、そんなにスマートに生きなくていいんですよ!

 

泣いたり笑ったり、ときめいたり、怒ったり、そして突っ走りすぎて大コケしたりと、いろんな事件があるからこそ、人生ドラマはおもしろくなるのですから。

 


とっしーさんの熱演を見たい方は、ぜひこちらの講座へどうぞ。

 

 【1月31日】陰陽五行がわかる講座〜風水編 in 小田原

 

とっしーさんの講座は、参加者の方から

 

「まるで映画を見ているみたい!」

 

という声が出るほどのエンターテインメントなのですよー\(^o^)/

 

 

ちょうどとっしーさんのお誕生日だったので、豚しゃぶ&似顔絵ケーキでお祝いしました(似顔絵は、のりちゃんの力作です!)

 

 

メルマガ読者様むけに「宇宙人母のちょこっと易そうだん」(無料)やっております♪

 

登録はこちらからどうぞ

心はいつもほっかほか通信

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。外園佳代です。


先日、はち∞さん、さちさんの『ざ・スーパーフリーZERO!』講座に行ってきました。

 


かなり前から気になっていたのですが、なぜか申込みまでにはいたらなかったのです。

 

 

でも、最近、

 

「今がタイミングだよ!」

 

という声がどこからか聞こえてきて、えいっ!と、思い切って行ってきました。

 


めっちゃ、おもしろかったー!!!

 

 

そして、ここ最近、ぐるぐる悩みがちだった気持ちがスカッと晴れて、

 

「やっぱり今が、わたしにとってベストな受講タイミングだったんだ!」

 

と思いました。

 

 

 

はちさんのこれまでの人生は、波乱万丈。

 

鬱になって、

 

「1日もはやく、自分の存在を消してしまいたい」

 

というところまで落ち込んだり、

 

 

壮絶なDVにあって、

 

パンツ二枚だけを持って逃げ出したり、

 

 

1000万円の借金(しかも親類の肩代わり)を背負うことになったり、

 

 

胃がんになって胃の三分の二を切除したり。

 


でも、

 

「わたしの人生をとりもどす!」

 

と、決心したことをきっかけに、はちさんの人生は「がらり!」と変わります。

 

 

それと同時に、おもしろい人たちが、はちさんのまわりにどんどん現れ始めます。

 

 

だんなさんの危篤を、笑い飛ばして生き返らせた女性や、


定収入がないのに、明治神宮前の豪華マンションに住む夫婦、


1日2時間しか働かないのに月収100万円を達成したシングルマザーなど。

 

 

わたしは、はちさんのお話を聞きながら、

 

「へぇええー!そんな人たちがいるんだ!!」

 

と、ワクワクしっぱなし。

 

 

講座の後半では、「スベパーゲーム」というゲームで遊びました。

 


実際の人生に起こるようなさまざまな出来事(結婚する、セミナーに参加する、起業する、離婚する、などなど)をゲーム上で体験するのですが、これが、すごいの!

 

自分の生き方や思い込みが、そのままゲームに出てくるんです。

 

 

わたしは、「喜び力」はすぐに高ポイントになったのですが、「生きる力」がなかなかアップしない。


「わたしってば、楽しいことはしたいけど、泥臭いことはイヤなのね」

 

と、イタイところが露見してしまいました(^^;)

 

 

でも、どんな出来事が起こったとしても、合言葉は


「スベパー!」(すべてパーフェクト!)

 

 

アンラッキーに見えることも、長い目で見れば、実はすごいラッキーな出来事だったりするのです。

 

 

ゲーム上でどんどんお金を使っても誰も破産することがなく、全員めでたくスーパーフリーマスターに。

 

 

「なにがあっても大丈夫なんだ!

 

 楽しいことも、泥臭いことも、ぜんぶ体験してみたらいいんだ!」

 

ということをゲームを通じて体感できました。

 

 

スーパーフリー講座について詳しくは、はち∞さんのイベントページからどうぞ。

 

 

そして、このスーパーフリー講座に出て、もうひとつ気づいたことが。


それは、わたしが大好きなインプロ(即興劇)と似てる!ということです。

 

 

わたしは、自分のインプロワークショップで、「あのときの夢をかなえるインプロ」というオリジナルのワークをすることがよくあります。


これは、子どものころになりたかったものや、大好きだったアニメの主人公などを即興で演じるというもの。

 

 

このワークをすると、即興で演じたのと似たようなことが、実生活ですぐに現実化することがとてもよく起こります。


それってなぜでしょう?

 

 

この理由を、わたしは、脳が、

 

「夢って、カンタンに叶うんだ!」

 

と、いい勘違いをしてくれるせいだと思っていました。

 

 

なぜなら、脳は、イメージと、実際のできごとを区別できないから。

 

 

でも、はちさんの解説によると、これは、

 

「先に、『願いが叶った』という周波数を作っちゃう」

 

ということだったんです!

 

 

先に楽しい周波数を作ってしまえば、現実が追いついてくるのです。

 

 

「周波数を作る」と言っても、アタマでこの作業をしようとすると、

 

「そうは言っても・・・」

 

と、邪魔をする思考がむくむくとわいてきます。

 

でも、インプロに没頭すると、直感がはたらくようになって、よけいな思考がはたらかなくなる。


だから、自然と、楽しい周波数を作りだすことができるんです。

 

そのほか、

 

「スベパー!(すべてパーフェクト!)」

 

って、インプロの基本ルールである

 

「イエスアンド」(まずはイエスで受け止める)と似てる!思いました。

 

 

はち∞さん、さちさんも、インプロをご存知で、

 

「インプロ、めっちゃ楽しいですよねー!」

 

と、話が盛り上がりました。

 

 

大好きなことを話していると、それだけで周波数アップしますね♪

 

 

今回、このスーパーフリー講座に出て、わかりました。

 

 

まだまだわたし、人生の楽しみ方が甘かった。。。


もっともっと、わたしの人生はおもしろくなりそうです\(^o^)/

 


 

 

ジェットコースター的楽しさを味わいたいみなさん、ぜひぜひ巻き込まれちゃって〜♪

 

 

次回のインプロWSはこちらです

 

★12月25日(日)自分とつながるクリスマス☆Asobibaインプロワークショップ
 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「来年は、もっと運気をあげたいなぁ」
と考えたときに、
「風水」って気になりませんか?

2017年1月31日に、
易経講師こやまとしのりさんを小田原におむかえして、
「風水」についてのお話を
たっぷり語っていただきます。
 
 
 
実は、「風水」を知ることは、
「日本」を知ることでもあります。

風水のベースになっている
「陰陽五行(いんようごぎょう)」は、
わたしたち日本人のくらしや文化と
それはそれは深い関係があるのです。

立春を迎える前に、
「風水とは何か?」
を楽しく学んで、
2017年の、
いや、人生全体の運気アップにつなげましょう♪
 
きっと、
日本のすばらしさ、
日本文化の奥深さを再発見する
時間になることと思います。

 
<こやまとしのりさんからのメッセージ>

最近では、
自分のお部屋、仕事場などに、
風水を意識して
インテリアのコーディネートをされる方が増えてきました。

それでは、そもそも「風水」とは何でしょうか。

本屋さんに行けば、
風水に関する本が所狭しと並んでいますが、

風水師によって主張していることは様々で、
一体誰を信じていいのやら・・と、
首をかしげている人も、
少なくないのではないでしょうか。

この講座では、
「黄色いカーテンで金運アップ!」
・・というような小手先のテクニックの紹介ではなく、

風水の根本となっている古代の叡智、
陰陽五行説と四神相応の考え方を詳しく紐解きながら、

そもそも風水とは何なのか?という
最もシンプルで、
しかし最も大切な根源的な命題について、
徹底的に深く考察していきます。


この講座では以下のことを学ぶことができます。

・そもそも風水とは何か?
・風水の起源、歴史背景
・玄武、白虎、朱雀、青竜の四神相応と陰陽五行
・イメージを制する者が勝つ!?見立ての風水とは
・古代神道における神社と風水の関係
・江戸城の風水を科学する
・結界とは何か?
・言霊・印による風水とは
・太古の叡智「螺旋」を使った気の集積法


1回完結の講座なので、
「陰陽五行って何?」という初心者の方でも、
必要な知識を1から分かりやすく説明いたしますので、
安心して受講することができます。

初対面の方でも、
予備知識の全くない方でも、
緊張感なく、楽しく学べる講座です。

ぜひリラックスして、
お誘い合わせの上ご参加くださるとうれしいです。


※この講座に参加すると・・

1.数千年の昔から脈々と受け継がれる東洋思想の壮大な英知「陰陽五行」と「風水」の基礎的知識を学ぶことができます。
2.様々なワークを通して初対面の参加者同士が楽しく交流を持つことができ、素晴らしい人間関係が広がります。
3.腹の底から笑うので、ストレス解消、また、なんとなく沈んでいた気持ちも、帰るころにはすっかり忘れて元気になれます(笑)


【日時】
2017年1月31日(火)
AM10:00〜PM13:00
※10分前より受付

【会場】
「おだわら市民交流センター」会議室2 
神奈川県小田原市栄町一丁目1番27号
小田原駅から徒歩約2分
*地図
http://umeco.info/use/ access/

【受講費】
6000-
当日受付にて直接承ります。

陰陽五行マスター講座を修了された方、
または以前に「陰陽五行がわかる講座〜風水編」に参加されたことの ある方は、
半額で再受講できます。

 

◆講師 こやまとしのりプロフィール
 
1976年、石川県金沢市生まれ。
米農家の三男として生まれる。
大学を卒業後、住宅販売会社に就職するも、人間関係に悩み6ヶ月で退職。
以後、食品会社、アパレル会社などへ次々と転職を果たすも、長続きせず、職を転々とする。
ネガティブな理由で会社を次々変える自分に嫌気がさし、
「次に就職した会社は全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という目標を掲げ、
自分を鍛え上げるため、26歳のときに、当時最も過酷な職種と言われた運送業のセールスドライバーに転職。
ドライバーの仕事をしながら、以前から興味のあった占いや古典の勉強を始め、
東洋最古の古典といわれる古代中国の書「易経」と出会い、その奥深さに衝撃を受ける。
易経や東洋思想の勉強を続けながら、ドライバーとして8年半勤務。
人間関係、お金、仕事の充実度、あらゆる面で最高の時だと感じた2011年、
「全てが最高のときに会社を辞めて独立する」という志を貫き、会社を辞め、上京。
「コヤマオフィス」を立ち上げ、以後、易経、陰陽五行をメインとした東洋思想の講師業をスタートさせる。
笑いと学びの融合を掲げた楽しい講座やセミナーを、全国各地で開催中。

「易経講師こやまとしのりのブログ」
http://blog.livedoor.jp/ k_toshi444/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今あなたは何を感じてますか?

 

その感情を言葉にできますか?

 

心と身体がつながっていますか?

 

 

Asobiba(遊び場)のインプロワークショップは、

 

とことん遊んで、

 

あなた自身が自分とつながるためのワークショップです。

 

 

それは相手と本当のコミュニケーションをとるための第一歩。

 

 

インプロというのは、即興芝居のことです。

 

「芝居」といっても、

 

セリフを覚えたり演技を稽古する必要はありません。

 

 

実はこのインプロには、

 

俳優さんでなくても、

 

日常生活に役立つ要素がいっぱいなのです。

 

 

直感力がぐーんとアップしたり、

 

発想が柔軟になったり、

 

失敗にビクビクしなくなったり。

 

 

苦手な相手に対する緊張もなくなっていきます。

 

 

そしてとにかく、

 

インプロには笑いがいっぱい!!

 

 

クリスマスの日に、

 

俳優ひろきゅんさん(小島啓寿さん、Asobiba代表)をおまねきして、

 

インプロワークショップを開きます。

 

 

ひろきゅんさんのインプロワークショップは、

 

日本全国で大人気。

 

 

ひろきゅんさんは東京在住ですが、なんとご出身は、

 

今回の会場の近くです。

 

 

「ぜひ里帰りワークショップお願いします!」

 

とお願いして、今回の開催の運びとなりました。

 

 

誰もが安心して自由に楽しめる、

 

そんな「遊び場」。

 

 

今年の12月25日は、

 

自分とつながるクリスマスにしませんか?

 

 

オトナだけの参加も、親子での参加も大歓迎。

 

 

インプロが初めての方も、

 

「即興なんて、自信ない・・・」という方も、

 

「興味あるけど、はずかしい」という方も、

 

 

ぜひ一度、

 

ひろきゅんさんの作り出す、

 

あったかーい「心の遊び場」を体験してみてください。

 

 

きっと、

 

「ほんとはわたし、こんなに笑えるんだ!」

 

って、自分の中のやわらかな心に気づくはずです。

 

 

<小島 啓寿(こじま ひろひさ)プロフィール>

俳優・インプロバイザー。

1997年より舞台俳優として活動を始める。

劇団公演だけでなく、映像や商業舞台まで幅広く活躍。

2007年所属していた劇団を退団後、フリーの役者として様々な舞台に立つ。

2009年インプロ(即興芝居)に出会ってからは精力的にインプロショーやイベントにも出演。

インプロバイザーとして活動を続けるなか、2014年『誰もが安心して自由に楽しく遊べる場所を創造する』という理念の元、Asobibaを立ち上げ、全国各地でインプロのマインドを伝える為のショーやワークショップなどの活動を行っている。

 

Asobibaホームページ

 

 

<<自分とつながるクリスマス☆Asobibaインプロワークショップ>>

 

<日時>

12月25日(日) 13:30〜16:30

 

<会場>

松田町民文化センター練習室1
小田急「新松田」駅・JR「松田」駅から徒歩5分 駐車場あり
地図はこちら

 

<参加費>
大人1500円 お子さま無料

(当日お支払いください)
 

 

お申込みはこちらからどうぞ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、父の話を書こうと思います。


先日あるセミナーに出かけたとき、ランチで中華料理を食べました。

帰宅後、夕食になってもまったくお腹がすきません。



「さすが中華、腹もちがいいわ」

なんて思っていたのですが、



あれ、この食欲のなさはやっぱり変だ・・・



と、ようやく、自分のおなかの調子が悪くなっていることに気づいたのでした(←ニブいよ)。



どんどん高まる気持ち悪さにたえつつ、子ども達の夕食を準備。

でもわたしは、食欲がなくて、白湯だけすすっていたのでありました。



私がこんなとき思い出す言葉は「ハライショク」。



小さいときからおなかの調子が悪くなると、わたしの父は、きまって、

「どうした?ハライショクわるいんか」

とわたしに聞きました。



小さかった私は、

「『ハライショク』ってなんだ?」

と疑問に思いつつ、

「『ハラ』って入ってるからおなかのことかな」

と思って、適当に

「うん」

と返事をしていました。



そして、中学生になり、反抗期まっただなかの頃は、父に

「ハライショクわるいんか」

と聞かれると、そのたびに、心の中で、

「なんなの、そのわけわからん言葉は!(←岐阜弁)」

と毒づいていたのです。



そして大学生になって家を出て、ひとり暮らしを始めました。



ひとり暮らしのさびしさから、とても心が不安定になってしまい、食生活もひどいものでした。


菓子パンを1日5,6個も食べたり、毎食シリアルだったり。



当然、おなかの調子が悪くなり、ウンウン苦しんでいたときのことです。


「こんなときお父さんがいたら、『ハライショクわるいんか』って聞いてくれるんだろうなぁ」

と、ふっと父の顔が浮かびました。



そして、その瞬間、わたしは、ハッと気づいたのです。


父は、「ハライショク」ではなく「ハラギショク」、つまり「腹気色」と言っていたということに!!



「腹気色」とは文字通り、腹の気色、つまりおなかの調子のこと。


どうやら父の育った地方で使われていた言葉のようです。



父は、

「おなかの調子がわるいのか?」

と、心配してくれていたのですね。



長年の謎がとけた気分で、おなかをさすりつつ、

「お父さん、ありがとう」

と、感謝の気持ちがわいてきました。




今回も、調子の悪いおなかをさすりつつ、父の

「ハラギショクわるいんか?」

という言葉を思い出して、なんだかやさしい気持ちがわいてきたのでありました。


 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。外園佳代です。

 


昨日は、絵本講師とんちゃんといっしょに、

「大人コドモ化計画!絵本&インプロ(即興劇)ワークショップ」

を、静岡県の函南(かんなみ)で開催しました。

 

 

いやー、おもしろかったー(≧∇≦)!

 

何がって?

 

 

そりゃあ、参加者のみなさんの見事な変わりっぷりが!

 

 

 

開始直後は、緊張感というより、悲壮感でいっぱいでした。。。

 

導入のとんちゃんの絵本タイムでちょっとリラックス。

 

 

そして、まずは簡単なワークから・・・と、始めたとたん、


「ひぇええー!」

 

「わたし、絶対ムリですから!」

 

と、後ずさりする方も。


(えーと、そんなハードなことしてないですよ^^;)

 

 

それでも、いろいろなワークでカラダをほぐしていくと、徐々に笑顔が。

 

あちこちから笑い声があがりはじめました。

 

 

 

 

そして、


「こんなポーズはどうかな?」とか、

 

「こんなストーリーはどうかしら?」と、


すてきなアイデアが即興でどんどん生まれていきます。

 

 

 

 

 

「ママ、いつもとちがう」

 

という表情で、じーっとママを見つめる小さなお子さんも。

 

 

うふふ、ママには、いろんな顔があるんです(*^^*)

 

 

後半は、みんなで、子どものときの夢を即興で演じました。

 

 

子どものときなりたかったものや、好きだったアニメの登場人物になりきります。

 

 

実は、前半のみなさんのかなりの緊張っぷりを見ていて、

 

「今日は、ストーリーものの即興は、むずかしいかな?」

 

と、感じていたのですが、

 

 

それがそれが!!

 

 

さっきまでの緊張感がウソのように、みなさん、すぐに役柄にはいりこんでいました。

 

 

一休さん、小公女セーラ、赤毛のアン、お蝶夫人、花屋さん、ピアノの先生、幼稚園の先生や栄養士さん。

 


たくさんの「あのときの夢」がインプロで叶えられました。

 

演じたあとは、みなさん、ほっぺがピンク色になっていて、かわいかった♡

 

 

小さいころに憧れていたものって、きっと脳内で何度も演じていたんだろうなぁ、と思います。


だから、リハーサルもなしで、パッとその役になりきることができるのでしょうね。

 

 

 

ワークショップの終わりのころは、とんちゃんの絵本に見入るみなさんの表情は、すっかりコドモ。

 

 

最初の「ひぇー!」「ムリムリ!」が、


最後には、「もっとやりたい!」という声に変わっていました。

 

 

「大人コドモ化計画」、楽しくミッションコンプリートです\(^o^)/

 

 

とんちゃんが、さっそくブログ記事をアップしてくれました。

 

当日の熱気が伝わってきますよ〜。

 

 

 

今回の函南でのワークショップは、函南在住の友人、ひさえちゃんが招致してくれました。

 

 

ひさえちゃんは、これまでにも何度か南足柄(わたしの地元)でのインプロワークショップに参加してくれていて、

 

「この楽しさをぜひ友人たちにもつたえたい!」

 

と、熱い思いで、今回のワークショップを企画してくれたのです。

 

 

みなさん、インプロは初体験の方がほとんどでしたが、

 

「ひさえさんの言葉を信じて参加しました」

 

と、勇気を出して参加してくださった方もたくさんいました。

 

 

ひさえちゃんは、初めて出会ったころは、「おとなしそうなお母さん」といった雰囲気でした。

 

でも、南足柄でのインプロや料理教室などのイベントに何度か来てくれるうちに、本来のひさえちゃんらしさがどんどん出てきたのです。

 

 

今回のワークショップを主催するひさえちゃんのキラキラした笑顔を見て、

 

「あぁ、これがひさえちゃんの本来の輝きなんだなぁ」

 

と、思いました。

 

 

そして、そんなひさえちゃんの熱い言葉だからこそ、お友だちのみなさんが、

 

「ひさえさんが言うなら!」

 

と、一歩をふみだしてくれたのですね。

 

 

 

開催前日に、わたしの表現の師匠である河合孝彦さん(めんぼーくん)が

 

「2人の絵本&インプロのスキルはすごいんです。

 

けどそれ以上に、今回のワークショップでは

 

参加者の才能を発掘し成長させてくれます」

 

と、Facebookでイベントをシェアしてくれました。

 

 

そのめんぼーくんの投稿を見て、当日参加を申し込んでくれた方も。

 

 

熱い気持ちって、広がっていくんですね・・・(じーん)。

 

 

当日、めんぼーくんが、お仕事前に応援に来てくれました

 

主催のひさえちゃん、参加者のみなさん、応援してくれたみなさん、そして、今回も最高のコラボをしてくれたとんちゃん、


コドモ心を思い出す1日を、本当にありがとうございました。

 

 

「こんな楽しそうなワークショップ、ぜひわたしの街でもやってほしい!」

 

という方は、

 

こちらから開催リクエストおまちしております♪

 

 

 

インプロは、一見、ごっこ遊びのように見えますが、味わう「感情」はホンモノです。

 


「楽しい!」

 

っていう気持ちで自分が満たされれば、その楽しさの波動が、また新たな楽しさをひき

よせます。

 

 

なんと!


インプロは、引き寄せワークでもあったんですね♪

 

 

そして、今回のみなさんのピンク色のほっぺを見て、アンチエイジング効果も確信しました(≧∇≦)/

 

 

「インプロ、やってみようかな」

 

って、ちょっとでも興味がわいた方は、

 

ぜひ、クリスマスに開催するインプロワークショップへどうぞ。

 

 

今回は、日本全国で大人気の「ひろきゅん」(小島啓寿さん)をファシリテーターにお迎えします。

 

 

わたしがひろきゅんさんと初めて会ったのは、昨年、東京の豊島区主催で開かれたインプロの連続講座。


ひろきゅんさんの演技は、ずば抜けておもしろかった。


「この人、何者?」

 

と、気になって話しかけてみたら、ひろきゅんさんは、もと舞台俳優さんだったんです。

 

 

おどろいたことに、ひろきゅんさんの出身地は、わたしの住む南足柄のおとなりの大井町でした(東京の大井町とはちがいます)。

 

 

「ぜひ里帰りインプロワークショップしてください!」

 

と、一本釣りして、もとい、お願いして、クリスマスにワークショップ開催のはこびとなりました。


 

ひろきゅんさんのイメージをひとことで表現すると・・・

 

ドラえもん!!


外見もなんとなくそれっぽいのですが、インプロの魔法で、なんでも出してくれるから♪

 

 

 

今年のクリスマスは、「遊びゴコロ」を自分にプレゼントしませんか?


大人だけはもちろん、親子での参加も大歓迎です。

 

冬休みの思い出づくりにいかがですか?

 

自分とつながるクリスマス☆Asobibaインプロワークショップ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。外園佳代です。

 


わたしは、昨年から、易経講師こやまとしのりさんに、易経を学んでいます。

 

 

魅力発掘コーディネーター鈴木のりこさんといっしょです♪

 

 

毎回、ほんとうにたくさんの気づきがあります。

 

易経は、3000年以上も前に書かれたものですが、現代を生きるわたしたちにとっても役立つヒントが満載です。

 

 

「易のおもしろさを、少しでもみなさんにお伝えしたい!」

 

と、先月からメルマガで「宇宙人母のちょこっと易そうだん(無料)」を始めました。

 

 

易占いを使って、みなさんからの相談におこたえしております。

 

ささやかなコーナーですが、おかげさまで好評です。

 

 

こんな感じでやっております。

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

<相談>

 

働きに出ようと思いますがどうですか?

 

(相談者:数秘33さん)

 

 

<回答>

 

「風雷益(ふうらいえき)」が出ました。

 

 

上の「風」と下の「雷」が互いに協力しながら勢いを拡大しています。

 

風も雷も、ともに動きがあります。

 

人と協力しながら何かをするときですね。

 

私利私欲にはしらず、相手の益になるように心がけることで、まわりからの信頼も得られるでしょう。


「風」と「雷」なので、にぎやかな職場がよさそうです。

 

お仕事が、楽しい時間になりますように。

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

 

相談者のみなさんから

 

「じんわり染み入るんですね〜易って」

 

「おそるべし易占い!」

 

「とっても勇気いただきました!」

 

などの感想をいただいております。

 

 

そのほかの感想はこちらです

 

 

「宇宙人母のちょこっと易そうだん(無料)」は、メルマガ読者さま限定でお受けしております。

 

相談ご希望の方は、メルマガ内のリンクからどうぞ♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。外園佳代です。

 

 

日曜日に、家族で伊豆の韮山(にらやま)というところにお出かけしてきました。


わたしの師匠のひとりである、めんぼーくん(河合孝彦さん)が出演するお芝居「セピア色の空」を見るためです。

 

 

ストーリーは、こんな感じでした。

 


大学4年生のすみれは、出身地の伊豆をはなれて、東京でひとりぐらしをしています。


すみれは、生まれて間もなく、母親を心臓の病気で失っています。

 

 

そのため、

 

「お母さんが死んだのは、わたしのせいでは?」

 

「わたしは生まれてきてよかったんだろうか」

 

という思いが心の底にいつもあります。

 

 

そのため、大学生になった今も、なにをやるにしても臆病で、自分に自信が持てません。

 

 

そんなすみれが、あるとき、これまで見たこともない不思議な喫茶店「セピア」に迷い込みました。


そこは、マスターも、お客さんも、かかっている音楽も、なにもかもが「昭和」。

 

 

最初は

 

「昭和ごっこ?」

 

と思ったすみれですが、

 

「どうやらこの空間だけ、タイムスリップしている!」

 

と気づきます。

 

 

そして、喫茶セピアの常連客になったすみれ。


マスターや常連客のやさしさにふれ、自分の居場所を築き、そして、自分に自信が持てるようになっていくのでした・・・。

 

 

喫茶セピアで、すみれは、若き日の自分の母親とも出会います。

 

時空をこえた母娘の対面シーンでは、涙があふれてしまいました。

 

 

めんぼーくんは、喫茶セピアのマスター役。


あたたかく常連客を迎える姿、もう、ハマりすぎ!!

 

 

「わたしも、喫茶セピアの常連客になりたい!」

 

と、マジで思いました。

 

 

Facebookでそんなことをめんぼーくんにコメントしたら、

 

「喫茶セピアは、観ていただいたお客様の心にあります。

 

 『おかあさんによるおかあさんのための1日楽校』が、かよさんたちの喫茶セピアになる事でしょう」

 

って返事をくれました。

 

 

マスターってば、泣かせることを・・・(T_T)

 

了解です、マスター!

 

わたしたちの喫茶セピア、みんなで作りあげます。

 

 

 

今回のお芝居が上演された会場「韮山時代劇場」は、わたしが初めてめんぼーくんと出会った場所でもあります。

 

それは、3年前のちょうど今ごろでした。

 


わたしのボイジャータロットの師匠であるのっちゃん(野津美絵さん)とめんぼーくんが、コラボで開いた表現ワークショップに参加したのです。

 


参加したきっかけは、ネット検索していたときに、のっちゃんのブログを偶然見つけたこと。

 

 

その軽妙な文章に惹かれ、


「この人に会ってみたいなぁ」

 

と思っていたら、のっちゃんが表現ワークショップを開くことを知りました。

 

 

ワークショップのタイトルは、

 

「自己肯定のスイッチを入れてセルフプロデュース♪サナギから蝶になる!」

 

 

「なんて長いタイトル!でもおもしろそう(≧∇≦)!」

 

と、神奈川県から県境をこえて、静岡県まではるばるお出かけしたのでありました。

 

そのときの様子はこちらです

 

 

↓めんぼーくんのワークショップは、なぜか不思議な紫の光がうつります・・・

めんぼー

 

あのときは、のっちゃんやめんぼーくん、参加者のみんなに

 

「神奈川から来たの!?」

 

と、すごくびっくりされたなぁ。

 

 

そのあともちょくちょく静岡にお出かけするようになって、


のっちゃんにボイジャータロット習いに行ったり、

 

めんぼーくんの福祉イベントに参加したり、

 

 

そして、

 

 

めんぼーくんのワークショップをわたしの地元で企画させてもらったり、

 

のっちゃんが足柄でのイベントに出展してくれたり、


のっちゃん&めんぼーくんとコラボで表現ワークショップ開かせてもらったり、

 

 

さらに、

 


わたしの友人がめんぼーくんの静岡イベントに出展したり、

 

めんぼーくんを神奈川に招致するようになったり、

 

 

他のみなさんとの間にも、静岡と神奈川のつながりがたくさん生まれたり。

 

 

・・・と、ご縁がどんどん広がっていったのでありました。

 


3年前、初めて韮山に行ったときは、夜、ひとりで電車やローカル線をのりついで、かなり心細かったなぁ。

 


「おもしろそう」っていう気持ちだけがわたしのお供でした。

 

 

でも今回は、夫が運転する車で家族みんなでお出かけ。

 

今では、うちの夫も子ども達も、めんぼーくんの大ファンです。

 

 

あのときのコドモみたいな好奇心が、こんなにたくさんのご縁につながるなんて。

 

 

ひとりで歩き始めたと思っていたのに、ふりかえったら、そこにはたくさんのみんなの笑顔がありました。

 

 


3年前の自分が、

 

「ほらね。

 

 『おもしろそう!』から始めたらいいんだよ」

 

って、笑いかけてくれている気がします。

 

 

 

24日に開催する静岡イベントも、そんなご縁から生まれました。

 

めんぼーくんから学んだ「表現」の楽しさを、みなさんにお伝えします。

 

「おもしろそう!」から一歩をふみだしてみませんか?

 

 【11月24日】大人コドモ化計画!絵本&インプロワークショップ in 函南

 

 

カラオケ

 

静岡の函南(かんなみ)在住の友人が招致してくれました〜\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。