こんにちは。外園佳代です。


前回の大阪レポートからの続きです。


 

春分の日の午後は

楽しいスピリチュアル英語講座を
開催しました。

 


開催のきっかけは
以前、メルマガで
「スピリチュアル英語講座を
 やりたい」
と書いたら、

大阪の宇宙人友だちの
松丸みちこさん(筆文字みっちゃん)

「おもしろそう!
 大阪でやってください!」
と、招致してくれたこと。

 


 

満員御礼の
8名もの方が
参加してくださいました。


 

参加の理由は

 

「ゴスペルをやっているのですが
 もっと英語をわかりたくて」

 

「子どもに英語を学ばせようとしても
 なかなかうまくいかなくて。
 まずは自分の苦手意識を
 なんとかしたい」

 

「英語はさっぱり話せないのですが
 なんだか直感で
 おもしろそう!と思って」

と、さまざま。

 

 

みなさん、最初はちょっと緊張ぎみ。

(実はわたしも緊張ぎみ↓)


でも、
テキストの英文を
一文ずつ解説していくと

「あぁ、なるほど!」
「いい文章ですねぇ」

と、どんどん笑顔がでてきました。

 


そして、
単語の語源や
英文の構造についても

「そういうことだったんだ〜」

「中学校のとき、
 こんなふうに教えてくれたら
 もっと興味がもてたのに!」

と、うれしい声がたくさん。

 


 

講座の終わりのころには

「英語のほうが
 ストレートにメッセージが
 伝わるんですねぇ」

と、いう意見も。


そうなんです!


日本語に訳された文章だと、
なんだか照れてしまったり
「そうは言っても」
と、素直に受け入れられない言葉も

英語のままだと
すっとハートに入ってくるのです。


これが原語の力強さですね。

 


講座の最後には、
テキストの内容にちなんで
自分の大好きなことを
英作文していただきました。


 

「I love dancing!」

「I love traveling!」

など、
自分の大好きなことを
英語で語るみなさんは、
身ぶり手ぶりがついて

表情も
日本語のときより豊か。


英語で自分を表現すると
「英語脳」の自分が
めざめるんです☆


そして、
「大好き」のエネルギーは
日本語でも英語でも
まわりをハッピーにするのですね。

 


みなさんからいただいた感想です。


「英語という言語そのものを楽しむ
 佳代ちゃんの感覚が
 ちょっとわかった気がしました。
 それから佳代ちゃんの選んだ教材が
 わたし好みで
 とってもいい感じでした」


「学生時代に勉強した英語と
 またちがった方向から
 教えていただいて
 楽しかったです」


「英会話以外にいただいたものも
 大きくって〜
 頭ガンガンです
 言葉をこえたコミュニケーションで
 楽しめたらと思います」

 


 

「ゴスペル歌うときに
 ひとつひとつの単語の意味を考え、
 ていねいに覚えて
 歌おうと思いました」


「英語は、イメージを
 的確に伝えようとする言葉だー!
 と、自分なりに発見できました。

 

 そう考えると、
 一度日本語に直そうとせずに
 英語のまんまのイメージを
 受けとればいいんだなぁーと思い、
 安心しました。

 

 へぇーーー!がいっぱいで、
 新しい英語を知ったかんじ。

 テキストも、
 講座タイトルにピッタリです。
 中学英語が
 このテキストならいいのになぁー」

 


みなさん、
本当にありがとうございました。

 

 

英語という
言葉じたいがもつおもしろさを
お伝えしたいという
わたしの気持ちが
みなさんに伝わったことに

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

講座が終わった後の
みなさんの笑顔は、
キラキラしてほんとにステキでした。

 

新しいことを学ぶことは
アンチエイジングにも
効くのかも!?

 


Live as if you were to die tomorrow.

Learn as if you were to live forever.


(明日死ぬかのように生きなさい。
永遠に生きるかのように学びなさい)

Mahatma Gandhi
(マハトマ・ガンジー)

 

 

楽しいスピリチュアル英語講座
次回は
新宿で開催いたします。


 【4月15日】自分とつながる☆目からウロコの楽しいスピリチュアル英語講座 

 

 

そして英語講座の新企画!


絵本よみきかせ講師
上甲知子さん(とんちゃん)とコラボで
日本語英語の両方で

絵本を楽しむ講座を開きます。

 

日本語と英語で楽しむ絵本の世界

 

 

英語雑学ネタが好評の

外園佳代メルマガはこちらからどうぞ

「心はいつもほっかほか通信」

 

 

 

 

 

 

 

AD

こんにちは。外園佳代です。

 

先日の春分の日(20日)は、
いかがすごされましたか?


わたしは、大阪で
午前はインプロワークショップ、
午後はスピリチュアル英語講座という
持ちネタ大放出な1日でした。

 

去年の春分の日も

大阪でインプロワークショップ

したのですが、

まさか、

今年の春分の日も来られるとは!

 

大阪の宇宙人仲間の

松丸みちこさん(筆文字みっちゃん)が
招致してくださいました。

(みっちゃんのレポート記事はこちら)

 

会場は、やはり宇宙人仲間の

神末結衣ちゃんの

とってもステキなサロンです。

 

みっちゃんもゆいちゃんも、

ネーミングアーティスト横山麻衣子さんとのコラボで

2015年に大阪で開いた

「宇宙人による宇宙人のための宇宙人お茶会」

に来てくれたのが最初の出会い。

 

そのとき、ゆいちゃんは、わたしに

「宇宙人プロデューサーなんて、ずるい!」

と言ったのですが、

アハハ、言ったもん勝ちですよ〜♪

 

そして、そのお茶会のとき

「自分のサロンを持ちたい」

と語っていた夢を

一年たらずで実現させるとは!

 

みっちゃんも、去年は一参加者だったのが

今年は主催者ですからね!

 

さすが宇宙人、

スピード感がすばらしいです☆彡

 

 

ではさっそく、

午前中のインプロワークショップの
レポートです。


参加者の方は
インプロ初体験の方がほとんどで
最初は
「何をやるのかしら?」
と、ちょっと緊張気味でしたが

インプロのゲームを始めると
すぐにはじけるような笑顔が
あちこちに。

 

 


参加者のみなさん、
表現力も即興力もすばらしくて
「おぉ、さすが!」
と、感心しっぱなし。


うれしくなって
どんどんレベルをあげちゃいましたが
それでもノリノリで
ついてきてくださるみなさん。


とても初インプロとは思えません!

 

 

 

 

 

 

そして最後は、恒例の
「あの頃の夢を叶えるインプロ」。


子どもの頃にあこがれていたものや
これからやりたいことを
即興で演じるのです。


今回は、
オペラ歌手、
ピアニスト、
石油王の妻、
透明人間、
探検隊の隊長、
モテモテの美女、
ベストセラー作家という

 

バラエティ豊かな「あの頃の夢」が
即興で演じられました。

 

 


中には
大好きだった彼との
思い出話を語る
せつないラブストーリーもあって
涙が出そうになりました。
 


演じ終わった後は、みなさん、
役柄そのものにしか
見えなくなってるのが不思議です☆


それは、「なりきる」ことで
その周波数が

すでにできてしまうんから。

 


そして、

即興で演じた「あのころの夢」と
似たようなことが
現実の世界でも起こったりします。

 

参加者のみなさん、何がおこるか

どうぞお楽しみに♪

 

 

今回の参加者の方のなかには

 

「ホントは、2015年の
 宇宙人お茶会のときに
 来たかったのですが
 出遅れてしまって。

 でも、インプロだけは
 申し込むつもりはなかったのに
 なぜか申し込んでしまいました」

という方も。


きっと今回が、
ベストタイミングだったのですね。

 

やっとお会いできて
本当にうれしいです。

 

 

 

インプロで遊ぶみなさんの
キラキラの笑顔を見ていたら、
「あぁ、今年の春分の日も

大阪でインプロできて

ほんとによかったなー!」と、
胸がいっぱいになりました。

 



ワークショップが終わって

この日初対面の方どうしが
ニコニコおしゃべりしたり
ぎゅっとハグしたりしていて


それはまるで、
子どものとき、
「またあそぼうね!」
って、約束しあった
あの頃のようでした。


インプロは
心をハダカにしてくれるから
初めて会った人とも
こんなに仲良くなれるのですね。

 

 

インプロの基本は

「Yes And」。


みなさんが思いっきり遊ぶ様子を見ていたら

この「Yes And」を、
自分の人生に対しても
言い続けていこうと

あらためて思いました。

 


みなさん、本当にありがとうございました!

 

英語講座のレポート記事につづきます。

 

AD

こんにちは。外園佳代です。


春分の日は

いかがすごされましたか?

 

 

1日すぎてしまいましたが、

今日は、
「春分」にちなんだ
英語ネタを書いてみます。

 

 

春分の日は日本の祝日ですが、
「春分」のことを
英語では

spring equinox(イクアノックス)

と言います。

(March equinoxなど他の呼名もあります)

 

 

equinoxの語源は

equal(イコール、等しい)

nox(夜)


つまり、夜(と昼)が、
等しくなることですね。

 


春分の太陽は、
赤道を真上から照らしています。


さて、「赤道」は英語で
なんと言うでしょう?


Red wayではありませんよ!

(赤道という名前は
 昔の中国の
 天文学に由来しています)

 

 

答えは、
equator(イクエーター)。

 


もともとの意味は
「(昼と夜を)等しくするもの」


エクアドル
(Republic of Ecuador)
の国名は、

赤道が領土を通過していることから
名付けられました。

 


 

余談ですが
わたしの父の誕生日は
3月21日。


父は、
春分の日に生まれたことが
とても自慢なので


たまに、春分の日が
21日ではないときがあると

「どういうことや!
 カレンダーがまちがっとらへんか?」

と、カレンダーに
イチャモンをつけていました。

 

(今年もそう思ってるかも^^;)

 


そしてわたしの誕生日は
9月20日で
ちょうど秋分のころなので


親子で
春分・秋分が誕生日であることに
不思議な縁を感じます。

 

 

西洋占星術では
春分の日が一年の始まりとされています。


欧米では
spring cleaning
と言って、
春に大掃除をするのが一般的。


これは、冬の間に
暖房に使った石炭のすすなどの汚れを
春に掃除するためですが、


もともとは、
古くなったエネルギーを追い出すために
家や寺院を
春分に浄化していたことが
由来です。

 


この春分シーズンに
家の中をおそうじしたり

自分の中で
古くなってしまったことと
お別れするのはいかがでしょう。

 


心にスペースができたら
ステキな新しいことが

やってきますよ〜♪

 

 

 【4月15日】自分とつながる☆目からウロコの楽しいスピリチュアル英語講座  

 

★英語雑学ネタが好評です☆メルマガ「心はいつもほっかほか通信」

 

 

 

 

 

 

 

AD

こんにちは。外園佳代です。


いよいよ3月20日は

大阪でのインプロ&英語講座です。

 

おかげさまで、英語講座は
満席になりました。


午前の
インプロ(即興劇)ワークショップは
あと1名さまのみ参加いただけます。


 【3月20日】笑いながら心とカラダをリラックス♪「あのときの夢」を思い出すインプロワークショップ in 大阪

 

 

今日は、
インプロに関する英語ネタを
書いてみます。


インプロとは、
improvisation(即興)
を略したもの。


この
improvisation
(インプロビゼーション)
という単語の語源は、ラテン語の


im(否定)

pro(前もって)

videre(「見る」)

から来ています。


つまり、即興とは、
「前もって見ない、準備しない」
ということですね。


この反対が「provide」で、


pro(前もって)

videre(「見る」)


から、
「準備する、必要なものを供給する」
という意味になります。


この否定語の「im」は、映画の

「Mission: Impossible」
(ミッション・インポッシブル
 =不可能なミッション)

にも出てきますね。

 

おっと、話がそれましたが、
そう、インプロで大事なのは、

「準備をしない」

ことなんですよ!


「備えあれば憂いなし」
の価値観で育ってきたわたしたちには
びっくりですよね。

 

もちろん、
準備が必要な場面は
この世の中にたくさんあります。


電車の運転や
大手術を
ぶっつけ本番でされたらイヤですよね。

 

でも、わたしたちの生活は
かなりの部分が「即興」なのでは?

 

いつもの電車に乗ろうとして
駅まで来たら
思わぬ事故で電車がストップしていたり


部屋をキレイに掃除して
「よし、これでカンペキ!」
と思ったとたん
子どもがジュースをこぼしたり


ディズニーランドに家族で行こうとして
車中でワクワクしていたら
高速で後ろから追突されたり

(注:わが家の実話です)


・・・と、
人生には、
思いもよらないハプニングが
起こるものです。


そんなとき、
「あぁ、まったくついてない。
 どうしてこんなことが起こるの!?」
と、悲嘆にくれたり
「キー!!」
ってキレるのも
もちろんありですが(人間ですからね)


「へー!そうきますか!」

って、そのシチュエーションを
逆に楽しんでしまうのもありです。

 

インプロをやっていると、
後者のようなスタンスが
自然と身についてくるのです。

 

なぜなら、インプロの基本は
「Yes And」
(イエスアンド)。


相手の言葉や行動に対して、

「いやいや、それはないでしょ」

と、「No」で受け止めるのではなく、
まずは

「ほほう、なるほど」

と、「Yes」で受け止めます。


そしてさらに、
「And」で、
自分の考えをつけくわえていきます。

 

実際の生活では、
「いや、それはないでしょ」
と、「No But」だったり、

「あなたの言い分はわかるよ。
 でもね・・・」

と、「Yes But」になってしまうことが
多々ありますが、


インプロでは、
「Yes And」
を、楽しみながら練習できるのです。


この「Yes And」の繰り返しで
物語も人生も、
前向きに進んでいくのです。

 

そして、インプロのいいところは、
安心安全な場で
「失敗」の練習ができること。


わたしたちは、
ふだんの日常生活では、
異常なくらい「失敗」をおそれています。


でも、インプロの場では
「失敗」を明るく笑い飛ばすことで
まわりの人をリラックスさせます。

すると、
自分も相手もハッピーになるのです。


インプロの巨匠
キース・ジョンストンが
「失敗」について語った言葉を
紹介します。


Try; make mistakes;fail big and fail happily. If the audience sees you unbothered by your mistakes then they can enjoy them too, but if they see you feel humiliated and ashamed, they will be uncomfortable.


失敗しよう。
派手に、ハッピーに失敗しよう。

あなたが失敗しても
くよくよせずに明るくいれば
見ている人も楽しくなる。

でも、もしあなたが
自分の失敗を恥じて
内にこもってしまったら
見ている人も
居心地が悪くなってしまうのだ。
(外園訳)

 

そう、インプロでも、
リアルの人生でも、

「失敗しないでいよう」
と、ガチガチになっている人より、

「あー、やっちまったー!」
と、自分の失敗を
明るく語ることのできる人に

人は、惹きつけられるのです。


 

春分の日は
新しいことを始めるのにぴったりな日です。

ぜひ、「イエスアンド」&「失敗」を
体感しに来てください。


 【3月20日】笑いながら心とカラダをリラックス♪「あのときの夢」を思い出すインプロワークショップ in 大阪

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。外園佳代です。


3月も早くも半ばをすぎました。

 

Time flies!

 

今日は、「時間」をテーマにした
英語ネタを書いてみます。

 


「時間の神さま」を
ご存知ですか?

彼の名は、クロノス(Chronos) 。


紀元前6世紀の哲学者
ペレキュデス(Pherecydes)が
「時」を人格化して
創作しました。

 

ギリシャ神話に出てくる

クロノス(Cronus)と

名前が似ているため

昔から混同されてきました。

 

17世紀のイタリアの画家
Giovanni Francesco Romanelli

によって描かれたクロノスは

時の流れの速さを示す羽と、

時を刻む大鎌を持っています。


 

Chronosに由来する言葉は
「時間」に関係しています。

クロニクル(chronicle)とは
年代記。


長く背負わなくてはいけない病気は
chronic disease(慢性病)。


また、
「あの人は
アナクロ(anachronic)だ」
などと言いますが、

ana(さかのぼって)

chronic(時間の)

で、
「時代おくれの」という意味です。


そして、
最近はすっかり一般的になった
「シンクロ」は英語で書くと
synchronicity。


syn(共に)

chronic(時間の)

ity(すること)


と分解できます。


だれかのことを考えていたら
その人から電話がかかってきた、など

「意味のある偶然の一致」のことで、
日本語では「共時性」と訳されます。

 

シンクロがたびたび起きるときは

宇宙からの大切なサインが

かくされているんですって!

 

 

3月後半にも、

すてきなシンクロが

起きるといいですね☆

 

Have a nice time!

 

 

英語はオトナになってからがおもしろい♪翻訳者KAYOがとっておき英語ネタを語るメルマガはこちらからどうぞ