きだみのる鍼灸整骨院のブログ

御徒町で伝統的な鍼灸、整骨などの治療院をしているかたわら、
ストリートダンスや格闘技選手のトレーナーをしています。


テーマ:

こんにちは!

 

だいぶ日射しが強く感じる季節になってまいりました。
緑の多い季節です。

 

庭の梅の木も花が散ったと思ったら

葉っぱがどんどん増えていき、

緑の梅の実もたくさんなっています。

 

桜が咲いていた頃までは

地面の土が見えていたのですが、
いつのまにかドクダミや野生化したミントの葉で

おおい尽くされています。

 

おじさんは草刈りに出かけなければなりません(笑)

 

アウトドアは庭から始まっています!
素肌を出さない様な服装で

ハチや毒虫に注意しましょう!
黒い色はハチに狙われます!

頭は帽子・バンダナで隠し、

服も黒は避けましょう!

 


さて、今回は関節の最大可動域についてです。

 

例えば、骨盤だったら

前と後ろにそれぞれどこまでいくか。
左右への横曲げは?
左右のねじりだったら?
などなど。

 

昨日の主婦の方への

健康体操教室でも行いましたが、

 

"肩の引き上げと引き下しのエクササイズ"

 

がとても楽しかったです。

 

肩を上げてストンと落とす様な

リラックスさせるエクササイズはよくありますが、

肩は上だけではダメですよ。

 

下に下げることも必要です

 

人間はもともと四足動物の時に作られた骨格で立ち上がってしまいました。

 

そのため上から重力を受けることになってしまい、常にそれに逆らう力が無意識に働いています。

 

それが力みや緊張の基本となっています。

 

“肩に力はいっちゃう”

 

と言うのは

 

“肩を上げている”

 

と言うことです。

 

ここからさらに、

“前に巻き込んでいる”
とか、
“胸を張りすぎている”
とか、
“猫背になってしまう”

などの個人のクセが追加されます。

 

“肩のリラックスは

下への意識が基本!”

 

なんですね。

 

ただ脱力するだけでは、

単なる猫背になりますので

“胸の部分”

“肋骨や横隔膜の基本操作”

もあるとより深いリラックスとそれを長持ちさせることができる様になります。


さらに言えば、骨盤や脚などもそうなってしまいますが、今回は肩にしぼります。

 

肩の構造は、

腕が肩甲骨について、

肩甲骨は鎖骨につながって、

鎖骨は胸の前の中央にある板状の骨、

“胸骨”

につながっています。

 

肩・骨格

 

ほんとに一点なんですよ、

腕や肩甲骨が体幹部とつながっているのは。

 

ですから皆さんが思われるよりもはるかに大きな可動域を持っているんですね、肩・肩甲骨は。

 

その中でも最も忘れられているであろう、

下への可動域に注目してみてください。

 

最大に引き下げることができれば、
“脇の筋肉”
が最大に引き締まり、

体幹部と肩甲骨・腕を強く固定してくれます。


また、最大に引き下げることができる様になると、
そこまで引き下げなくても、

“脇の筋肉の締め”

”背中の筋肉を使う”

ことが自在になってきます。

 

肩が多少上がっていても、

幹部に強力に固定したり、

背筋をの伸び伸びと操作すること

ができますので、

ダンスの腕の動きや

格闘技のパンチや相手と組み合った時の力

などが向上します。

 

 

もともと動物は前足(腕)を後ろに(人なら下方)に引き下ろす動きを強力に行っていますものね。

 

そのため、背筋の方が種類も多く、

大きくて、力も強いわけです。

 

ですから、ここが使えないと

自由さも力強さでも損しちゃうんです。

 

 

 

もちろん、一般の方でも

“背中や首がこりにくくなる”

と言う効果が出せます。

 

肩甲骨って、

下へもだいぶ動くんじゃ~ん!
と体に思い出させれば、そこにかかっていた

“力みのブレーキ”

がはずれます。

 

これをしてから一般的な肩まわりのストレッチをやると全く違ってきます。

 

楽に伸びちゃうから効いてないんじゃないかと思いますがそれでいいんです!

 

まわりが動かず、一か所を強く引っ張り過ぎちゃう

ストレッチの方がいけないんです。

 

また、ストレッチの段階から多くの骨が

”連動する感覚”

を覚えることで実際の動作の質が向上します。

 

ストレッチをしているだけで、体の使い方、身体操作が高度になるわけですね。


なんとまあ便利なのか。

 

私は特にそこを目指しています。

人間は動くもの。

動きを変えられなければ意味がない。

 

全身にある各関節が最大に動ける範囲を知ることはとても重要です。

 

 

最大可動域と言うと

“柔軟性・動きの大きさ”

などがイメージされるでしょうけど、

“普段の動き”
“小さい動き”

の時でもリラックスして体を操作しやすくなることが最大のメリットかもしれません。

 

これは日常生活の動作で疲れにくく傷めにくいものとなり、
ダンスでは小さい動きなのに大きなうねりを感じ、
格闘技では相手から気配を読まれない攻撃
などができる様になると言うことです。

 

治療院で患者さんの再発予防で

指導しているエクササイズも

いろんなところで活用できています。

 

さて、本日も夕方から

キッズ格闘技選手へ武道空手の稽古です。

 

それまでちょっと読書でもしましょう(楽)

 

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

またしても久しぶりのブログとなってしまいました(汗)

 

治療院の方もぼちぼち忙しかったのですが、
ダンサー治療家たちへの勉強会
格闘技選手たちへの指導
などが多かったんですね。

 

どちらも事前にやることを明確にして、
どうすれば上達するかを考え

常に工夫をしています。

 

それは、普段の治療や主婦の皆さんへの

健康体操教室
の延長線上にあります。

 

そのため全てに一貫性があり、
それぞれの相乗効果をもたらします。

 

さて、ゴールデンウィーク中も

定休日以外は通常通りに治療をしていたのですが、今回の表題にもあります様に、

 

“本番で緊張しやすい体の状態”

 

について考えさせられたことが多くあったんです。

 

試合直前の格闘技選手、

ダンスバトルやショー直前のダンサー

などが主張する


“緊張した時の体の状態”


が共通していることが多いと感じたのです。

 

それは、

 

●首や胸、肩など上半身に力が入ってしまい呼吸が浅くなる

 

●両脚の太もも(特に前側)に力が入ってしまい脚が重くなる

 

の二点です。

 

 

これは何も言われずとも、

そこを治療したくなる様な状態なので、

本人たちも特に本番直前には

強く自覚しているんだなあと感じました。

 

 

本番の緊張のための興奮から

血圧や血流なども上がってきますし、

普段から力んでいるところが

余計に硬くなってしまうのも自然な流れでしょう。

 

 

本番に慣れること、

精神状態のコントロールも

またそれなりの鍛錬が必要でしょうが、

体の状態を変えることも必須であります。

 

むしろ体から入ると

精神が落ち着くことが多い様です。

 

俗に「心技体」などと言われますが、

鍛えていく、整えていく順番はまったくの逆で

「体・技・心」

だと感じます。

 

私自身、武道を続け、

現役選手らに指導していて強くそう思います。

 

 

 

前置きが長くなりましたが

【緊張しやすい体の状態】

と言うのは確かにあり、

 

その体から整えていくことで

それを克服しやすくなることの説明です。

 

 

ず、

【上半身が力んで呼吸が浅くなる】

と言うことの原因ですが、

 

頭と腕や肩の重さの中心部である

【胸】がそのポイントになります。

 

 

腕は左右の対にありますので、

胸の上の方の【鎖骨の下】の辺りが

その【支点】

とも言うべき場所になっております。

 

 

まず治療でここをやわらげ、

動物はよく動いていても

人間がしなくなった動き

をエクササイズで指導していきます。

 

 

頭と肩腕の付け根部分を脱力させ、

 

“頭や腕に散っていた重心バランスを胸の支点に集める”

 

のです。


上体の重心バランスを

体幹部の胸で統一させます。

 

 

これは、

【太ももの前が力んで脚が重くなる】

と言うことについても同様です。

 

治療でゆるめてから、

身体操作のエクササイズ指導です。

 

“足裏まで重心を落とす”

 

ことが目標です。

 

 

それにはまず

 

【足裏の中心部の軸】

 

を体感させるため、足裏に触れてあげ、

そのラインんテープなど貼ってあげます。

 

その後、膝を軽く曲げ伸ばしの動作を繰り返してもらいます。


上下に軽く揺れる、ダンスのリズムトレーニング的な動作です。

 

 

足裏の真ん中が体感できると、

骨盤から太もも、ふくらはぎやすねを

重心線が貫いて落ちていきます

 

 

 

ここでダンサーなどは

 

「意識しなくても足裏でしっかり地面をつかんでいる感じ」


とか


「片足ずつしっかり乗ってるのがわかる」

 

などの反応を示してくれます。

 

 

この時点でもかなり動けるのですが、足の真ん中がわかったら、

 

“かかとと爪先の使い分け”

 

も知らなければなりません。

 

そこで

 

【踵重心と爪先重心で行うスクワット】

 

を指導します。

 

 

 

この際に必要になるのが、

先にあげました上半身の脱力に必須な

【胸の支点】

による感覚です。

 

 

上半身の重心が一本にまとまっていてこそ

足裏に落とすことが可能

になるわけです。

 

 

ダンスは動きのキレのために体を締める、

 

格闘技は強い打撃を生み出すために腕肩が力む、

 

と言う事をしてしまうのが普通ですからね。

 

 

踵と爪先でしゃがむ動作の際、

 

“上半身のどこで踵や爪先とのバランスを取るか”

 

もとても重要です。

 


ダンスで分かりやすいのが、

 

「体幹部の前が動かない」
「背中が動かない」
「横のしなりがない」

 

などですが、それが両脚の動きにも影響し

 

“脚の表現力”

 

にも関わってくるのです。

 

 

長々と書いてしまいましたが、

これらの改善させるエクササイズや指導法は、

高齢者の方も参加している主婦の皆さんの

体操教室でやっているのとほぼ同じです。

 

人体の一番、基本的な操作は、

年齢も運動経験の有無も関係ない

ということなのです。

 

でなければおかしいですしね。

 

ダンスでも格闘技でも

ある程度の実力も持った人は、

こうした根本的な体の操作の改善

からしないとさらなる向上は難しい

と言うことを分かってらっしゃる様です。

 

 

 

さて、今日は定休なので事務作業、掃除をした後、夕方からはキッズ格闘技選手たちへの稽古会です。

 

彼らも試合が近いですから私もさらに工夫を重ね、いい動きをしっかり身に付けさせてあげたいと思います。

 

私も毎日が勉強です。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。


先日、運動好きな30代の女性が肩を痛めやすいと言うので、

腕立て伏せのフォームの確認や、いろいろなバリエーションを指導していた時の話です。


腕立て伏せはきついので、

 

”壁を使った腕立て伏せ”

 

をやってもらっていたんですね。


そうすれば負荷が小さくてすむので

細かい角度や動きのチェックや、

変わった形での腕立て伏せも

容易にチャレンジできます。


そんなわけでいろいろやっている内に、

結構な回数といろんなパターンをこなしまして。

 

一段落して彼女の顏を見ますと、

顏の輪郭やあごから首にかけてのラインが、

 

あれ?

 

小さくなってる?

 

と感じたんです。

 

肩を痛めない様なフォーム

 

手をつく位置を変えた様々なパターン

 

などをやっていく内に、

 

●ストレッチ効果

 

●肩から首、背中、胸などの筋肉のバランス

 

などが整い、そうした効果を得たのだと思います。

 

 

 

上の図の様に、人間の筋肉は全身つながって動きますので、どうしても連動してしまうんですね。

 

顏の近くの筋肉が固くちぢまって、一定の方向に引っ張られていれば、顏の筋肉も引っ張られてしまいます。


”顏のむくみ”などは、

睡眠不足、運動不足、飲酒や食事の偏りと過不足

ども関係しますね。

 

またリンパなどを流すと言う目的のマッサージもいいですが、

より深い部分の筋肉が固く引っ張られていたら、効果も出にくいのでは。


小顔のためにも是非、


”壁でやる腕立て伏せ”

 

を試してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、肩や首のこり、背中の痛みなどにもおすすめです。

 

ポイントは、

 

・痛みの出ない形に調整すること

 

・手を置く位置をいろんな形でやる

 

の二点です。

 

 

さて、本日も余力ゼロまで頑張りますか(笑)

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。