きだみのる鍼灸整骨院のブログ

御徒町で伝統的な鍼灸、整骨などの治療院をしているかたわら、
ストリートダンスや格闘技選手のトレーナーをしています。

NEW !
テーマ:

前回、治療などで治りにくい要因をお話ししました。

その続きとして、もう一つ治りにくい要因に、


″ご本人の癖″


があります。


よい結果も悪い結果も、癖、つまり習慣によって作られています。


癖は心身の癖があります。

 

まず、体の癖は、動き方(ゆがみ方)と言うものがあげられます。

そして、心の癖はその人の考え方、行動パターン、つまり習慣と言うことになります。

 

病気を治すことや体質改善、ダイエットなども習慣を変えることが重要なのはどなたでもご存じでしょう。

 

仕事や生活全般の質を向上させるのも同じですね。

しかし、その習慣を変えることはとても難しいものです。

 


私は仕事術などの勉強もかねて、

 
・習慣を変えれば成功する

・人生を変える○○の習慣

・効率をあげる○○

・集中力を高める○○


などの本を数冊読んだことがあります。


それぞれの目的に沿った、具体的な方法が書いてあるのですが、個人的な感想は、


”自分のルールを作って守ること”


が共通点なのかなと感じました。

 

自分のスケジュールや作業の締め切り、

周りの人との付き合い方、


などのルールを作り、それに従えば当然、効率的になり、集中力も高まるはずですね。


しかし、その方法を知ったところで、一体どれほどの方が確実に継続することができるでしょうか。

 

私が思いますに、それを可能にする条件は、


”痛みを知ること”


だと思うんです。


そのよくないクセによって、どれだけイヤな思いをしたか?痛い思いをしたか?

 

などが強烈であればあるほど、強い目的意識となりますね。


ですから、ほとんどの人間がそれなりのイヤな経験、心身の痛みを経験したかによるんですね。


私自身、そうした経験が多々あります。

大好きな武道での話です。

 

尊敬する先生に少しでも近付きたく、基礎トレーニングからすべて先生の真似をした結果、やらなくなった運動が増え、筋力や柔軟性が低下して仕事の疲労も蓄積し、坐骨神経痛になったことがあります。

 

自分が治療の仕事をしながら、約半年かけてようやく治りました。


理想を求めるあまり、強い思い込みが生じていたのでしょう。

 

個々人で微妙に体格も癖も違うのですから、他人とまったく同じことをしたら、合わない部分が出てきて当然です。

 

心の中では、基礎的な運動が不足しているのを薄々感じていたのですが、思い込みによって無視していたのですね。

 

考えの偏り、思い込みなども考え方のクセと言えそうです。

 

そういった長期にわたる痛い思いをしたからこそ、基礎体力を大事にする”よい癖”がついたのだと思います。


やはり人間と言うもの、それなりの代償を払わないと、よい習慣は得られませんね。

 

そうしたことがよくあったせいか、最近は

 

”自分ルール”

 

が、少しは守れる様になってきている様です。

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

来院される患者さんたちの話です。

 

長引く症状で悩んでおられます。

 

改善への道として、自分でできる方法(運動、食事、その他)でなんとかできなかったケースです。

 

ある治療院に通いあまり結果が出ず、いろいろと治療院を変えてみる。

 

また、漢方薬や健康食品なども試してみる。

 

それでもあまり変化がなく、たまたま当院にいらした訳です。

 

 

 

 

 

患者さんのお話を伺い、東洋医学的な診察をさせて頂き、私の考えをお伝えします。

 

 


なぜ治らないのか?

 

それは、


″治療の基本から間違っている″


と言うことです。

 


例えば、冷えの体質の方に、体を冷やす様な治療をする、また冷やす漢方薬を飲ませる。

 

これでは治るどころか悪化しても不思議ではありません。

 

″体質と逆のことをやっている″

 

と言うことですね。

 

 


東洋医学では、現代医学的な病名が同じであっても、その方の体の状態が

 

″冷え主体か、熱が主体か″

 

と言う大きく二つに分けないと、その先はありません。

 

そこで間違えるとまったくの逆効果となるのです。

それを問診や脈診などで判断していきます。

 

 

上に挙げた例は、内科的な症状や自律神経的な症状(不眠や頭痛など)についてのことで、腰や肩のこりや痛みなどは、上記の事と同時に筋肉や関節をよく調べないといけません。

 

 

 

 

また、

 

・婦人科の問題(月経痛、月経前症状、不妊、その他婦人科疾患)

 

・胃の痛み

 

と言う二つの悩みがある患者さんがいるとします。

 

 

 

こうした方に、婦人科症状を優先した治療をしたり、またそうした漢方薬を与えても、婦人科症状も胃の痛みもどちらもよくなりません。

 

″治療の優先順位″

 

を間違えているからです。

 

患者さんが自覚的症状として胃痛が一番つらいと感じている場合は、それを軽快させることを最優先とします。

 

でもちょっと考えてみれば、風邪をひいて熱を出している時に、慢性腰痛のための鍼灸をしましょうとはならないですよね。

 

慢性の胃痛であっても同じことです。

 

ご本人が今、一番不快に感じているところ、一番弱っているところから立て直さなければ、次の段階へは進めません。

 

 

 

 

漢方薬に関しては、私は薬剤師ではないので具体的な指示は出せません。

 

しかし、現在服用されている漢方薬をお聞きして、


「それは主に婦人科の漢方薬の様ですね。

今は胃の症状がメインなので、胃の症状から治す漢方薬を選択するのが、東洋医学の基本なんですがね。」


と言ったお話をします。

 

 

そして患者さんはセカンドオピニオンを仰いだりして、ご自分で今の症状に合った漢方薬を見つけて、回復に向かっていくと言う流れです。

 

 


あくまで私は、東洋医学の治療方針の

 

″基本となる考え方″

 

についてのみお話します。

 

しかし現状は、その基本がなされていない処置を受けている方が意外に多いのではないかと感じています。

 

 


もう一つ、治りにくい原因として、

 

″ご本人のクセ″

 

があります。

 

体のクセ(動き方、ゆがみ)や生活習慣、考え方のクセなどいろいろあります。

 

これはまた少し長くなりそうですので、次の機会に書きたいと思います。

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。

 

かなり遅いご挨拶となってしまいましたが、まだ松の内と言うことでご容赦ください。


昨年12月は、やはりいつも以上に忙しくなり、院外の活動などはついついブログ更新できずにおりました。

 

治療に関する記事ですと、いつも考えていることなのでさらっと書けてしまうのですが、その他の出来事などはよく思い返しながらある程度時間をかけないとダメな様です。


寒くなってきて体調を崩す方も多かったせいか、治療院の方もなんだか忙しかったですね。


そんな中での院外の活動をまとめてご報告したいと思います。

 


まず、12月の4日(日)には、なんと羽田空港の中にあるホールにて行われたブレイクダンス・バトル

”FLYING ROOKIEZ”

のサポートへ行きました。

 

f_r_入口
 

飛行機に乗る機会などほとんどないですが、なぜかテンションが上がりますね、空港の雰囲気と言うものは。

 

f_r_13_honsen02

 

こちらのブレイクダンスバトルは、優勝経験がない人や若手だけで行われている3つのバトルイベントが合同で行っていて、それらのイベントの統一チャンピオンを決めようと言うものです。

 

年末にふさわしい豪華なイベントですね!

 

f_r_14_honsen03

主催のB-BOYたちやDJ、参加ダンサーの皆さんも顔見知りが多く、私も純粋に楽しめました。

f_r_05_dj_shiniche_kensukebe

f_r_15_self

 

いつもどおり、会場の片隅や控室、DJブースの脇など、いろいろなところで治療やアドバイスさせてもらいました。


書きたいことは山ほどありますが次にまいります・・・

 

 


その翌週の11日(日)は私個人は何も予定がなかったのですが、私が主催する武道空手研究会で指導している総合格闘技選手である加藤くんの試合当日でした。

 

彼も私と同じ柔道整復師で介護系施設に勤務しながら、夜に治療院まで稽古しに来るんですね。

 

指導している他の選手たちも皆それぞれ仕事の時間帯や休日が異なり、皆でそろって稽古できることがなくなってきております(涙)

 

ですから、それぞれの空いた日に合わせて稽古してましたので、私も治療後でも集中力を落とさない様に頑張りました。

 

なんせ現役選手ですから、怪我や一歩間違えたらそれ以上のトラブルもあるわけです。

 

彼らの技術を向上させ、精神を安定させなければなりません。
特に試合間近の選手にはいつも以上に頻繁に行いました。

 

そして試合当日。

 

結果は夜に分かる予定でしたので、自宅で連絡を待っておりました。

 

私も2度ではありますがリングに立ったことがありますし、彼らの責任をより身近に感じるせいか、よりリアルに緊張を感じます。


そして判定勝ち(3-0)との知らせが入りました。
たいした怪我もなくほっとした次第です。

 

20161211加藤君01

(白いトランクスが加藤くん)

 

20161211加藤君02
(中央、空手着の加藤くんと、彼が所属する三郷BRAVEの皆さん)

 

昨年、彼は4度試合をして全勝、すべて大きな怪我のなかったことが何よりです。
(すでに今年の2月末に試合が決まっている様です・・・またしても濃い~稽古の日々)


引き続き、彼らの大事な体を守れる様、私もどんどん向上させてまいります。

 

 

そして、その翌週の18日の日曜は、地元の仲良しB-BOY、ダイモンくん主催のブレイクダンスバトル、

 

”east.side.Jack 2016”

 

がありました。

 

もうなんと言っても歩いていける地元の会場に、有名なダンサーやDJの方たち、仲良しのダンサーたちが集まるので最高ですね!

 

east.side.jack_2016



こちらのイベントのコンセプトがブレイクダンスが大盛り上がりし始めた頃の曲のみで行われるバトルと言うもの。

 

ブレイクダンスが踊られている曲はいろいろありますが、時代により多少の流行みたいなものもある様です。

 

私(47歳)が高校生くらいの頃に聞いた様な曲もたくさんかかって気分が上がりましたね~。

 

それで現代のバリバリの若い世代が踊っているんですから、もうスッゲーー!!!と言う他はありません。

 

こちらのイベントでも会場のあちこちで治療などさせて頂きながら楽しませて頂きました。

 

そして1枚も写真を撮らずに終えてしまいました・・・

 

 

 

そこからはもう12月の後半、治療と雑務でバタバタと。


おかげで年賀状作りが遅れに遅れ、治療院で年越しをするはめになりましたが、治療院近くのアメ横の脇道にある摩利支天さまに初詣できたのはよかったです。

 

真夜中にふるまって頂いた甘酒がおいしかったな~。


と言う流れから年が明けまして、4日の水曜から治療開始です。

 

これから確定申告と言う最大の敵を迎えつつ、治療とダンサー治療家たちの指導、格闘技選手たちへの稽古などに邁進していきたいと思います。

 

え~~、まあ、去年と同じですね。


相も変わりませんが、本年もよろしくお願いします!

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。