• 12 Dec
    • ※今夜は“歴史の雑談”放送

      本日、12/12(火)PM10:10~10:58Kamakura FM(FM82.8)『HART BEATS あーる』内の3番目のコーナー“Kick Mizukoshi 歴史の雑談”ON AIR !(10分間)※日本書紀~雄略天皇のお話を!★3番目のコーナーなので、実際はPM10:20頃~でしょう。◆スマホで聴く場合は、TuneIn Radioアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓地域別 ↓アジア ↓日本 ↓神奈川県 ↓鎌倉エフエム◆PCで聴く場合は、鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp) ↓右隅のJCBAインターネットサイマルラジオ ↓関東地方 ↓Kamakura FM“listen”!※いずれも、PM10:10~お試し下さい。☆鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp)から、メールでお便りや御質問等、お受けしております。“歴史の雑談 Kick Mizukoshi”宛で、お送り下さい!

      16
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 山背大兄王の存在

      実は、政治の世界では、ほとんど目立たなかった存在・厩戸皇子。問題は、そんな厩戸皇子の長子・山背大兄王だ。以前の記事で書いたとおり、山背大兄王の一族は、妻子、並びに兄弟合わせて、20名以上居たというのだが、誰一人として、その墓所が判明していない。皇族でありながら“誰一人として”である。こうなると、疑わしいのは“山背大兄王”の存在となってくる。日本書紀で、蘇我入鹿が滅亡させたとされる山背大兄王一族こそが、実は創作の一族で(厩戸皇子は子を成さぬまま薨去したのではないか?)、入鹿は悪人であってもらわなければならないので、実在しない一族を滅亡させた事にされたのではなかろうか?だからこそ、上宮王家一族の墓所が一人として判明していないのではないだろうか。そして、入鹿を“悪人”にしなければならなかったのは、後に入鹿を滅ぼす陰謀を巡らせた“中臣鎌足”の後継者に他ならないだろう。歴史は常に動いている。

      19
      2
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 上宮王家の存在

      さて、日本書紀に書かれている、蘇我入鹿による上宮王家攻撃の話は、やはり噂どおり、入鹿を“悪人”とする印象操作の為の記述である可能性は高い。よく、“聖徳太子は居なかった”説が出てくるが、10人の話を同時に聴いてしまうような“超人”聖徳太子は、確かに居なかったと言えよう。ただし、そのモデルとされた厩戸皇子の存在までは否定出来ない。法隆寺や四天王寺等、複数の寺院に厩戸皇子の関わりが伝わっている事からも解る。しかし、厩戸皇子は、仏教興隆に尽力した以外、政治の世界では、ほぼ何も功績が無かったのではなかろうか。おそらく、聖徳太子の政治的功績は、そのほとんどが入鹿の祖父・蘇我馬子のやった事と考えられる。では、そんな目立たぬ存在だった厩戸皇子が、何故、死後に“超人”聖徳太子とされたのか?これはやはり、蘇我入鹿を悪人と印象操作する為の布石だろう。そして、ダメオシに“超人”聖徳太子の息子・山背大兄王一族(上宮王家)を滅亡させたという記述である。問題は、この山背大兄王一族の存在だ…。歴史は常に動いている。

      22
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 上宮王家攻撃の大義名分は?

      10日余り経ってしまったが、“上宮王家”の話を再開。蘇我入鹿によって攻め滅ぼされてしまった山背大兄王の一族だが、何故、入鹿はそこまでの行動をとったのか?日本書紀によると、入鹿は“突然”上宮王家に軍勢を差し向けた事になっている。確かに、厩戸皇子の子・山背大兄王は、次期大王(天皇)候補として入鹿の推す“古人大兄皇子”の対立候補となり得る存在であった。しかし、大臣・蘇我入鹿が軍勢を差し向ける大義名分が全く解らない。山背大兄王が何か国益を損ねるような事や、或いは犯罪行為をしたと思しき記録は、全く無いのである。いやいや、入鹿はその少し前に、やはり大和王権内の有力者で入鹿の叔父でもあった境部摩理勢(さかいべのまりせ)を攻め滅ぼしているではないか?つまり、入鹿にとって邪魔な相手は有無を言わさず軍事力で排除するだけだったのではないかという声も聞こえてきそうだが、対・境部摩理勢の場合と、対・山背大兄王とでは、少々事情が異なっている。境部摩理勢を攻め滅ぼした時は、あくまでも蘇我一族内の意思統一の為にやった、謂わば一族内の“内乱”である。故に、その行動に対して大和王権から何も非難される筋合いも無かったのだろう。しかし、山背大兄王一族を滅ぼしてしまった時は、確かに次期大王の対立候補ではあるが、仮にも“皇族”に対して、突然、軍事力を行使して滅亡に追い込んだのは、いささか性急過ぎではないだろうか?歴史は常に動いている。

      19
      テーマ:
  • 06 Dec
    • ※生放送の後…

      鎌倉エフエム『シーサイドカフェ828』生出演、終わって。みっきー、お疲れさまでした!次回、…シーサイドカフェ828』出演は、新年 1/10(第2水曜)PM5:00~です!

      10
      テーマ:
    • ※昨日に続いて、本日も鎌倉エフエム

      本日、12/6(水)PM5:00~7:00Kamakura FM(FM82.8)『シーサイドカフェ828』(第1水曜パーソナリティ:八幡美樹)・冒頭30分の生出演!日本の文化その他、お話させて頂きます。◆スマホで聴く場合は、TuneIn Radioアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓地域別 ↓アジア ↓日本 ↓神奈川県 ↓鎌倉エフエム◆PCで聴く場合は、鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp) ↓右隅のJCBAインターネットサイマルラジオ ↓関東地方 ↓Kamakura FM“listen”!※いずれも、PM10:10~お試し下さい。・鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp)から、メールでお便りや御質問等、お受けしております。『シーサイドカフェ828 Kick Mizukoshi 宛』で、お送り下さい!

      15
      テーマ:
  • 05 Dec
    • ※本日、“歴史の雑談”@鎌倉エフエム

      本日、8/11(火)PM10:10~10:58Kamakura FM(FM82.8)『HART BEATS あーる』内の3番目のコーナー“Kick Mizukoshi 歴史の雑談”ON AIR !(10分間)※日本書紀~雄略天皇のお話を!★3番目のコーナーなので、実際はPM10:20頃~でしょう。◆スマホで聴く場合は、TuneIn Radioアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓地域別 ↓アジア ↓日本 ↓神奈川県 ↓鎌倉エフエム◆PCで聴く場合は、鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp) ↓右隅のJCBAインターネットサイマルラジオ ↓関東地方 ↓Kamakura FM“listen”!※いずれも、PM10:10~お試し下さい。☆鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp)から、お便りや御質問等、お受けしております。歴史の雑談 Kick Mizukoshi 宛で、お待ちしております。

      15
      テーマ:
  • 03 Dec
    • ◎久々に、建国神話を…

      12~13才までに、建国神話を学ばなくなった民族は、だいたい滅んでいる…。日本がそうならないように… ↓

      20
      テーマ:
  • 02 Dec
    • ☆キルザナイト~斬夜~生放送後

      季節に一度の社会科バラエティ『キルザナイト~斬夜~』生放送終了後に。録画公開したら、改めて御知らせ致します。次回は来年3月某日!正確な日時が決まり次第、御知らせ致します。粘土作家 くどう道絵さん、俳優 今井孝祐さん、お疲れさまでした!

      20
      テーマ:
    • 本日、13時~生放送!

      『キルザナイト~斬夜~』PM1:00~生放送!

      9
      テーマ:
  • 01 Dec
    • ☆明日、『キルザナイト~斬夜~』生放送

      12/2(土)PM1:00~(2時間程)インターネットTV“Will-Be Station”より、季節に一度の社会科バラエティ『キルザナイト~斬夜~』生放送!・葬GOOD今更聞けない仏事や神事等。・KICK STATION(KKS)大手マスコミがあまり追いかけないカルトなニュース。・クイズ一答両談歴史にまつわるカルトクイズ。出演文化歴史学者 Kick Mizukoshi俳優 今井孝祐クレイアーティスト くどう道絵◎PCで視聴する場合http://www.ustream.tv/channel/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E6%94%BE%E9%80%8156に、アクセス!◎スマホやタブレットで視聴する場合Ustreamアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓キルザナイトで、検索!☆PM1:00少し前からお試し下さい。

      16
      1
      テーマ:
  • 29 Nov
    • ※『歴史のお話』“東海道Vol.2”録画公開

      一昨日、インターネットTV“Will-Be Station”から生放送させて頂いた『歴史のお話』“東海道Vol.2”いかがでしたか?旧東海道には往時の名残があるものです。見逃したアナタ!こちらから録画を御覧ください! ↓次回放送は、12/18(月)PM8:00~“東海道Vol.3(箱根八里)”です!

      24
      テーマ:
  • 28 Nov
    • ※本日は鎌倉エフエム“歴史の雑談”

      本日、11/28(火)PM10:10~10:58Kamakura FM(FM82.8)『HART BEATS あーる』内の3番目のコーナー“Kick Mizukoshi 歴史の雑談”ON AIR !(10分間)※日本書紀~安康天皇暗殺後のお話を!★3番目のコーナーなので、実際はPM10:20頃~でしょう。◆スマホで聴く場合は、TuneIn Radioアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓地域別 ↓アジア ↓日本 ↓神奈川県 ↓鎌倉エフエム◆PCで聴く場合は、鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp) ↓右隅のJCBAインターネットサイマルラジオ ↓関東地方 ↓Kamakura FM“listen”!※いずれも、PM10:10~お試し下さい。☆鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp)から、メールでお便りや御質問等、お受けしております。“歴史の雑談”“Kick Mizukoshi”宛で、お送り下さい!

      16
      テーマ:
  • 27 Nov
    • ※『歴史のお話』“東海道Vol.2”生放送!

      本日、11/27(月)PM8:00~インターネットTV“Will-Be Station”より、『歴史のお話』“東海道 Vol.2”編生放送!★我々が実際に歩いている旧東海道の情報を!出演文化歴史学者 Kick MizukoshiLife-Like アツシ新選組ガールズ 宇塚 彩子(本日は御休み)◆スマホで視聴する場合は、Ustreamアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓『歴史のお話』で、検索!◆PCで視聴する場合は、http://www.ustream.tv/channel/life-like%E3%81%A8%E6%96%87%E5%8C%96%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AD%A6%E8%80%85kick%E6%B0%B4%E8%B6%8A%E3%81%AE-%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E8%A9%B1に、アクセス!※いずれも、PM8:00~お試し下さい。因みに、前回放送の“東海道 Vol.1”の録画はこちらから! ↓文化歴史学者Kick Mizukoshi

      21
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 上宮王家埋葬地

      さて、ここまで厩戸皇子(聖徳太子)の家系“上宮王家”について書いてきたが、不思議な事が有る。山背大兄王の一族、妻子や兄弟合わせて二十名を超える人々の埋葬地・陵墓が、一人として全く判明していないのである。一応、奈良・斑鳩町の法輪寺近くの“岡の原”という丘が、“富郷陵墓地”と呼ばれ、ここが山背大兄王一族の墓とされてきたのだが、この古墳は3世紀末~4世紀初頭の円墳である事が判っている。つまり、643年(7世紀)に滅亡した上宮王家一族の墓にはなり得ないという事だ。結果、二十数名の、しかも、仮にも皇族であるはずの人々の墓が全く伝わっていないことになってしまった。いったい、どういう事だろうか…。歴史は常に動いている。

      18
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 上宮王家滅亡直後

      日本書紀によると、厩戸皇子(聖徳太子)の息子・山背大兄王とその一族(上宮王家)二十数名が斑鳩寺でことごとく自害した時、空に五色の幡・絹笠が現れ、舞楽と共に輝きながら斑鳩寺の上に垂れかかった…と、奇瑞の光景が見られたという。また、これを見た多くの人々が蘇我入鹿に教えたとたん、空の奇瑞は黒雲に変わってしまい、入鹿はこれを見る事は出来なかったと。これは、まるで天が上宮王家を快く迎え入れようとしていたという事…即ち、山背大兄王が父親・厩戸皇子に負けず劣らず優れた人物だったという事であろうか。因みに、入鹿が上宮王家を滅ぼしたと聞いた蘇我蝦夷は、“大馬鹿者”とも、“入鹿の命も危ういものだ”とも言ったとか。蝦夷はこの入鹿の行動を全く把握しておらず、入鹿の独断で上宮王家を滅ぼしたという事だろう。ところで、入鹿は何故、突然上宮王家を攻め滅ぼしたのか?日本書紀を読む限りでは、その前月に入鹿は山背大兄王を廃し、古人大兄皇子を次の天皇にしようと企てた…と、ある。山背大兄王も古人大兄皇子も、母親は蘇我氏の娘であり、どちらも入鹿にとっては身内だったはずなのだが…。歴史は常に動いている。

      24
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 斑鳩宮急襲

      643年(皇極天皇2年)11/1蘇我入鹿は突如、斑鳩に軍勢を派遣。厩戸皇子(聖徳太子)の息子・山背大兄王一族(上宮王家)を急襲させた。山背大兄王の側近達はよく戦い、一時は寄せ手を圧倒したという。その間に山背大兄王は馬の骨を寝所に投げ入れ、一族を連れて生駒山に脱出。寄せ手側は斑鳩宮に火を放ち、その後、寝所跡の灰の中の骨を見て、山背大兄王の死を確信して撤退したという。生駒山では、側近が東国に逃れて兵を集めれば、逆転が可能と山背大兄王に進言したものの、山背大兄王は、戦いを続けた結果、たとえ勝ったとしても、後に戦死した人々の遺族の恨みを買うようでは何も良い事は無いと、これを退け、一族と共に生駒山を下り、斑鳩寺に入った。これを知った蘇我入鹿は、再び軍勢を派遣。斑鳩寺を包囲。山背大兄王は、包囲している軍勢に対し、“東国で軍勢を集めて戦えば、確実に入鹿を倒せるが、そんな事で民を苦しめる事は出来ないので、自分の死によって終わらせよう。”と、一族共々自害してしまった。日本書紀に見られる上宮王家滅亡の状況である。歴史は常に動いている。

      17
      2
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 舒明朝~皇極朝

      日本書紀によると、629年からの舒明期に、数々の天変地異があったという。洪水、干魃、日蝕、彗星、台風、流星…。数々の天変地異に見舞われた舒明天皇は、641年に崩御。在位12年。次に即位したのは、舒明天皇の皇后・宝皇女(たからのひめみこ)。皇極天皇である。皇極天皇になってからも、天変地異は続いたようだが、更に、日本書紀では蘇我氏の行き過ぎた行動が複数報告されるようになる。皇室領の葛城に蘇我氏先祖累代の霊廟を建てた…蝦夷&入鹿親子の墓を造り、大陵&小陵と呼ばせた…(“陵”は天皇陵にしか使われない)子供達を皇子と呼ばせた…etc.…643年(皇極天皇2年)には、蘇我蝦夷は病を理由に大臣(おおおみ)を息子の入鹿に譲る。この入鹿が、決定的な事をしてしまう…。歴史は常に動いている。

      27
      2
      テーマ:
  • 21 Nov
    • ※鎌倉エフエム『歴史の雑談』放送日

      本日、11/21(火)PM10:10~10:58Kamakura FM(FM82.8)『HART BEATS あーる』内の3番目のコーナー“Kick Mizukoshi 歴史の雑談”ON AIR !(10分間)※日本書紀~安康天皇“殺害”後のお話を!★3番目のコーナーなので、実際はPM10:20頃~でしょう。◆スマホで聴く場合は、TuneIn Radioアプリ(無料)をダウンロードしてから、 ↓地域別 ↓アジア ↓日本 ↓神奈川県 ↓鎌倉エフエム◆PCで聴く場合は、鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp) ↓右隅のJCBAインターネットサイマルラジオ ↓関東地方 ↓Kamakura FM“listen”!※いずれも、PM10:10~お試し下さい。☆鎌倉エフエム公式サイト(http://kamakurafm.co.jp)から、『HART BEATS あーる』内、“Kick Mizukoshi 歴史の雑談”宛の御質問やお便り等、お待ちしています!

      19
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 皇位継承争い

      推古天皇崩御から半年、次の天皇が決まらない中、大臣(おおおみ)・蘇我蝦夷(そがのえみし)が群臣の考えを確認したところ、意見は大きく二つに分かれたという。一つは、蘇我蝦夷を中心とする“田村皇子”派。もう一つは、蘇我蝦夷の叔父・境部摩理勢(さかいべのまりせ)を中心とする“山背大兄王”派。そこで、田村皇子の即位を画策する蘇我蝦夷は、境部摩理勢を説得しようとしたようだ。しかし、境部摩理勢は考えを変えず、更には、蘇我氏の仮墓所を荒らすような事までしたという。事ここに及び、とうとう蘇我蝦夷は軍備を調え境部摩理勢の邸宅を急襲。境部摩理勢はあっけなく最期を迎えたのである。こうしてようやく、田村皇子が即位。舒明(じょめい)天皇の誕生となった。推古天皇崩御から9ヶ月が経っていた。歴史は常に動いている。

      26
      テーマ:

プロフィール

Kick Mizukoshi

性別:
男性
誕生日:
景初五年?
血液型:
O型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
学界で黙殺されている様な“失われた歴史”を、そこを調べられては困ると言う方々、派閥の事など顧みる事無...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。