初めまして

テーマ:

 ご訪問頂きありがとうございます。


全国KHJ親の会 茨城支部「ひばりの会」です。


平成26年7月6日に発足をしました。

会の目的は


・引きこもる子どもを抱える親の交流会

・引きこもりに関連する様々な情報の共有


です。


我が子が「不登校、引きこもり」の状態になると親は不安になります。起こっている状態が予想、もしていなかったことですが、それ以上に


何が起こっているのか、何故起こったのか


理解不能な状態に陥ります。問題が起こった時、大事なのは


 問題の本質を掴む


ことです。「働いていない」現象としては誰が見てもわかります。では「働いていない」理由は何でしょうか。ケガ、病気が理由であれば、その治療が第一優先になりますね(吐血している人に「働け」とは言いませんよね)。意欲がないのであれば、意欲を持たせることが必要になります。

 このように原因を掴むことで対処方法は変わります。「引きこもり」の場合、病気ではない、健康そうで、明日から働けそうな状態に外見的には見える、では何故働かない、原因がわからない。となります。


 その原因は個々様々で1つではありません。個人においても原因が1つとは限りません。その原因を探すことから取り組みを始めましょう(原因を探すことが「犯人探し」になってしまっては本末転倒ですが)。


2月交流会


 2月1日10:00~12:00

 水戸市福祉ボランティア会館(JR常磐線 赤塚駅 徒歩1分)



AD