良い楽器&良い音にこだわる! K&T ブログ

K&T関連情報を、皆さんにダイレクトにお届け♪


テーマ:
前回、K&T搭載 KEY50周年記念ギターについてご紹介させて頂きましたので、
今回はベース編ということで、KTRシリーズJBPBを紹介したいと思います。


Crews Maniac Sound / K&T KTR JB60's/w J-61SF

限定5本のみ生産のコチラのモデル。
'60sのローミッドに粘りのある、まさに王道サウンドに迫るべく、特に'61に巻かれたPUをフィーチャーし、さらにKEY'STONE ブラスポストペグを採用致しました。

レスポンスと粘り、アタック感とレンジ感を得るために製作されたJ-61SFについてのK&Tマイスター高野順氏のコメントを抜粋致します。

--------------------------------------------------
ピックアップの仕様がめまぐるしく変遷していったJB。
大まかに言えばコイルはフォームバーとエナメルの2種類が存在したのは有名な部分です。

フォームバーはその厚い皮膜の特性上、太くて重厚なトーンを持っているのが特徴です。
それに対してエナメルはシャープでエッジィなキャラクターが特徴として知られていますが、当時ワインディングされたコイルを注意深く計測すると明らかに他より厚い皮膜のエナメルワイヤーが存在しています。
恐らくスティールギター用と思われるこの皮膜を持ったコイル。その貴重なコイルで欠番だった61年型に巻き上げたのがJ-61SFです。

キャパシタンスを持ち難く伸張も最小なこのコイル、驚くべき事に厚味では最大と言われるフォームバーのそれを遙かに超えるサイズを持っています。
巻数はロングセラーのJIGと全く同じですが、トーンは大きく異なっています。素早いレスポンスとファットな低域、ブリリアントな高域を是非店頭でお確かめ下さい。
--------------------------------------------------



Crews Maniac Sound × K&T KTR PB60's with K&T P-61SF

コチラは上記モデルのPBタイプ。
PBと言えば骨太、パンチがある代わりに取り回し辛いというイメージが付き物ですが、
歌うように伸びやかな高域と重厚な低域が共存する、活き活きとしたサウンドは圧巻です。

コチラにもやはりKEY'STONE ブラスポストペグを搭載、PUは上記J-61SFのPB版、K&T 高野氏渾身のP-61SF。
KTRレギュラーモデルであるPB60s/w K&T NFS POWER BOMBに採用されているPUと巻き数は同じながら、分離感、高域の抜け、レスポンシブなアタック感がより強調された仕上がりとなっております。

ベーシストがイメージする理想のPBサウンドを獲得、さらにPBとは思えない情報量の多いアウトプットを誇ります。

両モデルともに更に母体はCrewsの厳しい基準にて選定された木材を使用し、高い技術を持つ職人による確かな加工でPU、木材、演奏者が一体となりサウンドがアウトされる様をありありと体感できる仕上がりとなっております。
同価格帯では実現不可能と言われる領域に踏み込んだ、まさに自信作となっております。
是非KEY各店にてお試し下さい!!

只今KTR 新生活応援Premium Fair開催中、
更に24回払いまで分割金利無料!!
この機会に是非、ご利用下さいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。