北九州エンドレスライダーズ倶楽部      【 KERC 】広報室

★Kitakyushu Endless Rider's CLUB

★北九州のバイク店に集まる生涯ライダーへ向けてプライベートツーリングなどの
企画や情報を発信するブログです。

★日記形式ではないのでテーマ別にランダム掲示します。
目的のテーマから記事をお読み下さい。


テーマ:

 

 

2016年6月18日(土)

 

梅雨とHONDAインテグラの製造中止

 

 

 

 

ここ最近は本格的な「梅雨入り」で、週末は雨ばかり↓

 

KERCのツーリングもお預け状態ですが

 

そんな中で6月18日(土)が久しぶりに良い天気になったので

 

一人でふらりとツーリングに行ってきました。

 

 

行ってきたのは筑後の「アジサイ寺」

 

結構な人数の観光客が来ていて

 

もちろん一面が「紫陽花」(アジサイ)畑でした。

 

 

 

 

 

今のシーズンはどこでも見ることが出来る花ですが

 

いろんな改良によって豊富な色彩が楽しめるようです。

 

アジサイと言えばやっぱりこの紫が一番鮮やかで綺麗でしたね

 

でも、見えてる花は「装飾花」と言われるもの

 

本当の花は小さく装飾花の内側に咲いてます。

 

知ってましたか

 

 

 

まだ梅雨の真っ只中でこれから集中豪雨も心配されますが

 

6月末までには「梅雨明け」が宣言され

 

早くツーリングが再開できることを願いたいですね

 

 

 

さて、本日のもう一つのテーマは

 

室長の愛車の1台「HONDAインテグラ」

 

とうとうHONDAのホームページの

 

二輪車ラインナップに「製造中止」が表示されました。

 

NC750Xの新型も出たので

 

進化したインテグラの3代目も期待しましたが

 

予想通りとは言え、余程売れなかったのでしょうね。

 

残念ながらマイナーチェンジした2代目で終わってしまいました。

 

この姿は中古車でしか購入することができなくなりました。

 

(まぁ~中古車市場でもまず見ることは無いと思いますが・・・・・)

 

 

 

 

ところが、既にご存知のとおり

 

実は全く別モノで生まれ変わる予定ですよね

 

それが、「HONDA City Adventure」

 

 

 

参考出品としてモーターショーに出展したところ

 

ヨーロッパでこのオフロードスクータースタイルが大絶賛!

 

HONDAが製品化に踏み切ったようですね

 

おそらくインテグラの製造中止はこれかもです。

 

 

 

ベースはNC750インテグラらしいので

 

エンジンやフレーム等の基本性能はNC系と同じとは思いますが

 

各部の装備やパーツは全く違うようです。

 

もちろん変速機は新型DCTでしょう。

 

特にスタイリングはエッジの効いた未来的なもので

 

購買欲をかき立てられる斬新的なものになってます。

 

 

 

 

 

今までのインテグラとはあまりにも違うので

 

現車を見るまで分かりませんが

 

ここまでオフロード指向にすると気になるのが

 

まずはシート高でしようね

 

リアから見ると最低地上高も高いし

 

800mmオーバーじゃないでしょうか

 

 

 

 

 

 

もう一つがタイヤとホイール

 

ホイールはスポークですがチューブレス対応のような感じ?ですね

 

そしてタイヤは

 

フロントは120/70の17インチのようですが

 

リアは170/60の15インチで特殊なサイズのようです。

 

高性能なリアタイヤ換装への選択肢は無さそうですね

 

 

 

 

 

 

そして、フロントはダブルディスク化されてますが

 

インテグラはシングルでも十分な制動力です。

 

メーターはタブレットの様な斬新なものですが

 

カラーでしょうか

 

画面の一画にナビが表示されたら便利かも・・・・・・・

 

 

 

 

発売の予定は2017年春と予想されてますが

 

このままで市販されるかはまだ不明です。

 

 

現所有のインテグラも3年半で22,000km

 

4台を乗り回しながらの月間500kmはよく乗りました。

 

 

 

これだけ乗るのはやっぱり使い勝手がいい証拠ですね

 

確かにエンジンは多少非力ですが

 

スクータースタイルのインテグラの守備範囲は広いです。

 

燃費30km/ℓ、積載容量「特大」、DCT、低シート高、ロングスクリーン

 

それにタイヤをダンロップのロードスマート3に替えて超快適走行!

 

そして、ライディングは背広でもOKなフリースタイル!

 

どれをとっても今は満足してますが・・・・・・・

 

 

 

今を超える魅力が

 

HONDAシティアドベンチャーにあれば

 

来年は代替えもありかも!!

 

でも・・・値段はおいくら?

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

Kawasaki新型の原2ミニバイク

 

「Z125 PRO」に試乗してきました。

 

 

モタードタイプのKSR110以来のカワサキ製ミニバイク

 

今回はオンロードタイプ125ccの別物として生まれ変わって

 

なかなかカッコ良い外観です。

 

 

 

●スペックはこちら!

車名(通称名)Z125 PRO一次減速比/二次減速比3.409(75/22)/2.142(30/14)
型式2BJ-BR125Hフレーム形式バックボーン
全長×全幅×全高1,700mm×750mm×1,005mm懸架方式テレスコピック(インナーチューブ径 30mm)
軸間距離1,175mmスイングアーム
最低地上高155mmホイールトラベル100mm
シート高780mm104mm
キャスター/トレール26°/69mmタイヤサイズ100/90-12 49J
エンジン種類/弁方式空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ120/70-12 51L
総排気量124cm³ホイールサイズ12×MT2.50
内径×行程/圧縮比56.0mm×50.6mm/9.8:112×MT3.50
最高出力7.1kW(9.7PS)/8,000rpmブレーキ形式シングルディスク 200mm(外径)
最大トルク9.6N・m(0.98kgf・m)/6,000rpmシングルディスク 184mm(外径)
始動方式セルフスターターステアリングアングル (左/右)42°/ 42°
点火方式バッテリ&コイル(トランジスタ点火)車両重量102kg
潤滑方式ウエットサンプ使用燃料無鉛レギュラーガソリン
エンジンオイル容量1.0L燃料タンク容量7.4L
燃料供給方式フューエルインジェクション乗車定員2名
トランスミッション形式常噛4段リターン燃料消費率(km/L)※150.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
クラッチ形式湿式多板56.0㎞/L(WMTCモード値 クラス1、1名乗車時)※3
ギヤ・レシオ1速3.000(36/12)最小回転半径2.1m
2速1.937(31/16)カラーキャンディライムグリーン
メタリックグラファイトグレー
3速1.350(27/20)メーカー希望小売価格345,600円
(本体価格320,000円、消費税25,600円)
4速1.086(25/23)生産国タイ王国

 

 

 

 

そして、このZ125のライバルと言えば

 

大ヒットした同じ125ccのミニバイク「HONDA グロム」

 

こちらも最近エッジのきいたデザインに一新されて

 

2代目が発売されたので一部を比較したいと思います。

 

 

 

 

 

まずはメーターですが

 

タコメーターはアナログタイプ。それ以外はデジタル表示です。

 

ギアポジション表示もついて不便の無い多機能液晶メーターですね

 

 

 

 

 

右のグリップ周りはごく一般的な配置です。

 

もちろんセルスターター付き

 

 

 

 

左のグリップ周りも同じくごく普通

 

 

 

 

ヘッドライトはマルチリフレクタータイプ

 

LEDじゃないのがチョット残念ですが

 

あまり重要視する必要はないかな

 

 

 

 

 

新型HONDAグロムは今回からLED化

 

 

 

 

 

 

そして、リアランプは立派なLED

 

何かが見えませんか

 

ダース・べイダーじゃないですよ

 

 

 

 

 

点灯させると分かりますよね

 

そうです。「Z」の文字でLEDが配置されているんです。

 

イキなデザインをしますね~さすがです。

 

 

 

 

 

ウイカーは普通の電球タイプ

 

 

 

 

 

そして車名はエンブレムタイプで高級感いっぱい

 

 

 

 

 

HONDAグロムはステッカータイプ

 

 

 

 

 

フロントブレーキはペタルディスクブレーキを採用した

 

シングルポットキャリパー

 

試乗して気になったのがちょっとブレーキが甘いかなと・・・・

 

カブのドラムブレーキ並と言えば失礼ですが、そんな印象でした。

 

 

 

 

 

HONDAグロムは2ポットキャリパー

 

ミニバイクレースではこちらの方が有利かな・・・・・・

 

 

 

 

 

リアブレーキは普通のディスクブレーキ

 

 

 

 

サスはフロントが倒立タイプ

 

リアは右にオフセットした位置にあり

 

デザイン的にもカッコ良いし

 

試乗での印象はなかなかイイ感じでした。

 

 

 

 

 

エンジンは空冷4スト単気筒SOHC2バルブ

 

なかなかトルク感のあるエンジンでレスポンスが良い印象でしたよ

 

そして、グロムには無いアンダーカウルが良いですね

 

 

 

 

 

マフラーはマスの集中化を図ったアンダーマフラー

 

 

 

 

 

 

ギアミッションはマニュアルクラッチの4速

 

リンク式シフトペダルにより軽いタッチという印象でした。

 

でもなぜグロム共に5速にしないのでしょうか

 

ツーリングの時にはオーバードライブがあると疲れなくてイイのですが・・・・・

 

 

 

 

 

フューエルタンクは7.4ℓと大容量

 

 

 

 

 

シートはメインキーで外せますが収納スペースはほぼ無いと思って下さい。

 

 

そして、試乗して思ったのですが

 

ポジションが意外に前傾姿勢になるのです。

 

ツーリングに多用するのであればグロムのポジションの方が楽かなと思いました。

 

 

カラーはカワサキカラーのライムグリーンと

 

カワサキには珍しいグレーの2機種

 

 

 

試乗を終わって特に「ほしいな」という大きな購買欲は湧きませんでしたが

 

原2マニュアルミッションのミニバイクを検討している方にとっては

 

選択肢が増えたことは良いと思います。

 

特にミニバイクレースを考えている方にとっては面白いかもしれませんね

 

北九カワサキに各色5台ほど入荷していたので即納できるとのことでした。

 

 

ミニバイクのカスタム地獄を経験したい方はどうぞ!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【中止】

6月5日(日)の原2ツーリングを中止します。



残念ながら、今週末も天候悪化のため止むを得ないですね

それに例年より早い九州の「梅雨入り」が宣言されました。

これから当分の間は不安定な天気が続くと思い一旦中止とします。

天気の状況よってはまた案内します。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

【ツーリング延期】

本日の水郷「柳川お堀めぐり」
      原2ツーリングを1週間延期します。




残念ですが、久留米地区の午前中降水確率も70%に悪化してきたので

6月5日(日)に同じ企画と集合場所・時間で開催します。


来週またご参加下さい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月21日(土)
お散歩ソロツーリングで
北九州寄港の帆船「日本丸」を見てきました。



「日本丸」は日本最大の大型帆船

5月21日(土)に岸壁で帆を張る「セイルドリル」があると聞き

めったに見れるものではないのでカメラを片手に停泊している

門司区西海岸 門司1号岸壁(関門海峡ミュージアム前)まで行ってきました。



主要諸元(日本丸II世)

  • 船種(帆装型式) - 4檣バーク型帆船
  • 総トン数 - 2570トン
  • 全長 - 110.09 m
  • 全幅 - 13.80 m
  • メインマスト高 - 43.5 m(船楼甲板からの高さ)
  • 喫水 - 6.57 m
  • 総帆数 - 36枚(横帆18枚、縦帆18枚)
  • 最大搭載人員 - 190名
  • 他 - ディーゼル機関(2基)による機走可能
    • 主機型式 - ダイハツ 右舷機:6DSMB-28NS 左舷機:6DSMB-28NSL



こちらが帆を張る前の「日本丸」






いよいよ開始です。

100名程の学生が一気にマストに駆け上がりますが

命綱も無く、私には到底できない作業ですね

怖っ!!!!!!







作業中はさすがに命綱をつけているようです。

それでも見てるだけで、ぶるっとくる光景ですよね







そして、帆を張り上げた雄姿がこちら!

光の当たり方が良ければもっと帆が真っ白に映るのですが

それでも「太平洋の白鳥」、「海の貴婦人」ですね







夜にライトアップされた「日本丸」

日が沈んだところを船首から・・・・







夜になって船尾から・・・・・・







「がんばろう!熊本・九州」の横断幕がうれしいですよね



と、いうような

「クロスカブ」に📷を積んで

帆船を楽しんだ1日でした。・・・っとさ・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月29日(日)

水郷「柳川お堀めぐり」原2ツーリングのお知らせ


GWもあっという間に過ぎ去り、いよいよ夏の到来も間近ですね

ツーリングは今が旬です。元気良く走りに行きましょう!



さて、今回はKERCではまだ未訪問の福岡県「柳川市」


「柳川」と言えば・・・・・お堀めぐり(川下り)





「柳川」と言えば・・・・・作家「北原白秋」の生誕地





そして、「柳川」と言えば・・・・・うなぎ料理



コースおよびランチはまだ決定していないので当日発表します。

今回は「原2ツーリング(50ccは不可)」ですが

大型車で参加する場合は最後尾の走行をキープして下さい。



集合は、「デイリーヤマザキ新道寺店」

出発は、7:30



当日の降水確率予報が悪化した場合は前日の18:00頃

当日の朝に急変した場合は6:00に「中止」告知するので

当プログを必ず確認して下さい。

「中止」記事が無い場合は「決行」です。




それでは当日にお待ちしていま~す!






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Rider-Komai    (KERC会員No.11)


「バイパスホンダ(株)」の前身で現在の戸畑店にあったバイク屋さん
「戸畑バイパスホンダ」で40年程前に知り合い、初のツーリンク゛クラブとして
4名でスタートした「戸畑バイパスホンダセフティクラブ(TBHSC)」の
初代クラブ員だった古いお付き合いのメンバーです。

当時は室長とKomaiさんが常に先頭と2番手を走っていた仲で
昔のツーリングスタイルで走り回っていたことが今では良い思い出です。

以前からHONDAのCBファンでスムーズで綺麗なリーンウィズの
コーナーリングが定評でしたが、最近突然レーサーレプリカのCBRに
乗り換えてからは戦闘的な前傾姿勢で元気なライディングをしています。

人生に一段落がつくようなので「エンドレスライダー」をぜひ満喫してほしいものです。


 




【現在所有のバイク紹介】


HONDA-CBR1000RR・SP

水冷DOHC直列4気筒の999c㎥のエンジンをペースにバランスチューニングや
特別パーツを使用したスペシャルモデル。
特に足回りのサスは前後オーリンズ製でフロントブレーキはブレンボ製のモノブロック!
いつでもサーキット走行が可能な戦闘力の高いマシンです。



 
  



これ以外の所有バイクは写真を入手次第に更新します。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月4日(水)・5日(木)祝日

【2日目】BH戸畑店「広島・呉1泊ツーリング」のレポート


※1日目の記事はこちら



さて、1日目は気持ち良い快晴の中で「高速ツーリング」と

初めての「広島フラワーフェスティバル」

そして、「夜の広島繁華街」を楽しませていただきました。


2日目は朝一から「呉市」に移動して半日観光ですが

天気も予報通りに絶好調の快晴の中で1日を楽しむことができました。


HOTELを7:30にチェックアウト

まずはHOTEL前で元気な姿を集合写真でパチリ!


 





市営基町駐輪場までバイクを引き取りに行きます。

一泊の駐輪料金は400円


さっそく出発の用意して、まずは今回1回目の給油へ

広島市内のここまでの走行距離は280km

HONDAインテグラNC700Dの給油は10ℓで燃費は28km/ℓでした。


今回参加の車両は皆さん燃費が良いので

この1回の給油で北九州まで帰還することができました。


 
 




GSを出発してからは広島高速2号線「大州IC」から

広島呉道路に入って終点の「呉」へ向かいます。


 





1時間もせずに本日の目的地「大和ミュージアム」に8:45到着

 
 



まだ数台しかいない駐輪場にバイクを止めて

てつのくじら館をバックに記念撮影しましたが

天気が良すぎてバックがちょっと白とびしましたね

  
 





入館出入口に行くとあっという間に長蛇の列

皆さんで9:00の開館を待ちます。

 
 




本日は特別展示が開催されているので

通常展示とセットのチケット800円を購入して入館!


 





入ってすぐに戦艦「大和」の巨大な模型があり

ここで皆さん記念撮影していますが

逆光でなかなか良い写真が撮れません。

もう少し照明の工夫をしてやってほしいものです。


 
   




後方からは綺麗に撮れました。

 




これは特攻兵器の人間魚雷「回天」

お国のための任務とは言いながら切ないですね


 





世界の名機といわれた「零戦」も展示されています。

 





3Fのこの場所から写すのが一番いいかもです。

 
 




左後方から

 
 




ついでに右後方から







結構な時間ゆっくりと見て回ることができ満足しました。

外に出てみるとテントで「大和ラムネ」が売ってたので飲んでみることに・・・・・

普通のラムネでした。


 
  



 
次は真ん前にある「てつのくじら館」に入館します。

ゆうしお型潜水艦「あきしお」の実物が展示されていて

入館料は「無料」

 
 





建物の中は機雷を処理する「掃海艇」の歴史展示が中心です。

驚いたことに戦後から機雷処理は続いているらしく

機雷の実物模型が展示されています。


今でも実戦で機雷処理やってるらしいですね

海中の爆薬を処理する危険で命がけの任務には驚きです。


これはロープを切断した機雷が海上に浮かび上がった時に

爆破するために使うガトリング砲らしいです。


 





そして、驚いたのは

今話題の「ドローン」が自衛隊にも配備されていたらしく

米海軍が開発した無線操縦の艦載対潜無人ヘリコプター「DASH」の展示

2機の魚雷を発射できるそうですが操縦が難しく全廃になったそうです。



今の時代なら村田製作所のジャイロセンサー、傾斜センサー、加速センサーや

他の高度なセンサーと衛星通信等が応用されることで操縦が簡単になり

また復活する可能性もありますが、そうなると恐ろしい無人兵器になりそうですね


 




建物隣に実物展示されている潜水艦「あきしお」の中に入って

艦内を見学することが出来るのですが

カメラ撮影は禁止なので写真はありません。


まだ最新型に分類される潜水艦が一般公開されるのは世界でも珍しいということで

機密保持のために指定場所以外の見学や艦内撮影は禁止されています。

艦内にいる案内係員は不審見学者の監視もしているようですね



そして、日本海軍の潜水艦と言えば

「大和ミュージアム」に模型が展示されていた「伊号第401潜水艦」

アメリカ本土攻撃用に呉海軍が技術の粋を集めて建造したらしく

大戦当時では世界最大の潜水艦であり、隠密に地球1周半する起動力と

折りたたみ式の特殊攻撃機「晴嵐」3機を格納できたそうです。


当時の潜水艦は魚雷による対艦攻撃の発想しかなく

隠密に相手国周辺まで近づき空から正確に攻撃する兵器は無かったらしい。

終戦時に米海軍がこの「潜水空母」の存在を知った時は驚愕したらしいです。


兵器とは言え、日本人の発想力と高い技術力には感心しますが

今のアメリカ原子力潜水艦がミサイル発射台を搭載したのは

この発想や技術が参考にされたようですね

できればもっと平和的な活用をしてもらいたいものです。


 





さて、両館の見学が終えると11:15頃

少し早いですが、混む前にランチしようということで

お土産店も入っている「呉ハイカラ食堂」へ向かいます。


 





食堂のランチメニューはもちろん「海軍メニュー」

それぞれがご自由にオーダーします。


 





戦艦大和の士官向けに考案された

「戦艦大和のオムライス」1000円


 





やわらかいクジラ肉のカツをトッピングした

「鉄のくじらカレー」1200円


  





艦上で貴重なタンパク源として重宝されたクジラ肉

「戦艦霧島のクジラカツ」1200円


 





そして、数量限定で人気No.1

「海自テッパンカレー」1450円


 





皆さん食べるときは無言で黙々と食します。

値段は高めでしたが、美味しくいただき食後のアイスコーヒーも追加しました。

ご馳走様でした。!!


 





館内にある、あなたも映画「男たちの大和」の

主役になれるコーナーにまたもやお一人の方が・・・・

何か?問題でも?


 





最後に「大和ミュージアム」裏の公園

ここは戦艦大和の前甲板の左半分を実寸大で再現したそうです。


 





さて、2日目の呉観光もこれで終了

公園から「大和ミュージアム」の裏をバックに最後の記念撮影をパチリ!


 





そして、広島呉有料道路を一気に北上して、山陽道~広島JCT~広島北JCTから

混雑の少ない中国自動車道で北九州へ帰還します。


 





帰りは疲れから居眠りしないように30分毎に休憩します。

吉和SAで1回目の休憩

 





鹿野SAで2回目の休憩

 





美東SAで3回目の休憩

 



そして解散式は「王司PA」

ここからは各自の自宅に向かって高速道を流れ解散です。


2日間の走行距離は564kmでした。

 



皆さん2日間おつかれさまでした。

GWの渋滞にも遭遇せず、マシントラブルや人的トラブルも無くて

快適なツーリングができ有難うございました。


来年もまた開催されることを期待します。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


2016年5月4日(水)・5日(木)祝日 

【1日目】 BH戸畑店「広島・呉1泊ツーリング」のレポート




いよいよ楽しみな今年のBH主催GW一泊ツーリングです。

天気は両日ともに快晴の予報!

コースは事前案内された下記のとおりです。


 




1日目は前日の暴風雨が嘘のような「超快晴」!

今回の参加者は例年になく少人数の6名ですが

これもまた小回りの利く人数でそれなりに良いかと思いました。



まずはBH戸畑店前に4名が集合して時間どおりに出発!

R199を第2集合場所の門司港に向かいます。


 




関門トンネルの入口には3台がお待ちかね

(お一人K田さんはお見送りなので2台)

店長挨拶とコース説明の後にさっそく出発!


 




今回から全員がETCを装備

下関ICから待つことも無く、すんなりと中国自動車道へ


 




一回目の休憩は「美東SA」

 




駐車場にはどこの駐屯地なのか分かりませんが

熊本地震の災害支援から帰還している自衛隊の多くの車両が休憩中

「危険な中での任務ご苦労様でした。」・・・・と声を掛けたいところでした。


 




ここから馴らしの終わったK村さんのHONDA-CRF1000アフリカツイン

この時とばかりに思う存分にぶん回して

リミッターがどこで効くのか試したらしい・・・御用だ!

 




2回目の休憩は「鹿野SA」

ここまで来ると車も少なく自由に駐輪ができます。


 




「吉和IC」から中国自動車道を降りて

今回のコースの中で唯一のワインディングを

今日のランチへ向かって快走します。


 




そして11:20に到着したのが

広島市郊外の広大な新興住宅地にある

広島お好み焼き「ちんちくりん」COCORO店


 




11:30開店なのでほぼ予定どおりに到着

予約してたので「やっとるよ」になったら即予約席へ案内されました。


 




北九州のお好み焼屋では「広島風お好み焼き」ですが

ここは本場ですから「風」がいらないのは当たり前ですよね

さっそく皆さんお好みでオーダーします。


 




オープンキッチンの中で若いスタッフが

焼きます。必死で焼きます。

広島お好み焼きはお客さんが焼くことは無く

テーブルの鉄板は保温する程度なので我々は待つだけです。


 




で・・・・さっそく出来上がりました。

皆さん写真に収めていますが、お一人だけ早くも熱そうに食べてますよっと


 




ここのテーブルは

「トロトロ半熟豚玉焼」がお一人


 




あとのお二人は

広島定番のトッピングな「ちんちくりん焼」


 




そして、ソースはやっぱり「オタフクお好みソース」ですか

 





ソースにマヨネーズをトッピングしたら「食欲増進」!

量的に少ないかなと思ったら完食の後は満腹でした。

美味しかったです。ご馳走様でした。!!


 




さて、ランチの後は広島中心市街地に入り

今日の宿泊ホテルへ荷物を預けに行きます。


 





今日の宿泊先の「カプセルホテルCUBE」

まだ13:00頃なので15:00以降にチェックインするまで

荷物だけ預けて、バイクを一泊駐輪する市営基町駐輪場に停めて

その後はたっぷりと市内観光とフラワーフェスティバルを楽しみに行きます。


 





まずは「原爆ドーム」

ここはやっぱり外国人観光客が多いですね

今回初めての集合写真をパチリ!

 




ドームの前で「すずめ」を餌付けている

お年寄りが何とも平和的な感じでした。


 




原爆犠牲者の哀悼に訪れるたくさんの人が絶えない光景です。

 




記念撮影の後に「平和記念資料館」に向かいます。

 




これが広島に投下された「原子爆弾」

こんな大きさのウランが数万トンの爆薬に匹敵するエネルギーで

広島を壊滅的にしたことを考えるとあらためて恐ろしい兵器だと思いますよね


 





快晴だったので一番効果的な高度で炸裂したと言われます。

本当に恐ろしい戦争の歴史と運命です。


当時に兵器工場や八幡製鉄所のあった北九州「小倉」も標的でしたが

曇っていたため投下が中止されましたが

天気が良く予定どおり原爆を投下されていたら

両親が八幡と戸畑に居た私はここにはいなかったでしょうね

それを思うと複雑な気持ちで展示を見てました。


 




記念館から外に出ると

平和な景色と快晴の空が広がっていてちょっと安心しました。


 
 




気分を変えて、次は初めての「広島フラワーフェスティバル」

メインステージは大勢の観客で盛り上がっています。


 




あちこちに花が展示されているためか

街中ではなかなか見かけない「アオスジアゲハ」蝶が舞ってました。


 




広大な会場内で「さて、どうしますか」と言ってましたが・・・・・

 




気が付くと全員が集まって生ビールで「カンパ~イ!」

バイクを降りたらやっぱり飲むんかい!!

 





と・・言うことでメインステージ以外にも

たくさんの小ステージがありそれぞれに盛り上がっていましたよ

広島出身の芸人「アンガールズ」のステージもあってましたが

こちらはインド系?の踊り


 
 



こちらはラップのステージ

でも、後ろの場違いの方々はどうにかしてほしかったですね

 
 




こちらは吹奏楽のステージ

 




広い会場の中をまだまだウロチョロしているメンバー

 





で・・・・・また見つけました。

広島の地元「日本酒」のプースでまたもや一杯!

夜まで持つかと思いながらあともう一杯!


 




いい気分でホテルに戻った後はチェックインして

各自のスペースに荷物を納め18:00からの「夜の宴会」を待ちます。


 





宴会の時間になったので会場に向かいます。

昼の酒がまだ効いているのか全員が大笑いでメインストリートを行進!


 !
 



そして、小倉よりはるかに賑わう夜の広島繁華街に入っていきます。

 




途中でA井さんが

飲む前に飲む「ヘパリーゼがあるじゃないか」と薬局へ

何か?問題でも?


 




本日の宴会場は熊本が本社の

「えびす海鮮 さかな市場」

広島に来ても熊本へ経済的な支援を忘れずに・・・・・


 




150分の飲み放題ですが

まずは全員がビールで「カンパ~イ!!」


 





本日はイカが入荷していなくて残念でしたが

刺身の活き造りがメインでした。


 





それ以外にも料理は出てきましたが

メインはやっぱり酒をガンガンいっちゃいます。


 





そろそろ〆の時間も迫ってきたので

次はどうするか皆さんお悩み中です。


 





次は偶然にもある白髪の方にお店をご紹介していただき

皆さんで健全に広島の夜を楽しませていただきました。


 





そして、最後はやっぱりシメのラーメン

入ったのが中華屋さんだったのでオーダーは「五目ラーメン」でした。


 



その後は、もうかなりヘロヘロになりながら

コンビニに寄ってからホテルに戻って

そのまま爆睡へ・・・・・・・・・・・・



2日目のレポートをお楽しみに!

2日目の記事はこちら




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年5月4~5日 「1泊2日」

BH戸畑店「広島・呉ツーリング」の

出発時間変更と注意事項のお知らせ



 




BH戸畑店長の代行としてお知らせします。

まずは当日の集合時間は

①第1集合地 = 7:15 (BH戸畑店前)

②第2集合地 = 7:45 (関門トンネル門司港出入口の中)

旅程は若干変更があり下記のとおりとなります。





 



当日の装備について注意事項です。


かなり気温は上がってきて平地では25°を超す気温で暑いですが

朝方の中国自動車道は山口市を越えるとかなり冷え込むと思われます。

春・秋のジャケットで良いと思いますが

ジャケットの下に必ずライトダウン等の防寒対策をして

一般道へ降りてから脱げるようにした方が良いと思います。

また、グローブも冬用と春・秋用の2種類を用意した方がいいですね

下はレインウェアを用意していざという時に備えて下さい。

特にネイキッドの方はお気を付け下さい。



それと相反するのですが

今回も市内や各種施設を歩いて回るので

歩きやすい恰好と軽いブーツをチョイスして下さい。

ほとんどが高速道路で厳しいワインディング走行はありません。



また、今回は宿泊ホテルと駐輪場が離れています。

ホテル前も駐輪禁止区域に指定されているため

必ず荷物をバッグに入れて持ち歩けるようにして下さい。




さて、4日・5日両日ともに天気は良さそうで

観光スケジュールも盛り沢山となっています。


皆さんで快晴のGWを楽しみましょう。!!








いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)