コミカライズ版『怪ほどき屋』第一巻
 
原作者が把握しているのは以下のとおりです。
 
購入特典
アニメイトさん
中央書店さん
 
その他店頭POPあり
 
ぜひともバレンタインデーまでにご購入いただければ幸いです。
AD

『怪ほどき屋』コミカライズ版の単行本一巻が、二月一日にB's LOG COMICSさんより発売されます。

書影がまだ出ていませんが、もうすぐ出ると思います。

かっこいいですよ!

 

お楽しみに。

アニメイトさん購入特典などもありますので、お楽しみに。

 

 

AD

宮澤佐江ちゃんの卒業発表に

テーマ:
宮澤佐江ちゃんがFNS歌謡祭で、卒業発表しましたね。


生放送枠で卒業発表があったことで反発も散見されますが、それももちろん大人の仕組んだことです。彼女が頼んだからといって、叶うようなことではないのです。
だから彼女を責めるのは、かんべんしてあげてください。


佐江ちゃんは、ボクが推している秋元才加ちゃんと同期で、とても仲が良く、そして天真爛漫なコです。
才加ちゃんと佐江ちゃんは165cmを超える長身であることから、チームKのツインタワーと呼ばれてきました。



ボクも何度か握手したことがありますが、認知はされてはいないと思います。

テレビで卒業発表があったのは、同じチームKに所属していた大島優子ちゃん以来ですよね。

一般的に考えれば、同じように総選挙一位になったことのある、渡辺麻友ちゃんや指原莉乃ちゃん、またそれに匹敵するほど上位常連の柏木由紀ちゃんのようなメンバーなら分かるけど…と感じるでしょう。

総選挙の順位は10位前後。
その佐江ちゃんに、なぜ生放送での発表というある種特例が用意されたのでしょう?


AKBファンであれば、それくらいの晴れ舞台が用意されて当然ってくらい、佐江ちゃんのグループに対する貢献度ってすごかったんです。

最初のころこそおバカな佐江ちゃんではありましたが、大きく変わったのは上海のSNH48に移籍になってからでした。
芸能ビザが下りずなかなか舞台に立てない三ヶ月。
素人同然の上海の彼女たちを教えていくうちに、舞台演出を客観的に観ることができるようになり、もともと得意だったコミュニケーション能力を伸ばすために中国語を勉強し、ついにSNH48の舞台に立ちました。

やっとなんとかなったぞと思ったところ、こんどはSKE48 との兼任が発表されます。

当時SKE48は、どんどんメンバーが卒業してゆくあまりいい状況ではなかったのです。
そのチームSのキャプテンとして呼ばれたのです。


AKB48総監督高橋みなみちゃんもすごくしっかりしたコですけど、実は彼女は先輩たちが卒業していく中でだんだんとそういう役を与えられ、いまでは田原総一朗さんも感心するほどのコメント力、名セリフ製造マシンとまで言われるようになったのです。


でも高橋みなみちゃんがいくらしっかりしていたとしても、人数の多いAKB48グループ全体に見が届くわけではありません。

各チームをしっかり支えるのは、数人のキャプテンやリーダーの役割なのです。


宮澤佐江ちゃんは、そういうことをこの3年くらい表舞台に立ちながら、裏方もやってきたのです。
与えられたポジションが、人間を育てることはあるのです。


秋元才加ちゃんがAKB48を卒業した2013年以降、ボクはちょっとAKB48の現場から離れ気味になっていました。

秋元才加、宮澤佐江、増田有華、梅田彩佳の4人のユニットDIVAの解散ライブで見た佐江ちゃんは、以前とは別人でした。
もはや甘えん坊キャラではなく、トークをまとめ進行もちゃんとこなし、ダンスもさらに上手くなっていました。

そして12月6日に行なわれた「(フォトアルバム購入者対象)AKB48 10周年記念イベント」で、笑顔でキレッキレでキラキラ踊る佐江ちゃんをゼロズレで見た時、大人の魅力も見せられるようになった佐江ちゃんは、もう明日にでも卒業していいんだ。そう感じたのです。

だから、昨夜卒業発表があったとき、ボクは何も驚きませんでした。

来年の8月には帝国劇場でのミュージカル『王家の紋章』への出演が決まっています。
http://www.tohostage.com/ouke/

ダブルキャストで、相手はあの新妻聖子さん。
ボクも生で歌声を聴いたことがありますが、正直言って彼女に歌で勝てる人なんて日本にはそんなにいないんじゃないかと思うくらいの表現力の持ち主です。
そんな人との戦いです。

だからそこは天真爛漫な宮澤佐江という彼女の持ち味で、キャロルという役を魅力的に演じきるしかない。
でも歌だってそんなに下手じゃあないんですよ(笑)
ちょっと舌っ足らずな可愛らしい歌い方ですけど。

もちろん新妻さんにとっては、キャロル役は年齢的に不利だという思いもあるでしょうから、おもしろいダブルキャストなんじゃないでしょうか。

たぶんまだAKB48の宮澤佐江として出演することになるでしょうが、『王家の紋章』は、山口祐一郎さん、濱田めぐみさん、浦井健治くんというミュージカル界のスターや、テニミュから今や『エリザベート』に出演されるまでになった伊礼彼方さん、そして同じくテニミュ出演経験もある人気声優の宮野真守さんもキャスティングされていて、いまからチケット争奪戦が心配されているほどです。



できましたら秋元才加ちゃんはもちろん、宮澤佐江ちゃんも愛していただければ幸いです。

そしていっしょにミュージカル『王家の紋章』を観に行きましよう^^

AD