書の庵

書道家 脇田龍峯のブログ





       ホームページ


お立ち寄りいただければ幸いです。




                
『 脇田 龍峯 』




テーマ:

8月2日(水)~28日(月)の約1ヶ月


大阪市福島区吉野のcafe&dining marina (マリナ)

 

 

さんにてグループホームの皆さんによる展覧会が

 

 

開催されます。

 

 

グループホームのバンビーノさんの5カ所の

 

 

ホームの皆さんが日曜ごとに一生懸命練習して

 

 

書いていただきました。


皆さん一心不乱に書いておられて、それが伝わる

 

 

心の書であると思いますので地下鉄野田阪神駅

 

 

や阪神電車の野田駅近くにお越しの際には

 

 

是非、お立ち寄り下さいませ。


カフェ&ギャラリーのマリナさんの美味しいコーヒー

 

 

やお食事をいただいて心休まるひとときを

 

 

お過ごしいただければと思います。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
7月15日は大阪港開港記念日だそうで


長らく大阪に住んでいますが今のいままで


知らずにおりました。


今年は150周年記念に当たる年ということで


様々なイベントが開催されました。


その中の一つので外国港との交流会の


場において、大作ライブパフォーマンスを


して欲しいとの依頼をいただき、


書かせて頂いてきました。(*^-^*)



今回も和太鼓心鼓さんの太鼓奏者、鹿熊有華さん


とコラボパフォーマンスさせて頂きました。


今回は直径1m位の大きな太鼓を運び込まれ


ての演奏(@_@)


その華奢なお姿からは想像も出来ない


迫力ある演奏で楽しく最高のテンションで


パフォーマンスすることが出来ました!o(^-^)o


今回書かせて頂いたのは


『縁』




演奏後は諸外国の方々と一緒に写真撮影。


大阪港と世界の各港との
ご縁がこれからも


益々良いご縁で繋がり続けますことを


お祈り申し上げます。


それではまた(*^-^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:
昨日は(村上会 繋ぎまっせ!大阪大交流会)


に招かれての大作ライブパフォーマンス。


今回はとてもお綺麗なお二人の太鼓奏者の女性


とのコラボライブパフォーマンス。


お二人とは昨日初顔合わせ。


しかもリハーサル無しのぶっつけ本番の


パフォーマンス。(^_^;)


当日お目にかかって演奏の流れを伺い


書き出すタイミングや書くのにかかる時間をお伝えし


打合せ完了。


打合せ後、大急ぎで二つ折りの


パフォーマンス用パネルに紙の貼り付け。


 着替えをしてパネルを舞台裏に運び込み


暫くすると出番。


緞帳の降りた舞台でナイロンシートで床を養生。


心鼓さん達も準備完了し開演。


演奏序盤はお一人が太鼓、お一人が横笛で


ゆっくりとした感じで演奏が始まり


その時はお二人共、太鼓となり激しい感じに。


始まってすぐに太鼓の音というか音圧に驚いた。(@_@)


今まで何度も太鼓の方とはコラボしてきたのですが


凄い迫力に圧倒されて一瞬面食らいました。(@_@)


心鼓さんお二人はとても細い華奢な方なので


その細い腕から生みだされる音とは思えなかったですね。



こちらがその時の動画になります。





ぶっつけ本番ながら書き終わるとともに


演奏も終了し素晴らしいタイミングで


パフォーマンスを終えることが出来ました。


しかしながら一番楽しませてもらったのは


僕なんだろうなぁ、と思いますね。(^^ゞ


心鼓さんお二人の素晴らしい演奏で


心躍り、気持ちも乗って最高の環境で書かせて頂ける


なんとも贅沢なことだと思います。




心鼓さん、ありがとうございました。


またご一緒させて頂きたいお二人でした。o(^-^)o


それではまた( ^o^)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。