いまを生きているということ

震災当日まで北上営業所長としてJR工事に携わっていた私が1000年に1度の震災に遭った釜石へ翌日から舞い戻り、被災した自社と育てて頂いた地元釜石の復興への想いを綴ります。


テーマ:

先週末は初めて建設業全国青年会議 全国大会に参加させて頂きました。

今年から岩手県の青年部副会長、東北の理事になってしまったからです。
私にこのような役が回ってくるのですから人材難ですね!!

それでも引き受けたからには全うしようと思うのですから

結局、単純なんですね。

 

岩手の代表、東北の代表・・・
どんな立ち位置で立場を全うすればいいのか

少しだけ悩みました。

完成工事高約100億、社員約200名なんて会社の方もいたりして

 

そんな時、札幌のnikumaruさんがアドバイスを下さりました。
『青木さんあんた単純な人間なんだからそんな事で悩まない事、そんな規模の大きな会社って地域にどれだけあるの?

数パーセントでしょ、地域の建設業者って多少の違いがあっても殆どが青木さんの会社のような規模です。』


『だから建前で話すんじゃなく自分が考えている事をしっかり伝えればいいでしょ、どんな思いでこれからを考えているのかを』
この言葉、心に沁みたってっていうかストンと落ちました。

単純な私ですから(笑)

この言葉の通り実践あるのみです。

こういう言葉をかけてくれる存在がある事に感謝です。

正々堂々と謙虚な気持ちさえ持ち合わせていればいいのですから

 

この言葉を頂かなかったらどうなってたんだろう?

大抵の経営者は自分でこの言葉にたどり着くくらい日々色々な事に苦悩しているのだと思います。

 

常に周りからヒントや気づきを頂ける環境に感謝しています。

 

今回の全国大会、基調講演も本当に勉強になりました。

 

それでも普段お会いする事の出来ない方々に会えた事、やる気と刺激を頂けた事が
一番の収穫となりました。

 

フェイスブック上で交流のある高知県四万十川の頑張る社長さん
そして静岡県技士会40周年事業 記念座談会に呼んで頂き、ご縁が出来た伊豆の国市の社長さん、座談会の後、次の会議があるからとウーロン茶で懇親会に付き合って熱っぽく語ってくれたんですよね。

今度はビールを注ぐ事が出来ました。
そして掛川の社長さんともまたお会いする事が出来ました。
 

年に一度くらい全国から地域の建設業者が一堂に集う事も有り難い事だと思いました。

 

実はnikumaruさんからもう一言アドバイスを頂きました。

『国が決めたルールや業界がおかれる問題点を解決する事は難しいけど、自社の環境やルールは青木さんが決められるでしょ、だからそこに注力して魅力をつくって下さい、それを社員と共有して行く事で社風となるのだから』とありました。

私はそう思い行動して行きます。

他の方もそんな気持ちで自社から変えて行った時、それが大きな力となって始めて大きな何かが変わるのでは

まずは自社と自分が変わる努力をしたいと思います。

青紀土木の社員で良かったと社員が言ってくれるような会社に

青紀土木が地域にあって良かったと思って頂けるように

どんな事にでも感謝出来るように

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。