いまを生きているということ

震災当日まで北上営業所長としてJR工事に携わっていた私が1000年に1度の震災に遭った釜石へ翌日から舞い戻り、被災した自社と育てて頂いた地元釜石の復興への想いを綴ります。


テーマ:

東北六魂祭を感じに青森まで行って来ました。


皆さまご存じの通り東北六魂祭は東日本大震災で


お亡くなりになられた沢山の方々への鎮魂


そして東北が一つになって未来へ歩み出そう


という趣旨で各県持ち回りで開催されています。


今回の青森が6県目、最後の開催になります。


3月頃です、北ブロックJVで東北六魂祭を見学に

行こうと声が上がったのは・・・


北ブロック復興工事JVも震災が無ければ構成さ


れなかったJV、ほとんどの方々が東北は初めて


という方です。


そしてその震災復興の為に集う仲間だからこそ


東北六魂祭を観に行くべきだ!!


と言われました。


ですから6月25・26日は色々行事があったので


すが、1番最初に入れた予定だった事もあり、


優先しました。


青森市長の挨拶も心に響きました。


そして私が学生時代お世話になった八戸市の


三社大祭の山車が先頭を務めた事


青森県で被害が大きかった八戸市の三社大祭


も含め七つの祭りが披露されました。


岩手県はさんさ踊り







ステキでした。


山形県は花笠まつり


宮城県は仙台七夕まつり


福島県は福島わらじまつり


秋田県は秋田竿燈まつり
(強風でハレード出来ず)


青森県は青森ねぶた祭


それぞれ素晴らしいものでした。


往路も良かったのですが


復路は各県各まつりが垣根無くそれぞれの


祭りの中に加わって踊っていました。


さんさ踊りの輪にねぶた祭のハネトがいたり


色々でした。


素晴らしい笑顔でそれぞれ楽しそうな様子に


『東北はひとつ』という言葉が改めて胸に響き


ました。


『素晴らしい祭りだったね』と伝えると友人は


『釜石よいさも素晴らしい祭りにしましょう』と


言われました。


釜石よいさ


規模ではなく想いを届ける場に


笑顔と熱気に包まれるような


そんな地域が沢山の祭りで元気になれば


東北は元気になれますよね!!


『踊りとは心躍らせるもの』


心躍らせたいですね!!


8月6日に向かって


準備も当日の笑顔を想像しながら楽しみた


いと思います。


さんさ踊りってイイですね!!

初めてみました。

よく『青木さんってお祭りとか人が沢山いる


場所が好きそうですよね』とお声掛けされる


事が多いのですが、さんさ踊りも今回初めて


見たくらいですし、釜石よいさも然り・・・


人が多い所に好んで行くタイプではありません。


人が多くても好きな場所は野球場位です(笑)


魚や昆虫が沢山いる場所なら大好きです。


昨年、釜石商工の3年生の『私はあまり祭りに


興味がない報ですが』との質問に答えました。


『私も高校生の時はお祭りなどに全く興味が


かったし野球の練習に夢中になっていた


ただその時、釜石レボリューションさん達の


釜石よいさへの想いを知っていれば考え方が


変わっていたのかもしれない、今回このような


機会を頂いて私達が釜石よいさを復活さようと


取り組んだ想いを知った皆さんが何かを感じ


参加しようと思ってくれればうれしい』と伝えま


した。


どんな物に、どんな環境にするかは結局自分


次第、仲間と共に素敵な時間を創ります。


東北六魂祭の話から脱線してしまいました。


皆さまが素敵な1週間を過ごせますように!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。