KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved
NEW !
テーマ:
24日日曜日、札幌の丘珠空港に於いて「丘珠航空ページェント2016」が開催されました。
土曜の予行飛行、日曜の本番と晴天に恵まれ、多くの航空機を見ることが出来ました。


後日色々なカットを掲載しますが、まずは1枚ご紹介致します。
ブルーインパルス展示飛行ラストの演目「サクラ」が咲いた瞬間です。
6機の機体がそれぞれ円を大空に描き、多くの観衆を魅了していました。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
明日24日に開催予定の丘珠航空ページェント2016。本番に先立ち、本日予行飛行が実施されました。
まずは1カット紹介致します。
TEAM Yoshi Muroyaエクストラ300での曲技飛行のシーンです。先日幕張で
撮影して以来のエアレース機撮影となりました。
定番の機材組み合わせ、D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとテレコンTC-14E IIIを
装着し、1260ミリで撮影。スモークの中降下する機体をマイナス補正でシャドーを引き締め気味に
描写しています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8月7日に開催される千歳基地航空祭、その予行が実施されました。今回はF-15Jの機動飛行です。
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとテレコンTC-14E IIIを装着し、1260ミリ相当で撮影を
行いました。


高速飛行する機体をギリギリ構図に納めることが出来ました。急旋回する機体の主翼には
ベイパーが発生しています。エンジンから噴き出すバーナーの火炎もうっすら描写されました。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III



こちらも急旋回中のカット。逆光気味の機体にベイパーがまとわりついているように見えます。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III



正面から進入してくるF-15Jをアンダー目の露出で撮影しました。シャドー部がつぶれること無く、
機体の質感を描写してくれています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III



D7200に同じレンズ&テレコンで撮影する機会が以前ありましたが、ファインダー内に
フレームインしずらい印象がありました。D500はDXフォーマットのカメラとしては
非常にファインダーの視認性が優れており、このボディの優位な点だと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、札幌市エルクの森「カフェ&レストラン Vigny(ヴィーニュ)」というお店に行ってきました。
http://www.vm-net.ne.jp/elk/vigne/

初めての訪問でしたが、趣のある隠れ家的建築と美味しい料理を楽しむことが出来、
充実した時間となりました。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


今回はランチのパスタセットを頂きました。
写真は「道産帆立と厚切りベーコンのクリームソース」です。素材の味が濃厚でボリュームもあり、
美味しく頂くことが出来ました。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


セットのサラダ。絞り開放で最短撮影距離にて撮影していますが、ごく薄いピント面と
このレンズの特徴である最短撮影域での柔らかい描写が見て取れます。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


デザートのケーキです。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



周辺には庭園やパークゴルフ場、農園が広がっており、静かな時間が流れています。
ランチ営業のほか、ディナーは予約制のようです。今度は是非ディナータイムに行ってみたいと思います。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、花火大会にD5を持ち出してみました。
花火を見ると夏を実感しますが、ここ札幌では肌寒い中での花火大会開催でした。


いずれもD5にAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIを装着し、感度ISO25600にて
撮影を行っています。手持ち撮影でJPG撮って出しになります。














2年前、豊平川花火大会を空撮しました。上空からD4Sにて撮影を行いましたが、
飛行する機体から花火を超高感度撮影出来ることに驚いたものです。
D5は更に描写が美しくなっており、手持ち撮影での撮影の幅が更に広がりました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
現在、国産カブトムシを約20匹飼育しています。ツヤカブトは約15匹。
いずれも多くの個体をお渡ししたりしましたが、まだ結構な数が残り、
皆元気に活動しています。


もう一ヶ月ほど前ですが、続々羽化してきてくれました。
蛹室を観察出来る様に上層の土を除いていましたが、部屋の中に留まらずに出て来てしまった
羽化後約半日の個体です。羽が薄くオレンジ色になり、また角や体の均整が取れていて美しいです。
この後にトレペ芯に入れて保護し、無事に体が固まり元気に活動中です。

D5 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



こちらは別個体の羽化直後の様子です。羽がまだ白いです。約半日で上の様なオレンジ色の羽になり、1日ちょっと経つと見慣れた黒になります。しかしまだ羽は柔らかく、固くなるには
数日かかります。固まった後も1週間から10日くらいじっとしており、その後活動を開始します。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


このように放心状態に見える感じで、体が固まるのを待ちます。

D5 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


こちらは羽化して数時間後のメス。トレペ芯を蛹室代わりにしていた個体ですが、
どんどん登って来ていました。

D5 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
我が家に3匹目のハムスターがやってきました。6月に飼育開始し、最近はすっかり環境に慣れて
元気に動き回っています。
D5にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを装着し、1.5倍クロップを使用しながら
ISO1250~3200あたりの感度で撮影してみました。












これくらいの感度域だと画像の劣化を感じることは殆ど無く、建築撮影分野では
三脚を使用しづらい箇所の手持ち撮影でも威力を発揮してくれています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D5にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとテレコンTC-14E IIIを装着し、850ミリ相当で夕暮れの中
離陸していくF-15Jを撮影しました。DXフォーマットのD500では1260ミリ相当のレンズに
なりますが、フルサイズのD5では850ミリF5.6となります。


グレーの雲が多い夕暮れでしたが、空が赤い部分の間に機体が入り込んでくれました。
赤い空とアフターバーナーの火炎を強調するため、マイナス1段の露出で撮影しています。

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


航空機撮影のメインはD500となっていますが、夕暮れ以降の照度が下がる時間帯はD5を
使用することが多いです。
同じ画素数で撮像素子はD5の方が大きいので、難しい場面ではD5がやはり頼りになります。
また、連射を行う際にはD500の切れ味も素晴らしいのですが、D5はファインダー画像の揺れが
全く無く、よりスムーズに被写体を追いながら撮影を行うことが出来ます。
D4Sからどこを進化させるのかなと当初思っていましたが、切れ味もファインダーの見え具合も
大幅にブラッシュアップされており感銘を受けています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンのAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを装着し、
飛行中のF-15Jを撮影しました。翼端からベイパーを引きつつ雲の中に入り、機体が虹状の光に包まれた瞬間に
シャッターを切っています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D5にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを装着し、離陸していく第201飛行隊の
F-15DJ特別塗装機を撮影しました。機体後方の白煙の輝きとアフターバーナーの火炎が
夕方の光に映えています。
航空機の撮影はAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを
併用していますが、ズームレンズであるAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRは
画角変化を行いながら被写体を追えるので多彩な構図撮りが可能になります。
以前も記載した様にズームリングの可動域が大きいので慣れが必要ですが、左手を上から
覆いかぶせる持ち方でのズーミングが体になじみ、とても重宝するレンズとなっています。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)