KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved

テーマ:
9月中旬まで北海道とは思えない蒸し暑さでしたが、ここ最近一気に涼しくなり
秋の風情となりました。千歳基地周辺にはススキが多く見られ、夕暮れ時の美しい風景に
花を添えてくれています。

夜間訓練のため離陸していく第201飛行隊のF-15Jを撮影しました。アフターバーナーの火炎と
機体下部から出ている白煙が視認出来ます。
画面直上に太陽が位置し、キャノピーに光が強く反射しています。前景のススキと背景の森と雲が
アウトフォーカスしており、機体の立体感を出すことが出来ました。


太陽が側がそばにあるので空が白トビしがちな状況ですが、よく粘ってくれており
ハイライトあたりの雲も表現されています。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
先日、いつも稽古に参加させて頂いている剣友会のイベントで撮影を行いました。
高段者の先生方ばかりで、撮影しながら色々と観察出来、大変勉強になりました。


今回掲載する写真は、その際に撮影したカットの竹刀部分を説明カット用に大幅トリミングした
ものになります。面を打突した際の竹刀が大きくしなっているのがお分かり頂けるかと思います。


竹刀は普段それなりの固さと重さがありますが、打突した際には一瞬このようにしなります。
構えた状態から瞬時に面に竹刀が飛んできますので、立ち合いの際は常に集中、緊張しています。
この感じが航空機撮影にはいい感じに活きていると考えています。


竹刀をぶらして動感が出る様、シャッター速度は1/200に設定しています。
ISO800 1/200 F2.8 竹刀部分を大幅トリミング

D5 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの剣道ネタです。
掲載した写真は、組んだ状態の竹刀10本です。色々な銘柄を試している内に結構増えました。


D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


同じ様に見える竹刀ですが、形状がそれぞれ少し異なります。右端の「同田貫」という銘柄の竹刀は
柄の部分が太めで、竹の一番太い部分も張り出しています。「胴張」という種類ですが、
先の方が極端に細くなく、丈夫で重心が手元に近く重さをあまり感じません。現在メインの竹刀になります。
「弁慶」と書いてある竹刀は直刀型、古刀型よ呼ばれる形状で、ふくらみが少ない真っすぐな形状です。
この竹刀も柄が太いタイプを使用していました。
「龍虎」や銘柄のない竹刀は「普通型」と呼ばれるもので、直刀型と胴張型の中間のような形状です。

ここには無いですが「実戦型」と呼ばれる竹刀もあります。「同田貫」のように大きく張り出しつつ、
先がかなり細くなる形状になります。大変振りやすい竹刀ですが、先が細い分耐久性に幾分目をつむった
タイプといえるようです。

私の剣道の腕ですと竹刀の種類を云々するようなレベルではないのですが、色々試すうちに「柄が太く」
「少し胴張りで」「先が細くなりすぎない」竹刀がしっくり来ることに気がつきました。少し以前に
「同田貫」に触れる機会がありましたので、現在3本ローテーションしつつ愛用している次第です。


竹刀のささくれですが、稽古ごとに微細なものから大きなものまで発生します。竹刀カスが目に入ると
怪我をしますので、手入れが大変重要になります。稽古ごとに使用した竹刀をばらして、
ウレタンヤスリをかけて油を薄く張るようにしています。


手入れをして長持ちする竹刀もあれば、数回の稽古で折れることもあります。運もありますが、
力が入り過ぎていないかとか自分の癖など、竹刀を観察すると見えてくることもあります。


週に平均4〜5回の稽古で痛みは早いですが、きちんと手入れして大事に使用したいと思います。


いつもお世話になっている「フナタ武道具」さんで購入している竹刀です。
http://www.shopnet.ne.jp/shop/funata/
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は中秋の名月、月の前面を旅客機が通過するカットを狙ってみました。
しかし多くのトラフィックがあるにも関わらず、月と被ったのはこのAIRDO機だけ。
このところずっと風向きと天候が良くなく、今月はチャンスが少なかったですね


D5にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンを装着し、850ミリ相当で手持ち撮影を
しています。
もう少し明るい時間ですと月の表面が表現されますが、今回は光の玉になってしまいました。
ブラストで空気が揺らいでいるのがわかります。
ISO25600 1/500 F5.6

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D5にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンを装着し、夜間に離陸する
ANA仙台行きボンバルディアDHC8‐Q400を手持ち撮影しました。


月明かりに照らされた雲を背景に離陸しているANA機。窓からは乗客の方の姿を伺うことが出来ます。
雲が少し流れてプロペラの回転も表現することが出来、躍動感を演出することが出来ました。
ISO10000 1/50 F5.6

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
千歳基地航空祭の予行飛行を行う政府専用機です。

D5にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを装着して撮影していますが、
近距離を飛行する大型機を撮影する際には超望遠ズームが重宝します。
機体の細部まできちんと解像しており、また空の空気感の描写もよく、
廉価なレンズとはとても思えない高性能なAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR。
D5の相性はとても良いと感じています。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
②3月の北海道新幹線開通記念ブルーインパルス祝賀飛行の際、初めて訪問した函館「鮨たかん」。
大将ご夫妻は飛行機撮影仲間でもあります。前日に引き続いての掲載となります。

鮨たかん http://sushi-tacan.com



どれも絶品でとても美味しいのですが、このサンマの握りには特に感動させられました。
今まで食したどのサンマよりも美味しかったです。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


こちらはホタテ。新鮮なコリコリした食感と甘み、丁寧な仕事が光ります。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


ボタン海老、肉付きが豊かで甘みが強いです。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


最後はウニ軍艦。北海道のウニはいくつか有名な産地がありますが、いずれも高品質な
昆布を食べていて味が濃厚でとても美味です。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



昨年購入した新型の標準ズーム、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR。今回は最短撮影距離にて
開放で撮影しています。遠景での開放からのシャープな描写、最短撮影距離付近での絞りを
空けた時の柔らかい描写と二面性を感じるレンズです。
10年ちょっと大口径標準ズームを所持していませんでしたが、その使いやすさ、描写の素晴らしさに惚れ込んでいます。二世代前の28-70f2.8以来の大口径標準ズームですが、画面全域で均質な解像度、色乗りと立体感豊かな描写は得難いと感じます。

空撮が最初の撮影でしたが、今までに無い透明感と色乗りを感じました。
また、ズームリングの操作感は極上で大変高品質です。
旧型よりも一回り大きいのですが、それを感じさせない充実した内容を持っているといえるでしょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3月の北海道新幹線開通記念ブルーインパルス祝賀飛行の際、初めて訪問した函館「鮨たかん」。
大将ご夫妻は飛行機撮影仲間でもあります。この度2回目の訪問をして参りました。

鮨たかん http://sushi-tacan.com


スピードライト無しの簡易撮影をしてみましたので、2回にわけて掲載致します。
今回はカウンター席でしたので、一貫ずつ撮影致しました。
なお、D5にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを装着して絞り開放で撮影しています。
本来ならもう少し絞るところですが、このレンズの柔らかい開放描写をご覧頂ければと思います。


大将の繊細な職人技が冴え、新鮮なネタが極めて美味なお鮨に昇華しています。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



美味しいお鮨を頂きながら、飛行機や函館の魚介について色々な話に花が咲きました。
函館訪問の際には、是非訪問して頂きたいお店です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8月26日から公開されているアニメーション映画「君の名は。」を鑑賞して参りました。

君の名は。予告編



新海誠監督の作品を初めて見たのは「言の葉の庭」でしたが、美しい雨の風景の表現と
細やかな心理描写がとても魅力的で、アニメーションの新しい可能性を感じ感動したものでした。

今回の「君の名は。」では約104分と「言の葉の庭」の倍以上と上映時間となり、
スピード感のあるストーリー展開と相変わらずの美しい描写がとても魅力的な仕上がりとなっています。

黄昏時が「カタワレ時」と表現され、万葉集では「誰ぞ彼」と詠んだ、とも作中で説明されました。
夢との境界線の「カタワレ時」、この世と川を挟んだ向こうの「カクリヨ」が、重要かつ美しい
舞台となります。「時間が流れ、人やものを繋げること、それが結び(産土)」という言葉も
胸に響くものがありました。
こうした民俗的な要素と、主人公の男女の魂が入れ替わる「とりかえばや」的な設定が
うまく繋がり、作品の完成度が高まっていると感じました。



「言の葉の庭」もそうでしたが、新宿の風景が大変緻密かつ美しく描写されているのが印象的です。
私が東京在住だったのはもう15年ほど前までのことですが、大分風景が変わってしまっていると
いうことを思い知らされます。私が日常で触れた新宿の景色ではないですが、よく見知った街が
美しく描写されているのはそれだけで嬉しく感じます。


色々感じることがありましたが、是非皆様にも劇場にて作品を御覧頂ければと思いました。
写真的な背景描写は特におすすめだと思っています。





前作「言の葉の庭」予告編。雨と水の描写が大変美しく、繊細なストーリーが魅力となっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8月、親しくさせて頂いていた2人の仲間が逝去されました。
心から、お悔やみを申し上げる次第でございます。


8月8日に57歳で逝去されたのは、飛行機写真仲間のKさん。飛行機の撮影や航空無線に大変詳しく、
特に無線に関して素人の私に懇切丁寧に様々なことを教えて下さいました。
撮影を一緒に行うことも多く、仲間を交えての色々な話に花が咲いたものでした。

8月7日の千歳基地航空祭終了間際に現場に来訪され、2時間ほど一緒にいました。
体調がしばらく優れないとは聞いていましたが‥。まさか翌日未明に亡くなられるとは
考えもしませんでした。
別れ際の「じゃあまたね〜」という、いつもの明るい声が耳に焼き付いています。



8月30日、東京の写真家渡辺英明さんが52歳で逝去されたとの報を受けました。
中野写真居酒屋「ときのん50/1.4」にて出会った渡辺さん、とても優しい瞳が印象的な、
素敵な方でした。当方が上京する機会が限られることもありお会いしたのは数回なのですが、
毎回激励を頂き、暖かい気持ちになれたのを思い出します。
ニコンD5のイベントがあり、そこでお話したのが最後の機会となってしまいました。



一期一会。「今この瞬間は今しか無く、この今を大切に、懸命に生きる」という意味を
分かっているつもりでしたが、まだ分かっていないなと実感しました。
「今をひたすらに生きる」ということを、お二人が教えてくれているのだと心得て、
精進をしていく気持ちを新たに致しました。


Kさん
渡辺英明さん
安らかにお眠りください。今まで本当に有り難うございました。  

合掌



飛行機写真仲間のKさん近影。
いつも「いいの撮れてるかい?」と言いながら笑顔で話しかけてくれました。

いいね!した人  |  リブログ(0)