KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved
NEW !
テーマ:
新千歳〜松本空港行きの便、JAL申し込みでFDA共同運行便とのことで、初めてFDA機に搭乗致しました。
松本空港へのアプローチの途上、北アルプスの槍ヶ岳・穂高連峰の雄大な姿を
D5とAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIで捉えてみました。135ミリの画角です。
窓越しですが、思いのほか解像感高く撮影することが出来ました。

北アルプスの上空を旅客機で時々通過しますが、槍ヶ岳の姿は際立って特徴的で、視認出来ると
嬉しくなります。

D5 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
PC NIKKOR 19mm f/4E EDで撮影させて頂きました日本航空羽田格納庫での作品、
CAPA誌上ご紹介出来なかったカット掲載3回目になります(特別許可を頂いて撮影を行っています)。

機体の整備に使用する機材を手前に配置し、中央と奥に計2機のボーイング737を入れた構図としました。
垂直水平を出した19ミリの画角だと床が構図の半分ほどを占めてしまいますが、
ライズ(上へ)を行うことで天井を入れ込むことが出来、構図に奥行きを持たせることが出来ました。

各種構造物のラインが美しく描写されており、PC NIKKOR 19mm f/4E EDの質感やヌケの
良さを感じながら撮影を行うことが出来ました。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
PC NIKKOR 19mm f/4E EDで撮影させて頂きました日本航空羽田格納庫での作品、
CAPA誌上ご紹介出来なかったカットを数回に分けて掲載していきたいと思います。
(特別許可を頂いて撮影を行っています)

駐機してあるボーイング737の真後ろに立ち、ライズ(上へ)をいっぱいにかけて撮影を行いました。
超広角でのデフォルメが効いておりエンジン部分などは小さく写っていますが、
水平尾翼と垂直尾翼をシンメトリーに配置し迫力ある姿で写し取ることが出来ました。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先月19日に発行された学研プラス「CAPA」誌面でのPC NIKKOR 19mm f/4E EDレビュー記事、
メインカットの日本航空羽田格納庫での写真を紹介致します。
今回の撮影では、得意分野である建築と航空機を一緒に撮影出来る場所ということで、
特別許可を頂いて日本航空羽田格納庫を撮影致しました。


ボーイング777を真ん中に左右にボーイング737を配置しつつ、格納庫の建築空間を
垂直水平を出して撮影しています。至近と遠方、中央の機体の遠近感を強調しつつ、
機体と格納庫の構造美を描き出すことを意図しています。
この立ち位置からは、右側の737の垂直尾翼は見えません。ライズ(上へ)の操作を行いながら、
右側へレボルビング操作(回転)させて垂直尾翼を引っ張ってきています。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED


垂直水平を出して、アオリ機構を操作しない状態のカットです。アイレベルでの通常撮影では
地面が大きく映り込んでいます。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED


2枚目のカットの状態から上を見上げて撮影したカットになります。通常のレンズで高層建築や
天井の高い空間などを撮る場合に行う普遍的な撮り方です。
縦線が少ないですが、建築ラインと機体が上部に向かってすぼまっているのが
お分かり頂けるかと思います。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED


このように、光軸を調整しながら構図決定を行えるのがPCレンズの最大の特徴になります。
画像処理ソフトで類似のレタッチを行うことが出来ますが、撮影時にアオリ操作を
行うことで不自然さが少なくすることが出来、また画素を無駄遣いしない高精細な写真を
撮影することが可能となるレンズです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日発行となったCAPA最新号でのPC NIKKOR 19mm f/4E EDレビュー記事、
サブカット掲載となった都庁の写真をご紹介致します。

高さ243メートルの巨大建築である東京都庁。PC NIKKOR 19mm f/4E EDのアオリ機構を
使用しての全景を写し取れそうな場所はいくつか思い当たる場所がありましたが、
大雨と強風で思いのほか難儀しました。なかなか頂上の部分が見えて来なかったのですが、
ほんの少し見えかかった時に撮影したのがCAPA誌面に掲載したカットになります。
アオリ量を最大12ミリ効かしつつ、レボルビングを使用して立ち過ぎていたエッジを
緩やかにしています。   ISO200 13秒 F8

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED


都庁の中心部を800ピクセルで切り出してみました。解像感が非常に高いです。




雨で少し霞んで見える頂上部。アオリを最大に効かせていますが、周辺部に画質の低下は
感じられません。




都庁撮影時から日が経ち、様々な建築撮影にPC NIKKOR 19mm f/4E EDを使用し、体の一部の様な
感覚で撮れる様になりました。どの現場でも、建築の立体感や質感を非常に豊かに描写してくれると
感じています。解像感も非常に高く、ボディの性能を最大に引き出してくれるレンズです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日11月19日発行の学研PLUS「CAPA」最新号にて、ニコン新型レンズ
「PC NIKKOR 19mm f/4E ED」レビューページの写真と記事を担当致しました。

今回掲載した写真、メインは日本航空羽田格納庫でのカットになります。
※特別許可を頂いた上で撮影を行わせて頂いています。
アオリを行わずに撮影したカットと見上げカットを併記し、ライズ(上へ)とレボルビングを
施したカットをメインカットとして掲載しています。

2枚目のカットは雨の中の東京都庁。かなり強い風雨の中、高さ243メートルの巨大建築である都庁を
アオリ撮影しました。ライズ(上へ)の操作を最大の12ミリ施し、少しレボルビングして
エッジの形状を調節しています。この場所からは最大12ミリの操作量でギリギリ頂上部が構図に
収まりました。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



後日、誌面掲載カットなどの掲載もしていきたいと思います。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
PC NIKKOR 19mm f/4E ED、購入初日から建築撮影にて活躍してくれています。
ほぼ毎日使用していますが、先日建築の業務撮影のあと、夜の札幌建築スナップをしてみました。
空が蒼く染まる一番美しい時間は逃していますが、PC NIKKOR 19mm f/4E EDは
夜の建築の美しい表情を描き出してくれました。


今回掲載するのは北海道旧本庁舎の前にそびえる「赤れんがテラス・札幌三井JPビルディング」の
カットになります。
交差点を挟んだ向かい側からISO6400・1/25・F5.6にて手持ち撮影、高さは99.95メートルとのことで、
至近距離のこの場所からPC NIKKOR 19mm f/4E EDの画角ギリギリに入れ込むことが出来ました。
レボルビングは行わずライズ(上へ)を操作量12ミリいっぱいに使用して撮影しています。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
PC NIKKOR 19mm f/4E EDを使用して、札幌駅前にて撮影してみました。
垂直水平を取り、縦位置構図でライズ(上へ)の操作を大きく行い、壁面の上部とJRタワーを
入れ込んで手持ち撮影しました。通常の20ミリ級のレンズでこの場所で垂直水平を出して撮影すると、
JRタワーの上部が入るか入らないかくらいの構図になり、地面が大きく構図を占めることになります。
イメージサークルがとても大きく、余裕をもってアオリ操作を行うことが出来るレンズです。

D5 PC NIKKOR 19mm f/4E ED
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
PC NIKKOR 19mm f/4E EDにはアオリ操作の機構が備わっており、PC・パースペクティプコントロールを
行うことが出来ます。光軸の調整を行っているわけですが、レンズ操作部がどのような動きを
しているのか、各操作ごとのカットを掲載致します。


ライズ(上へ)とティルトを最大に効かせた状態です。普通のレンズにはない動きをしているのが
お分かり頂けると思います。超広角での建築撮影でティルトを効かせることは稀で、
80ミリあたりの画角での商品撮影にティルト操作を多用します。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



フォール(下へ)を最大にし、逆ティルトを最大に効かせた状態。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



建築撮影での主な操作、ライズ(上へ)を最大に効かせた状態。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



各操作を0にしたノーマル状態。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



レボルビング機構が備わっており、このように回転させることが出来ます。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



2つのレバーが接近する様に回転を施し、ライズ(上へ)操作を最大に行った状態です。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



上記の状態で、左側にティルトを最大。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



レボルビングを45度効かせながらフォール(下へ)とティルト操作を行った状態。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



このような各種アオリ操作を行い、光軸を調整しながら撮影を行うことが出来るのが
PC NIKKOR 19mm f/4E EDの最大の特徴です。超広角PCニッコールということで
建築がメインの被写体となることが多いと思いますが、風景やスナップなど
多くの撮影シーンにその性能を活かしていけると思います。
長年待ち望んだ超広角PCニッコール。撮影が今まで以上に楽しく感じられるレンズです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6月に大量の羽化をした国産カブトムシとツヤカブト、各所に引き取って頂いたりしたあとで
計35匹が手元に残りましたが、秋になり天寿を全うする個体が増え、ついに国産カブトムシのオス1匹、
ツヤカブトのオス1匹メス1匹の計3匹が残るのみとなりました。


国産カブトムシのオスは6月10日頃に羽化した赤い個体で、約5ヶ月成虫として活動をしています。
昨年の大型個体には及ばない75ミリくらいのサイズですが、角がすっと伸びてスマートな
ボディです。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



ツヤカブトと同じ木に乗せると、亜種同士ながら体格の差があることがわかります。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



幼虫の時はツヤカブトのほうが体重が重くサイズも大きかったのですが、角があまり伸びずに
こじんまりした印象になりました。胴体はツヤカブトのほうが太く、力も強かったです。

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


本来ならば夏のうちに寿命を迎えるはずですが、飼育下にあるとこうした長寿の個体が出てきます。
9月初旬くらいまではしきりに飛んだり喧嘩をしたりし、またエサの摂取量も膨大だったのですが、
既に体重はかなり軽くなりエサも少ししか食べず、天寿を全うするのがごく至近であることを感じます。
カブトムシは1年のサイクルで命を次世代に繋いでいきますが、そうした命の受け渡しを毎年
見ていると色々と気づかされることが多いです。
なお、今年は国産カブトムシの幼虫が60匹、ツヤカブトの幼虫が5匹くらい育っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)