KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved

テーマ:
今月20日に発売開始となった学研プラスCAPA 7月号(夏の特大号)にて、
D500緊急撮り下ろしギャラリーを4ページ担当させて頂きました。写真誌では初めてとなる
巻頭特集での掲載となります。

撮影したのは幕張で開催されたレッドブルエアレース。
最高時速370キロ・最大重力加速度10Gという激しい機動を行う機体を、D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとAF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲを
装着し、1260ミリ相当の撮影を中心に適宜1.3倍クロップ(1638ミリ相当)も併用して
撮影を行いました。


メインカットは、1.3倍クロップ併用の1638ミリ相当。1/160で流し撮りを行いましたが、
ちょうど良いタイミングでシャッターを切ることが出来ました。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとAF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲの組み合わせのほか、
600ミリ単体やAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRによる作品も掲載されています。
D500の特徴である秒間10コマの様子も掲載頂きました。


航空機撮影にいつも持ち出していますが、DXフォーマットのD500はファインダーが
見づらいということがありません。D2X以降のファインダーはフルサイズ慣れした目には
狭く見えて使いづらく感じていましたが、D500はその見え具合に最初から感嘆しました。
肝心の画質も、機体の精細なディティールまで映し出しており、また夜間飛行の様子なども
色々撮影出来ており、D5との組み合わせで撮影領域が著しく広がったと感じています。


書店で、来月19日まで店頭に並んでいます。機会ございましたらご高覧頂ければ幸いです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ニコンプラザ各拠点で展示され、4月には羽田空港第一ターミナル6階にて開催された写真展
「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」、現在釧路空港にて開催されています。
3階展示スペースにて28日までの展示となっています。
※北海道新聞にて記事にして頂くことが出来ました。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0283728.html

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


今回担当の方が釧路に来て下さることになり、私も日帰りで釧路へ行って参りました。
車で往復600キロの長距離、しかも強い雨の悪天候でしたが、高速が釧路空港至近まで今春開通し、思いのほか早く楽に到着することが出来ました。
写真は担当の皆様と頂いたランチです。釧路空港名物の「ザンギ定食」です。
I
D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



釧路空港は初めての訪問でしたが、滑走路脇の撮影ポイントにて何便か撮影を行いました。
かなり強い雨のなか離陸していく東京行きJALボーイング767です。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


こちらも東京行き、AIRDOのボーイング737です。機体が小さく、フレームいっぱいに
機体が入り込みました。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E II
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D5に500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンのAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを装着し、夜間訓練のため離陸する第201飛行隊F-15Jを撮影しました。
アフターバーナーの火炎を描写するためにマイナス1段補正しています。機体から一瞬引いた
白煙もはっきりと描写することが出来ました。
850ミリ相当ではやや遠かったので、1.2倍相当の範囲をトリミングしています。
ISO2000 1/400 F5.6

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
D5にAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDを装着し、絞った状態で
スピードライトをバウンスしながらハムスターをスナップ撮影してみました。
レフで起こしたりも特にしていない簡易撮影です。
ISO12800~16000での撮影ですが、光がまわっていると殆どノイズを感じません。



ISO12800 1/30 F18

D5 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



ISO12800 1/40 F18

D5 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



こちらのカットは、プラスチックケージの赤い透過光が被っています。アンダー気味で
光が回りきっていません。
グレーのオスが盛んに求愛行動を行うのですが、都度このようにプディングのメスに撥ね除けられています。
ISO16000 1/50 F20

D5 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500に500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンのAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを装着し、
1260ミリ相当の焦点距離にてT-4練習機を撮影しました。
離陸の為の滑走を開始する直前、曇り空の間から差し込んだ夕陽に滑走路と機体のエッジが輝いています。
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDに1.4倍テレコンのAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを
装着しても画質の劣化は殆ど感じません。フルサイズですと周辺減光が開放あたりで気になりますが、
DXフォーマットのD500ではその点も心配がいらず、D500の常時装着レンズとなっています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンのAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを
装着し、更に1.3倍クロップ機能を使用して1638ミリ相当の超望遠撮影を行いました。
第203飛行隊F-15Jが離陸滑走し、アフターバーナーを焚きながら機首上げをし機体上面が
見えだした瞬間のカットです。
マイナス2.3段のマイナス補正を行い、バーナーと光が当たっている機体上面を強調しています。
なお、クロップ機能とはカメラ内トリミングのようなもので、ファインダー内にて1.3倍相当の
画角の切り取りを行いながら撮影が出来る機能です。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


フルサイズのD5に同じ機材を組み合わせると840ミリ相当となり、D5の1.5倍クロップを
使用すると1260ミリ相当となります。この時の画素数は約900万画素。
対してDXフォーマットのD500の場合、レンズとテレコンで1260ミリ相当、1.3倍クロップの
1638ミリ相当の時に1200万画素相当となります。
元々の撮像素子の大きさが異なりますので厳密な画質は異なってきますが、F5.6まででは
最大望遠の組み合わせがAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E IIIに
なり、画素数もD3相当の1200万画素相当が確保されていることになります。
(ただしレンズ自体は600ミリ×1.4倍の840ミリ相当の描写をしており、そこから
撮影時に切り取っているということになります)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
トレーニング状況について、4回目の記載になります。
剣道・トレイルラン・自転車に取り組む際の体の使い方や気持ちについて色々と書き記しましたが、
そこで得たものの幾ばくかでも写真撮影に生かせないか、ということをいつも考えています。


トレイルランで得られた心肺能力や体幹の能力は、超望遠撮影時などに生かすことが出来ます。
自転車もトレイルランとほぼ一緒ですが、体幹を副次的に強化出来ること、また
車や徒歩では見つけられない美しい風景に出会い、のちの撮影にいかすことが可能です。


剣道も心肺能力や体幹を強めてくれますが、一番影響があるのはシャッターを切る際の
判断力かと思います。
剣道の立ち合いは「速い」というよりは「迅い」と形容するのが適切なのではないかと思うほど
一瞬で有効打突が決まりますが、自分自身の稽古、また見取り稽古で打突の見極めが
出来るようになってくるようです。30過ぎからの剣道稽古で剣道の奥深さになど触れていない身ですが、
懸命に稽古するなかで、シャッターを切る際の迷いが無くなってきているのを感じています。


剣道の立ち合いは、スピードや身体能力が全てではありません。朝稽古では年配の先生方に
稽古をつけて頂いていますが、相手の心を読んで会話をし、先を取って若い剣士に打ち込まれています。
80歳を越えた先生の目に止まらない動きは、まさに刮目でした。
年齢を重ねて体力が落ちてきていても、そうした様々な要素で生涯稽古を行っていけるのが剣道の
特筆すべきところだなと思っています。


私は炭鉱遺産を写真家として撮影しだし、今は建築写真を中心に航空機写真、空撮などに
取り組んでいます。剣道、トレイルラン、自転車で得たものが最も分かりやすく効果があるのは
航空機写真になりますが、先ほどの「剣道での立ち合いの剣先での会話」というような
感覚が、写真を撮る際にも必要だと思っています。
被写体である飛行機を操縦しているパイロットが何をしようとしているか、
建築空間を設計した設計士や建築家の表現したいことはなにか、施主が建築に求めたことは何か、
空撮では観念的になりますが、夜景空撮では光の一つ一つの瞬きに思いを馳せて撮影を
するようにしていました。


まとまりがない内容でしたが、写真を柱にした剣道、トレイルラン、自転車への取り組みへの
考えをまとめておきたいと思い記載を致しました。
今後撮影や稽古、トレーニングをしていくなかでまた変化があるかもしれません。
日々、「明日を見つめて今をひたすらに」精進したいと思います。


使用している日本武道具製作所の面です。
北海道警察学校近くのフナタ武道具さんで購入しました。
http://www.shopnet.ne.jp/shop/funata/

D4S AF-S Nikkor 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを装着し、1260ミリ相当の画角で
夕焼けの中飛行する第201飛行隊F-15Jを撮影しました。ギアダウンをした状態になっています。
ISO200 1/1000 F5.6

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III



曇り空の中、一部だけ覗いていた夕焼けの赤い空に機体が差し掛かった瞬間、シャッターを切りました。
機体の大部分をシャドーとしエッジ部分の輝きを強調していますが、階調は残っており
質感を表現してくれています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
現在まで取り組んできた中から、剣道とトレイルランについて前回までにご紹介致しました。
稽古やトレーニングは写真とは関連性が薄い様に見えますが、撮影を行っていくにあたり
有効な面が多々あると感じている次第です。


効果を特に体感しているのは超望遠撮影時になります。この写真の機材セットは
D4SとAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDで、合計約5.5キロくらいになります。
両手で持っていますが均等に重量がかかるのではなく、左肩で大半の重さを支えてます。
右手は添えつつシャッターを切っています。場合によっては1日中振り回して撮影することもあります。

Df AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G


ある程度の重さを支える腕や肩の筋力は必要ですが、それだけではすぐに機材を持てなくなって
しまいます。そこで、左手の肘から腰に重量を落とし込み、腰と足で機材を支える様にしています。
この時に必要なのが体幹の筋力になります。


トレイルランは登山道など不整地を走ったり歩いたりして長時間移動しますが、
山の中は地形がめまぐるしく変化し、使う体の部位が変化します。心肺能力や
足腰、体幹がまんべん無く鍛えられる状況といってよいと思います。


体幹の要素には腸腰筋という筋肉の存在もあります。腰椎と大腿骨を繋ぐ非常に重要な筋肉で、
体の外側からは見えません。腸腰筋とモモ裏(ハムストリングス)を効率よく鍛えられるのが
自転車になります。
通常自転車を漕ぐ際は踏み込む動作になるかと思いますが、これは長続きしません。
スポーツタイプ自転車のペダルは靴と固定出来る様になっており、踏み込みと引き上げを両方使うことが出来ます。
腸腰筋とハムストリングスを使って足を引き上げる動作を用いることで効率よいペダリングとなり、
より長時間出力を維持出来る様になります。


最近は自転車の比率が下がってしまい冬期のローラー台漕ぎ主体となってしまいましたが、
トレイルランと平行してロングライドやヒルクライムに取り組んでいます。
札幌~稚内間や札幌~根室など長い距離を走ったのは良い経験となりました。
写真は2013年に実施されたサイクルプラザ札幌~稚内ツーリングのシーンです。
確か12~13時間くらいで到着しました。
仲間がスーパーマンだらけなので、皆に助けてもらって完走出来たツーリングです。
トレイルランや自転車で長時間動き続けることで、集中力の維持や感受性を高めるトレーニングに
なることを実感しています。

D600 AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR


次回以降にまた続きます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
急な用事で東京に来ています。近日、トレーニング状況続編を記載致します。

移動前に羽田空港にて、D500を用いて旅客機の夜間撮影を行いました。
掲載したカットは、国際線ターミナルを背景に牽引されているANAボーイング787です。
衝突防止灯と同調し、機体下部を赤く染めたカットになりました。ターミナルと滑走路灯の灯火も
花を添えてくれています。
ISO32000 1/80 F4

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED
いいね!した人  |  リブログ(0)