KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved

テーマ:
本日5月26日発売のCAPA「ニコンD500スーパーブック」(学研プラス)に航空機作品を掲載頂きました。
6.7ページの「瞬間の美」というコーナーになります。
http://capacamera.net/mook/1861103600/

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


掲載頂いたのは2ページ見開き1点。第201飛行隊F-15Jが千歳基地に着陸するシーンを流し撮りした作品です。
使用レンズはAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDでDXフォーマットのD500では900ミリ相当。
露出データは、日中の低速シャッター撮影を意図してISO100、1/125 、F14としました。

D5 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


以前DXフォーマットのボディをお借りして航空機を撮影する機会が何度かありましたが、
D4Sなどフルサイズ機のファインダーに慣れてしまっていると使い辛く感じたものでした。
しかしD500ではそうしたストレスを感じることは無く、超望遠の流し撮りや連射でも安定した
ファインダー像を視認しながら撮影を行うことが出来ています。
高感度の強さがクローズアップされやすいかと思いますが、こうしたハード面での
確かな進歩が光るボディだと感じながら撮影を行いました。



誌面には、多くの写真家の皆様の見応えのある作品と解説が掲載されています。
多くの皆様にご高覧頂けば幸いです。





いいね!(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとテレコンバーターAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを
装着し、1260ミリ相当の画角を用いて離陸滑走中の第201飛行隊F-15Jを撮影しました。
薄い夕陽に淡く照らされるシーンをアンダー目に撮影し、アフターバーナーの火炎を
強調しつつ少し流し撮りをしています。
ISO1250 1/250 F5.6

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
国産カブトムシとツヤカブト、今年最大個体の蛹で見比べてみました。
ほぼ同じ形状のカブトムシ同士になります。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



左側の2匹が国産カブトで、左側が体長に比べて角が長い個体、右側は74ミリほどの今年最大個体になります。
この最大個体は体ががっしりしており、昨年一番大きかった個体にそっくりな特徴を持っています。
右側の2個体はタイ原産のツヤカブトという種類で、国産カブトムシの亜種とされています。
ただカブトムシは元々熱帯の生物で、比較的寒冷な日本に生息する国産カブトムシは珍しい存在のようです。
ツヤカブトが大元で、寒冷な気候で、人里に近いところに生息するように進化したのが国産カブトムシなのかも
という仮説を昆虫ショップ「むし博士」にてお聞きしました。


ツヤカブトは幼虫の時に国産カブトムシより大きく、国産カブトに似た形で巨大な成虫になるかも
と思いましたが、ご覧のとおり体はがっしりして国産カブトムシより太いですが、角は短くなりました。
畑のそばの堆肥などで密集して生息する国産カブトムシは人工的な飼育環境に慣れている様ですが、
ジャングルに生息するツヤカブトは人工的な環境ではストレスになり、密集した環境で生き残る為に
飛翔能力を高めようと角が短くなってしまうのかも、という仮説も教えて頂きました。



非常に良く似たカブトムシ同士ですが、少し形状が異なる様です。蛹を上から撮影してみました。
左側がツヤカブトですが、国産カブトムシが多角的な胸の形状をしているのに対し、
ツヤカブトはなだらかな曲線を描いています。全体にツヤカブトの方が体格がよいようです。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


昨年飼育していたツヤカブトです。国産カブトムシよりも黒々しており、ツヤがあります。
性格は国産カブトムシのようにおおらかでなく、とても繊細で用心深い感じでした。

Df AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
いいね!(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとテレコンバーターAF-S TELECONVERTER TC-14E IIIを
装着し1260ミリ相当の画角を用いて、タキシング中のF-15Jを手持ち撮影しました。
迫り来る機体が、超望遠レンズの圧縮効果でより力強く表現されています。
薄暮の超望遠撮影ではぶれていてもおかしくないシャッター速度ですが、
軽量でグリップしやすいボディ形状により安定感のある撮影が出来ています。
なお、バッテリーグリップは導入しておらず、単体での運用をしています。
ISO1000 1/400 F5.6

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


いいね!(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日5月17日より、たんちょう釧路空港3階回廊ギャラリーにて
「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」釧路空港開催編が展示開始となりました。
先日羽田空港にて開催された写真展の巡回展示となります。
http://kushiro-airport.co.jp/c-information/post_311.php



新型機D5で撮影した中から、2カットを長辺1.2メートルの大判プリントにして展示しています。
その他B2含めて17枚の作品が展示されています。



会期は6月30日まで。道東が新緑に包まれる美しい季節です。釧路に観光に来られた際など、
お立ちより頂ければ幸いです。

いいね!(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの自転車ネタです。
いつも自転車でお世話になっているサイクルプラザさんにロードバイクのオーバーホールを
お願いしていたのですが、その引き取りの際に珍しい自転車を目撃しました。


SPXというブランドのマウンテンバイク、20TH Anniversaryモデルとのことです。
世界で50台限定販売で、国内には5台のみ。北海道ではサイクルプラザさんにしか無いようです。

Df AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR


お値段はこちら。ニコンD500が2台買えてしまいます。

Df AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR


フレームはもちろんフルカーボンで、スプロケットもご覧の通りの肉抜き。
ものすごく手が込んでいて、思わず写真を撮ってしまいました。

Df AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR



現在お店に展示中です。興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。


いいね!(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
主に航空機撮影用として導入したD500。AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと
AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDとの相性もよく、快調に撮影を行えています。


D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと1.4倍テレコンバーターを装着し、
離陸していく第201飛行隊F-15Jを1260ミリ相当で撮影しました。
フルサイズでは900ミリ相当で、超望遠ならではの圧縮感が描写されています。
ISO500 1/1250 F5.6




こちらはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで撮影したRF-4Eの洋上迷彩機です。
百里基地から千歳基地に来訪していました。
背景の大気の揺らぎが、機体の存在感を際立たせています。
ISO100 1/1250 F5.6
いいね!(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前紹介した飼育中のカブトムシですが、再びD500で撮影をしてみました。

2つ分の容器に入っていたカブトムシの蛹たちです。オスが29匹、メスが13匹写っています。
蛹になって間もない個体から、既に黒くなり羽化間近の個体まで様々です。
オスは個体ごとの大きさの差異が大きいです。角が長い個体、体が細身のもの、太めのもの
これまた様々です。
撮影中にどんどん動くので、きちんと並べたつもりが少しずれてしまいました。
ISO12800 1/200 F10

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



大きさの違いが分かりやすい様に並べてみました。一番左の大きな個体は体長74ミリくらいです。
昨年は蛹の時点で80ミリほどの個体がたくさん出ていたので、今年は少し小さいです。
黒くなっているのは羽化間近の個体で、角や足が透けて見えています。
ISO12800 1/250 F9

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



羽化間近の個体と、黒くなり始めの個体を並べてみました。蛹の内部で、成虫の体の色がついていく
様子が見て取れます。
ISO12800 1/200 F9

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



国産カブトムシ最後の容器の土を剥いでみました。メスの容器のつもりでしたが、大きなオスが
4匹もいました。まだ前蛹のオスが2匹います。メスは11匹。
一枚目の写真のものとあわせると、オスが35匹、24匹となりました。
ISO5000 1/30 F18

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR



昨年はオスメスの幼虫時同定が100%正解でしたが、今年は大幅に間違えました。
大きなメスの幼虫いるなと思っていましたが、メスの容器で大きなオスになっていました。
この他ツヤカブトがおよそ35匹いるので、少しおざなりな飼育になってしまったようです。
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にマイクロレンズのAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDを装着して、
ジャンガリアンハムスターを撮影しました。


このカットはISO8000まで感度を上げて撮影していますが、超高感度とは思えない滑らかな
描写となりました。
ISO8000 1/320 F10

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



こちらはジャンガリアンハムスターのプディングというクリーム色の個体です。
ISO6400 1/320 F9

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED



この2匹の相性は良いようです。
ISO2500 1/250 F10

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


よく見るとケージの部分が荒れてはいますが、ISO8000の超高感度でも解像感を失わない
この描写には驚きました。DXフォーマットはD2Xを2007年に手放して以来で、
別次元の進化に驚きの連続です。
ISO8000 1/100 F10

D500 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを装着して、夕焼けを背景にして
離陸していくF-15Jを撮影しました。200-500mmの焦点距離は、DXフォーマットのD500では
300-750mm相当となります。このカットは570ミリ相当での撮影です。
ISO3200 1/2000 F5.6

D500 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


アフターバーナーの火炎が背景の夕焼けに映えるよう、機体をアンダー目に撮影しています。
鮮やかな火炎と大気のゆらぎを写し取ることが出来ました。


AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはズームの回転角が非常に大きく、
一回の動作では端から端までいきません。航空機の様な高速被写体で持ち替えズーミングを
行うとファインダー視野が大きく揺れてしまいますので、このレンズだけ持ち方を変えています。
通常はズーミングを行う左手はカメラ・レンズの下に構えますが、上から持つ様にして
右側に大きく被せます。こうすると望遠~広角側のズーミングをある程度スムーズに
行うことが出来ます。

いいね!(11)  |  リブログ(0)