KEN五島の写真家ブログ KenGoshima Photography              建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景etc.

札幌圏を中心に、建築写真・夜景空撮・航空機・炭鉱遺産・風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。 My main candidates for photography are an industrial heritage,scenery,construction, etc.

駆け出しの頃、東京から北海道札幌市に移住して約12年。札幌圏を中心とした北海道の建築写真・北海道炭鉱遺産・空撮や風景などの撮影に取り組んでいる写真家です。公益社団法人日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society JPS)会員

1999年。大夕張鹿島の人々が去った炭鉱街を見た時の衝撃が現在の活動の原動力になっています。
関わって下さる全ての方々や事柄に感謝し、前に進んでいこうと思います。

2004年 ニコン札幌SCミニギャラリーにて初の写真展開催。以降北海道と東京で写真展開催多数。
2010年 写真集「北海道炭鉱遺産(アスペクト刊行) 」を出版。
2012年 富士フォトサロン札幌にて写真展「北海道炭鉱遺産」開催
2014年 ニコンプラザ銀座階段ギャラリーにて札幌夜景空撮作品を展示
2014年 写真展「札幌夜景空撮」The night view from the sky 主催 一般社団法人札幌観光協会
2013年~16自民党道連広報誌「われら北海道」にて「北海道炭鉱遺産紀行」を連載(株)自由広報センター
2015年 札幌駅JRタワーESTAプラニスホール「The Night View from the Sky~札幌夜景空撮展」主催 札幌駅総合開発(株) 北海道新聞社
2016年 「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」ニコンプラザ各拠点 主催 (株)ニコンイメージングジャパン 協力 (株)日本航空
    「ニッコールレンズが映し出した日本の翼」羽田空港開催編 主催 日本航空(株) 協賛 (株)ニコンイメージングジャパン

2015 私のNIKKOR VOL.34 KEN五島 × PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED 熊本城天守閣夕景を担当させて頂きました
2014 ニコン新型レンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED プロモーション撮影を担当させて頂きました
北海道ライカーズ空から見る札幌の魅力「写真展:札幌夜景空撮 The night view from the sky」

写真家KEN五島のウェブサイト Kengoshima Photography  
Please send me info@kengoshima.come-mail to here if you need

Copyright (C) 2009 Ken Goshima All Rights Reserved
NEW !
テーマ:
先日開催された千歳基地航空祭、残念ながら曇天の低い雲により多くの飛行がキャンセルと
なりましたが、ブルーインパルスも離陸直前にキャンセルとなりました。


5.6番機が並んでタキシーウェイを進むカットを紹介致します。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


何とか5.6番機が飛行してくれて、基地上空をパスしていきました。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


今回は天候に恵まれず、大空に描かれるブルーインパルスの航跡をたくさん見ることが出来ず
残念でした。また次の機会を楽しみに待ちたいと思います。


1カット、過去のブルーインパルス展示飛行の作品を掲載致します。
2年前に実施された姫路城大天守保存修理完成記念式典ブルーインパルス祝賀飛行、
姫路城天守閣の後方でブレイクし散開していく見事な「サンライズ」です。

D7200 AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED(レンタル品)
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
昨日開催された千歳基地航空祭、ブルーインパルス展示飛行をD5とD500で撮影しました。


BGMとナレーションと共に、ウォークダウンが始まりました。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


キャノピーを閉じる直前、1番機パイロットのハンドサイン。

D500  AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


タキシーウェイを進むブルーインパルスを後方から撮影。T-4に施されたブルーインパルスの
塗装が映えます。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


1~4番機のスモークに包まれる5.6番機。スモークの中に機体が浮かび上がり、印象的なカットと
なりました。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、千歳基地航空祭が開催されました。今年は千歳基地開庁60周年記念航空祭とのことで、
「北の空、その先へ」がテーマとなっていました。

残念ながら曇天で雲が低く垂れ込め、多くの飛行がキャンセルとなってしまいましたが、
航空機の様々な姿をD5・D500を使用し撮影することが出来ました。
次回以降何回かに分けてご紹介をしますが、まずは4カットの写真を掲載致します。


本日千歳の天気予報は晴れ、札幌は晴れていた様ですが、千歳はご覧の通り
どんより曇っておりました。
曇天を背景に、アフターバーナーを焚きながら離陸していく第201飛行隊F-15Jです。
比較的近い距離を離陸していく機体の場合は見かけ上の機体の大きさが変化するため、
ズームレンズの使用が便利です。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR


こちらは政府専用機の01。このボーイング747の政府専用機は引退が間近で、勇姿を見られるのも
あと1〜2年となります。右下にはF-4が写っています。

D5 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II


多くの飛行が悪天候で残念ながらキャンセルとなる中、アメリカ空軍のF-16が見事なデモ飛行を
見せてくれました。背景が青空でないのが残念です。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


今年も千歳にブルーインパルスが来てくれました。パイロットが搭乗直前にドルフィンキーパーと
呼ばれる整備員と敬礼を交わすシーンを、1260ミリ相当で捉えました。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
千歳基地航空祭の本番開催に先立ち、ブルーインパルス予行展示飛行が実施されました。
残念ながら雲が低く太陽光も陰ってしまい、第五区分というローパス飛行のみの展示でしたが、
一年ぶりに千歳の空にブルーインパルスが白い航跡を描いてくれました。
撮影はAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDに1.4倍テレコンを装着したD500(1260ミリ相当)、
D5にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを使用しています。


D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED、1,4倍テレコン1260ミリ相当で一番機と三番機を
アップで捉えました。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED、1,4倍テレコンで「ポイントスターローパス」を撮影。
スモークオンの直後にシャッターを切っています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-14E III


「リーダーズ・ベネフィット・ローパス」をD5&AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで
真横から撮影。

D5 AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D5の超高感度ISO51200を用いて、新千歳空港に着陸する羽田からのJAL最終便を撮影しました。
夏の新千歳空港は霧が出ることが多く、また小雨が降っていたこともあり、幻想的な雰囲気での
撮影が出来ました。使用したレンズはAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDで、テレコンなしの
開放撮影、シャッター速度は1/250としています。

頭上を通過した機体の下部に誘導灯が反射し、美しく輝いています。

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED


誘導灯の反射光と航空灯の光の拡散が美しいです。

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED


機体の高度が下がり、誘導灯が構図に入ってきました。この直後に着陸となります。

D5 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED


航空機撮影のメインは焦点距離の関係でD500なことが多いですが、こうした厳しい条件の時は
D5を使用することもあります。D500の超高感度性能も素晴らしいですが、D5は更に画質に余裕があり、
連射の速度も速くミラーショックが極限まで小さくなっているので歩留まりが上がります。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDを装着し900ミリ相当の画角を用いて、
月齢13の月の至近を通過するANA74便(新千歳発羽田行)ボーイング777を撮影しました。
テレコンを使用せず600ミリ単体で撮影を行い、約1.7倍ほどのトリミングを施しています。


AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDには普段1.4倍か2倍のテレコンを装着して撮影していますが、
レンズ単体での月と航空機撮影の際の描写を見てみたく思い、トリミング前提で撮影を行いました。
さすがに単体でのキレの良さは抜群で、大幅にトリミングを行ったにも関わらず優れた解像と
なっています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED(トリミングあり)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと2倍テレコンを装着し1800ミリ相当の画角を用いて、
夜間訓練離陸の際にハイレートクライムを行う第203飛行隊F-15Jを撮影しました。
機種上げを行った直後のカットで、機体上面にベイパーが出てきています。


D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-20E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと2倍テレコンを装着し1800ミリ相当の画角を用いて、
月齢13の月の至近を通過するJAL2506便(新千歳発関空行)ボーイング737-800を撮影しました。

先日掲載したJAL524便よりも約40分くらい早い時間での撮影で、機体に夕陽が当たっています。
新千歳発の西側方面行きの機体は、南風運用時には離陸後ほどなく右旋回を行います。
機体をひねった時にちょうど月の至近を通過してくれ、構図に躍動感を出してくれました。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-20E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
D500にAF-S NIKKOR 600mm f/4E FL EDと2倍テレコンを装着し1800ミリ相当の画角を
用いて、離陸の際に太陽を貫く形となったF-15DJを撮影しました。
1800ミリ相当だと機体が全部入りらない撮影位置でしたが、夕方の太陽と機体が被ることで
光が満ち、印象的なカットとなりました。キャノピーに浮かぶ光のグラデーションが美しいです。

機体が太陽に被るのが予想出来ているので、ファインダーを視認しつつ太陽が入る瞬間
眼を逸らしています。超望遠レンズで画角内に太陽が入るのは夕陽とはいえ大変危険なので、
その瞬間は眼を逸らすか閉じるなどの工夫をするようにしています。

D500 AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED AF-S TELECONVERTER TC-20E III
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3年前に撮影したタウシュベツ川橋梁の写真をご紹介致します。

タウシュベツ川橋梁は北海道糠平湖湖畔に残る旧国鉄士幌線のアーチ橋になります。湖面に浮かぶ
タウシュベツ川橋梁は大変美しく、北海道遺産にも選定されています。
糠平湖はダム湖のため水位が変化しますが、私が訪問した年の初夏は渇水気味で、湖面に映える姿を
撮ることはかないませんでした。

掲載するカットは、月夜の湖畔にてタウシュベツ川橋梁を撮影したものになります。
天の川や流星を背景に、月光に浮かび上がる姿が印象的でした。

Df AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR


橋梁の至近から見上げたカット。風雪に耐えたコンクリートの表情が美しいです。

Df AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR



こちらは、今年女満別〜新千歳便に搭乗した際に撮影した糠平湖のカットです。
D500で撮影しましたが、窓越しで周辺の解像度が著しく落ちているので大きくトリミングを
しています。構図の中央右上にタウシュベツ川橋梁が写っています。その上下に斜めに走る線が、
かつての士幌線の跡になります。

D500 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
いいね!した人  |  リブログ(0)