埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」 「外断熱の家」 (有)埼玉建築職人会

埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」 「外断熱の家」 (有)埼玉建築職人会にお任せ下さい。こだわりの家を腕の良い職人が工事します・・・・・・

ホームページ更新作業を在宅でやって頂ける主婦の方募集中!

まずはお気軽にメッセージ下さい。


テーマ:
こんにちは。
埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」「外断熱の家」
(有)埼玉建築職人会 にお任せ下さい。

今日は久しぶりにトレイルに行ってきました。
場所は慣れ親しんだ奥武蔵グリーンライン付近で何度かレースで走っているところです。

今日は天候も良好で快適なトレイルを楽しめました。
でも想定より水分を欲していて、途中で民宿にて水道水を頂きました。
この給水はとても助かりました。
本当に感謝します。

それにしても今日はいつものトレイルより少し疲れました。
先月が過去5年でみても最低月間走行距離の40キロ程度でしたので、ずっと40台だった脈拍は50台まで上がり、筋肉もだいぶ落ちてしまいました。
そのため、当然に呼吸は苦しく、足には錘を付けているようでした。

それでもかなり久しぶりのトレイルを仲間と楽しめました。
今回の練習でほんの少しは体力が戻ってくると思うので、もう少し以前の体に戻したいと思います。
AD
いいね!した人

テーマ:

今回は熊本で大きな地震があり、たくさんの方の人生を狂わせてしまいました。

被災地の皆様、関係者の皆様には一日も早く復興できますよう心よりお祈り申し上げます。


今回は震源の深さが浅く、たくさんの建築物に大きな被害をもたらしました。

中でも長期優良住宅等の基準としても定められている耐震等級2をクリアしている比較的新しい住宅においても、本震で一層(1階部分)が崩壊しているものもある。


その他、2000年基準という新しい耐震基準において建てられた住宅の3割から4割が倒壊などの大きな被害を受けていることが明らかになっています。

いずれも太い金物で補強されているような建物ですが、その金物が無残に曲がり、そして引き抜かれているまさに新たに施工のあり方を考え直さなければならないという光景だと感じました。


実は現在の建築基準法レベルの建物では大地震に対応するのは難しいのは確かですが、耐震等級を上位レベルに引き上げて、等級2や等級3にしたからといって必ずしも安全ではないことは多くの建築物に言えることだと私は以前から考えていました。


今の建築基準によれば、計算としてはそれなりの耐震性が成立するのは確かだと思いますが、それを現場施工において実現するのはとても難しい問題だと思います。


計算では、主に建築物が受ける風圧や地震力を水平方向や垂直方向の強度とバランスによって抵抗していきますが、その際にそれらの力に耐えられる柱や梁、そしてその接合部などに必要な耐力が判明し、それをクリアするための構造材や金物を使用して建築物を設計します。


現在の技術ではそこまではかなりの精度で計算することができているとは思うのですが、問題はそれら必要な強度が、その指定された構造材や金物を使って現場で実現できるかということが最大のポイントなのです。


現場においては、いわゆる納まりという机上において設計者等が把握し難い細部の設計が問題となり、複雑な接合部の金物の取り付け方法であったり、柱や梁の接合の方法等において机上で設計した通りの強度が発揮できないケースが多く存在します。


設計者や現場管理者にどこまでの技術力を求めるかという問題もありますが、一言で設計者及び現場管理者といっても、設計者の設計力や現場監督の監督力にはかなり差があるのは間違いないことなので、それらの技術力向上を目指すと同時に、もっと早くやるべきことは、もっと大きな国交省なり住宅建築等の耐震設計を支えている大手金物メーカー等により設計者の設計した内容に近づける施工精度が得られる商品開発や工法の工夫等を急ぐことが重要だと考えます。

AD
いいね!した人

テーマ:

こんにちは。
埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」「外断熱の家」(有)埼玉建築職人会 にお任せ下さい。


人はどうして働くのか?

皆さんはそんなこと考えたことありますか?


もちろん、生活していくために働くわけですが、働くことは生まれ持って莫大な資産がある特別な方以外はほぼ強制的に仕事をしなければ日々の生活が送れない仕組みになっています。


中には自給自足でほぼお金を使わないという方もいらっしゃるかもしれませんが、通常は学生を卒業したらどこかに勤めますよね。

最も、過酷な環境の方は学生時代をも犠牲にして働かなければならない方もいらっしゃいます。


そうしてほぼ強制的に働くことで社会を支える仕組みになっているわけですが、これは現在の常識であって、もしかするとそのうちに一部の人は働かないでもボランティアやそのほかの好きなことをしていても生活していける時代がくるかもしれませんね。


少し話がそれましたが、現在はまず仕事をして日々の生活をするための賃金を得るわけですが、どうせ働くなら少しでも長く続けられる好きなことを仕事にしようと思いますよね?

なかなかそれが自由にならないのが世の中の厳しいところなのかもしれませんが。


そんな中で、「私はどうして今の仕事をしているのか?」ということをたまに感じてはいくつかの角度から記事を書いたりしていましたが、今日は最近話題となっている大企業などのタックス・ヘイヴンの問題から、そのようなことをしている企業は納税の義務から逃げている、他の会社がやっているから私もやるというような孫さんの言葉を聞き、再び仕事とは何なのかを考えてみました。


詳しくはホームページ

AD
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。