乃木坂46の生田さんに対して、モデルの卵?が、ツイッターで心無い発言をし、生田さんファンから咎められ、結果、かなり長文での謝罪をするという出来事がありました。

芸能ニュース2ch報道 【画像】 モデル「生田?くそ芸能界の風俗嬢が(笑)」 → 結果wwwwwwww(※画像あり)

謝罪文の内容を見る限り、「あぁ、この子は、子供の頃、まともな教育を受けてきたのだろうな」という印象です。具体的には、

○「思ったことを軽率に発信してしまったけれど、もし本人が目にしたら嫌な気分になる」ことを理解し、しっかり当事者の生田さんに対して謝罪している。(謝る相手を間違えていない)

○生田さんが第一線で頑張っている人であるという現実を正しく認識している。

といったところでしょうか。

謝罪文が長文であることからも本人が自身のやってしまった行動に深く後悔している様子が感じ取られます。

 

さて。建築関連の番組で、顔を出して家バレまでしている家族。

この方たちは、設計事務所や番組ディレクターから頼まれて番組作りに協力しているわけですが、いろいろ素性が知られてしまっているという意味では生田さんの様な立場になりますね。

一方、この家を「こんなの建てるのは頭おかしい」「設計が下手、こいつら馬鹿www」「被害総額3000万円、こんな家、タダでもいらないwww」と中傷している連中が今回のモデルさんの立場になります。

ただし、事例として異なるのは、この軽率に他人の家を叩いている連中はモデルの卵すらでもなく、社会に露出していない草葉の陰に隠れた存在なので、第3者から咎められることもなく、謝罪をすることもないことです。

ただしそれは、法やシステムの欠陥によって身バレしないだけであって、もし個人特定されたらどうなのでしょうね。

 

おそらく、まともな神経をしていれば、このモデルさんの様に謝罪することになると思います。施主や建築士に対して。

そうではなく元々まともな神経をしていないのであれば、開き直って自身に都合のよい言い訳を喚き散らすのかもしれませんが。

 

後者は人間として「失敗作」なのでもう何を言っても無駄なのでしょうが、前者の人には

このエントリが何かの気づきのきっかけになればと思います。

 

AD

6つほど、ショートコラムです。

 

①相変わらず草葉の陰から小石を投げては悦に浸っている人達へ

某掲示板にて、相変わらず他人の家を叩いては悦に浸っている人達がいて、目に余るその言動を誰かが諭したところ、 「批判されたくなかったらTVにでるな。TVで見せびらかしたのならこうやって批判されるのは当たり前」 みたいな屁理屈を言っていたので、それに対して私が投稿したコメントを再掲しておきます。

>一般的に法を犯した犯罪者とかは叩かれても

>仕方ないが、 この番組に出ている人は

>「当たり前に働いて家庭を持って生活を営んでいる善良な市民」なんだな。

>そして、建築基準法のルールに則った上で好みの家を建てている。

> 普通の視聴者は「ふーん、こういう家を建てる人もいるんだね。

>俺は好きだな(嫌いだな)」くらいの距離感で感想語るものだよ。 

 

ネットの書き込みを見ていると、前述の「TVで見せびらかしたのだからこうやって批判されても文句を言う権利は一切無い」という主張はかなり多い様で、ぞっとします。

あと多いのが、「俺はただ思ったことを書いただけ。だから俺はまったく悪くない。」という幼稚な主張。お前は本能だけで生きているのかと。道端で便意をもよおしたらその場でパンツを脱いで排泄しだすのかと。

まぁ上記の様な書き込みが多いといっても、人数的に多いのか、声の大きい少数が執拗に連投しているのかは分かりませんが・・・。 日本人の民度が低下してるんじゃなきゃいいけどな、と思うところ。

 

②ドンキホーテ症候群?

上記の様な理詰めで煽ったところ、想像通り、大量の反発の書き込みがありましたが、どうやら彼らには2つの感情がある様です。 1つは、「手軽に他人を叩いて優越感に浸れるという、都合のいいおもちゃを取り上げられたくない!だからこれからも俺らは止めないぞ!」というまぁいわゆるガキの喧嘩の様な反論で、これはもう相手にする必要すらありません。 もう1つは「施主の利益より、自己満足や建築専門誌等に取り上げられて注目を浴びること目的とした建築家共を糾弾するんだ!だからこれからも止めないぞ!」と主張している人ら。 彼らの脳内によると、建築家は腐った低俗なやつらばかりの様です。 で、どこの馬の骨ともわからない彼らが、そういう低脳建築家を糾弾して世の中をよくするつもりらしいですよ(笑) おそらくは、陰謀論というか、強大な力というか、そういうものに立ち向かってる俺、スペシャルでかっけー!みたいな思考なんでしょう。 が、知っている人は知っているわけですが、有名どころですと中村好文氏(著名な建築家兼作家さん)なんかがそういう、施主と向き合ったいい家づくり的なことを明快な言葉で語ったり作品づくりをしたりしているわけです。 当然、中村氏レベルの人からの発信なので、一級建築士(難しい試験をパスした、IQも高くよく勉強もしている人達です)達は、その発信に触れて、各々なりに咀嚼しているでしょう。 匿名掲示板の中の、どこの馬の骨かもわからないキミ達が、業界を変える使命なんて負ってないんだよ?(笑)ということです。 もし「将来、自身が家を建てるときに良い建築家に当たりたいから」という理由が使命感の動機になっているのなら、数の大小はあれ、中村氏をはじめ、貴方の主張に沿った建築家は実在するのだから、貴方が建てるときはそういう建築家に依頼すればよいだけの話ですよね。

 

③電車の中で写メはしないのに

電車の中で見渡すと、盛り上がるネタとして十分のクオリティもった、チビやハゲやデブな容姿のオヤジなんて大勢居ます。 しかし、それを撮影してネットにアップして、「みてみて!こいつキモくね?」といって騒ぐことはあまりやらないわけです(たまにTwitter等でそういうことやって炎上しているケースもありますが、今回それは割愛)。 その根底には「この人だって一般市民としてマジメに生きているんだろうから、面白おかしくいじっちゃダメだよな」という道徳的なコンセンサスがあるわけです。 それがなぜか、「家」のことになると上記のコンセンサスが途端に無視される。 一緒だと思うんですけどね。一般市民がこつこつと働いたお金で、家を買って、そこでこれから何十年も生活を営んでいく。 その巣に対して、「すけすけトイレでラブホみたいだ!建てた施主はキ○ガイだ!奥さんは色ボケに違いないぞ!近所だから今度庭に忍び込んでみようw」みたいな書き込みが平然と行われていますね。 前述のコンセンサスが無視されるのはおそらく2つの理由があるのだろうと思っています。 1つは、家を買うことが現実的でない貧乏人および若年層が、自身が標的にされる事が現実的でない故に、標的になった側への具体的な想像が及ばないのでしょう。 もう1つは、散々繰り返していますが「家を買えるほどの金持ちに対する妬み」でしょうね。

 

④台所の上のロフトが寝室になっているのを見て、「これ、絶対、布団に料理の匂いが付くわ!設計下手すぎる!!」というよくある書き込み

ロフトの床がグレーチング材(網目の素材)とかになっているならまだしも、通気しない普通の床なら直接、料理の煙が布団に当たるわけではない。まず、当たり前すぎるほど当たり前のことですが・・・。次に、「でも料理の煙が直接は当たらなくても気流に乗って上に行って溜まるから」というのであれば、ロフト床の下側に溜まるのではなく床を回り込んで上の布団に気流が向かうというのは確かですか?また、台所に設置された今の換気扇の性能では回避できないことを、TVごしに確認できた上で言っているのですか?そして、この施主のライフスタイルが「ほとんど自炊はしない外食派」なのか「料理好きで匂いの強い魚なんかもガンガン焼く」人なのか分かって言っていますか?貴方が家で魚を焼く生活スタイルであっても、この施主はそうではないかもしれません。 建築家は、施主へのヒアリングの中でそういった生活スタイルを把握し判断した上で、「台所の上にロフト寝室」というプランを提示し、施主も自身の生活スタイル的にそれでOKと受け入れたという背景を想像できないんですかね?ということです。

 

⑤バストイレが一体もしくは透明ガラス仕切りになっているのを見て、「こんなんじゃ友達を家に呼べないな!」というよくある書き込み

持ち家ときくと脊髄反射的に「友達を呼ぶ」みたいな発想をする人が多いけれど、そもそも呼ぶ気がない人なんていくらでもいるわけです。特に都心は地価が高いことから家は必然的に狭くなるし、周囲に人が集まれる公共施設・娯楽施設が色々とあるのだから、自宅じゃなくそういった施設に集まることで良しとするという考え方です。田舎の人にはなかなか理解できないかもしれませんが。

 

⑥布団や洋服掛けの配置を見て「湿気てそう!すぐカビが生えそう!」というよくある書き込み

素人がイメージだけで書いている「~そう!」ほど意味のないものはない。 正確性なんて50%切ってるんじゃない? 書くならイメージだけじゃなく、窓の配置や通気の状態まで正確に把握してからどうぞ。

施主側からあなたへのメッセージ。 「こんな書き込みを喜々としてしているあなた、頭悪そう!」

 

AD

 

「ドリームハウス」や「渡辺篤志の建物探訪」等、住宅建築系のコンテンツはいろいろと興味深いお宅が見られて面白いです。

しかし放送後、ネット上では、出演した施主に同情せざるを得ない、ボロクソに中傷の書き込みがされている光景をよく見かけます。 自分も建築家と一緒に家を建てたいわゆる「経験者」なのですが、その視点から、「これは全く経験の無い無知な奴が書き込んでるな。思い込みが過ぎる。」という低レベルな批評が大半です。

人口比率とかのソースは面倒なんで探しませんが、おそらくネットに書き込みする様な比較的若めの年齢層のかなりのパーセンテージが賃貸住まいだろうし、持ち家であっても安普請の建て売り住まいという人も多いでしょう。

そういう人は、住宅建築のこと何も分かってないんだから、批評(笑)を出来る身分じゃないと思うのだけれど、無知ゆえに、無責任に他人の家に対する誹謗中傷を喜々としてやっていますね。

TV出演後、草葉の陰から無数の小石を投げつけられて泣き寝入りしている施主さんたちを代弁して、以下、よくありがちな、程度の低い中傷に対しての反論をしてみたいと思います。

 

①これだったら俺が今住んでる賃貸アパートの方が間違いなく快適だわ!

もし仮にそれが事実だったとしても、その賃貸アパートは大家さんの持ち物なわけです。あなたがそこに住み続けるためには家賃を払い続けなければならない。 私が、一泊10万円のホテルに泊まって、他人の家に対して「俺の泊まってるホテルのほうが高級で快適だわ!」と自慢げに批評してたとしてだから何?って思いませんかね?それと全く同じ論理なわけですが。

 

②これだったら仮設住宅に住んだ方がまだまし!

一般人が、編集されたVTRをTVごしに見たくらいで、その家の居住性能なんて正確に把握できるはずないです。加えて、あなたは本当に仮設住宅に住んだことがあるの?一番過ごしづらい真夏と真冬もそこで過ごしたの?と問いたい。この手の書き込みをする人たちの大半は、雑誌とかで「今時は仮設住宅も進化している」的なバイアスのかかった記事をみたくらいの知識で書いている様に思われます。そして、本気で、例えば300万円で建つ仮設住宅と2,000万円超の注文住宅の居住性能が同じだと思っているのなら実にオメデタイ頭してんなぁと。

 

③吹き抜けと大開口の窓を見て、「冷暖房の利きが悪くて電気代がすごいことになりそう」!

その様にすることによって採光や眺望や開放感といったメリットがあるのでトレードオフとなりますが、現代の住宅ではデメリットをある程度コントロールすることができるわけです。それを踏まえつつ、メリットを享受しつつデメリットを消すという方向性のプランが採用されていることも多い。例えば、「この場所は眺望が良いから大開口にしよう。その分、冬、寒くなってしまいがちだから、断熱材としてこの素材のものを厚めに何ミリ厚で使おう。そしてサッシとガラスには熱伝導の性能がこのレベルのものを使おう」とか。そしてその性能の調整は、素人がTVごしに見たところで分からないです。 ネット上の自称批評家さんたちは、なぜか上記の様な調整が絶対になされていない前提で語っています。もし施主と対面で討論したら、「貴方の住んでる安賃貸や建て売りと同じ性能の部材使った上で大開口なんてやったら、そりゃ冬はさぞ寒いでしょうよw」と正論を言い返されて沈黙するしかないでしょうけれどね。

 

④これ建築費高すぎ。絶対ボったくられてる、騙されてるわw その1

確かに世の中に詐欺やボったくりというのは存在して、情弱のお年寄りがあからさまな俺俺詐欺に引っかかる様な事案もあります。が、家建てる人って、現役でまぁそれなりのポジションの社会人として働いて数千万円稼いだ(もしくは稼げるという将来見込みでローン審査通った)様な人なわけです。そのレベルの人が、大事な自分のお金が確かな価値を形成する様、あれこれ情報収集しながら検討を行って、あからさまな詐欺に引っかかるなんてことはおそらく少ないというのが自然な感覚だと思いますが、批評家さん達はそうは思わない模様。 施主も自邸を建てるにあたって勉強を行う過程で、例えば前述②の居住性能の話とか、③の建材の話とか、TVのVTRなんかじゃ見えないところでお金が掛かることの必然性を理解していきます。そして、「納得をした上で」、対価としてのお金を支払っているんです。 まぁ結局、この④の批評が量産されるのは、お金をあまり稼げない・貯められない、お金に枯渇した社会的に地位の低い人たちが、「xx千万円って言ったらもっと凄いものだろ!」と現実の価値以上にお金を崇拝しているために起こっているのだと思います。

 

⑤これ建築費高すぎ。絶対ボったくられてる、騙されてるわw その2

例えば、一見3,000万円しなさそうな家について、「ビルゲイツがこの家を3,000万円で買いました」と紹介されても、「ふーん、金持ちの道楽だねぇ」でおそらくスルーされます。しかし、「日本人のこの施主さんが3,000万円で買いました」と聞くと、「絶対ボったくられてるわ!!バカだ!この施主バカだ!!」と喜々とした書き込みが大量に投下されます。でも、この施主が、ビルゲイツには及ばないにしろ3,000万円くらいは軽い気持ちでポンと出せる財力がある人なのかもしれません。そういう背景も分からないで、勝手に「この施主も、自分と同じ様な経済事情・金銭感覚だ」と安直に決めつけての批判は的外れです。 あなたには理解できていないかもしれませんが第3者から客観的に見て、勝ち誇った書き込みして悦に浸っているあなたが容易に優越できるほど、3,000万円を払えているその施主さんはレベルが下の人間ではないと思われますよ、と。

 

⑥「こんな小さな家でxxxx万円もするのかよ!俺の住む鳥取なら平屋の大豪邸たてられるぜ!」

※「鳥取」はあくまで例えです

都内の物件にて、家の建築費が公開されると、必ずといっていいほど書き込まれるやつ(笑)。そして思うのは、「その情報になんの意味があるのかなぁ」と。 仮にその情報が事実だったとしても、都内に魅力を感じてそこに在住することを選択し、そこで仕事を持っている人にとっては、鳥取に大豪邸を建てるなんていう選択はまったく魅力的ではないわけです。 その鳥取の人は、「このTVの施主、こんなウサギ小屋に大金払ってバカだ!俺の方が、賢い金の使い方知ってるぞ!」と悦に浸りたいんだと思うんですが。 それって発展途上の外国の人が、鳥取に1,000万円で豪邸建ててるのをTVで見て「ワタシノクニだったら100万円でタテラレルヨ!」と勝ち誇って言ってるのと一緒でしょ、と。 そりゃ事実100万で建つのかもしれないけどさぁ・・・そんな不便で辺鄙なとこに住みたくないのよ・・・と。 都内のその施主の人は、いろいろな検討結果(周囲の地価や建築費の相場等もリサーチ)の末、その小さな物件でも高いお金を払う価値があると判断して払っているわけです。 あなたには理解できていないかもしれませんが第3者から客観的に見て、勝ち誇った書き込みして悦に浸っている鳥取住みのあなたが容易に優越できるほど、都内のその施主さんはレベルが下の人間ではないと思われますよ、と。

 

 

ネットリテラシーも多少は成熟して、自分と価値観が異なる人を攻撃をする様な書き込みは周囲からそれなりに咎められる様になりました。「貴方の価値観が唯一の正解なのではなくいろんな価値観の人がいるんだからもっと寛容になりましょうね」と。 しかし、住宅建築に向けた書き込みに対してはその力が働きにくいという実情を強く感じます。

建築家・施主に向けて、ただただ思い込みだけで書かれた、毎度毎度似た様な何の考察もされていない薄っぺらな誹謗中傷が書き連ねられていく。 それには、家というものが高い買い物であることや、日本人の「家」に対する並々ならぬ執着心や羨望(妬み)といった習性も関係するのかもしれません。

 

私はこれからも面白い住宅建築系コンテンツを見ていきたいので、それには、施主や建築家が、サンドバックにされて当たり前という現在の風潮が少しでも変わってほしいと思い、この記事を書きました。

AD