みんなといっしょに日本一周

応援してくれるみんなといっしょに、
自転車で日本一周する緑の人の物語。


テーマ:
旅に出る前はちょうど10年間、東京砂漠で埋もれてきた俺くん。
鳥取で文字通り砂に埋もれてきたよー(*´v`*)


1
鳥取砂丘ってどこにあるか知ってた?
内陸の平地のイメージやってんけど、海岸沿いの小高い丘にあったで(・`д・´;)


2
町があんなに小さく見える...。


3
昭和の香りただよう古めかしいおみやげ屋さんが2軒並ぶ。
ここの真向かいがもう砂丘!!!


4
おみやげ屋さんでは長靴を無料で借りられる。
砂丘は裸足で行くのがロック魂やと思うんやけど、
ロックンローラーじゃない普通の人は借りて行くのが楽かと。


5
近くに『砂の美術館』というのがあって、砂像の展示がすごいらしい。
しかし!!!開催まであと1週間あり諦めた(´;ω;`)


6
砂丘は左の海側、展望台は右の山側にあり、リフトがわたっている。
大した距離は移動してないから乗る必要もないか。


7
さぁ、砂丘にレッツゴーーー!!!(死語)


8
土曜日ということもあって人が多い。半分くらい中国・韓国人だった。


9
裸足宣言(*´v`*)
サラサラの砂で不快感は全くなく気持ちよかった。
ほのかな熱気も伝わってくる。水虫死んでくれるかな(*´v`*)


10
うわー広い(・`д・´;)!!!奥に点々に見えるのが人の粒。
写真だと伝わりづらいが、高低差も相当あってけっこう怖い。


11
ラクダは楽だ...(ぼそり)。


12
砂漠の向こうに海があり、水を求める遭難者のようにみんな奥へと進んでいく。


13
高さ20~30mを一度下ってからまた登る。
意外と体力がいるからヒーヒー言ってる人もいた。


15
俺は裸足やからスタスタ歩けるけど、スニーカーのまま歩く人もいて
砂が入ったり滑って脱げたり大変そう。素直に脱いどけや(*´v`*)


16
ちょっとは高さがわかるかな?
ありんこ達が高みを目指すバベルの塔状態(*´v`*)


17
右はゆるやかな長い坂、左は急な崖(・`д・´;)


18
上から転げ落ちてくる人がたくさんいる(´;ω;`)


19
崖というより壁のような感じ。後で来よう。


20
転げ落ちる人たちを横目に、とりあえずゆるい坂を上っていく。


21
通ってきたところを振り返るとこれまた蟻地獄。
正直、年寄りにはキツいと思う。足元もやわらかくて歩きにくいし。


22
おっ、海が見えてきた!!!


23
きれいや...まるで砂浜やなぁ...w


25
中央に人のつぶつぶがあるのがわかるだろうか。
実はここも坂の頂点でけっこう怖い。風にあおられると海側に転げ落ちてしまう。


26
ペンペン草も生えない灼熱の地に、一服の清涼剤のようなイケメン登場(*´v`*)


27
ほな...崖下り行こか...(´;ω;`)


28
下から見るのと違って、いざ上に来てみると想像以上に怖い。


29
一歩足を踏み出したら転げ落ちて死ぬんじゃないか(´;ω;`)


30
よじのぼるようにして這い上がってくる人もいる。
壁を見ながら上るより、底を見ながら下る方が怖い(´;ω;`)


31
なかなか一歩が出てこない。
高くて怖いというのもあるが、転げ落ちて上ってくる人と激突する可能性もある。


32
ゆるい方から戻ることも考えたけど、せっかくだから崖下りを決心した。


33
いざ歩いて見ると、片足ずつグッと砂に埋まって案外怖くない(*´v`*)


34
一歩進んではふくらはぎまで埋まり、また一歩進んではずぶずぶ埋まり...。


35
実際の角度は誇張抜きでこんな感じでした(*´v`*)
いちど転げるともう止まらない!!!気をつけねば!!!


36
なんとか無事に底まで下りることができてほっと一息(*´v`*)


37
ちなみに、ラクダは1000円か1500円かそんな料金。
やっぱり乗るより外野から見るに限る。


38
砂を裸足で踏みしめるのも、砂漠の奥に広がる海を眺めるのも、
真っ逆さまに転げ落ちそうな崖をじわじわ下るのも楽しかった。
砂だけかと思って期待してなかったのに、予想以上に長居した(*´v`*)


39
あれっ、これは何だい???(・`д・´;)
そう、鳥取から京都まで一気に電車で帰ることにしたのである!!!


40
鳥取砂丘から兵庫県北を抜けて天橋立・舞鶴経由で実家まで走る予定だったが、
激坂をいくつも越えるヤバい道だということが判明。


41
3日かけて命からがら実家に帰るよりは、
7000円出して京都まで直通で電車に乗ることを選択。
本州最後がわりとあっけない幕切れとなったw


42
両親に京都駅まで車で迎えに来てもらい、ちゃりを乗せて実家へ。
気付けば3週間休みナシで激走していたから、今はとにかくゆっくり休みたい。


+-+-+-+-+

これで、四国以外の全ての県を走破した。
しばらく実家で衣替えや修理など準備をととのえ、
この旅最後の四国、お遍路とうどん職人修業に備えるのであった...(*´v`*)
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

けんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。