「ハレ ロミロミ オ ケカイマリノ」オーナーブログ  Nohona Hawai'i ーハワイ島暮らしー

ハワイ島で「ハワイアンから見たハワイ」をシェアするプログラムThe Roots Of Aloha やロングライフロミロミのスクール&クリニック「ハレ ロミロミ オ ケカイマリノ」のオーナーをしています。そんな私のハワイでの生活、Nohona Hawai'i。

⭐︎ハワイアンから見たハワイを体験するプログラム「ザ ルーツ オヴ アロハ」
http://kekaimalino.com/the-roots-of-aloha/
プライベートWS随時受け付け中!


⭐︎「ロングライフロミロミ」ワークショップ
http://kekaimalino.com/longlifelomilomi/
2016年
11月2日~6日 レベル2B・東京
12月15日~20日 レベル1・ハワイ島
2017年
4月24日~29日 レベル1・ハワイ島
9月日程未定 レベル2A・日本
10月3日~8日 レベル1・ハワイ島

・プライベートWSも随時受け付け中!


⭐︎ハワイ島の植物のマナで癒す「HRN フラワーエッセンス」
https://www.facebook.com/hawaiianrainforestnaturalsjapan


⭐︎Made in Hiloのオーガニックブランドを使った
「Ola オラフェイシャル」 
http://kekaimalino.com/ola-facial/
Ola スキンケア&フェイシャルロミ・ハワイ島
12月3日&4日

お問い合わせはinfo@kekaimalino.com またはkekaimalino@me.comまでお気軽にどうぞ!

テーマ:

 

 

ロングライフロミロミは、ただの気持ちのよいロミロミではなく、しっかりと効果が出せるロミロミです。

その秘訣は、解剖学に基づいたクリニカルなロミロミだから。

そこにフォーカスを当てて学ぶのがレベル2になります。

 

今日はそのレベル2Bと呼ばれるクラスの東京開催のお知らせです。

 

まずはマッサージセラピストして知っておくべき基本の基である筋肉を学ぶのがレベル2A。
そして、今回開催のレベル2Bではレベル2Aで学んだ筋肉の次に大切な42の筋肉(群)を学びます。

 

この量を知ってびっくりしないでくださいね。

見た事も聞いた事もない筋肉、小さな筋肉、奥深くにある筋肉、、、知る必要あるの〜!?って最初は思うかもしれませんが、ロミロミをして行く中でそのうち、勉強しておいて良かったと思うときが必ず来ます。

 

「解剖学は勉強してしすぎることはない」クム談です。

 

解剖学は面白い、 人間の肉体はほんとによくできています。

面白いけど、でも、レベル2Bはやっぱり一番ハードなクラスです。

中休み的にハワイのあれこれ、ロミロミとはなんぞや的なお話もたくさんしていこうと思いますが、カリキュラム的にはハワイっぽさが少なくて一番「お勉強」っぽい。

 

なので、とりあえず修了証書を増やしたい程度や、レベル1もわすれちゃいましたって感じで来ちゃうと、正直、ちょっと大変かもしれません。

でも、日々ロミロミをやってきて、いろんな人のいろんな体を見て、もっと助けてあげられたら、、、と思っている方にはほんとうにおもしろく、ためになるクラスです。

 

症状軽減、機能改善、可動域のアップなど、わかる形でのロミロミの効果も断然アップするので自信もつくし、何よりリラクセーションロミロミでは得られないセラピストとしての楽しさ、醍醐味が見つかると思います。

 

 

またハレ ロミロミ オ ケカイマリノのレベル2BではSOAPノートと呼ばれる施術の記録の仕方もしっかりとお教えします。
 

 

今のロミロミが少し物足りなくなってきた、お客様の希望にもっと的確に答えたい、そろそろレベルアップしたいな、という方がいらっしゃいましたら是非ご参加下さい⭐︎

 

祝日(文化の日)を挟んでいるので、会社勤めをされている方にも参加しやすい日程になっています。

 

 

 

 

 

日時 11月2日(水)〜6日(日)

   9:30〜16:30

場所 東京都文京区

 

講師:佐藤ケカイ麻里子
ハワイ島在住のクムロミ。ハワイ大学ヒロ校ハワイアンスタディーズ卒業。アシスタントとして約8年、その後クムロミとして約6年、数千時間のワークショップをロングライフロミロミの創設者であるクム デェーン シルヴァと共に指導してきました。2015年に独立。わかりやすい技術の指導と豊富なハワイの知識には定評があります。

 

 

*日本の認定インストラクターからエッセンシャル&レベル2Aを受講された方もご参加いただけます。

*2回目の受講の方は復習割引で半額になります。(一部参加可。)

 

詳細

http://kekaimalino.com/longlifelomilomi/

 

お申し込みフォーム

http://kekaimalino.com/workshop/20161001/

 

 

 

 

 

 

次回は今の所、2017年の5月頃を予定しています。

来年の東京でのレベル2Bはこれ1回の予定です。(リクエストがあれば追加の可能性あり。)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

昨日はワイメアにあるカヒルシアターまでHālau O Kekuhiのショーに行ってきました!

ハーラウ オ ケクヒ、ハワイ島ヒロの伝統あるフラのハーラウです。たくさんのハーラウのあるここヒロでも、ここのフラは別格。他が劣っている、という意味ではもちろんなくて、ともかくハーラウ オ ケクヒのフラはハーラウ オ ケクヒのフラなのです。
地元ハワイでもメリーモナークの前夜祭以外でちゃんとしたステージはめったにない(というか全然ない!)ので、友人が出ていることもあり車を飛ばして行ってまいりました!
 


少し遅れて到着してしまったため、すでにステージが始まっているところにそっと入場。
ステージが目に入った途端、独特のエネジーがガツンときました。
そのエナジーはまさにハーラウオケクヒ。

後ろでホオパアをするクム、力強くステップを踏むオーラパ。

体の動き、表情、チャント、衣装やレイ、パフ(太鼓)のリズム、その全てが一体となって物語ごとのエナジーを作り出し、伝えてきます。

 

 

ここの衣装、レイも基本ダンサーそれぞれの手作り。

クーペエ(貝)やらヒモになるハウ(木)やらレイになる植物やら、それを探すのもそれぞれのお仕事らしい。

だからこそ、あそこまでのものが出来上がるのだね。
 

今回はカパの展示会に合わせて行われていたため、衣装の素材もカパが中心。
オーラパひとりひとりのパーウーやマロ、それぞれ模様が違ったので、きっとそれぞれの物語が込められているのだと思います。
 

私はやっぱり「フラの人」ではないなあ、なんてことも思ったり。
あんなふうに全身全霊を使って物語の持つエナジーを再現すること、とてもとてもできません。
このハーラウにハワイアンでないながら20年コミットし、ステージでもハーラウ オ ケクヒのエネルギーを生み出す確かな一部となっている友人を改めて尊敬。
MJ、あなたはすごいよ!

 

 

 

同時に行なわれているカパの展示会も数は少ないながらとても素晴らしかったです。

カパというのは木の樹皮を叩いて布のようにしたもの。
昔のハワイではパーウーやマロなど身につけるものやブランケットとして使われていました。

模様はオーレナやポポロなどの植物、アラエア(レッドクレイ)、炭などで色付けをしてあります。


 

 

 

こちらは女性が身につけていたパーウー(スカート)

 

 

そして男性はマロ(ふんどし)

 

 

やっぱりハワイの文化はおもしろい。

そしてまだまだ知りたいことだらけ、そう思った夜でした。

 

 

 

 

*******

現在受け付け中のケカイマリノLLCのワークショップです

 

⭐︎ハワイアンから見たハワイを体験するプログラム「ザ ルーツ オヴ アロハ」
http://kekaimalino.com/the-roots-of-aloha/
プライベートWS随時受け付け中!


⭐︎「ロングライフロミロミ」ワークショップ
http://kekaimalino.com/longlifelomilomi/

プライベートWS随時受け付け中!

 

2016年
11/2〜6 レベル2B・東京  詳細・お申し込み
12/15~20 レベル1・ハワイ島  詳細・お申し込み


2017年 

4/24~29 レベル1・ハワイ島   詳細・お申し込み
9月日程未定 レベル2A・日本  
10/3~8 レベル1・ハワイ島  詳細・お申し込み



⭐︎Made in Hiloのオーガニックブランドを使った
「Ola オラフェイシャル」 
http://kekaimalino.com/ola-facial/

12/3&4 Ola スキンケア&フェイシャルロミ・ハワイ島  詳細・お申し込み

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すっかりお知らせオンリーのブログになってしまってすみません。。。

気づいたら夏至も過ぎ、すっかり夏の気配ですね。
7月ももうすぐそこ!
ということは私の一時帰国もまたやってきます。

そんなわけで、今回の日本でのワークショップあれこれのお知らせです⭐︎
今回は東京のみになります。


7月17日(日)~21日(木)
ロングライフロミロミ レベル2A


ロミロロミの本来の姿であるクリニカルロミロミ(治療目的のロミロミ)のクラスです。
レベル1、もしくはエッセンシャルを学んだけど、いまいち自信がないという方にもおすすめ!
体を知ることで、ロミロミがさらに効果的に、安全に、そしてこれまでのロミロミも自信を持ってできるようになります。

クリニカルロミロミには必須の問診票の書き方、そしてイベントで大活躍の椅子一つで出来るロミノホも学べます。
もちろん、ハワイの話、ロミロミの話、時間の許す限り、技術以外のこともたくさんシェアしたいと思います!

このクラスを受講された方はハレ ロミロミ オ ケカイマリノ、ハレオラのレベル2Bへ進んでいただけます⭐︎

日数:5日間(30時間)
講習費:$1900 (テキスト、オイル、修了証書込み)
場所:東京 文京区対象:エッセンシャルもしくはレベル1修了者 (他の認定インストラクターからエッセンシャルを受けられた方も受講可能。)


詳細はこちら
お申し込みはこちら




7月17日(日)
お話会「植物の力 ~ラーアウラパアウ(薬草)~」


目白のフラ教室を主宰されている安倍貞子先生にまたお声かけ頂き、もはやシリーズ化されつつあるJojonyでのお話会。
いつも私もとても楽しんでやらせていただいています。

私も魅了されてやまないハワイアンプランツの中で、今回はハワイの薬草たちにフォーカスしてご紹介したいと思います。
予定ではラーアウラパアウビギナー編という感じで、ハワイでは身近で手に入りやすいククイ、マーマキ、アヴァ、ラウカヒ、ノニ、ティーリーフあたり。多少変更するかもしれません。
ぜひ実際の植物を見て、触って、味わって、匂いを嗅いでください。

日程:18:30-20:00
参加費:5000円
会場:スタジオflowjojony(JR目白駅 徒歩3分)

jojonyのブログでご紹介いただいています→ jojony Aloha Labo
お問い合わせ・お申し込みも貞子先生になります。 info⭐︎flowjojony.com まで。(⭐︎を@に変えてください。)

残席わずかのようです。


7月24日(日)
ロミロミ1日お試しクラス・東京・目白

ロミロミは習ってみたいけど、向いてるかわからないし、どんな先生か知りたいし、、、という方、まずは1日体験してみませんか?
ロミロミとは?というお話と、そしてロングライフロミロミの基本の基を学びます。
ハワイ、東京でのワークショップへの質問、疑問にもお答えいたします!!

時間:10時~15時30分
講習費:前払い$50 当日払いの方(6000円)
場所:スタジオflowjojony(JR目白駅 徒歩3分)
対象:どなたでもご参加いただけます。


お申し込みはこちら



おまけの写真。

夏至もまぢかの夕刻の海辺 @ケアウカハ
私が年間でも一番好きな時間帯。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここのところ、快晴続きだったヒロ。
今日は日中、ぱらりと雨が降って植物たちも少しは潤ったかな。

さて、このところ日本での開催の方が多かったロングライフロミロミのワークショップ。その基本のクラスであるレベル1を5月と9月、ハワイ島ヒロのハレ ロミロミ オ ケカイマリノで行います!


レベル2はクリニカルなロミで筋肉のお勉強がメインになるので、東京でやることにあまり違和感は感じないのだけど、最初の基本のクラスであるレベル1はやっぱりハワイの空気の中で学んで欲しい、東京で教える機会が増えるにつれそう思うようになりました。
そしてそして、何よりやはり私もハワイで教える方がしっくりくる。

ハワイではクムデェーン シルヴァ(以下クムさん)もまだ現役で教えていることですし、ハワイまで来れるのだったら日本人である私ではなく、クムさんから学んで欲しい、実はこれまでその思いが強く、それほど積極的にハワイでロミロミを教えるつもりはありませんでした。
それでも、ポツポツといただくハワイ島でのワークショップのリクエスト。
そして現時点ではなんとクムさんが指導するレベル1の予定がないらしい。
なんだかやらない理由がなくなってしまいました。
というわけで、5月26日から31日と、9月4日から9日、ロングライフロミロミ・レベル1のワークショップ行います。

すでにこちらのレベル1を受講されたことのある方にはこれまでどおり復習割引で半額になります。
日本の他の認定インストラクターのエッセンシャルクラスを修了された方も割引させていただきますので、復習のための参加も大歓迎です。
割引が適応される方はお申し込み時にお申し出ください。


ハレ ロミロミ オ ケカイマリノなら、この景色。
海やヤシの木を眺めならロミロミを学べます。
日本に戻ってロミロミをやる時も、目をつぶればこの景色が目に浮かぶ、そうなってくれたら嬉しいです。





嬉しいことに、我が師匠、デェーン シルヴァも時間が許せば顔を出してくれるそうです
ハワイアンカルチャー、ハワイアンの考え方なども、できる限り時間を作ってシェアしていきたいと思っています。

詳細、お申し込みはこちらから。
http://kekaimalino.com/longlifelomilomi/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年6月に庭に植えたタロイモたち、8ヶ月たっていよいよ収穫の時を迎えました!

こちら4、5ヶ月目くらいのタロちゃんたち。道の左側にワサワサ生えてるのがタロイモです。
右手&奥のワサワサはリリコイ。


タロイモは品種や天候によって収穫までの期間が変わります。
我が家にメインで植えているリヒリヒモーリナという品種は比較的早生な品種だそうですが、収穫時期はカレンダー的月数ではなく観察して判断します。目安は新しく出てきた葉が小さくなってきた頃。

イーさんはタロイモの一生と人間の一生は一緒だよ、と言います。
植えた後のタロはまず細かい根を張り始めます。さながら小さな子供が何でも手を伸ばして口に入れ学んでいくように、根を張って周りの環境を味見していくのです。

やがて上に上にと成長し大きな葉を太陽に向けて広げていきます。同時に土の中ではイモも育っていき、やがて小芋も生まれ始めます。まさに成長期。

そして肉体的な成長がマックスになると葉はそれほど大きくならなくなり、イモの部分も成熟期に入ります。でんぷん質もたっぷりになりここが収穫どき。

そしてそのままほっておくと、やがて朽ちていき周りの小芋の肥料となるのです。



というわけで、この頃出てくる葉がめっきり小さくなってきたタロちゃん。
土から掘り起こされました。


下の写真、分かりづらいですが、これがタロイモの家族。
親芋をマクア、小芋をケイキと呼びます。
人間の親子と同じ呼び方。



上のはリヒリヒモーリナ。
これももなかなか珍しい品種だそうですが、こちらさらに珍しいクーオホという品種。一つだけの収穫です。
中は今まで見たことのないような真っ白なお芋。


上のと下のイモと茎の境目の色が違うでしょ。この境目をコーヒナと呼ぶのだけどここがタロの品種の見分け方のポイントの一つ。
それ以外に葉の色形、イモの色形、茎を切った時に出てくる汁の色などなどで品種の見分けがつきます。
もちろん、私はまだまだですがね。
見るべきところがわかるようになった今、ざっくりとした大きなくくりでの違いはわかるようになってきました。
イーさんレベルになると、熱いうちが良いか、冷めてからがいいか、ポイをつくタイミングでさえも品種によって変えています。

名前にもハワイ的な思考や文化が見て取れて面白い。
このサイト(http://kupunakalo.com/index.php)によるとリヒリヒモーリナはリヒリヒ=まつげ、モーリナ=縁、という意味で、イモの中にカーブしたまつげのような三日月型の模様があるからだそう。
クーオホは釣り針。おそらく昔は魚の餌に使われていたからではないかと書かれていました。



そしていよいよ蒸し器に投入。
目安は3時間。
でもここも時計の時間ではなく、イモの真ん中を少し食べてみて痒くならなかったら蒸しあがりです。


今回、本来はイーさんのところに来た日本のグループのために収穫&準備したのですが、終わってみたら結構な量が残ったまま。
我が子のようなこのタロたち、無駄にするわけにはいきません。
ここぞとばかりポイ作りに挑戦してみました!
実は初めから最後まで一人でやるのは初めてのこと。
なのになのに、黙々とやりすぎて写真なし。(私がブログに向かないと思うのはこんなところ。)
というわけで参考写真。
使ったのはこの道具。木の台がパパクッイアイ、つくための石がポーハククッイアイ。
そしてティーリーフに乗っているのが出来上がったパッイアイです。
(これに水を入れて伸ばしたものがポイ)


上の写真はイーさんが以前作ったもの。さすがスベスベのもちもちです。
私が作ったのはもっとつぶつぶ。
でも自分の庭で育ち、自分の手で作った初めてのポイ、格別な美味しさでした!


ちなみに葉っぱも食べられます。
これはココナッツミルクで煮込みました。
古い葉っぱも全部使ったのでちょっとかたかったけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私も大好きなラウハラ編み。 ハラという木の葉(ハワイ語でラウ)から編んだ工芸品です。 ハラの長い葉をさいて、マットや籠などの生活用品、帽子、バッグ、ブレスレットなどの装飾品などいろいろなものが作れます。

こちらラウハラウィービングのマスター、アンティエリザベス・マルイヒ・リーの手元。


メリーモナークフェスティバルのクラフトフェアでマスターが作ったお気に入りの1点を見つけるのも楽しいのですが、やはり自分で作ったものへの愛着はひとしお。

そして何より編むことがとても楽しい。 そんなわけでいつかやりたいと思っていたラウハラ編みのワークショップ、いよいよThe Roots Of Alohaとして3月に行います!! フェイスブック、ホームページなどではすでにお知らせ済みですが、今日はまだきちんとお伝えしていなかったそのワークショップへのわたしの想いを少々。

The Roots Of Alohaの根本にあるテーマは「ハワイアンから見たハワイ」をシェアすること。 日本人がこんなにもハワイにひかれる一つの理由は、今も自然と共鳴しているハワイアンの文化、ハワイの人々への憧れなのじゃないかなと思っています。 それは自分が忘れてしまった「自然と共に生きて行く力」への畏敬と言ってもいいかもしれません。 昔のハワイでは自然の恵みからすべての生活用品を作り出していましたが、ラウハラもその一つ。マットや籠はもちろん、カヌーの帆もラウハラで作られていました。

普通のラウハラワークショップでは大抵の場合、あらかじめ下準備をした「キット」が用意されてていて、クラスではそれを編むだけという場合がほとんどです。 私たちのワークショップではそれをせず、実際にハラの葉を採りに出かけ、葉を選び、きれいにし、棘をとり、クカアと呼ばれるロールを作るところから始めます。 きっと蚊もいるし、ハラの棘は手に刺さるし、葉の中から虫が出てきたりもするかもしれません。もちろん手も汚れます。

そして編む前にはクカアにした葉をなめし、必要な幅に裂く作業も必要です。 ここまでするのに本当に手間と時間がかかります。 最初の頃は力加減やコツがわからず、なめしたり、裂いたりする過程での無駄もたくさん出ます。 「編む」という楽しい作業は本当に最終工程。 このワークショップでキットを使わずここまでするのはハワイの人のように「自然の恵みを使って自らの手で何かを作り出す」という知恵を身につけてほしいからなのです。

編み方を教えるワークショップはちらほらありますが、この下処理から学べるチャンスはハワイでもそうそうありません。 ハワイ島で毎年行われているラウハラ編みの大きなコンファランスでさえも、いろいろな作品の編み方は習えど、このクカアの作り方は教えていないのです。
でもこの下処理の仕方さえ知っていれば、ハワイの旅先でハラの木を見つけたらその葉でブレスレットを作ることもできます。 それはきっと何よりの自分へのお土産になるでしょう。 ハラは生えている場所や木によっても白いものからベージュ、そして赤茶から黒に近いものまでいろいろあります。 下処理をして保存しておけば、そんな葉を集めておいて、いろいろな模様編みを楽しめます。
日本でもタコの木、パンダナスと呼ばれ沖縄や小笠原に生えているハラ。
日本のハラでマットや籠を作って自宅で使う、なんて素敵なことが実現できるかもしれません。 大げさかもしれませんが、このワークショップで「自然と共に生きて行く力」の一つを身につけていただけると思っています。 今回4泊5日、レッスン実質3日間で作る作品はブレスレットとプレイスマット。そしてイヤリングかヘアークリップのどちらかも行う予定です。

日数がある割には、作る作品数が少なく感じるかもしれません。でも、まずは基本の編み方をしっかりマスターすることが大切。 ブレスレットも大きく作れば、猫や犬の首輪、またラウハラハット用のハットバンドにもなります。

プレイスマットも小さく作ればコースター、大きく作れば玄関マットにも。太い葉で編むか細い葉で編むかでもまた違った雰囲気の物を作ることができますよ。

今回のラウハラ編みの講師はヒロのダウンタウンにあるハナホウのオーナー、アンティー ミッシェル ゼーン。 彼女は血こそハワイアンではありませんが、ハワイで生まれ育ち、ハワイ文化にも精通しています。 何よりラウハラへの愛と情熱はピカイチ! 彼女の作品の美しさには目をみはるものがあります。 そしておちゃめでキュートな人柄に、きっと楽しく有意義なクラスになること間違いなしです。
FBからお借りしました。娘さんのシャディーと。

彼女が作ったアポリマ(ブレスレット)。ああ素敵!!

そして、ハワイアン文化におけるハラについて講義をしてくれるのはThe Roots Of Alohaのメインナビゲーターでもある若きネイティブハワイアン、イーさんことイアヌアリ カオノヒオカラニこホルアさん。 オスの木に咲く花ヒナノのこと、ハラの根ウレのこと、またハラという言葉の意味などお話ししてくれる予定です。(彼の場合、予定は未定、脱線確実ですが 笑) ハワイアンの自然との関わり方、使いこなす知恵、そんなものに触れていただけると思います。 地元素材を使ったランチとディナーも彼の担当なので、レストランでは食べられないローカルフードを日々、堪能していただける予定です。 講習として使わせていただくのはハカラウにあるヴァケーションレンタル Ola Kai。 ここのティキバーと呼ばれる海が見える素敵なスペースでクラスを行う予定です。 遠くの海を眺めながらのラウハラ三昧の日々。 ああ、私も今からとっても楽しみです!


このワークショップで作ったブレスレットを身につけたり、コースターを使ったりするたびにラウハラを収穫した場所の光景やそこに吹いていた風、海の匂いなどを思い出せるでしょう。 アンティーミシェルやイーさん、ワークショップ中に出会った人々の笑顔がよみがえってくるかも知れません。 それが私が大切にしている「ハワイとの繋がり」。 学ぶのはラウハラ編みの技術だけでなく「ハワイアンのように自然と生きていく力」や「ハワイとの繋がり」。 そんなワークショップになる予定です⭐︎
お申し込みはこちら → ⭐︎ ワークショップ詳細 → ⭐︎ フェイスブックのイベントページはこちら → ⭐︎
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヒロは今日も穏やかな1日になりそうです。

さて、本日はプライベートワークショップのお仲間募集のお知らせです。

1月28日(木)の15時~18時、ロングライフロミロミのプライベートワークショップのリクエストをいただきました。

テーマは「体重の乗せ方、体の使い方のコツ」

そこにみっちり3時間、集中して行いたいと思います。
体がきちんと使えていると、腰が痛くなることもなければ、4人でも5人でもさほど疲れずに施術ができるようになります。
今、ロミロミをしているけど、終わった後にどこかが辛くなったり、連続しての施術が体力的に無理という方、きっと少し立ち位置や腰の入れ方を変えるだけでグッと変わってくると思います。
リクエストされた方は小柄とのこと。私も153cmですので、小柄でもしっかりとしたアプローチができる方法をお伝え致します!!!

参加資格はロングライフロミロミのエッセンシャル、レベル1を受講中、終了された方とさせていただきます。
もちろん、私やクムさんからでなく他のインストラクターの方から学ばれた方でも大丈夫です。

場所は東京文京区になります。
ご興味があります方はお気軽にお問い合わせくださいませ
info@kekaimalino.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hauʻoli makahiki hou!
新年あけましておめでとうございます


波が鳥のはばたきのよう。


旧年中お世話になったみなさま、ご縁があったみなさま、本当にありがとうございました。
新しい年を迎え、今年はどんな1年にしていこうかと思いを巡らせています。


昨年はザ ルーツ オブ アロハという「ハワイアンの目から見たハワイ」を体験してもらう新しいプログラムを本格始動させたり、またロミロミのワークショップもこれまで14年間を共にしてきたクム デェーン シルヴァ(以下クムさん)の元を離れ一人で教えるようになるなど、仕事の面で大きな変化のあった1年でした。

ここ数年、クムさんとパートナーシップを組んでの慣れ親しんだ安定した仕事に、あまり大きな選択をすることなくそれなりに充実した日々を送ってきました。
ただどこかで惰性になっていたのも正直なところです。惰性というとあまりいいイメージではないですね。あまりあれこれせずにも前へと進んでいく感じ、「自動操縦」といった方がぴったりくるかもしれません。
やりがいを感じつつも、パターン化したワークショップに情熱は少し冷めていたように思います。

そんな中、おととしの夏前のこと。
現在、ザ ルーツ オブ アロハを一緒に行っているイーさんとの何気ない会話の中で出たセリフ「ハワイアンの目から見たハワイを伝えていきたい。」
この言葉に私の心は大きく反応しました。

いったん心がカチっとはまってしまうとそれが端から見たら大きな変化でも、本人はそんな意識もなくずんずん進んでしまうのがどうやら私の性分。
ハワイに住むことを決めた時も、今の家を見つけた時もそうだったように。
そして新しいプロジェクトの実現に向けて動き出しました。
それが結果としてクムさんからの独立にまでつながるとまではその会話の時点では想像すらしていませんでしたが、、、。

そういうわけで慣れ親しんだパターンを抜け出して、新しい人と新しいことを作り出す作業。
これまでも人生は自分で作るもの、日々の選択の積み重ねであることは重々承知していましたが、昨年はそれがさらにはっきりと目の前につきつけられたような1年でした。

さあ、どうする?
私は何がしたい?
私はどうありたい?

たくさんの選択肢を前に、そんな自問自答をしながらの1年だったように思います。
目の前の選択をする時、新しいチャレンジが現れた時、もやもやした時、外側に現象として起こっていることの正しい正しくないをみるのではなく、自分の腹、ハワイでいうnaʻauがどう感じているか、そこをこれまで以上にしっかり見つめてみるようにしました。
そしてそれは自分を、自分の人生を信頼することへのテストのようでもありました。
再テストもたくさんあったし、全く初めての新しいテストもありました。
反省することもたくさんありました。
とても理不尽なこともありました。(今でも理不尽と思ってますがただいま腹は穏やかなので放置中。)
イーさんともたくさんぶつかりあったし、オープンにしてくれない人にもどかしい思いをしたり、新しいご縁もあれば、離れていく人も居て、人間についての学びも多い1年でした。
何事もアロハのフィルターを通して見てみることを心がけていたら、少しずつできるようになって来たように思います。



去年の2月に本格スタートしたザ ルーツ オブ アロハ。
まだまだ来てくださった方の数はそれほど多くありませんが、そのほとんどの方が日本に帰国後、長々とした素晴らしい感想を寄せてくれています。

このプログラムはハワイの文化を教える、ハワイアンから見たハワイを体験してもらうという切り口ですが、皆さんの心に響いているのはハワイの奥深さ、自然と共に生きる知恵、日本人が失いつつある生きていく力。
それを一人一人に合わせて違った形で伝える能力、まさにイーさんの才能です。
あまりに一回一回がディープすぎて変化に富みすぎていて、今後どのような形でやっていくのがベストかまだ手探り中なのが正直なところ。
新しい人たちと新しいことを作り出す作業はまだまだ現在進行形です。

そんなわけで今年はまだ3月のラウハラワークショップ以外は具体的な予定を出せていません。
私自身、イーさんをはじめとしたハワイアンから学びたいこと、ハワイで体験したいこと、まだまだたくさんあります。
私が一番ワクワクするのはやはりハワイのことをもっと知ったり、ハワイと繋がれるような体験。
これをどんな形で提供していくか。
Go with flowのハワイアンとあらかじめスケジュールや詳細を知りたい日本人。
もっとも何が学べるか、体験できるかわからないのにお金を出す気持ちになれないのは私も一緒。
そこのすり合わせが私の課題です。
こちらはきっと近いうちにヒラメキがあるだろうと感じています。

(個人・グループでのプライベートワークショップやポイプンディングのデモは随時受け付けていますので、ご興味がある方はお気軽にご連絡ください!)



そして、独立して教えるようになったロングライフロミロミ。
2015年、終わってみれば日本で7クラス、ハワイで3クラスの開催と、思った以上の回数をこなしていました。
14年かけて培ってきたクムさんからの教えは、がっつりと私の血となり肉となっているようで、一人で教えるようになっても何も気負うことことなく、初めてのクラスでもするすると教えるべきことが出てくることに自分自身を見直したりもしました。
クムさんでなくては伝えられないことも確実にある一方、「自分の教えるスタイル」に自信もできました。

ハワイのようだけど日本での復習クラスの一コマ。



これまで「自動操縦」に乗っかってワークショップを行っていたのはきっとクムさんも同じだったと思います。私に任せてあとは決められた日時に来てロミロミを教えて。
その自動操縦を外し、自分が操縦することを選んだクムさんもまた自分のスタイル、クムとして何を残していきたいのか、きっと向き合う日々だったと思います。
あのタイミングでハレオラを再生したこと、きっとクムさんにとっても必要なことだったのでしょう。

そのハレオラでのクムさんが行うワークショップに対して、離れた当初はもっと気になったり心配になったりするかなとも思ったのですが、意外とそんなこともなくてあっさりと子離れができた感じです。(クムさんが私の子供という意味ではありません 笑。私に取ってワークショップ自体がクムさんと共に育てた子供のような感覚なのです。)
私は私で自分のやれることを今後もやっていこうと思っています。

ただ、これまで何度もお会いした生徒さんがハワイ島に来ているのに会えないのは寂しいので、クムさんのワークショップでハワイにこれからいらっしゃる方、ぜひお気軽にランチにパウハナビールにお声をおかけください 笑。
プナまで出て行きます!


ちなみにヒロのハレ ロミロミ オ ケカイマリノでの施術も変わらず継続しています。
セラピストとしてはがっつりフルタイムでやるつもりはないので、こちらはのんびりやっていけたらと思ってます。


年末にはKonishikiさんにご来店いただきました!






自分のやりたいことをいつも以上に考えた昨年。
さて、今年はどんな年になるのでしょう??
それは「私の一つ一つの選択次第」ということに変わりはありません。

ザルーツオブアロハはもっともっと発展させたいし、ロミロミも定期的にワークショップを続けていこうと思っています。
その他にもフラワーエッセンスやOlaのフェイシャルなどのワークショップのコーディネート&通訳も続けていきます。

今やっている仕事は全部好きでやっている仕事だし、それはもしかしたらとてつもなくラッキーなことなんだろうと思います。
お金で買える幸せや快適さも知っているので、お金をいただくことは大切です。
そのためにも昨年以上に仕事を頑張らないとなあと思っています。

でも私のアイデンティティはやはり「ビジネスウーマン」ではありません。
自分の望むライフスタイルは、家のことをしたり庭仕事をしたり、ハワイ島での日々の生活を楽しむこと。
何せ、昔からの夢は専業主婦ですから 笑。
その延長線上にバランス良く「仕事」という感覚でなく仕事が組み込んでいけたらなと思っています。



プライベートでは豚も飼い始めて理想の半自給自足生活にもう一歩前進です。
(ただし家ではなく別の場所に預けてます。)



最近ではありがたいことにお話会へのお誘いをいただくことも多くなりました。
これまで私は主役ではなく「ハワイのことはハワイアンから学ぶべき!」と橋渡し役にこだわってきた部分もありますが、今後は私が15年のハワイ島暮らしの中で培ってきたものを私の言葉でシェアしていくことも今後少し増えそうな感じです。


やはり今年も自分のやりたい気持ちに正直に、目の前の選択肢を一つずつ。
自分を大切に。
人を大切に。
アロハフィルターも忘れずに。

ただその時々でやりたいことを選択していると、仕事に付随する雑務(メールの返信とかレシートの入力とか)が溜まってくるのでどうするかが目下の課題 

仕事も生活もキーワードが「ハワイ」であることだけは今後も決してぶれることはないと思います。


この所、フェイスブックにちょこちょこあげることで、なんとなく情報発信している気になってしまっていましたが、自分の思いや伝えたいことをちゃんと伝えられるのはやはりブログ。
今年はもう少しマメに、そして気軽にブログをアップしていけたらと思ってます!


こんな私ですが2016年もよろしくお願いいたします。
みなさんにとっても素晴らしき日々の積み重ねの1年となりますように




⭐︎⭐︎⭐︎今年決まっている予定です⭐︎⭐︎⭐︎


1月23、24、29~31日 ロングライフロミロミ レベル2B・東京 (満員)
1月23日 お話会
「ティーリーフとハワイ」
1月25日 ロングライフロミロミ 頸部アドヴァンスロミ・東京 (受け付け中)
1月25日 お話会「植物のチカラ」

2月16日~23日 
HRNフラワーエッセンス レベル3&4・ハワイ島(受け付け中)

3月12日~16日 
ザ ルーツ オヴ アロハ ラウハラ ビギナー(受け付け中)
3月3月26日&27日 Olaスキンケア&フェイシャルロミ(受け付け中)

4月23&24日 ロングライフロミロミ ロミノホ・下蒲刈島 (準備中)
4月27日~5月1日 ロングライフロミロミ レベル2B・東京 (受け付け中)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヒロも30度越えの暑い日々が続いています! が、エアコンがないのが一般的なハワイのおうち。
あさってからの日本を前に片付けておきたいことがいくつかあるのだけど、扇風機だけでは暑さがしのげず、ラナイにでてビールで体を中から冷やしながらお仕事中です。


毎度のことなのですが、日本に帰る1週間前くらいから、日本に帰りたくない病が発症します。
日本に帰ってしまったらしまったで充実の日々と美味しい食べ物が待っているのはわかっているのですけどね。
それでも日本行きのカウントダウンが始まると、ああ、ハワイを離れたくない、と心が叫び出します。

こうやってラナイに出て、川の音や鳥の声を聞きながら、たまに遠くに見える海を見ながら、そのハワイの引力ってなんなんだろう、と考えを巡らせてみます。
まさに、恋人と離れるような気持ち。
たった2週間、また必ず戻って来られるとわかっていても離れがたいこの気持ち。

ハワイに住み始めて16年、一度もその気持ちが揺らいだことはありません。
知れば知るほど、奥深さを再発見し、自分はまだまだ何もしらないんだということにも気付かされれます。
だからこそ、もっともっと知りたくて今の仕事をしているのでしょうし、今の人生を選んでいるのかな。

きっと私は恋人やパートナーがハワイ以外の地で生きていくことを選んだら、私はその人ではなくハワイに残って生きて行くことを選ぶのだろうなあ。

ハワイへの愛に思いを巡らせてみる、日曜の午後です。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、ザ ルーツ オブ アロハのプライベートワークショップに参加されたか方からご感想をいただきました


私たちの普段のワークショップもそうなのですが、とくにプライベートWSの場合は、その方がハワイの何に興味があるのか、なぜ私たちを選んできてくださったのか、何を体験していただくのがベストなのかを大切にしています。

いらしゃる前から、そしていらした後もさらにお話しを伺い、その日の天候、いろいろな状況、そして何よりイーさんが実際にその方にお会いしてピンときたこと。
そうやってその日やることを決めていきます。
そして、そして、その結果がこのながーい感想文です。
毎回、内容は変わりますがだいたいどんな感じなのか、様子がつかんでいただけるのではと思います、

私たちがThe Roots Of Alohaを初めてからまだ5ヶ月。
これまでご参加いただいた方みなさん口をそろえて「また参加したい」「今度は仲間を連れて来たい」「友達にぜひすすめます」とおっしゃってくれています。
それは主催者として何よりも嬉しい褒め言葉。

今後もますますディープでマニアックで深くてシンプルなそんなハワイをシェアしていきたいと思います!
ハワイのアロハの根っこと自身のアロハの根っこが繋がるような、そんな体験をしていただけたらもう何も言うことはありません。


*******************


6/6(月)に1dayワークショップを受けてきました。
 春に東京で受けたタロ芋ワークショップ以来です。
いつの日か日本ではなく、ハワイの地で「ハワイアンからみたハワイ」を 体感してみたい!
ルーツオブアロハさんの5日間のワークを受けてみたい!
どうやってお金を貯めて、そしていつの機会に行こうか?とそればかり夢見ていました。
他に考えることはないのか?と思うくらいに(笑)
なかなか5日間のプログラムの日程に合わないまま時が過ぎ・・・
ある日の記事でプライベートワークもOKだと知り、天にも昇る気持ちでした。

そして待ちに待った当日・・・
初めての一人旅でオアフ島からハワイ島のヒロ空港へ。
麻里子さんがお迎えに来てくださいました!
とても素敵なレイをかけてくださり、それだけでも来て良かったと思いました。
偶然にも東京のワークで同じ日に受けてた方と一緒に受けることになり、
イーサン、麻里子さん、私たち二人の4名での長い1日が始まりました。

まずは麻里子さん宅へ。
とってもセンスの良い、素敵なお部屋です!
 麻里子さん宅でイーサンと再会し、そこでお茶をしながらこれからのワークの話が始まります。
 いきなり、しょっぱなからDeepな話で引きこまれます。
今回、私の希望はキラウエア火山でした。今、活発なキラウエアをハワイアンと行ってみたい!そしてペレの愛したオヘロベリーをこの目でみたいと思い、リクエストしておきました。そして日本ではなかなかみることができないハワイ特有の植物を観察したいと。後は基本的にイーサンのお任せです。天候にもよるでしょうし、その時にオススメなこともあるでしょうから。

まずはキラウエアへ。
一緒にワークを受けたNさんは、既に5日間のワークで夜のキラウエアへ行っていたので、同じ場所でも昼間の景色は全く違うとおっしゃってました。
目的地へ向かうドライブ中もイーサンの弾丸トークはノンストップです。
植物の知識が半端ないのです!
ありとあらゆる植物の説明に圧倒され、ついていくのがやっとでした。
目も耳もフルに使い、手にはスマホ、大忙しです(笑)

そしてハワイアンには当然なことなのかもしれませんが・・・
イーサンはハワイアンなので入場の仕方も我々観光客とは違いました。
イーサンにとっては観光ではないからなのですね。
それさえも私には目からウロコなのです。

 昨年もフラシスと同じ場所へ来たのですがその時とは全く違う感じ方です。
もちろん昨年も楽しかったのですが言葉では説明できないほどの充実感、身も心も解放され、そして圧倒的な情報量ではありますが、スーーーッと頭ではなく心に浸透していきます。植物をみながらイーサンのお話を聞きたいのですが、目を閉じてイーサンと麻里子さんの説明を聞いている時の心地よさ、帰国した今でも思い出せます。
これがホンモノなのでしょうか?
この心地よさ、そして余韻、全てが初めての体験、体感でした。
 細かい植物の名前はその場で覚えられる自信がなかったのですが
麻里子さんがあとからフォローしてくださいました。

そしてハレマウマウ火口でも昨年とは違う見方、感じ方を味わい、
私はハワイアンではなく、日本人ではありますが、そこに居られる心地よさ、有難さ、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

 そしてお楽しみのお昼です。
麻里子さんお手製のサルサソースの美味しかったこと!
軽いランチではありましたが一般の観光ツアーではない体験は続きます。

 出発前に麻里子さん宅で話していたワークのプラン、時間的にかなり厳しいのでは?というプランだったのにも関わらず、イーサンのすごいとろこはそれが実行されてしまう。

ここでそんなにゆっくり時間をかけてしまっては間に合わないのでは?と
 思うほどの丁寧な説明と案内をしてくださってるのに、その先も間に合ってしまう。
なんて内容の濃いワークなのでしょう!

 向かう先々でも途中で降りたりしながら植物の解説、本当にみたことも聞いたこともないものばかりです。

ヒロを出て、キラウエアへそして気がついたら何とコナへ。
それなりに長いこと生きていますが(笑)
あんなに素敵なサンセットを今までみたことがありません(涙)
サンセットを楽しんでワークが終わりではありません。まだまだ続くのです。


暗くなってしまったので、植物が観察できなくなってしまいましたが、懐中電灯を購入し、軽く夕飯を済ませてから出発です。
 真っ暗な星がとても綺麗な下でのワークです。
森へ入る前にイーサンがお祈りをします。我々もイーサンと同様に膝をつき、目を閉じます。
お祈りが終わってから真っ暗な中、これまた今までにみたことが無い植物をたくさん説明してくださいます。
懐中電灯をかざしながら、足元に気をつけながら・・・
きっと、この1日のワークで写真集ができてしまう程のたくさんの植物をみせてくださいました。
その説明1つ1つが本やネットからは受け取ることができない情報、体験だと思います。
特に香りを体験すること、これは何よりだと思います。


そして帰宅・・・
 疲れ切っているであろうにイーサンと麻里子さんは夕飯、夜食?を作ってくださいました。
とても美味しいお魚料理を頂いてワークが終了。

 長い時間、長い距離、イーサンの圧倒的な知識と我々に伝えたいパワーと麻里子さんの完璧な通訳、
私にとってはこの経験が宝、財産となりました。

 またいつか5日間のワークを受けてみたい!
そして他のツアーのことはよくわかりませんが、友人には絶対に「ルーツ オブ アロハ」をオススメしたい。
ホンモノを知る、みる、感じる、大事さをそしてアロハの根っこを教えてくださるから。

東京のワークでも感じましたが…
イーサンの圧倒的な情報量、それを丁寧にそして単なる訳ではなく、ロミロミをされている麻里子さんだからこそできる通訳、フラやロミロミを経験しているとしていないでは、
説明が微妙に違ってくると思うのです。
もちろん麻里子さんの通訳なしに
イーサンの言葉が全て理解できるに越したことはないのですが…

フラを日本で始めて数年が経過しましたが私はフラもハワイのことも何も知らなかったことを思い知らされた貴重な体験となりました。

またいつか必ず戻ります。
麻里子さん、イーサン、そして一緒に受けてくださったNさん、
本当にありがとうございました。



*************************

プライベートワークショップのご相談はこちらからどうぞ!
ご相談フォーム

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。