遅れましたが

テーマ:
2014-2015season 10年を迎え、TKbjリーグでプレイできたことは本当に嬉しいことでした!
シーズン中ずっと声援を下さった埼玉ブロンコスブースターの方々ありがとうございました!
途中加入にも関わらず、いつもアツい応援でエネルギーをいただきました!感謝しています!
チームメイトもこれでもかってくらい皆良いやつでした!
その中でも、これでもかと言うほどチームの問題は絶えず、様々な面で苦しい状況でしたが、最後まで戦い抜けたこと、個人的には今までのように大きい怪我がなくシーズンを終えられたことは良かったです!
練習中も個々が自分のプレイを我慢してチームとしてサクラファイスできていたことは良い点でした!
今となっては笑えるかもしれませんが、シーズン最後まで自分のウェアが来なかったのは非常に残念でした(笑)

今シーズンありがとうございました!
また応援していただいている方々の前でプレイするのが楽しみです!

来シーズン何色のユニフォームを着ているかわかりませんが、このオフシーズンまたパワーアップできるようにワークアウトします!
最後まで読んでくださりありがとうございました!



AD

away iwate bigbulls 戦

テーマ:
先週末のbigbulls戦、久々の岩手での試合でした!試合の方は完敗でしたが、岩手時代の懐かしい顔も見れてよかったです!
MCまつみさんも、会場を盛り上げていました!
また、秋田戦の東北までのバス移動を考えたらかなりきついですが最終節なので、チームメイトとブースターさんの声援で勝利を掴み取りたいと思います!
AD

ご報告です

テーマ:
このブログを見てくださる方々ありがとうございます。
2014-15seasonはtk bjリーグの埼玉ブロンコスと契約させていただきました。
いつも支えてくれている家族や、友達、応援していただいている方々には本当に感謝です。言葉だけでは言い表せないほどです。
ありがとうございます。

この年齢までバスケットボールを続けていけるのは本当に皆さんのお陰です。

最近初めて感じることではないですが、日本のバスケットボールが少しずつ変化していると思います。
それは、プロリーグの話ではなく、小学生、中学生の世代の子達です。

スクールや、クリニックで教える環境が以前よりも増えたことが一つの理由だと思います。
僕も、オフシーズンには少なからずそういう機会を作ってもらっているので、協力してくださる方々には感謝しています。

そこで、毎回感じることは、教える側の人間がネガティブなことを言わないこと。

当たり前かのように感じると思われるかもしれませんが、ほとんどの僕が出会ってきた日本人の『教える側』の方々は指導というよりは罵倒だったとおもいます。(直接会った方が全員ではありません。)
それは、僕の中で一番の問題だと思います。
コーチの威厳が保てないとか、選手から信頼されないと思っているのなら尚更だと思います。

言葉というのは、人間の意思表示の最大の方法のはずなので、それを伝え方だとするならば、否定ではなく、提案の伝え方にしてほしいと思います。
常に優しくというわけではないです(もちろん、スポーツ等ではシチュエーションによってはゲキも必要かもしれません。)が、喋り方や、使う言葉で大きく変わってくるものなので、僕はそうあってほしいと願っています。

なぜこういうことを書いたかと言うと、日本の社会の中で、人々が評価される際にどんなに悪い状況でも、我慢することが1つの美徳とされているようなところがあるからです。
(現時点ではそう感じることがあるという意味です。)
そうあってはなってほしくはないと感じたのでここに残しました。



Play hard, play smart.



AD