模型親父の半世紀

ブログの説明を入力します。


テーマ:

先週の続きです。

 

三重県熊野市から滋賀県へ移動しました。

 

京阪全線乗り降り自由の乗車券で京都へ向かいます。

 

浜大津駅で京津線待ちの合間にスナップ撮影。

 

東山駅で降りて寄り道、京都市電を発見。

 

平安神宮に立ち寄り。本宮手前が異常に広いのは何故?

 

広大な庭園(有料)が散策出来ます。

 

庭園内に京都N電が保存されてるのです。

 

三条駅で指定券を購入しいざホームへ。

 

早速乗車します。

 

ドア上部の路線図もプレミアムな雰囲気。

 

車内は連休中にも関わらず、超空いていました。

 

2+1の座席配置は優雅な空間を演出。

 

ヘッドレスト側面にも伝統の鳩マーク。

 

最前列の座席は窓側に折りたたみテーブル。

 

連続窓の間にも鳩マーク。

 

ブラインドは雅な京都っぽい模様。

 

車内販売はこの2点のみはちょっと寂しい。しかも高額。

 

あっという間に淀屋橋に着いちゃいました。

 

日本橋界隈の模型店を覗い後、東京へ帰ったのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の3連休で近畿方面へ旅行しました。

 

初日は、熊野市紀和鉱山資料館と紀州鉱山トロッコ乗車です。

 

資料館屋外にEL+人車+鉱車が展示されていました。

ELは日立(昭和18年製造)の銘板を確認。

 

ポイントと極小転車台が良いアクセントですね。

 

他には2tバテロコ。

 

シンプルな運転台、渋いなぁ。

 

資料館のELVを降りると地底(B1F)に着きました(笑)。

 

坑内事務所、平等にくじ引きで作業場所を決めていた様です。

 

4tバテロコ+オープン人車+鉱車は屋内展示だけあって綺麗。

 

バケットローダー:動くと面白いと思うのは自分だけでしょうか。

 

バケットローダー+鉱車+2tバテロコの編成。

資料館横に足湯もあったのですが、トロッコの乗車と昼食時間の都合でパス。

 

トロッコの始発、瀞流荘駅。立派ですね。

 

構内の線路を挟んで機関庫が2つあります。

 

そのうち1つの機関庫は格子扉なので、撮影可能。予備編成でしょうか。

 

トロッコが湯ノ口温泉から戻ってきました。

 

あっという間にバテロコ付け替え完了。

 

最後部を陣取りました。乗客は意外に多く、全ての車輌に2~4人乗車。

 

途中トンネルを抜ける箇所がありました。

 

10分で湯ノ口温泉に到着。

走行中2軸の突き上げと振動で客車ドアが半開きになるのを楽しめました。

 

早速バテロコの入替え作業が始まります。

 

バテロコを瀞流荘方にして休憩に入りました。

 

発車は1時間後です。

 

トロッコは再び約1kmのトンネルの中を走り去ります。

 

東京から580km。8時間かけて来た甲斐がありました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、体調不良をおして大宮へ行ってまいりました。

 

ボーナス後だし、諭吉を握り締めて今年最後のナローワールド会場へ(笑)。

 

MOSO Factorry:粋なジオラマ発見。

 

 

MOSO Factorry:凸型電気機関車の完成品を用意したようです。

 

MOSO Factorry:軽便祭に引き続き人車とタンク車。キットと完成品ですが、完成品があるとお客さんはそちらを求めるようでした。

 

MOSO Factorry:人車は意外と軽い印象。タンク車はメチャ重い感じでした。

 

ビバン模型製作所:Nj(6.5mm)推しのジオラマが秀逸。

 

本線上部に鉱山軌道が圧巻。架線もありますがELが無いのが残念。

 

杉山模型:ロッド付DLは予約済付箋が大半でしたが、何名購入出来るのでしょうか。

 

アルモデル:鉄コレ80の都度、新製品。設計早いですね。電動貨車がいいな。

 

ワールド工芸:キット・完成品の端っこで、自分を含めオジサンたちがバーゲンを貪るがのごとく集まっております(汗)。

 

そう!ワールド好例のジャンク市なのです。自分もしっかりブツを確保してから撮影。

 

銘わぁくす:「いっぱいつなごう仙北貨車セット(7輌12,000円)」なんかプラレールみたいなキャッチコピーですね。

 

銘わぁくす:レーザーカットのペーパーキットでしょうね。

 

銘わぁくす:興味は断然こっち。近鉄ナローの台車。動力はどうするのか聞いたら、TOMIXのEF510が動輪径・軸間距離がぴったりだそうな。動力台車もペーパーで試作してみるそうなので皆さま期待しましょう。

 

津川洋行:呉尾氏の江ノ電モノレール。インパクト大でした。

 

流し撮りしましたが、ダメダメでした。

 

城東電軌:紀州鉱山タイプ鉱車がお目見え。

 

銀座軽便倶楽部:乗工社の未塗装完成品群はリーズナブルなお値段で提供。

 

戦利品:頸城のロキ…たったこれだけでした(滝汗)。諭吉不要でした(ハズ!!)

 

会場2周で1時間半。毎度のことながら暑くて気持ち悪くなります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。