【3/27の易の言葉】【需・ジュ】です。

雨は雲が厚くならないと降りません。
そのように、時を見計らい【準備を整えてその時を待つ】ことが重要なのです。

何事にも焦りは禁物です。
果報は寝て待てと言います。

少し考え方を変えて、楽しんで気長に待つと良いでしょう。


【解説】

「待つ」ということは、「時間の経過」と「心の動き」という二つの事柄が強く結びついて起こることです。

だから、待つと言えば、必ず時間が関係していますし、自分の心が関係しています。

また、興味のない人や物や事を待つ人はいません。
自分が「待っていること」と向き合いましょう。


このブログが初めての方はこちらをご参照ください。

平田圭吾のページ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日投稿しておりますので、ぜひとも読者登録をお願いします。
読者登録してね



⇑投票お願いしますm(_ _)m
AD