冷徹な悪役を得意とし、社会派から娯楽時代劇まで幅広いジャンルの脇役として活躍した俳優の佐藤慶(さとう・けい、本名慶之助=けいのすけ)さんが2日午後4時19分、肺炎のため東京都世田谷区の病院で死去した。81歳だった。福島県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男純(じゅん)氏。
 福島県会津若松市職員などを経て、俳優座養成所に入所。1954年に初舞台を踏み、その後、映像畑に転じた。大島渚監督作品の常連で、「青春残酷物語」や主演を務めた「白昼の通り魔」「儀式」などで印象的な演技を見せた。ニヒルで知的な容姿を生かしたクールな役で存在感を発揮しつつ、エキセントリックな役柄も演じ、新藤兼人、小林正樹、今井正ら巨匠、名匠の作品に数多く出演。代表作に「人間の條件 第三・四部」「切腹」「鬼婆」「新宿泥棒日記」「白日夢」「連合艦隊」などがある。 

【関連ニュース】
佐藤慶さん死去(俳優)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪

<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
日比経済連携協定 マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
AD