人生はもっとシンプルでいい!~Simple is Beautiful~

50才過ぎたら攻め続けろ!
ゼロからの挑戦!
ニュージーランド6ヶ月
ワタシ史上最大の冒険へ

ライフエクスプローラー 河田千佳

 
50才を過ぎてからでも挑戦し続ける!やりたいことを諦めない!
すべてを投げ打ってでも、私にはやりたいことがあります。

それは、大好きなニュージーランドの大自然とつながり、
そこから魂につながるメッセージをうみだすこと。

その為に半年間ニュージーランドに住むことを決めました。

資金を集めるためのクラウドファンディングに挑戦し無事達成!!
                
          今は、ニュージーランドに滞在中♪
           
            

こんな私の想いに共感してくださる方がいましたら、
応援のメッセージやコメント、いいね!を頂けると大変うれしです。


どうぞよろしくお願いいたします!

      


          
 

        

    

                

       

   

 

 

 

 

image
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

 

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。

このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

 

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~47はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY48(8/8)

 

 

またしてもお久しぶりの更新となってしまいました;

すびばせん〜〜〜m(_ _)m

やばい。。。早く書かないと記憶がなくなってしまう〜〜;

 

 

最近は、エクスチェンジ生活も結構楽しくなってきて、

エクスチェンジしている仲間とも

一緒に過ごす時間が多くなったり、

カスタマーとも少しずつ(ほんとに1単語とか、、、笑)

話ができるようになったり。

来た時と比べたら、すごい進歩です♪

あと3週間くらいで終わると思ったら寂しい。。。

残り、とにかく楽しんでやります!

 

 

 

さて、楽しかったウェリントンからフェリーに乗り南島へ♪

結構ドキドキでした。

どうやって車、乗せるんだろう・・・?とか

手続き、どうやるんだ!?とか

いつにもまして不安がいっぱい。

でも、ネットで予約できるし、

行ったら他の車もたくさんいて、

あ、ここに並べばいいのね〜とすぐわかったし、

何の心配もありませんでした。

 

んが!

フェリーの揺れに関しては、

あんなに揺れるとは思っていなかったので甘かった;

結構きつかった〜〜〜〜T_T

外洋に出た途端に、

窓から見えるのは空と

ドドーーン!という波が砕ける音だけ。。。。

わかりますかね。。。!?

船首が波を超える時は、空しか見えない。

それくらい波が高い、ということ;

そのあとやってくるのは、

ジェットコースターの急降下の時のような感覚。

しばらくその繰り返し。。。。

いや〜〜もうちょっとで◯くとこでした。。。

帰りはどうか揺れませんように☆

 

 

でも、南島のピクトン近くのマールボロサウンズが

目の前に見えた時は、

乗ってよかった!!!と思いました♪

美しかった〜〜〜〜〜♡

写真がきれいに撮れなかったので

帰りにしっかりと取ってきますね!

 

無事ピクトンに着いたのは、夕方の5時過ぎ。

 

南島 上陸だぁ〜〜〜〜!

 

ちょっと感動^^

この日は着いてすぐの、ホリデーパークに宿泊。

 

image

 

朝、めっちゃ冷えてて、霜がぁ〜〜〜!

さすがに南島!

 

image

 

やっぱり脅かされてきただけあって、寒い。

でも、日中はお日様も出ていいお天気♪

オークランド、ウェリントンではずっと雨に降られていたから

寒いけどスカッと晴れた青空に気分爽快〜♪

 

ピクトンからブレナムへの道は、ワイナリーの宝庫。

 

image

 

両脇に広がるぶどう畑と、

その向こうに見える真っ白い山がなんとも贅沢で!

ワイナリーにも寄りたかったけど、

今日中(8/9)にはクライストチャーチに着かなければいけないので

ぐっと我慢。

 

 

途中めっちゃキレイなカイコウラに寄り、

かわいい〜♡アザラシの赤ちゃんも見れましたよ。

それは、次のブログで書きますね。

 

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{20B3B0F7-6B56-429E-A87E-1157A99330F4}

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

 

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。

このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

 

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~46はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY52〜54(8/5〜7)

 

久しぶりの更新になってしまいました〜;

やばい、、、約1ヶ月遅れ;

ちょっと巻き巻きで参ります。。。

 

 

{31FF54D1-7D08-4AFC-B459-459C2CE9D2B9}
 
↑WETAスタジオにあったゴラム像
どっちが怖いかしらん。。。!?笑
 
 
一人っきりのカイトケ公園での一夜が明け、
ウェリントン市内に向かいます。
まずはiサイトでWETAスタジオの場所を聞こうと思ったら、
バックステージツアーの予約も一緒にされ、
12時からの予約なので11時45分には必ず着いていてね!と言われる。
まぁ、余裕だろうと思っていたら、、、、
モーターウェイを反対方向に乗ってしまい、
引き返してもう一度乗ったのが、
もう既に15分前をとっくに過ぎ、、、、;
11時50分くらい。
この時点で100%12時からのツアーは諦めました。
払ったお金も戻ってこないし、また払わないと。。。
と、気持ちは焦りつつ、安全運転で向かう。
ところが、このWETAスタジオは、ほんっとにわかりにくい場所にあって、
たどり着けたのは、奇跡だったと今でも思う。
(というか、執念だったかも!?笑)
しかも!!
ジャスト12時!!
ダメ元で受付でチケットを出したら、
軽〜く”大丈夫よ〜!ジャストね!!”って言われ、事なきを得ました^^
 
 
このツアーは、ロード・オブ・ザ・リングだけではなく
たくさんの映画の小道具やCGがどうやって作られたかの
バックステージツアーなので
映画好きな人にとってはもう〜たまらない!
だって、そこかしこにロード〜の剣や弓、甲冑、兜があるんです!!
よだれもんでした〜〜♡
ただ、ツアー中は撮影禁止なのでとにかく目に焼き付けるしかない。。。

 

 

{AFE6313B-4ED3-4A90-8750-3E19EA825BFF}
 
スタジオがある街中にポツンと立っていたガンダルフ像。
 
 
ウェリントンでは、お友達にお願いをして
紹介していただいた方のお家に泊まらせていただき、
本当に助かりました。。。。
翌日は、お友達の皆さんと
ペトーネというところで行われている
ウィンターフェスティバルに行き、冬の花火を見たり、
なかなか入れないMen's Clubという社交場に連れて行っていただいたり、
楽しい時間を過ごさせていただきました♪

 

 

{7CC55D87-ACF9-414A-953B-BE86D5FF837B}

 

 

 
{B2265713-96B0-4FEB-BCD2-D00DF7DC890F}
 
ウェリントン最後の日は、
これまた市内を案内していただき、
オールドセントポール教会や
ロード・オブ・ザ・リングのプレミアが行われた映画館、
ザ・エンバシーに入ったり、
素敵なカフェに連れて行ってもらったりして
堪能させていただきました♪

 

 

{E56DE245-13A0-4BC1-89EB-4A04084CB6E7}

 

 

{17CAEF89-42CE-4E59-8D1A-DA7D8AB99BA2}

 

オールドセントポール教会は、

とっても素敵な教会でした♪

 

{4C30B802-F6F0-4407-99F3-1D541194FBE4}

 

 

ザ・エンバシーのカフェ。

外観からは想像できない、

カフェへの入り口。

{07FB9D8F-8588-4B4F-B016-54DDDA84A450}

 

 

{73F244A0-AD6D-40EF-BF04-8E3C137002E4}

 

 

{59562A7B-3FF8-4745-B32E-65E1085A9B38}
 
ザ・エンバシーのトイレ。
クラシックで素敵!
 
 
ザ・エンバシーのカフェがこれまた素敵で
とっても居心地よく、いつまでもまったりできそうでした♪
また来たいな〜〜。
 
 
 
ウェリントンはカフェの街と言われるくらいカフェがたくさん。
時々、ニュージーランドの首都ということを忘れてしまいます〜〜;
一応国会議事堂なども見せていただきました^^;
 
 
 
楽しかったウェリントン滞在もあっという間に過ぎ、
いよいよ南島へ〜〜〜♪
ちょっとドキドキのフェリー。
 
 
続きも是非気長に待っていてくださいね〜;
 
 
今日も読んでくださりありがとうございました♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
{3032CD64-3312-46EC-92B6-33338C63ED92}
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

 

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。

このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

 

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~45はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY51(8/4)

 

 

いよいよウェリントン!!

すみません、ウェリントン編は

映画「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地巡り一色です;

まぁ、それが楽しみでもあったわけだけど♪

ロード〜を知らない人にとっては何の楽しみもないブログですが、

知っている人にとってはキャ〜!って感じですね。。。

 

ウェリントンへ行くには西海岸に近いところを通る道と

真ん中あたりを通る道とあって、

どっちを通っても良かったけど、

ふとロード〜のロケ地のカイトケ公園ってどんなとこだろう?

どの辺なんだろう?と探してみると

真ん中の方の道の途中だとわかり。。。。

それで前夜泊ったエケタフナのキャンプ場に

偶然泊まることができたのでした。

そしてウェリントン入りの前夜は、

このカイトケ公園で一泊。

 

ウェリントン カイトケ公園

 

 

国立公園でもある公園ですが、

映画ではエルフの国Rivendellとして撮影に使われたようです。

こんな風に痕跡が残っているのは、

ロード1で旅に出るときにみんなでくぐる門(トップ画像の門)のみ。

見る人が見ればわかる;

あとは、所々にこんな立て札があるのみ。

 

{DAE91FD2-EBF8-480B-AA3F-CAE3E9E507C2}
 
↑もうこれだけでも狂喜乱舞している私;
 

 

 
 
 

 

{FC94497E-B6E7-48A5-92D1-F96744BFC98E}
 
そしてこの川瀬は、ロード2でアラゴルンが崖から落ちて目覚める川、らしい。
 
 
image
 
こんな感じでいたってフツーーーーーの公園ですわ;
ロード好きな人じゃなかったら、
「ふぅ〜ん。。。それで!?」で終わってしまうただの公園。
でも、私にとっては10年以上前にセットが作られ、
俳優たちがここにいたんだ!というだけで
もう〜大興奮でした。
 
 
日本だとせっかくだからもっと観光地化すると思うんだけど、
そんなこと全く考えてなさげでしたね;

 

 

夜はこの公園で、またしても一人;

ここ、夜の6時になったらゲートが閉められるの;

変な人が来ない代わりに

もし何かあっても車では逃げられないという怖さもあり。。。^^;

せっかく買って持って行ったズラを

今まで使っていなかったので使ってみようと思いつつ、、、いつも忘れるので

とりあえず朝起きてから証拠写真撮ってみた、、、笑

 

{41E0BAC5-1771-4CE9-AE7E-D4DB39413164}


いや〜笑えるわ;

これで防犯になるのかどうかわかんないけど、

これからもこれを使わなくてもいいことを祈ります♪

今までも怖い思いはしたことないけどね;

でもそうだからといって、

これからそういう目に遭わないとは限らないからね。

 

 

さて、明日はウェリントン市内に行きます♪

WETAツアーに参加して楽しんできますよ^^

しばらくロードネタが続きますが、

ご辛抱のほどを。

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{9CD87C09-4166-43C4-81CA-D262053BA56E}
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

 

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。

このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

 

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~44はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY48~50(8/1〜3)

 
 
なかなかブログの更新ができません〜〜;;
今日は8月16日。
今いるクライストチャーチのバッパー宿は
一応(ほんと一応;)wifiがあるのだけど
こんな風にたくさん写真をアップすると
全く使えません。。。。。滝汗
wifi使えるとこにいるのに、更新ができないという、、、、
この歯がゆい状況。
仕方がないので図書館に来て更新してます。
そんなわけでオンタイムで更新できずすみません;
 
 
さて。
7月31日にニュープリマスに行き、
Facebookで知り合った方に案内をしてもらいました♪
その時の様子はこちら
 
 
お友達と別れてからは、一路南のウエリントンを目指します。
この時点ではウェリントンでの宿が決まっていなくて、
カウチサーフィンという現地の人の家に泊めさせてもらうというサービスがあり、
お願いのメールを出してその返事待ちという状態でした。
5日(金)から5日間くらい泊まれればなと思っていて、
その調整のため、5日まではなんとか時間をかけて
ウェリントンまで下るという感じ。
 
何も目的もなく時間をかけて旅をするというのも
結構退屈でして。。。。;
まぁ、でも、こんな体験もそうそうできないので
楽しむことにしました♪
 
 
この日の宿は、Waiinuというところにある
Nukumaru recreation reserve
キャンプ場も一緒になっていて
海辺のきれいな公園。
でも、やっぱり誰もいない。。。。笑

 

{A8635723-EC7C-4E67-AB2E-DED41DBBF757}
 
近くにアザラシのコロニーがあるみたいで
たまたまいらした方にどこに行けば見れるのか尋ねてみたら、
自分も今までで一度くらいしか見たことないと言われ、
コロニーもちょっと離れているとこみたいで見るのは諦める。
きっと南島に行けばたくさん見る機会があるはず!
ここの宿泊代は$5。
でも、この時$10札しか持っていなくて
近くに両替できるようなお店もないしどうしよう。。。
払わずに(自己申告制なので)バックレようか、、、、笑
と思っていたら、向こうから男の人が!
 
 
すかさず捕まえて、両替できないか聞いてみたら、
家に帰ったらあるというのでお願いして両替してもらいました。
しばらくこのおじさんとつたない英語で立ち話し。
おじさん、結構話し好きで私は楽しかった♪
 
 
次の日DAY49(8/2) の宿は、tangimoanaというところ。
$10。
 
image
 
こういうところは、自己申告制で無人なので、
自分で袋に入れて指定の鍵付きのボックスに入れる。
ここでは、その鍵付きボックスが見当たらず、
散々探したけどわからなかったので、
丁度仕事から帰ってきたらしき人を捕まえて聞いてら。。。
全く予想外の場所にあった!!^^;
私の思い込みで、ここにしかないだろう、、、と思っていたので
やっぱり思い込みって怖いよね〜;
 
 
どこもそうなんだけど、
車の後ろにつけて移動できるキャビンみたいなのがたくさんあって
そこに住んでいる人もいるみたい。
日本ではありえない光景。
 
 
そしてここは、冬の間タンクにお水を溜めてそれを使うので、
水が濁っている!&すごい味がする!
それでもお湯が出るし、シャワーも浴びれたので言うことなし!笑
しかし、景色も取り立ててきれいな所でもなく、
時間調整のためだけに訪れた所。
でも、こんな辺鄙な所に小さなお店(とりあえずなんでも置いている)があって
頑張って7日間お店を開けている様子。。。。
びっくり!!
一体誰が買いにくるんだろう、、、ってお店。
きっと買いにくる人はみんな知ってる人なんだろうね。
日本ではコンビニとか、
どこかに行けば何かしらお店が開いていたりするけど、
こっちでは日曜なんか4時にはカフェが閉まる。。。
そうかと思えば、カウントダウンというスーパーは
7時から開いていたり。
一般的にみんな朝早くから働き、4時か5時には仕事を終える、
というパターンみたい。
日本は働きすぎなんだよね〜;
 
 
 
DAY50(8/3)の宿。
ここが素晴らしかった〜〜〜〜!!!
Eketafuna campground
パーマストンノースを過ぎたエケタフナという町。
小さな町にある小さなキャンプ場なんだけど、
居心地がいいことこの上ない!
$7

 

{9A1D05DD-6BE7-4ECC-9D61-5ADB146CCBE5}
 
image
 
見たらちょっと前に小さなキャンプ場のナンバー1に選ばれたらしい。
 
image
 
キッチンもトイレもシャワーも特別に素晴らしくきれいなのではなく、
もちろん清潔で使い心地良くて気持ちがいいのだけど、
オーナー夫婦の”自分の家のように”という想いが
そこかしこに表れていて
それが感じられて本当に居心地が良かった。
$7だなんて信じられない!!
 
 
 
{11473305-6F3C-4F5A-B5B4-C3F55524333B}
 
おまけにオーナーの家で生まれた卵!タダです!
久しぶりに卵をいただきました♪
ありがたい〜〜〜♡
 
ここは、南島からの帰りにも寄りたい!
 
 
やっぱりどういう想いを持って
それをやろうとしているのか、は、
土地にも表れるんだな〜と思いました。
「氣がいいところ」
とはこういうところを言うのだろう。
 
 
私もそんな想いを持って
家をきれいにしていきたい!
 
 
さて、もうすぐウェリントンです。
ウェリントンは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」を作った
WETAスタジオがあるところ。
今からとっても楽しみ〜〜〜♪
 
 
 
今日も読んでくださりありがとうございました。
 
続き、いつになるのやら。。。;
頑張って更新しますので、
また見てくださいね〜♪
 
 
 
 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{1C939C8A-4EA8-40F0-B3DD-35ECFC9DD962}
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

 

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。

このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

 

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~43はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY47(7/31)

 

 

昨夜泊まったオハウェから北上してニュープリマスへ。

ニュープリマスまでは1時間くらい。

 

トップ画像は、ニュージーランド人アーティスト

レン・ライという人の「wind wand」という作品。

(レン・ライに関してはこちらをご参考に)

風向きに合わせて動くらしく、

どんなに風が強くても折れないようになっているらしい。

 

 

なんか、すっごくいい!

こんな風の強い海岸沿いにあっても

折れずにただ風に身を任せて

クルクルと踊る。。。

(実際にそんな風に踊っているかはわからないけど;)

自分の意思を貫こうとしていると

思いもかけないところでポキっと折れてしまうこともある。

端から見て必死で頑張っているのに

うまく行っていないように見える人もいる。

↑それ私やん;

はたまた、この作品のように

軽やか〜〜に流れるように次から次へとただ動いて

でも、とてもうまく行っている人もいる。

どちらが正解ということではなく、

もう必死で頑張るのは疲れたな。。。って思う。

その頑張る方向は、自分の力を生かせる方向ではなかっただけのこと。

こんな風に他力(笑)を取り込んで自分の力を発揮していきたいなぁ。

 

レン・ライの作品を展示している美術館に行こうと思い、、、

行きそびれてしまった;残念!

 

 
 
おっと。。。前置きが長くなりました。
ニュープリマスは下の地図の西側に位置します。
タラナキ山という富士山に似た山で有名。
ここのショートトラックにも行きたくて
iサイトで聞いてみたけれど
やはり雪で行けず・・・・;;
タラナキ山も裾野までは見えたけど、
最後までとうとう姿を拝めませんでした;
 

 

 

{F314939C-0DEE-4E9C-B4E5-B2B7B67B0494}
 
image
 
Puke Arikiという博物館、図書館、観光案内所が一緒になった施設。
Facebookだけで繋がっている方と待ち合わせをして
厚かましく市内を案内していただきました♪

 

 

{ECACC86D-9BB3-43EE-9964-C819DF41ABF4}
 
↑名前忘れた。。。石がごろごろしたビーチ。
遠くに見える岩?もすごかった。
夏は伊勢海老なんかも取れるらしい!!

 

 

{153E37D1-6E49-465C-AB44-D1CDCF6B1587}

 

 

{7966E13A-2CF9-4E2E-A2CE-CB7AEAEB34EA}
 
連れて行ってくださったOkurukuruという素敵なワイナリー。
昼間っからテイスティング♪してシアワセ〜〜♡
こういうところのワインは、
ショップでは手に入らないものが多いらしく、
人気の赤と白を購入。
 
 
この後も「ラスト・サムライ」のロケ地になった
公園に連れて行ってもらったり
いろんな話をさせてもらってとっても楽しかった!
 
{1DE36328-11BB-466E-A174-2AC91BAF6FE9}
 

この日の宿は、市内から少しだけ離れたビーチぞいのホリデーパーク。

Belt road seaside horiday park

 

設備もきれいで人もいて(笑)

快適な夜を過ごせました♪

上の写真の左の山のように見える岩。

ロッククライミングができるそう!

ロッククライミング好きな方はいいと思いますよ〜♪

 

 

この後は、一路ウェリントン目指して南下でーす!

 

 

私が出発した次の日には、ようやく姿を現したタラナキ山。

こんな風に見えるらしいです〜。

富士山のような姿、拝みたかった!!

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{9DDFA59F-2AD1-4A9B-A05D-234B5DB190AC}
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

 

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。
このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

 

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~42はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY46(7/30)

 

 

雪の国トンガリロへは簡単に入らせてもらえず

トンガリ口(←トンガリぐちね)にしたまま南下して

ファンガヌイ(ワンガヌイとも言うみたい)に一泊。

今度はニュープリマスに住んでいる

Facebookでしか繋がっていない方を頼りに向かいます。

その方のお休みに合わせるために

日にち調整で途中で一泊。

 

オハウェという海岸沿いのキャンプサイト。

 

 

 
{FCD986D7-220B-49EF-B59D-B26EBB5FEA77}
 
ここのおばちゃんがとっても優しくて嬉しかったな♡
着いたらキッチンにはすでに先客がいました。
クロネコのダークリー。
御年10歳。
ダークリーのそばで本の原稿を書く。
外は時折ものすごい雨と風!
それでもダークリーは平然と寝てる。
聞こえるのはパチパチとなるタイプの音だけ。
 
{5F74BD80-37B7-48A7-A345-B223A1206009}
 
{700B7A10-D898-43DF-93F0-11439A746E14}
 
{E0FD48D5-A186-4AD5-ADEA-539A633BAFBF}
 
ここら辺の海岸は、どこもとってもワイルドで荒々しい。
海岸には流木が流れついてたまっていて
流木の墓場か!?と思うくらいすごい。
本当に持って帰りたいくらいより取り見取りの流木たちでした。
 
{4CCC0C18-91BA-42C7-BDB6-0AC0F1570E75}
 
こんな夕焼けも見れたり。
 


このキャンプサイトには、生活している人らしき人がいましたが、

他には私だけ。

そうだよね〜〜〜;

こんなとこまで来ないわ;

 

 

夜から朝にかけてはかなりの雨で

車も飛ばされそうだったけど、

意外とぐっすりと眠れました♪

 

 

さて、ようやくニュープリマスへ。

富士山に似ているタラナキ山が果たして見えるでしょうか!?

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

 


 
 
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

 

{6FBDE6C9-5AF7-4E05-8BED-C76B6B97D708}
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。
このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~41はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY45(7/29)

 

 

トップ画像。

これぞまさにニュージーランド〜〜〜〜〜!

見た瞬間に叫びました!!笑

これよ!これ!!!

 

私は後についてゆっくり行ってたら

後ろから来た車は平気で突っ込んでいく!

ヒェ〜〜〜!という感じだったけど

ちゃんとひつじちゃん達も避けていく。

見事!

 

 

トンガリロへ近づくにつれて

景色もどんどん変わってくる。

途中で見た景色は、とんでもなく素晴らしかった!

まさに「ロード・オブ・ザ・リング」の世界!

なんとか止めて写真を撮ったのだけど、

うまくカメラからPCに移せない;

また後日トライしてみます。

 

↑ホテルシャトートンガリロ

 

トンガリロ国立公園

 

ここはどうしても行きたかったところ。

大好きな映画「ロード・オブ・ザ・リング」の舞台になった

ナウルホエ、ルアペフ山があるから。

この目でどうしても見たかったんだけど、

さすがは世界遺産の国立公園。

容易に進入させてもらえませんでした。

トレッキングコースの起点となる

ファカパパビレッジというところへ行く道路が

雪でクローズ;

私の車はツルツルのノーマルタイヤ;

ということでシャトートンガリロを拝んで引き返しました。

 

 
トンガリロを後にして、途中のキャンプ場で一泊の予定だったけど、
若いお兄ちゃんたちがいて
一目散で逃げました。。。笑
 
image
 
とうとう海岸沿いの町、ファンガヌイまで走ることに。
↑上の写真の青丸のところね。

 

 

{4089179F-DF65-4DB1-B6E8-09952E2FFBE2}
 
ファンガヌイの町は、古い建物を活かした可愛い町でした。
町を散策してみる。。。。
が、建物以外にはこれといって目ぼしいものがない;
仕方がないので、今夜の宿のキャンプサイトに行ってみると
今はお休みだという。。。;
やっぱりこの時期そういうところが何軒かある。
この後もそういう目にあうこと度々。
 
 
iサイト(観光案内所)で聞いてようやくバッパーにたどり着く。

 

 

{855B1791-05AF-49B2-BBAE-7C079A955F06}
古いけどまぁまぁきれいな宿。
 

 

 

{1EEE7A41-0A91-4452-B5B6-E6E3D24A0137}
 
急にカレーが食べたくなり、カレー粉を求めにスーパーに行くけど
カレールーというものが見当たらず;
仕方なくインディアンカレーの素みたいなのを買って
豆やら芽キャベツやら入れて作ったら
これまためちゃうま!
ちなみに肉じゃなくて”なんちゃってミート”(タンパク質のミンチ状)
我ながら天才だと思った〜〜〜♪
ほんとはジャガイモを入れたかったのだけど、
ジャガイモいれるとすぐダメになるので諦め;
でも、食べたい!と思うものを食べれたので
超満足でした♡
 
 
ここからウェリントンに行くか、
ニュープリマスに行くか迷ったけど
ウェリントンで宿をお願いしようと思っているところが
8月7日以降じゃないとダメなので
日にち潰しのためにもニュープリマスへ行くことに。
富士山に似たタラナキ山が見えるといいな〜♪
 
 
 
今日も読んでくださりありがとうございました。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{48A94BAD-A7E7-41AB-B9B2-24915CF6BA7B}
 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。
このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~40はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY44(7/28)

 

 

8月ですね〜!

日本は夏真っ盛り!!
こちらは冬真っ盛り!

でも、そんなに寒くないけど。

長野の冬に比べれば♪

 

{B03D8316-08B0-4EBE-81E7-BCFE952AA43C}
 
ハカロッジでの快適な一夜明け。
スタッフのオススメ、アラティアティアラピッズに行きました。
ここもフカフォールズと同じように見事な急流!
こちらの方がもっとワイルドかもしれません。
同じようにミルキーブルーとエメラルドグリーンの水。
フカフォールズよりもっと上流にあり、
ダムがあるので、時間ごとに放流されるようです。
ギリギリ間に合わなくて残念でした;
 
 
さて、タウポ湖の反対の湖畔、
トゥランギの先にあるキャンプ場目指します。
そうはいってもタウポ湖、とっても大きい!
もう海の域ですね;

 

 

しかし、出発が遅かったので

着く頃には暗くなり始め。。。。;

こちらのモーターウェイは最高100キロまで飛ばせるのだけど、

その勢いで飛ばしていると看板が見えない〜〜〜〜〜!

暗いし、何度か行きつ戻りつしてようやくたどり着きました。

Tokaanu Marina

よかった〜たどり着いて;;

着いた時には3台くらい停まっていて、

そのうちにいっぱいになりました。

ここも無料のキャンプサイト。

あるのはトイレのみ。

 

{56A2DAEA-710D-4926-A956-D5A488E02579}
 

 

 

{3C5D9865-9091-4037-8AFB-2FB36C458E5D}
 
↑翌朝、豆乳を温めて飲む。
お鍋でお湯を沸かしつつ、このボウルも一緒に温める。
一晩中すごい雨風で車が横倒しになるんじゃないかと思うくらい。
でも、「誰かいる」というのは、とても安心する。
 
温かい豆乳が体に染み渡る。。。。
温かいものを飲めるシアワセったらない!
ふぅふぅしながら飲むのも楽しい♪
 
 
何度も思うけれど、
 
火を使ったものを食べる、飲むって本当に大事なこと。
 
今まで気づかなかったけれど、
火を使うだけで、より活力がもらえる気がするの。
例えば、そのままの食パンにジャムのみ、とか、
レンチンしたもの、とかでは
自分の活力にはならない。
なんというか、、、ただエネルギーを取り込んでいるだけ。
そうじゃなくて、火を使ったものを体に取り入れるという行為は、
火によって食べ物や飲み物に活力が与えられる感じがする。
食べ物や飲み物に含まれるを活性化させるのだと思う。
だから私たちは、活力を得る。
 
火ってすごい!
 
image
↑黒鳥だよ〜〜〜〜!
 
アラティアティアラピッズにもいましたが
こちらにも黒鳥がいっぱい!
日本じゃお目にかかれないよね。
羽根がこんなにふわふわして綺麗なの!
 
 
この後、ダメ元でトンガリロ国立公園へ行ってみることに。
 
 
今日も読んでくださりありがとうございます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。
このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~39はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY43(7/27)

 

オンタイムで書けなくなると

段々どこで何したのかわからなくなる〜〜;

自分の記憶の整理にもなるブログが助かってます。

 

 

さて美しい湖畔のキャンプ場での一夜明け。

朝から雨;

お天気が良ければここでゆっくり過ごしてもいいな〜と思っていたけど

予定を変更してタウポへ向かう。

タウポやロトルアは、地熱地帯なので

近くになるとモクモクと煙が上がっているところもあり

なんとなく硫黄くさいような気も。

 

 

タウポの宿はハカロッジというバックパッカー。

ちょっと疲れていたので早めに入ろうかと思いつつ。。。。

お天気が良くなってきたので、

そのままフカフォールへ。

フカフォールまでそのまま車で行けそうだったんだけど、

せっかくだから歩こう!なんて思ったのが間違いでした。。。;

片道1時間の道のり、とは書いてあったけどね。

やっぱり遠かった〜〜〜;

疲れていたから死んだ。。。。;;

でも、その甲斐あって着いた時の感動はひとしお!

 

 

多い時には毎秒280トンもの水量なんだそうです。

写真からはうまく伝わりませんが、

すごかった〜〜〜〜!

 

↑滝壺近くまで見に行けるフカジェット

 

このミルキーブルーの色がとっても美しい!!

 

image

 

途中の遊歩道から見えるワイカト川のこれまた美しいこと!

どこまでも透き通るエメラルドグリーン♪

心洗われるようでした。

 

ニュージーランドも水資源の国。

でも美しさが日本とは違った。

清流がいっぱい!!

 

そうはいってもヘロヘロになりながら戻り

ハカロッジに着くなりシャワーを浴び

スパに入って体を癒しました〜♪

もちろん水着着用ね;

 

image

↑ハカロッジ

 

ここもとてもきれいで、スパ!もあるし、

キッチンが素晴らしくきれいだった。

タウポに来たら是非!オススメです!!

スタッフもすごく優しい!

 

 

image

 

↑スキーショップ前にあった椅子。

よくできてるね〜

 

image

 

↑タウポ湖

この湖も透き通る水でした。

湖って地元の諏訪湖のイメージがあるので

この美しさにびっくり!

これだけ美しいのは、

それだけみんなが大切にしてるからなんだろうなぁ。

おまけにめっちゃ広い〜〜〜!

ここは海!?ってくらい広い。

 

 

次の日の宿は、ちょうど反対側のあたりにあるキャンプサイト。

向かう前にハカロッジのスタッフオススメの

アラティアティアラピッズに行くことにしました。

 

 

いや〜それにしてもよく歩いた;

よく動いてくれました!カラダさん♪

スパがあったおかげでしっかり疲れが取れました。

 

 

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
image

 

52才である時突然

”そうだ!NZ行こう!!”的なノリで

ニュージーランドに半年間の旅に出た私。
このシリーズは、その半年間の旅の軌跡です。

旅に出るまでの経緯はこちらをご覧くださいね。

 

その1~38はこちらです♪

 

*********************************

 

DAY42(7/26)

 

 

 
ハミルトンからタウポへ。
そのまま行ってもそんなにかからないのだけど、
急ぐ旅ではないので途中で一泊するつもりで出発。
 
 
Ngaherenga campsiteは、国(DOC)が管理しているキャンプサイト。
行ったらまた森のど真ん中!笑
まぁDOが管理している森のキャンプ場は
本当に森の中なので仕方がないんですが。。。。;
またあの怖い体験が思い出され。。。。
やっぱりもう少し先にあるキャンプ場へ。
ただここの森は美しかったなぁ〜♡
 
 
こんなマオリの彫り物がお出迎え。
挨拶をしてショートトラック(30分)ルートへ。
 
 
ここにはカカという鳥がいるらしく
姿は見えないけど聞いたことのない声が響いていたので
そうだったのかもね。
 
 

 

 

 

 

 
カウリの木はなかったけど、
たくさんのいろんな木や鳥がいるみたい。
 
 
時折差し込む光が彼らにとっては
命を育むエネルギー。
木は鳥を育て、鳥は種を運ぶ。
影と湿気が森を大きくする。
森に入ると、生きている繋がりを感じる。
 
 
そして私たち人間は、森からたくさんのものをいただいている。
こうやって全てのものが繋がっている。
どこが欠けても生きてはいけない。
 
 
 
ひとしきり堪能した後、
湖のほとりにあるキャンプサイト(トップの画像)へ移動。
ここ、無料なんです〜〜!
あるのはトイレだけ。
でも、この美しさがあればOK!という感じですね。
着いたら一台止まっていて安心^^
朝起きたら、もう一台いた。(いつ来たんだろう。。。;)
 
 
晩御飯は、ガスコンロの調子がイマイチだったので
調理は諦め、トルティーヤにしました。
それでもお湯は沸かせたので、ほっと一息。
 
 
夜はこれまた満天の星空!
”星が降ってくる!”というのは
こういう感じね!を味わいました♪
 
 
今日も読んでくださりありがとうございました♪
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。