引き継ぎ

テーマ:
引き継ぎするために夕方とかにミーティングの場を段取りしてるんだけど、「都合がつかず遅れます。申し訳ありません。」とすっぽかす者がチラホラ。

別に申し訳ないなんて思ってもらう必要はない。困るのは自分たちなんだから。
AD

健康診断

テーマ:
先ほど健康診断に行ってきました。

新しい職場からの指示で受けて来たんだけど、身長・体重・視力・聴力・心電図・血液検査・レントゲン・血圧・診察・ツベルクリンで、15,750円也。

保険の利かない医療って鬼だね。

転職します。

テーマ:

このたび転職することにいたしました。


引継等で来月中旬までは現職に留まりますが、来月下旬からは新しい環境での生活になります。

といっても引っ越しするわけでもないし、電話番号もアドレスも変わるわけではないのでこれからも引き続き仲良くしていただければ幸いです。


今後ともよろしくお願いします。



さて前回は7月の笹川流れですが、8月の笹川流れもきちんとありましたよ。更新していないだけで。


8月は有給で前日の金曜日から現地入りしていて、同じく前日入りしていた選手と2泊3日プランで満喫です。実はこの1日目にサプライズがあり、選手が用意してくれたプティチゲ(でよかったかな?)をサカナに酒盛りをしている最中に転職先から採用の連絡が来たのでした(大汗)。

ポーカーな私からは想像できなかったかもしれませんが、8月の笹川流れは超ハピネスな気持ちで過ごせました。たぶん舞いを舞えたね。もう無理だけど。


8月のメインはジンギスカンでした。今回は味付されたものではありませんが、大将のご苦労もあって「一度も冷凍されていないチルド状態」という特別仕様でのジンギスカンでした。もう、文句なしにやわらけー、うめー!って感じですよ。北海道社員旅行での残念ジンギスカンのリベンジができた思いです。


釣りは初日と最終日に豆アジ釣りを。

今回は豆サバも混じると思われたことから、シメサバ作る用意も行いました。

シメサバのレシピはネットで見つけたものですが、ある程度身が大きくないと捌いている過程で身をつぶしてしまうのと、ちまちまちまちまちまちまちまちま・・・・と10cmに満たない豆サバを数十尾を捌く自分との闘いがネックになります。


アジとサバが半々くらいで釣れて、初日のお昼からくる人たちのためにシメサバとから揚げを用意しようと準備をしていましたが、結局サバは3分の1くらいシメサバにして、残りはから揚げに回しました。(自分との戦いにやぶれました)

アジのから揚げは既に定番化していますが、シメサバはここでは初めての試み。

簡単にレシピいってみようか。


1.サバを3枚におろす(ここで挫けます)

2.冷蔵庫に入るくらいの皿に、キッチンペーパーを2重くらいに敷いて、塩を盛ります。

3.塩の上に皮を上にして並べます。

4.サバの上に身が隠れるほど塩を振ります。(←ここまでで大量の塩を使います)

5.ラップして1時間程度冷蔵庫でねかせます。

6.ボールに酢を入れ、身についた塩を酢で洗います。

7.身を出汁(ダシ)昆布で挟み込むようにして酢に漬け込みます。

8.ラップして1時間程度冷蔵庫でねかせて完成です。


めんどくさかったので6番をすっ飛ばしてそのまま酢に漬け込んでしまったため、味はしょっぱかったです(汗)

「塩で〆て、昆布締めにする」のが僕のやり方です。しょっぱすぎなければ、美味しくいただけるはずだったのですが、手間を惜しんではダメですねぇ。あと酢は「ツンとこない」タイプが私は好きです。


ちなみにサバを皮ごと漬け込むと皮が固く感じます。この硬さが良い、と思う人はそのままで良いですが、気になるようなら、表面の薄皮を一枚剥いてから食べるとGoodです。


捌くのに2時間、塩〆で1時間、昆布締めで1時間・・・

もうこの作業だけでおなかいっぱいです。



次回は9月3日~4日。

から揚げもしくは南蛮漬けかなと。シメサバは労力が掛かりすぎる・・・。ちなみにアジをシメアジにしても良いのですが、身がもともとしっかりしている分固く感じますね。



引継まっただ中での笹川流れですが、良い息抜きになることでしょう。

今から楽しみだ。