トイレの花男さん?

テーマ:

ここ2週間ほど毎日同じユーザさんのところにいます。

毎日のように朝から晩まで事務所に張り付いているわけですから、当然トイレだって行きたくなるわけです。

最初は「お手洗いお借りします」といちいち断っていたが、それもしなくてもいいくらいに2週間もいれば馴染んでくるわけです。

こちらの事務所では節電が徹底されていて、トイレも使っていなければ電気を消す決まりになっています。ですので真っ暗なトイレのドアを開け、中にある電気のスイッチを入れて用を足します。毎日1~2回はお借りしているので慣れたもんです。

今日も何気なく真っ暗なトイレのドアを開けて電気のスイッチを入れると、一瞬で何かがおかしいと感じました。

その違和感とは・・・


大の個室の鍵が掛かっている(=赤)!!


そう、今僕は真っ暗なトイレの電気を点けて入ってきたわけです。

誰もいるはず無いのに、個室が赤ってどーゆーこと!?


ここはお客様のおトイレ。

それを断りもなく借りられるくらい馴染んだオイラ。


ノックしてみようか、という衝動にかられましたが、もし誰かが本当に入っていたらどうしよう(怖)

そして誰かが入っていたとき気まずいことこの上ないだろうな、そうここはお客様のおトイレなのです。これをきっかけに弊社との取引停止なんてことに、と色々なことが頭をよぎる。ノックなんて出来るわけがない。怖すぎる!


とりあえず無視を決め込んで用を足し、手を洗って外に出ようとしたときまた難題にぶち当たる。



電気消したほうがいいのかな?



ここはお客様のおトイレ。

郷に入れば郷に従え、の言葉が示すとおり、ここには節電(=電気OFF)というルールが正解のように思える。

しかし、個室には誰かが入っているかもしれんのだ!!このまま電気OFFとはあまりにひどい仕打ちではなかろうか。オイラも以前会社のトイレで後輩に電気を消されたことがある。真っ暗闇で動くことのできないオイラ。暗闇の中であられもない格好で一人たたずむ。大声で人を呼ぶのも恥ずかしい。そんなオイラの経験がよみがえる。このまま電気切ったらきっと個室の中で僕は呪われることだろう。怖すぎる!!


ここは節電ルールを無視するしかない。見つかったときはオイラが怒られれば済む話だ。

お客様第一をモットーとしている弊社としては、節電よりお客様の心の安らぎを選んだオイラの選択は今でも正しいと思っています。



2時間後トイレに行った際は、点けっぱなしにした電気は消えており、個室の赤も消えていました。



なんだかホッとしました。





AD