イナダ

テーマ:
かずぽんの仕組み-P1000099.jpg

昨日もサワラ狙いで東港に行ってきました。

朝7時くらいに堤防に入りいつものポイントまで移動中、オイラとは反対に帰る人たちがぶら下げてた魚に、数本のイナダが混じっているのが見えました。サワラと同じ仕掛けで釣れるのは知っていたし、むしろ最初はイナダ狙いで始めたにも関わらず一度も揚げたことがなかったわけですので、イナダはサワラにとって替わられたもんだと思っていました。

つまり最初にすれ違った人はラッキーボーイだったんだと思いながら進んで行く。

しかしそれが単にラッキーなだけでないということがすぐ思い知らされた。先に入ってた人のストリンガーにはかなりの本数のイナダがいる。しかも朝のお食事タイム(朝マズメ)にあたったのか、揚がったばかりのイナダたちがいたるところでピチピチしてる。
すげーこんな光景みたことねー。

サワラの時は湾側を攻めていましたが、イナダ狙いとなればみんな外海側を攻める。上手な人だけ釣れるんじゃなくみんなが釣れている。うんうん今日も楽しそうだぞ。

いつものポイントの外海側に陣取り、まずはジギングスタンバイ。2投目でお持ち帰りサイズのサワラヒット。
取り込みと処理終了後の3投目。


ぷつん


投げた瞬間ジグだけ飛んでった(泣)
前回から使いまわしのだしまあしゃーない。
気を取り直して新しいジグ付けて再開。大丈夫周りもまだ釣れている。まだまだ行ける。

数回目にまたヒット。
あれ?となりの人とお祭りしたかな。引いてるんだけど、30メートルくらい離れたとなりの人の方へ向かってる。

でもとなりの人は手元で自分のルアー取り込んでまた投げ始めた!

お祭りじゃないってことは、間違いないイナダだ!イナダは横に走るって聞いたことがある。これのことだったんだ。

揚げてみたらシオノコサイズでしたが初イナダ。サワラと違って丸くてやさしい感じがする。
それからサワラが5尾(2尾リリース)、イナダが2尾追加して昼過ぎに撤収しました。
ワインドにはアタリはあったけどきちんとフッキングせず釣れなかった。
イナダの群れに囲まれていたぶられているソフトルアーを真上から見れたけどね。追いかけるといったらジグも追われてたな。

帰ったら友達の格の進から竹の子いらない?と連絡来てました。いただいてばかりじゃ申し訳ないのでサワラとイナダ1尾ずつあげることにしました。物々交換♪

イナダも現地で血抜きしてあるので刺身でもウマイ。寒ブリの脂の乗った身もウマイけど、あっさりしたイナダもウマイです。

また今度いってきます。
AD

逃げる

テーマ:

仕事でかなりストレスを溜め込み、様々な体調不良が発生していることから、もしかしたら精神科のお世話にならないといけないかなと、ここ1ヶ月くらいマジで考えてました。


世で言う「5月病」とも言えなくもないけど、やっぱり鬱なのかねぇと。


色々調べてみると最近の20代~30代くらいに多く見られる「新型」の鬱というのが目を引いた。

従来の型が、すべてのことに対してやる気を喪失するのに対し、新型は自分の趣味や興味のあることは一生懸命活発に動くが、仕事や興味ないことについてはやる気を喪失する。しかもそれを人のせいにする。「環境が悪い」「上司が悪い」と。


それを見たとき、あー自分に当てはまるなーと思い当たったと同時に、自分が一番嫌いなタイプの人間になってしまっている現実を突きつけられた感じがしました。これじゃただのナマケモノじゃないかと。


世の中には新型だろうが従来型だろうが、鬱に苦しんでいる人はたくさんいるんだと思う。


でも自分に当てはめたとき、ただ単に目の前の困難から逃げているだけだなとやっぱり思ってしまう。


逃げたくても逃げられない、そんな追い詰められた状態とどう向き合うのか、そのことに尽きるんだと思う。


必ずどこかに道がある。



大サワラ

テーマ:
ドブ掃除があった週以外の週末は、だいたい東港でサワラ釣りしてます。

もともとのジギングの他、昨年からはワインドと呼ばれるソフトルアーを使った釣りをはじめました。
ただワインドはルアーが軽いので風の影響を受けやすく遠投できません。
そのことからジグばかりになりがちな今年のサワラ釣りでしたが、先日はワインドが大当たりでした。

ソフトルアーを追って近づいてくるサワラを見ると燃えますね。
今回はイカ釣り用の竿とラインにソフトルアー付けてました。軽くてシャクリ安い反面、大物が掛かると重くて抜き揚げられないことになります。
といってもいつもの50センチクラスなら楽勝で揚がりますが。

そんなわけでタモを持ち込むのを止めて1年くらいになります。結構な荷物になるからね。

朝6時から開始して、しばらくはジギング。今回も良く飛ぶなと自己満足しながら6時間粘ってやっと1尾。途中かなりの大物が掛かったけど目算ミスって抜きあげ失敗。
悔しい思いをしながら昼くらいにようやく1尾でした。

それから2時くらいにもう1尾追加してからそろっと止めようかな、ってときからワインド開始。

そしたら何かコツ掴んだみたいで1時間の間で3尾ゲットしました。

そのうち1尾は、大サワラ。ギリギリまで絞っているドラグから、ジージー糸が出ていくし何より重い。海面まで降りれる階段まで引っ張って行こうか考えてましたが、後ろでアジ釣りしてたおじちゃんが助けてくれました。

タモいるね。やっぱ。

大サワラは脂も乗ってて刺し身で美味しくいただきました。