携帯のない生活

テーマ:

昨日仕事帰りに重大なミスを犯しました。


タイトルにもあるように現在携帯電話がありません。会社に携帯電話を忘れたのでした。

そのことに気がついたのは、いつもの定例ゲーセンで景品のチェックをしに行ったときのこと。

結果報告のために捜査官2号にメールしようとしたところ、携帯がない・・・。やっちまったなー!!

以前は個人携帯も肌身離さず持っていたものですが、やっぱり仕事用と個人用2つの携帯を身につけているのは正直邪魔でして、個人携帯とマイカーのキーホルダーは営業かばんに入れて帰りに持って帰るようになっていました。

しかし今回はマイカーの鍵は上着のポケットに入っていて帰り際に営業かばんから個人携帯を取り出すということを忘れ、そのまま会社を出てしまったのでした。

かぎ当番でもないので、会社の鍵は持っておらず、かぎ当番の人に連絡とって鍵に借りにいくにも連絡の取りようがない。メールも電話もアドレス帳も使えない状態で、この土日を過ごすことになってしました。


10数年前まではあたりまえの生活。いかに携帯に依存している生活をしているか思い知らされます。

今のオイラが外の人たちと連絡とりあえるツールといえばこのブログくらいなもん。

それだってパソコンにかじりついて常にチェックしているわけではないから、はっきり言ってこの週末のオイラは陸の孤島みたいなものです。


最近だと子供の安全を確認するために、子供にも携帯電話を持たす親が増えてきていますが、うちらが子供のころには当然携帯なんてものがなく、今から考えればありえないくらいセキュリティ対策がされていなかったわけですが、それはいかに昔が平和だったかということの表れなのかもしれません。

いや、ただ単に携帯を作るだけの技術力がなかっただけなのか。実際には北朝鮮による拉致事件や、柏崎で10数年も女の子を拉致監禁していたなんて事件も見えないところで起きていた。おそらく被害者の親たちにしてみればその当時に携帯電話があったら真っ先に持たせていることだろう。あ、もっとも親がそんな被害を予想なんてできなかっただろうな。うちの子に限ってそんな目にはあわない的な意識があれば、携帯電話を持たせて子供の安全を確保するなんてことにはならないだろうからね。

そう考えるとやっぱり今と違って昔は平和だったということなのだろう。


携帯が必要になってきているのは小さな子供だけではない。

最近だとシニア向けの文字を大きくしたりボタンを大きくしたりして使いやすくした携帯電話もある。

いると思っていた親が出かけていて、勝手に昼くらいまでには帰ってくるのかとメシも食わずに夕方になる、なんてうちでは良くある光景。あんまり遅いと何かあったのかと心配になることもあるから、ホントは持っててもらいたいがいかんせんメカアレルギーなところがあるから難しい。


つまり、心配する対象の安全を確認するために携帯を持たせたいという需要が増えてきているようだ。

逆を言えば心配する対象がまったくなく、周りからも全く心配されない本当に孤独な人間なら携帯電話がなくても見事なまでに困らない。


携帯電話が手元になくて不安になる=幸せ者、と言えるのかもしれないねぇ。(^^;

・・・と携帯忘れてきた自分を正当化してみる(爆)

AD

パソコン復活

テーマ:

かれこれ10年以上パソコンに関わる仕事をしてきて、まさか自分の個人PCでオオハマリするとは思いませんでした。


ことの発端は、僕の個人パソコンにWindowsVista RC1(販売前のお試し版のVista)をインストールしたこと。

お試し版Vistaはすでにお試し期間が終了しまともに動作しないものになっていましたが、このためだけにHDDの領域を確保するのももったいないのでいい加減消してしまおうと思っていました。たまたまお盆休み前にHDDに不良セクタが見つかったりとドライブ交換を機にそのあたりの整理をしようと考えていました。


しかし、お盆におこなったHDD載せ換え作業で思わぬ事態に発展。

というのは、単純にVista領域を削除してしまうとWindowsXPまでも起動しなくなる現象が発生しました。原因はマスターブートレコードがVistaをインストールした段階で新しいものに書き換わってしまい、MBRはWindowsXP以前のWindowsOSとは互換がないため、BOOTファイルが読み込めなくなったことみたいです。

MBRとは判りやすく言えば、パソコンの電源ON時に、どのHDDのどのパーテションからパソコンを起動させるか、という情報が書き込まれたファイルです。Windowsが起動している状態であれば手作業で修正も可能なのですが、既にOSは起動せず打つ手なしな状況。やっちまったなー!ってとこです。

一応作業前にHDDのイメージバックアップを取っておいたので、新HDDには既に使えなくなっているWindowsVistaお試し版入りのパーティション構成で復旧しそのまま使用していました。ここまでがお盆のお話。


載せ換えた新HDDは前のものに比べ容量も1.5倍くらいに増えたので、前のイメージどおりに復活させるとかなり未割り当ての領域ができていました。それももったいないので早速パーテションを拵えてドライブ文字も使いやすいところに変更。しかしこれが良くなかったみたい。Vistaパーテションのドライブ文字もいじってしまったため、PC再起動後また以前と同じ状況が発生。2度目のやっちまったなー!です。


同じようにハマる人も結構いるみたいで、ネットにはいくつか対応方法が出ていました。

その中でもWindowsXPのシステムディスクを使えば、その中のfixbootを使えば復活できるとの表記を見つけ、早速手元にあったWindowsXPのディスクで起動させる。あれ!?なんだか様子がおかしいぞぅ。


たしかにfixbootはありました。

しかしそれを実行してはいけなかったようです。

今まで見えていたパーテションをすべてロストしてしまいました。ひぇー!!オイラのダウンロードした○○画像や動画たちがー!!父上から預かっていたここ数年分のデジカメデータがー!!作業前に行っていたバックアップファイル自体も同一のHDDの別パーティションにあったため(ほんとはそんな危険なことしたくなかったが、ほかにバックアップ取れるドライブがなかった・・・)すべてロスト。はっきり言って「ぎゃふん」と言えば戻ってくるならいくらでも「ぎゃふん」と言ってやるぞと半ば錯乱状態ですわ。


しかしあるユーティリティソフトの中に、「パーティションを復元」できる機能を見つけ、わらにもすがる思いでドライブを検索。

よ、よかったー。ってかあぶねかったー。何とかデータ領域のサルベージが完了。これがおとといの朝方3時。

ほっとした状態で眠りにつく。次の日は出社日なので寝坊するわけにはいかん。


錯乱状態は起きてからも続いていた。

とりあえずサルベージ完了したデータの中から、父上のデジカメデータを最優先に外付けHDDへ退避させるタスクを組んで出社。

すでに3日以上PCがまともに動作していないため、BIGLOBEのメールサーバはさぞかし大変なことになっているだろう。単純計算で1,000件以上のメールが(spamがほとんどだが)待機していることになる。いい加減今日復活の見込みがなければ、新パソコン購入を考えなくてはならない。もともとノートパソコン買おうか迷っていたのでいいトリガーになってくれたと言えなくもない。

実際仕事帰りにJOSHINやらノジマやらケーズのハシゴをし、GATEWAYのノートパソコンのチェックに行った。希望のスペックのものがあれば即買いお持ち帰りの勢いだった。

しかしあるのは格安のロースペックものだけ。ようやく冷静になってきました。


実際のところ、MYパソコン復旧の手がないわけではありませんでした。

HDDの完全初期化の上リカバリーメディアからの再セットアップというもの。しかしそれを行うためにはサルベージできたデータ領域も破棄しなくてはならない。外付けHDDにはもう余裕もない。

とりあえずもう一個外付けHDDを購入することにしました。コンパクトでバスパワーでノートパソコンのお供に良い感じの最近ハヤリのHDD。容量は160GBで1,1800円くらい。割高だねぇどうしても。お盆に買った内蔵ドライブなんて500GBで7,000円でおつりが来るわけですので。


家に着くなりまずはデータ領域を真新しい外付けHDDへ退避。

これで安心だ。内蔵HDDをいかようにもいじくれる。

早速リカバリメディアから立ち上げ、再セットアップ開始です。

30分後、いつもの見覚えのあるWindowsXPのロゴマークが出ました。良かったーホントに良かった。ってか錯乱してそのまま勢いでノートパソコン買わなくてホントに良かった(^^;


真新しいWindowsXPは早いこと早いこと。デスクトップはゴミ箱だけ。常駐ソフトもバンドル版のAntivirusソフトだけ。ドノーマルで3年くらい前に買ったPCですが、まだまだ全然OKですわ。先ほどメールも復旧しDVD関連のソフトのインストールも終了。一通りWindowsUpdateもかけ、いい感じになってます。


あとは細かなところの調整やらソフトのインストールやらを1日やってればほとんど元に戻るはず。データのバックアップがいかに大切であるのかを改めて思い知らされた気分です。




この休みはホント休んだ気がしません・・・。




覚悟

テーマ:

色々なものに出会いがあって別れがある。


どんなにその場に留めておきたくても、形あるものはいずれ消え去るもの。


どれだけ励まされてきたことだろう。どれだけ慰められてきたことだろう。


いつか来る別れを頭でわかっていても、そんなもの永遠に来ないんじゃないかと錯覚する。


今思うことは、そのときが来ても後悔しないくらい一生懸命心を込めて行きたいということだ。


与えられた時間は永遠ではないということを俺たちも考えながら生きることが大切だ。

明日はPeace

テーマ:

僕の大好きな秋限定発売のビール「秋味」も発売され、今年も秋っぽくなるのかと思いきや暑い!暑すぎる!


というわけで明日は本年最後の笹川流れキャンプです。今までと同様で朝駆けで釣りをして釣りたてを調理して振舞う予定です。予定は未定ですので過度の期待は禁物です。

今回も小アジを狙いのためカラアゲか南蛮漬けになるとは思いますが、前回から約一ヶ月。少しは成長したアジ君たちに期待します。


仕事に追われてかなりストレス溜まってますので、しっかり遊ぼうと思います(^-^)

やっぱ引きこもりはカラダに良くない。良くないったら良くない!